ペルフェクティオ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ペルフェクティオ
外国語表記 Perfectio
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 関俊彦
デザイン 鈴木幸江
糸井美帆(リデザイン)
SRWでの分類 パイロット
ラストボス
テンプレートを表示
プロフィール
異名 破滅の王
種族 負の感情エネルギーの集合体(『D』においては疑似意識を構築していたが、本来は意志も心もない)
所属 ルイーナ
テンプレートを表示

ペルフェクティオは『スーパーロボット大戦D』の登場人物。同作のラストボス

概要[編集]

南極遺跡「ファブラ・フォレース」から出現したエネルギー体が、その場に居合わせたフェリオ・ラドクリフの意識を取り込み、実体化した姿。ただし、プロトデビルンの長であるゲペルニッチによると、本来はこうした現れ方はしないらしい。フェリオに無理矢理門を開けられた関係と思われる。

なお、そのエネルギーで憑依した身体を若返らせる事ができるようで、その容姿はフェリオというよりも彼の息子のジョシュア・ラドクリフに似ている。

ちなみに「ペルフェクティオ」とはフェリオに憑依した状態を指し、メリオルエッセは総じて「破滅の王」と呼称。正確にはこの呼び名も本来の名ではなく、それどころか後述の理由で名前自体存在しない。

存在[編集]

その正体はあらゆる次元の「悪意」「恐怖」などの負の感情エネルギーの集合体で、ただ、「破滅」のみを求める存在である。そのエネルギーの総量は宇宙全体を覆い尽くすほどと言われており、その力は人知の想像を超えるあまりにも超然的な存在である。

D』における『メガゾーン23』の世界の地球はペルフェクティオが原因で破壊された可能性が示唆されており、ある意味で存在そのものが天災と言える。『D』の世界に現れた時はフェリオを元にした仮の意識を持っていた。また、メリオルエッセの6人も破滅の王を現出させるための使い捨ての道具であり、彼ら自身が滅びる際の負の念すらも糧とすることが出来る。

ブルー・スウェアはこの存在を何とか撃退することが出来たが、その方法はバサラとイヴの歌で負のエネルギーを抑え、総攻撃でファートゥムを一時撃破、トレーズ特攻して「破滅の王」を一時退散させた隙に現界するための門であるファブラ・フォレースを破壊し、現出自体を阻止する事でようやく事態を収拾するというものだった。

つまり、「破滅の王」という存在そのものは健在であり、自軍がやった事は本格的に現出する前に追い返しただけ(それでもトレーズという大きな犠牲を払っている)で、倒すことはできなかった。

特徴[編集]

現状、スパロボのラスボスとしては、滅ぼそうとして滅ぼせなかった唯一の存在である(シュウイルイ、『W』のザ・データベース、『Z』のジ・エーデルアドヴェントは事情が特殊な上、いずれも最終的に和解しているため滅亡していない)。その恐ろしさや脅威の大きさは並行世界全てを破滅させたアゾエーブといい勝負だが、ペルフェクティオは元を断てない分始末が悪い。

なお、ル=コボルとは違い、憑依されていた人間が元の状態に戻ることは無く、憑依された時点でその人間の意識は消滅するため、一瞬たりともフェリオの人格が戻る事はなかった(ただし記憶はそのまま残るため、消滅というよりも「破滅の王」に乗っ取られたというべきであろう)。

類似する存在であるケイサル・エフェスル=コボルは初めから作中世界に存在していたのに対し「破滅の王」は次元の狭間から作中世界に現出しようとしていた。ただし、自力で世界の枠を超えることが出来ず、ファブラ・フォレースやクロスゲートなどの「次元の門」を通じなければ現れることが出来ない。そのため、滅ぼすのは不可能だが、方法を問わなければ対処することは容易いという極端な特徴を持っている(『D』における『メガゾーン23』の世界では地球そのものに対して攻撃を加えることで現出を阻止し、本編では前述の通りファートゥム撃破後にファブラ・フォレースを破壊して追い返している)。

総論[編集]

フェリオの意識を介して「破滅の王」が語ったところによれば、「無限に広がり続ける宇宙を、無限に原初の闇に戻し続けるもの」であるらしい。言ってみれば「破滅の王」とは、「死滅」という「現象」そのものであり、ペルフェクティオは偶然発生したスパロボ世界における端末、と言える。

『D』では概ね上記の通りの存在であり、最終的にトレーズの特攻で器を失い、ファブラ・フォレースの破壊によって現界出来なくなったことにより、元の現象に戻った。

『第2次OG』における諸設定[編集]

今作ではいくつかの設定が追加・変更されている。

“鍵”と呼ばれるものが存在し、それは、門を開き、また閉じるためのものであり、その世界の知的生命体の心の在り様を調べ、「破滅の王」が現出するための糧となる負の感情を集める素地を作るためのものであった。

遙か古代[1]、“鍵”に触れた何者か(少なくとも人間ではなかったようだが)に憑依して「ペルフェクティオ」という端末を得、開かれた門から現れようとしていた。当時の人間達は、その尖兵たるメリオルエッセやミーレス達と戦い、膨大な犠牲を払ってクロスゲートを封じ込め、「破滅の王」の現出を阻止した。その後、生き残った者たちは、戦いで得たものを利用し、後の時代に「破滅の王」が現れた時の対抗策を造り上げた。それが“鍵”の複製品であるシュンパティアレース・アルカーナである。そして、ファブラ・フォレースの正体は、かつて「破滅の王」が現出しようとしていたクロスゲートと、古人達が戦いの後に築いた封印神殿のことを指す。

恐らくは、その戦いの際に構築したと思しき疑似意識が時を経ても残っていたらしく(推測だが、どうやら器ごと放逐されたらしい)、フェリオを器に再び顕現した際は、当時の事を記憶していた。

シュンパティアに組み込まれたカルケリア・パルス・ティルゲムにより、門を開いたフェリオは「破滅の王」本体、即ち死の概念そのものに接触してしまい、その結果人格を乗っ取られてしまった。この時、疑似意識にフェリオの所有していた知識が書き込まれ、その結果メリオルエッセ達は、恐怖のイメージを移した人の姿と、闘争の手段である機動兵器を与えられることになった。また、ラテン語で名称がつけられたのも、フェリオの持つラテン語のセンスが反映されたと考えれば説明がつく。

結末は概ね『D』に準じるが、最終局面ではイルイ・ガンエデンによって抑え込まれ、ウェントスの特攻とクリスがクロスゲートを介して引きずり込んだことにより、OG世界から消滅した[2]

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
最終話「デザイア」でラスボスとして登場し、ファートゥムに乗る。この時点ではハードの関係で台詞が少ないが、それが却って不気味さを煽っている。ラスボスらしく、全体的に高い能力値を誇っているが、機体にHP回復がないため、回避の高い機体でチクチク削るのが一番楽。ただし、40周した際はスパロボ史上でもありえないくらいの能力値(底力込み)となるので注意は必要である。
ズール皇帝ゲペルニッチがストーリー上の演出と相まってやりたい放題してくれたのに比べると、強さの印象はさほどでもない。彼自身が言うとおり、「肉の身体に縛られたが故」だろうか。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
第59話「デザイア」で共通ルートの最終ボスとして登場(以後はSRポイントによる分岐に突入するため、この話が終了した時点でどこまでSRポイントを貯められたかで真のエンディングに到達できるかが決まる)。ガードこそないが、特殊効果満載の攻撃と凄まじい命中率、何よりαのボス勢さながらの「ド根性」ラッシュで絶望感を与えて来る。グランゾン辺りを囮にコツコツ削るのが定石。
実は本作において「破滅の王が現出すれば宇宙が終わる」という事実を明確に認識していたのは、何とユーゼス・ゴッツォただ一人バラルも認識してはいたが中途半端)であり、その他の面々は単に「別世界の存在」と思っていたか、クロスゲートを破壊すれば地球も自分達もただでは済まない、という認識を持っていた。つまり、「破滅の王」の真実を知らないままであればいずれ押し負けて「破滅の王」が現れていた=全てが終わっていたのはほぼ間違いなく、「イルイの干渉」と「ユーゼスがクロスゲートの動作を操作していた」こと、そして「ウェントスの特攻」という3つのイレギュラーがあったからこそ成し得た勝利と言える。
なお、本作では疑似意識がしっかりしているのか会話シーンが多く、Dでは他者から語られた事象を自ら明かしていたりする。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

D
命中が全パイロット中2位、回避が33位。それ以外は全てトップという文字通りの怪物。「破滅の王」自体が現界していれば能力どころの話ではないだろうが。
第2次OG
総合力でユーゼスに譲るものの、ファートゥムの凶悪な特殊攻撃と合わせてそれまでの敵とは一線を画する強さを誇る。回避が若干低い以外は軒並み高水準であるため、精神コマンドの出し惜しみはもってのほか。『D』をプレイしていたユーザーなら倒せばどうなるか対策は練りやすいだろうが、初プレイのユーザーの場合では少々違ってくる。精神コマンドを駆使して何とか削りきったところを回復されるため、ゲームでも、リアルでも絶望を味わわせてくる。

精神コマンド[編集]

第2次OG
必中不屈鉄壁気迫再動
スーパー系のお手本のような構成である。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

D
底力L9、援護攻撃L4、指揮L4、コンボL4、カウンター
ボス恒例の底力に加え、信じられない事に援護攻撃持ち。指揮で強化したメリオルエッセ機を自分が援護して来るため、実際のダメージは数値以上に大きい。だからと言って単機にすると「ウルティムム」で一網打尽にされる上、下手に援護陣形を組むと「オルクステレブラー」でまとめて貫かれる。付け入る隙がどこにもないため、V2ガンダムプロトガーランドなどの回避の高い機体で少しずつ削って行こう。
第2次OG
2回行動底力L7、見切り気力+ (ダメージ)
見切りと底力、機体の地形適応のおかげで精神コマンドなしではほぼ避けられない。ガードがないのがせめてもの救い。今回、底力の補正値がZシリーズと同じになった為、補正値は過去作の底力L9を凌駕している。2回行動とEN回復能力により無制限に使えるMAP兵器連発がキツイ。特殊効果も豊富で、フルブロックやパイロットブロックでカバーしないと相手にならない。また超大物という性格と気力+(ダメージ)のせいで、一度の戦闘で気力が凄まじく上昇するので、脱力を使うならターン終了時に武器の使用を制限する目的にしないと意味を成さない。幸いというかメリオルエッセ機の召喚はなく、特殊効果武器は射程3に撃てないため、そこに主力を配置して削るべし。無論、MAP兵器対策は抜かりなく。

エースボーナス[編集]

第2次OG
HP50%以下で、一度だけ「かく乱」を使用する
全回復のトリガーが60%であるため、イルイのイベント後に使って来ることになる。これを撃たれると1ターン無駄にする上に「パッシーオ」で気力が削られるのだが、起動判定は規定値を割った瞬間なので防ぎようがない。

パイロットBGM[編集]

「Despair」
専用曲。意味は「絶望」。やや意訳ではあるが「希望」を意味するジョッシュのBGM「Desire」と対極をなす曲名であり、そのアップテンポアレンジ。ユーザーからも非常に人気が高い。ちなみに曲名を知らなくてもユーザー間なら「完璧親父の曲」と言えば通じる。ちなみに『第2次OG』では「Trombe!」よりも優先度が高い(前例はこの人[3]
なおこの曲は、シリーズ初のラスボスの個人専用曲(他の敵やマップと共用していない)。また、目覚ましに使うと金縛りが発生するという都市伝説がある(しかも実例あり[4])。
「Destinies (Ver.OG II)」
『第2次OG』において、3度目のイベント後にこれが流れ始める。『D』のタイトルミュージックだが、スローペースアレンジなのでちょっと聞いただけだと「?」となる。もちろんこの曲も「Trombe!」よりも優先度が高い。なお、いわゆる「主題歌・テーマ曲が常時流れ続けるボス」について、ペルフェクティオは実は2番手である(1番手はテイニクェット・ゼゼーナンなのだが分岐中の対峙である上、肝心のトロンベがいないためどっちのBGMが優先されたかは不明)。

人間関係[編集]

フェリオ・ラドクリフ
依代。彼の記憶を引き継いでおり、『第2次OG』の最強技でその一部を垣間見れる。
グラキエースウェントスイグニスアクイラコンターギオウンブラ
彼ら6人を創造する。展開次第ではグラキエースorウェントスに離反される。『第2次OG』ではウェントスの特攻を受けてクロスゲートが損傷し、世界の外へ追い出されることとなった。
クリアーナ・リムスカヤ
『第2次OG』では彼女たちのうちクリスによって世界の外へ引きずり出されることになる。
ジョシュア・ラドクリフ
宿敵。
夏喃潤泰北三太遊らバラル勢
「破滅の王」を警戒して行動していた。……が、「破滅の王」の実態を知らなかったため、対策のレベルが中途半端であり仮に成功していても「破滅の王」が出てくれば全てご破算だっただろう。裏付ける証拠として、バラルの園を中心として地球に展開したフィールドはルイーナの本拠地である南極だけ覆えなかった
エ=セルダ・シューン
数千年前にフェリオの前の依代で地球に現れた際には、彼と当時のフューリー皇帝、そして彼の搭乗機に宿るフューレイムの力に敗れて封印された。

版権作品との人間関係[編集]

早乙女博士コーウェンスティンガー
ペルフェクティオの強大さや恐ろしさに早々と気付いており、死の間際にペルフェクティオの存在の警告を遺した。コーウェン達の言葉からゲッター線の力で、何らかの対策も講じる事が可能だった様子。
ズール皇帝
さすがのズール皇帝も、ペルフェクティオの存在を感じ取り、その存在を恐れ、警戒していた。彼が『D』で地球を破壊しようとしたのも、このペルフェクティオの現出阻止のため。
ゲペルニッチ
ゲペルニッチ達プロトデビルンも、その存在は知っていた様子で、無限の並行宇宙から自分たちと同次元に現れた事を驚いていた。ペルフェクティオは彼らとは性質の異なっていた同種の存在であったらしい。ペルフェクティオを食い止める為にブルー・スウェアに力を貸してくれる。
流竜馬 (OVA)
時空の狭間で、ゲッターエンペラーを通じてその気配を感じ取っていた。
熱気バサラ時祭イヴ
ペルフェクティオと対に位置するエネルギーである「歌エネルギー」を持つ存在。彼らの歌が、ペルフェクティオへの反撃の大きな鍵となる。早い話、この二人がいなければペルフェクティオと戦うことすらできなかった。
トレーズ・クシュリナーダ
最後の最後に彼の捨て身の攻撃を受け、彼が己の命を懸けて稼いだ時間にブルー・スウェアによってファブラ・フォレースを破壊された。

名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「我は破滅をつかさどるもの。破滅を導くもの」
「そして、破滅そのもの…」
戦闘セリフの一つ。『第2次OG』ではエデッセサペレ使用時の台詞に採用されている。
「我は無限、我は混沌……全てを飲み込み、力と成して無へと還すもの」
『第2次OG』での戦闘セリフの一つ。こちらは通常台詞のほか、エデッセサペレ使用時にも言うことがあるため、「大事なことなので2回言いました」状態になることがある。ただしエデッセサペレ使用時のバージョンは別録りで、抑揚がついており「全てを飲み込み」の後に「そして…」と前置きがある。
「創造主たる我に刃向かうか……」
対ウェントス、グラキエース。実はかなり少ない特殊戦闘台詞。
「何と……仮初めとは言え、我の力をこれほど退けるというのか……」
「何だ……これは? 我の力が……」
「肉と機械の器が……!!」
重傷時。「ペルフェクティオ」の力はフェリオとファートゥムを介して「破滅の王」の力を再現しているだけに過ぎないらしい。
「まさか、我の力が……!? あり得ぬ……こんなことはあり得ぬはずだ……!!」
撃墜台詞。破滅の王が動揺を示した瞬間である。ちなみにこの台詞、表示枠の関係により撃墜台詞としては珍しく2枠使用している(他には『J』のクルーゼや『W』のテッカマンアックス程度)。『第2次OG』では後半のみ使用されている。

D[編集]

「ペルフェクティオとは、我が宿りし、仮初めのこの身体の名…… 我は破滅、我は混沌……全てをただ消し去る。無限に広がり続ける宇宙を、無限に原初の闇へと戻し続けるもの」
「我は全ての宇宙と共に存在するもの。この肉体と同じ、自らを人と呼ぶ生命体よ。お前達の世界が破滅へと導かれる時が来た」
「デザイア」で初登場したときの台詞。
「無駄だ……我は、死と滅びを糧として存在するが故に。我を滅ぼすことは出来ぬ」
「終わりだ。お前達に与えよう、完全なる滅びを。我が一部となって、消えるがよい」
一度倒されたにも関わらず、何事も無かったかのように復活したときの台詞。そして、ブルー・スウェアにさらなる絶望を与えることに…[5]
「感じるぞ…お前たちの叫びを。絶望の果てに滅びを迎え…我が糧となれ、人という名の生命体よ」(D)
「まもなく、我が本体が現出する。終焉の時だ」
「お前達に与えよう……これまでに我が糧となった、亡者達の怨念を」
「感じるぞ、お前達の叫びを。絶望の果てに滅びを迎え……我が糧となれ、人という名の生命体よ」(第2次OG)
再び復活したペルフェクティオによって、体すらまともに動かせないほどの理性を超越した名状しがたき恐怖の感情が喚起され、次々と戦意を失っていくブルー・スウェアに対して。『第2次OG』では2回目のド根性の使用後、HPを60%まで削るとこの台詞が出現。メリオルエッセに葬られた亡者達の怨念を叩きつけ、鋼龍戦隊から戦意を奪い取りにかかる…(ただしこの状況でありながら彼女だけリアクションがおかしかった)。
「何だ、これは? 我の、我の力を押しのけるだと?」
「あり得ぬ……我は無限、我は永遠。滅びの宿命を持つただの生命体が、死と滅びと負の波動によって存在し続ける我の力を退けるなど」
「例え、我がこの仮初めの体を通してのみ、この宇宙に存在しているとしても……あり得ぬ!」
主人公機体やバサラ、エンジェル・ハイロゥなど、様々な生命と想いの力により、死と滅びの力によるプレッシャーが退けられて。『第2次OG』ではシュンパティアを通じて届けられたイルイの念によって押し返されることになる。
「ぬぅ……この肉の体に縛られたが故か。この仮初の身体は、もう保たぬ」
「だが我を退ける、この力は…存在を許してはならぬ…」
二度目に撃破された際の台詞。この後、古代機械ファブラ・フォレースを破壊する時間もなく再び復活するも、トレーズの特攻で世界の外へと押し出され、その隙にブルー・スウェアの総攻撃で古代機械ファブラ・フォレースは破壊され、「破滅の王」は退けられた。

第2次OG[編集]

「お前は……我が得た知識の中にあるぞ。ジョシュア・ラドクリフ……」
「そして、クリアーナ・リムスカヤだな」
登場時、ジョッシュとリムを視認して。意外にも『D』では存在しなかった、会話シーンである。
ペルフェクティオ「お前達がフェリオ・ラドクリフと認識する知的生命体……その魂は、すでに消滅している。この肉体は、我の仮初めの器に過ぎぬ」
リム「じゃ、じゃあ、父さんは……!!」
ペルフェクティオ「我にこの世界の知識を与え、虚無に還った」
クリフとリムに対して。『D』ではシビルが「クライシス・ポイント」のIMでジョッシュに教えていた。
「本来、“鍵”とは我が赴く先の世界、その知識所有者……負の波動の源となる者達……すなわち、我の糧となる知的生命体の心の在り様を調べるための物だ」
「お前達のシュンパティアは、“鍵”を歪めたもの。おそらくはこの封印殿を建造した者達により、作り出されたものであろう」
シュンパティアと“鍵”について。“鍵”とは要するに「破滅の王」の糧、器となる者を見出すための装置であり、シュンパティアは機能を限定した劣化複製品、ということのようだ。アインストが探していた“鍵”もこれのようだが……。
「古の知識所有者…… 我の目覚めに備え、我が眷属との戦いで得たものを利用し、封印殿やシュンパティア……そして、お前達がレース・アルカーナと呼ぶ物を作り、遺した知的生命体」
「姿形は、今のお前達とよく似ていた。だが、既に死滅している。我の封印と引き換えにな」
ファブラ・フォレースを残した者達の真相。『D』でも恐らく、ほぼ同様のプロセスが踏まれたのであろう。もっとも、当の彼らは死滅などしていなかったのだが。ペルフェクティオの持つ知識はあくまでもフィリオとその前の依代が持っていた範囲であるため、このような誤解が生じたようである。
「……古の知識所有者達も、フェリオ・ラドクリフも、“鍵”の全てを解明することは出来なかった。“鍵”に触れた者は、その知識と引き換えに魂を蝕まれる……いずれ来る破滅の導き手となるために」
「そう、お前達がメリオルエッセと呼ぶ存在……我が下僕、我が尖兵と化すのだ」
「知らぬことか。ならば、フェリオ・ラドクリフの記憶を垣間見るがいい……それは、お前達にとってさらなる絶望を呼ぶ因子となるであろう」
“鍵”に関する事実。イグニス達はゼロから作り上げられたものだが、本来の「メリオルエッセ」とは“鍵”に触れた人間が変質して生まれるものらしい。見方を変えれば、“鍵”とは一種のブービートラップとも言える。つまり、模造品のシュンパティアに感応したジョッシュとリムもいずれそうなる可能性がある、というのだが……。
この後、「破滅の王」は器に刻まれたフェリオの記憶を垣間見せる。それは、フェリオ自身がクリアーナをシュンパティア01の被検体としたという事実、そして真の「リム」は、彼らが「クリス」と呼ぶ少女であったという事実。そして、シュンパティアにリンクする度、リアナがリアナでなくなっていくという事実であった……。
ペルフェクティオ「触れた物がシュンパティアではなく、本物の“鍵”であったならば……すぐに我が下僕となったものを」
「だが、お前が長期間シュンパティアに触れていれば……本来の魂を打ち消し、破滅の導き手へと変貌を遂げる可能性もあった」
「マシーンに搭乗した時、お前の人格が前面に出ていたのは、その兆候だ。しかし、今のお前は、人間とメリオルエッセの狭間で揺れる不安定な存在であるがな」
お前も同様だ。本物の“鍵”に触れていれば、この仮初めの器のように我が物となっていた」
ジョッシュ「リムは二つの人格に分かれた……! 親父はお前の器となった……! なら、何故、俺は平気なんだ!?」
ペルフェクティオ「時間の問題だ。歪められたとはいえ、シュンパティアに触れたことによって、お前も変貌しつつある。その証拠に、メリオルエッセ達の声を聞き、グラキエースとは共振までしたであろう?」
ジョッシュとリムに突きつけた衝撃の事実。シュンパティアに近づき過ぎれば、二人ともメリオルエッセと化すというが……。
ペルフェクティオ「フェリオ・ラドクリフが触れたシュンパティアの別因子は、“鍵”としての機能を励起した」
ジョッシュ「何で親父のシュンパティアだけが!?」
ペルフェクティオ「“門”を開き、我の一部に直接触れたからだ。そして、この肉の器が所有していた知識によって、我が眷属が新たな姿で生まれ出でた」
レーツェル「では、メリオルエッセはフェリオ・ラドクリフ教授の知識や記憶を基にして作られたのか……!」
ペルフェクティオ「然り。“鍵”によって人間の心の仕組みを調べ、そこから効率良く負の波動を引き出し、収集するための姿、力を得たのだ」
アクセル「貴様も同じか、それは?」
ペルフェクティオ「そう、見るがいい……我の機械の器を!」
フェリオが乗っ取られた原因。経緯こそ違えど、「ペルフェクティオ」とメリオルエッセ達は似た存在。そして、主の声に応じ、「破滅の王」が作り上げた機械の器が顕現する……。
「お前は本来、存在し得ないもの……我が生み出したも同然の虚ろな魂……」
「シュンパティアは偽りの“鍵”……お前もまた、偽りの存在……消えゆく運命なのだ」
リアナとの戦闘前会話。本来メリオルエッセとして存在するはずだったリアナの真実を、無慈悲に突きつける。
「お前たちの焦燥、周章を感じるぞ。それもまた、我の力となる……」
この台詞と共に2回目の「ド根性」を使用してくる。何となく、プレイヤーに語っているように聞こえなくもない。一度目はともかく二度目のド根性なので精神的に疲弊するプレイヤーは多い。
ちなみに「周章」とは「慌てふためき騒ぐこと」を意味する熟語。
「あり得ぬ……! この肉の体に縛られた故か……! この仮初の機械体は、もう保たぬ……!」
「だが、我を退ける力……古の者達を凌駕するこの力……その存在を許してはならぬ……!」
「我は無限……我は永遠……! 絶対真理を以て、宇宙の破滅、破砕、破界を司るもの……我は……!」
「……我は……永遠……!!」
最後の台詞。この言葉を最後にファートゥムは爆発四散し、ペルフェクティオは爆炎の中に消えた。しかし、滅びそのものたる破滅の王が終焉を迎える時は全平行世界、あるいは時間の概念そのものが消え去らない限り、永遠に無いだろう……。
なお、破界という言葉からあの作品を連想させるが、ユーゼスも同じ言葉を使っている事を考えると、単純にスタッフのお遊びとは良い難い。

搭乗機体[編集]

ファートゥム

余談[編集]

  • ペルフェクティオはラテン語で「完璧」「完全」の意味で(英語圏なら「Perfect」)、取り付いているのが主人公の「親父」なので、ユーザーからは「完璧親父」と呼ばれている。また、石川賢の作品『ゲッターロボサーガ』とも関連が囁かれる漫画『虚無戦記』に登場する「ラ=グース」とその性質が非常に似ている。
  • D』最終話では登場する際にメリオルエッセの機体を配下として蘇らせるのだが、これは同時期に発売された『COMPACT3』のラスボス・修羅王の使用した奥義「闘鬼転生」とほぼ同じ。偶然なのか意図的なのかは不明だが、「復活したのは機体だけでパイロットは一般兵」、「一体だけいないストゥディウムアガレス)」という所まで共通している。
  • 第2次OG』では戦闘台詞が木原マサキを彷彿とさせるためか「冥王」のあだ名が付いた。
    • ちなみに、笑みのグラフィックは『MX』のマサキのものと表情・アングルがほとんど同じ(見下すようにしてニヤリと笑っている)。
  • メリオルエッセやルイーナの軍勢を生み出す力を持つが、その全ては破滅を導くための『破壊の使徒』であり、アートルム・エクステリオル等のペルフェクティオの力で発現した現象は破滅を導く方向性しか有していない。またOGにおいてはルイーナの軍勢(ミーレスや機動兵器)は既存の物質をペルフェクティオの力で変換しているとされている。これらの要素はZシリーズにおける次元力、特に「消滅しようとする力」=「太虚」設定と非常に似通っている。
  • また、これらの設定や特徴からモチーフはクトゥルフ神話の邪神である「アザトース」ではないかとも言われている。

脚注[編集]

  1. 恐らくはオーバーテクノロジーによって栄えた文明の時代。
  2. この時「AI1に取り込まれた」という話が聞かれるが、実際にAI1が取り込んだのはクロスゲートから力を取り込んで暴走したアレス・ガイストであり、正確には間違い。
  3. 『第2次OG』ではこの曲に限った話ではないのだが(大ボス系はだいたい優先)、その一番最初がこの曲なので印象が強い。
  4. 初出は2ちゃんねる(現5ちゃんねる)「スーパーロボット大戦OGで萌えるスレ その134:931」と見られる。
  5. 『第2次OG』では前半の台詞が採用され、この台詞と共に「ド根性」を使用して来る。