シビル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
シビル
外国語表記 Sivil
登場作品

マクロスシリーズ

声優 中川亜紀子[1]
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 プロトデビルン
性別
年齢 不老
所属 プロトデビルン
テンプレートを表示

シビルは『マクロス7』の登場人物。

概要[編集]

ギギルが独断で目覚めさせたプロトデビルンで、マーメイドのような姿をしている。

プロトカルチャーが開発した戦闘兵器「エビル」の変異体で、潜入工作を主とする。その能力は人間に憑依して記憶や人格そのままに操ることが可能。本体の能力も高く、光速を超えるスピードでかく乱しつつ、宇宙船すら撃沈するばかりか、パワーで圧倒しているガビグラとの衝突にも対抗できるほど。

当初はシビル単独で行動していたが、アニマスピリチアこと熱気バサラに興味を持ち始める。そして単独行動していたシビルを取り戻すべくギギルも追い続けることとなり、その行動がゲペルニッチに快くなく、ついにシビルを抹殺する。シビルに恋していたギギルの行動はシビルにも通じた。

以後はバサラの危機に何度も駆けつけるが、スピリチアの減少によって吸収能力が暴走、自分の意思に反してバサラのスピリチアを吸い尽くしてしまった。そして、シビルはバサラを想い、ゲペルニッチにスピリチアは吸わないと反抗するが、返り討ちとなり拘束される。

ゲペルニッチ暴走の際に、VF-19を失ったバサラの足となりゲペルニッチに力で対抗するが、歌うバサラを見てシビルも歌をデュエット。その歌声はゲペルニッチの背筋を震わせて、ついにゲペルニッチも歌い自らの暴走と自己のスピリチアを吸収する手段を得た。

全てが終わったシビルはゲペルニッチの元へと戻り、銀河へと旅立った。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初の声付き参戦で、担当声優の中川亜紀子氏も今作でスパロボシリーズ初出演。ほぼ、Dと同じ経緯で仲間となる他、合体攻撃「TRY AGAIN」の要員にもなるので、FIRE BOMBERの一員となっているだろう。もちろん攻撃出来るので結果としてFIRE BOMBERの戦闘担当とも言える。能力的にはDとは変わらず、強化の方法も同じ。
キャラクターとしての出番はそれなりに多いが、敵ユニットとしては20話クリア後に地上ルートを通らないと戦えない。「エモーション・ハイ」ではバサラの歌で撤退させるまで何度でも復活するので、時間はかかるが撃墜数稼ぎに使えないこともない。
味方で唯一特殊能力「プロトデビルン」を持っているが、装甲とHPが低すぎるため事実上無駄。宇宙怪獣・上陸艇が相手だと回避率が10%までしか低下しないので、当たれば即死確実で無理に突っ込ませないほうが良い。また、エンディングではゲペルニッチ達の元には戻らず、バサラ達と行動を共にしている。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第3次α以来の出演。バサラの「POWER TO THE DREAM」の演出に登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
経緯はプロフィールの通りで、条件を満たせばゲペルニッチとの最終決戦後に仲間となる。サイズSSなので、滅多なことでは攻撃は当たらない。改造できず、レベルアップで能力が上がる。

能力[編集]

基本能力値は低いので、雑魚敵に有効。さすがにHPが低いので特殊技能/特殊能力の「プロトデビルン」は残念ながら無力。

武装・必殺武器[編集]

体当たり
光速を超えるスピードで体当たりするため、強烈な攻撃なのだが、ゲームでは控えめ。
スピリチア吸収
相手のスピリチアを吸収する。
特殊効果「気力吸収L3」。Dでは上記イベント後、使わなくなる。第3次αではSP吸収。
衝撃波
両腕から連発する。
第3次αではカットイン付きで、全体攻撃。気力低下の特殊効果を持つ。ちなみにPVで披露していたのもこれで、相手のバサラにはしっかりかわされている。

特殊能力[編集]

分身
プロトデビルン
第3次αでは特殊能力。
HP回復(大)
EN回復(大)

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

SS
生身ユニットなのでこのサイズ。最終補正を得ない限りまず当たらない。

パイロットBGM[編集]

「SEVENTH MOON」
マクロス7系の基本曲。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

回避・格闘に優れたスピード型。防御だけは最低クラスだが、そもそも当たれば落ちるので関係ない。改造による強化が出来ず、終盤の敵相手には火力不足に陥りがちなので、格闘を限界まで高めておきたい。

精神コマンド[編集]

D
偵察集中加速熱血覚醒再動
貴重な「再動」持ち。
第3次α
集中加速必中ひらめき熱血覚醒
高コストではあるが「覚醒」を使用可能。早解きを狙う場合はエースクラスの小隊に組み込むのも手。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

D
プロトデビルンカウンターヒット&アウェイ底力L5、援護攻撃L1、援護防御L1、コンボL1
Dでは「プロトデビルン」は特殊技能
第3次α
気力+ (回避)カウンターL6、見切り超能力L7、サイズ差補正無視

小隊長能力(隊長効果)[編集]

小隊移動力+1
第3次αでの能力。

人間関係[編集]

熱気バサラ
当初「アニマスピリチア」と呼んでいたが、バサラの歌で復活してからは「バサラ」と呼ぶようになった。
ギギル
片思いを抱かれていて、バサラと張り合うようになる。
ゲペルニッチ
プロトデビルンの纏め役だが、命令系統を外れて行動することが反感を生む。

他作品との人間関係[編集]

渚カヲル
バサラと共にを作り、絶賛する。
ジョシュア・ラドクリフ
Dの最終話シナリオデモでペルフェクティオに取り込まれた父フェリオがどうなったのかをシビルに聞きに行っている。

名台詞[編集]

「分かった」
ゲペルニッチの指示を受けた際の返答。しかし、命令通りの行動は最初の内だけで、実際には好き勝手に暴れ回っていた。バサラに執着するようになって以降は、本拠地にすら寄り付かなくなってしまう。
「コォォォー!」
よくセリフの端末に使う。
「スピリチア○○…」or「○○スピリチア…」
基本的に片言で、しばしばスピリチアに絡めた造語のようなものを思わせぶりに呟く。吸収したスピリチアの感想や、自らの置かれた状況を表現しているものと思われる。
「ゾクゾク…!?」
バサラの歌の感想(?)。17話で初めてバサラと対峙したときはゾクゾクに耐え切れず逃げてしまう。その後も何度か素の状態でバサラの前に現れるのだが、その度に顔を歪ませて逃げ出す。バサラの方は引かれたと思いナーバスに。
なお、別の人間の体を借りて聞いた際はむしろ恍惚状態に陥るのだが、どの道平常心を保ったまま聞けないのだった。
シビル「バサラ…!?」
バサラ「シビル…!?」
23話でバサラの歌に対するゾクゾクを堪えながら無理矢理接触(キス)した時、2人のスピリチアに何かが起こったのか初めて互いの名前を知る。しかしこの後スピリチアが極端に低下し、森の中で休眠状態となってしまう。
「ギギル…」
第38話でギギルの最期を見た直後、名前を呟き涙を流した。『第3次α』ではDVE
「いらない…バサラのスピリチア…! ダメェェェェェ!!」
第47話、エネルギーを使い果たしたシビルを回復させようと歌いスピリチアを与えるバサラだが、制御が出来ずバサラのスピリチアを吸いつくしてしまう。
「ゾクゾク…いらない…バサラ…悲しい…コォォォォー!」
同話、シビルは回復するも倒れたバサラを前にして戸惑い、直後にゲペルニッチの元へ向かってしまい囚われてしまう事となる。
「バ…サ…ラ…」
最終話、ファイアーバルキリーを破壊されても尚「TRY AGAIN」を歌い続けるバサラの姿を見て、自身も歌を歌う。
「バサラ…お前の歌…忘れない…コォォォー」
同話。バサラに別れを告げ、ゲペルニッチとガビルと共にどこかへと旅立っていった。

脚注[編集]

  1. 本編のキャスト欄では「?」表記。『第3次α』やそれ以降のマクロスゲーム作品では声優名がクレジットされているが、TV本編で担当声優が伏せられていた理由は不明。