ズール皇帝

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ズール
外国語表記 Zure
登場作品 六神合体ゴッドマーズ
声優 納谷悟朗
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 悪の思念体
性別
所属 ギシン帝国
称号 皇帝
テンプレートを表示

ズール皇帝は『六神合体ゴッドマーズ』の登場人物。

概要[編集]

ギシン帝国の皇帝。全宇宙の征服を企んでいる独裁者。

養子にしたマーズを地球破壊の先兵として送り込むなど、目的の為には手段を選ばない冷酷非情で極悪な性格。自分の意思に逆らう者は絶対に許さず、即刻抹殺を命ずる。

強力な超能力の使い手でもある。その能力は実体ある分身体を作り、死者を操るなど物語でも深く関わる。

ギシン星でゴッドマーズ及びマーズこと明神タケルと戦い、圧倒的な力を行使する。しかし、タケルの捨て身の攻撃ともいえるゴッドマーズの反陽子爆弾で一度は倒された。

だが、ズールは様々な星々の悪の思念体ともいえる存在で、倒したのはズールの一部でしかなかった。マルメロ星の支配者ギロンを悪夢で操り、マルメロ星のプラスとマイナスの超能力者を同士討ちさせ滅亡へと企てる。そして、ズールの思念に支配されたギロンを倒し、地球へと帰還するタケルの目の前に出現。タケルにデビルリングを嵌めて超能力を使うごとに寿命を縮めるという策略で追い詰める。

自分は死者の国で自身の六人の集合体メタール、ボーデ、スナッパー、ナッカー、キッカ、ニードら(以上の六名は「ゲシュタルト」と呼ばれる)を使役してタケルを徹底的に追い詰める。ズールは死者のを操り、無限の絶対能力でゴッドマーズとタケルを追い詰めるが、マーグと死者の魂がゴッドマーズにズールをも凌駕する力を与えて倒される。

だが、それでもズールは倒されずに地球に出現。タケルと対決し、再び追い詰めるが、今度は自ら嫌う「」の力が結集した地球人たちの祈りを受けたゴッドマーズとタケルの極限のパワーで完全消滅した。

登場作品と役柄[編集]

パイロットはズール本人。いずれの作品でも桁違いに能力値が高く、ドン・ザウサーにも匹敵する。また、どの作品においても大物扱いされている。

原作キャストの納谷悟朗氏が2013年3月5日に逝去したため、生前に納谷氏がスパロボで音声を収録した唯一のキャラクターとなった(『第2次Z再世篇』以降の作品で『六神合体ゴッドマーズ』が参戦した際はライブラリ出演の処置がとられている)。

Zシリーズ[編集]

Zシリーズでは一貫してユニット名義が「皇帝ズール」、パイロット名義が「ズール」になっている。

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
シリーズ初の音声収録。原作どおり地球を破壊しようとするが、途中で地球の特異性が惜しくなり、地球の支配に方針転換、Dr.ヘル一派と手を組んだりするようになる。『D』以上に、次元を超えて集結している版権作品の奥の奥まで知り尽くしているような口調が特徴。タケルの起動した反陽子爆弾により敗北するが、直後に再び現れる事を予告して消滅した。
本体はただですら高い能力値に加え高レベルの超能力に2回行動を所持しているので出来れば一気に倒してしまいたいところである。なお、偽物と本物とでは技の演出が若干異なり、本物のみリアルカットインが挿入されている。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
予告通り復活。『64』以来の共演となった同じ暗黒の力の使い手であるムゲと手を組み、ゲシュタルトに分かれて暗躍。終盤で完全復活を果たすもを受けて輝いたゴッドマーズの一撃をもって消滅した。彼もまた、黒の英知に触れた者の一人である。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
名前のみの登場。同様に黒の英知に触れた者の一人である宇宙魔王と、かつて同志であったとされているハーデス神が登場する。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
またしても復活を遂げ、暗黒の軍団を率いる。宇宙魔王・ハーデス神と共に版権作品最後の大ボスとして立ちふさがる。彼も歪んだ真化を遂げた高次元生命体の一人だという事が判明した。『第2次Z』で所持していた特殊スキル「」を失ったが、その代わり「プレッシャー」を取得。ガードと併せても本作でも5本の指に入る硬さを誇る。
最後は最も嫌う「愛」に敗北したことを認められないまま完全に消滅した。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
『64』に近い立ち位置。今回はギシン星間帝国で、ベガ星連合軍に加えザール星人も従えている。本編中では度々偽物と交戦することになり、本物とは終盤でギシン星ルートを選んだ場合に限り戦闘可能。
本物はユニットとしては、最大射程9かつHP15万でHP回復を持ち、一度倒しても復活する。ただし、条件を満たせば、復活を防ぐことができる。パイロットとしても、底力超能力レベル9を誇る(偽物は8止まり)。命中回避に限ればラスボスよりずっと強い。戦闘前会話も多く、ボスにふさわしい。地球を破壊しようとしたのは、ペルフェクティオの侵入を防ぐためであった。ゲペルニッチと同じく強いボスキャラ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。ベガ星連合軍キャンベル星人も従える銀河帝国の皇帝。だが、彼のインパクトは原作より薄れていて地球に唐突に現れては倒されてしまうなど、扱いが悪い。ただし本人は強く、3回復活するなど手ごわい。五飛を洗脳して「ズール皇帝こそが正義だ!」と言わせたのには度肝を抜かれるが…。シナリオを担当した鏡俊也氏も思うところがあるのか、『D』ではズール編を加えるなどアレンジが加えられている。
一方グラドスの刻印への破壊指示をする際に銀河帝国の皇帝にしてはかなりマヌケな発言をしてしまっているなど、お茶目な描写もある。

装備・機能[編集]

本物と偽物では当然本物の方がユニット・パイロット共に能力値が高く、特にHPには大きな差がある。だが偽物の能力も高水準なのには変わりなく、決して侮れるものではない。

武装・必殺技[編集]

拡散ビーム
Zシリーズでは広範囲マップ兵器偽物は3マス、本物は5マス。
死の光
第2次Z再世篇以降で使用するマップ兵器。ズール皇帝を中心に黒い稲妻を放つ。
電撃
天変地異を起こし、雷を落とす。
Dでは命中低下の特殊効果を持つ。
格闘
64でのみ使用。原作では両手を組んで上から殴りつけたり、ゴッドマーズの首を絞めながら軽々と持ち上げたりと肉体派な戦い方もしていた。
怪光線
64、Dでのみ使用。
ビーム
64、Dでのみ使用。Zシリーズのエネルギー衝撃波に相当する必殺技だった。
エネルギー衝撃波
Zシリーズでのみ使用。全身から放射される衝撃波で相手の動きを止め、両手からビームを放つ。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(中・大)
オールキャンセラー
あらゆる特殊効果を無力化。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L~2L

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

版権作品の中でも1、2位を争う能力値であり、分身体でも能力は高い。

精神コマンド[編集]

第2次Z
直感てかげん鉄壁かく乱覚醒

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z
超能力L9、戦意高揚カウンターL7、ガード2回行動
極と2回行動を取得。どれをとっても厄介な技能である。
第3次Z天獄篇
超能力L9底力L5プレッシャーL4ガードマルチターゲット気力+ (ダメージ)精神耐性2回行動
D
超能力L9、底力L9、援護攻撃L4、コンボL4
偽者は超能力と底力のレベルは8で止まる。
64
超能力L8

エースボーナス[編集]

HP20%以下で、1度だけ精神コマンド「かく乱」を使用する
第2次Z破界篇』で採用。

人間関係[編集]

明神タケル(マーズ)
父であると名乗り、利用しようとした。
マーグ
洗脳して利用する。
イデア
科学者(マーグ・マーズ兄弟の実父)。反陽子爆弾を製造させる。後に、ズール皇帝によって反逆者として処刑された。
ロゼ
彼女の住んでいた星を襲い部下にした。
ワールサグール
側近。
カッチグールバレン
部下。
ゲシュタルト
自身の分身体。ゲシュタルトとはメタール、ボーデ、スナッパー、ナッカー、キッカ、ニードら6人の総称であり、それぞれがズール皇帝の頭、胴体、右腕、左腕、右脚、左脚を構成している。
いわば、ゴッドマーズへと合体する六神ロボガイヤー、スフィンクス、ウラヌス、タイタン、シン、ラー)と対を成す存在である。

他作品との人間関係[編集]

ダイナミック系[編集]

Dr.ヘル
『第2次Z』では同盟を組む。彼の世界征服の真意を見抜いている。また、『第2次Z再世篇』では彼を黒の英知の継承者としても認めている。
ハーデス神
かつての同志。『第3次Z天獄篇』で彼と共に版権作品最後の敵勢力となる。
ゲッターチーム
ゲッター線の力を理解しており、竜馬達にその力が宇宙を破壊へと導くと警告している。戦闘中の台詞もある。
デューク・フリードグレース・マリア・フリード
64』・『D』ではフリード星を滅ぼしたため、敵視されている。
ガンダル司令ブラッキー隊長
『64』・『D』では部下。
レディガンダル
『64』・『D』では部下。『D』では裏切られるが、返り討ちにした。
ゴーマン大尉
『64』では部下。

スーパー系[編集]

楯剣人
D』ではエリオス星を滅ぼしたので、彼からも敵視される。
クロッペン
『D』では部下。自身の真実を知った彼に叛旗を翻されるも、返り討ちにした。
ネシア将軍
『D』では部下。クロッペンの後任の司令官に任命した。
ボイダー将軍カブト将軍
『D』では部下。
ムゲ・ゾルバドス
64』では彼と共に、銀河の後継者たる存在とアル=イー=クイスに称せられた。『第2次Z再世篇』では暗黒の信者を操る黒幕の1人として結託している。
女帝ジャネラダンゲル将軍総統ワルキメデス
『64』では部下。
諸葛亮孔明
『64』では地球人でありながらズール皇帝に協力する。その真意は、ズール皇帝をGR計画の発動の為に利用する為であった。
シモン
第2次Z破界篇』では進化の力を司る螺旋力を警戒し、反螺旋族の存在を彼に示唆している。
ロージェノム
『第2次Z破界篇』で同盟を持ちかけるものの、拒否される。彼が人類に敵対行動を行う真意を見抜いている。
ニア・テッペリンアンチスパイラル
『第2次Z再世篇』ではムゲ同様に「暗黒の王」としてその存在と力に一目置かれている。
宇宙魔王
第3次Z天獄篇』で共演。どちらも黒の英知に触れた暗黒の力の使い手であり、ハーデス神と共に版権作品最後の敵勢力となる。

ガンダムシリーズ[編集]

張五飛
64』では彼を洗脳し、部下にした。彼の「ズール皇帝こそが正義だ!」の一言は、原作ファンを卒倒させた。流石に『D』ではそんなことは無かったが、彼に「究極の悪」と評される。
Zシリーズでは残念ながら(?)特に因縁は無かった。
アムロ・レイ
革新に目覚めようとしている者とし、警戒している。が、『第2次Z』においては「ニュータイプとしての」なのか、それとも何か別の含意があるのか、正確な意図は現時点ではわからないままであったが、『再世篇』では導く者として刹那を導いた。
刹那・F・セイエイロックオン・ストラトスアレルヤ・ハプティズムティエリア・アーデ
第2次Z破界篇』にて彼らCBのガンダムの動力源であるGNドライヴ最終的に齎すものに気づいており、人類が持っていていいものではないとして、戦闘時には破壊しようと目論む。

リアル系[編集]

キリコ・キュービィー
第2次Z破界篇』にて彼と対峙した際に、キリコの因果律を書き換える恐るべき能力を感じ取り驚愕した。
ワイズマン
キリコと戦闘した際にその存在を示唆している。
レナード・テスタロッサ
第3次Z天獄篇』では自らのエゴの為に時空修復を行おうとする彼を「人間の身でありながら神の力を使おうとする愚かな存在」と嘲笑する。

バンプレストオリジナル[編集]

アル=イー=クイス
64』では彼女達にムゲ・ゾルバドスと並んで銀河の後継者候補の一人と目されていた。結局ズール皇帝は敗れたが、彼女達にとってその気になれば復活は容易らしい。
ペルフェクティオ
D』ではペルフェクティオの強大さや恐ろしさを感じ取っており、その存在を非常に恐れている。地球を破壊しようとしたのも、ペルフェクティオをこちらの宇宙に出現させない為であった。……なのだが、出現しても戦って勝つだけの勝算があった節を散り際に見せている(人間に憑依しているためかもしれないが)。
ガイオウ
ズールと同一の存在を知っているらしい。ただし、その存在はズールという名前ではなかったとのこと。時獄篇の情報を考えると恐らく宇宙魔王ハーデス神
御使い
Zシリーズにおける高次元生命体共通の敵で、ズール曰く「神々の戦いの勝利者」。再世篇では自軍に対して「奴ら」の出現に絶対に後悔すると警告した。天獄篇では彼らを打倒し、宇宙の管理者に成り代わろうとした。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次Z[編集]

欠片を持つ者よ。お前の存在こそがワシの地球侵攻の一つの理由でもある」
「…その者12の心幾多の英知に砕け、あまねく世界へと降り注いだ」
「あの星は宇宙の特異点だ。それ故に欠片はあの星に集まり、黒の英知に触れたものはあの星に惹かれる。だからこそ、次元の将もあの星に跳ばされ、目覚めの時を迎える」
「そして、その星の者は生命の力に目覚める」
「そして、それは進化の光を浴び、螺旋を描き、天を突く」
「そう…! 銀河の特異点である地球を制するものは源理の力を手に入れるのだ!」
「地球人よ、あの星をワシに渡せ! ワシこそが銀河の支配者に相応しいのだ!」
第2次Z破界篇におけるズール皇帝の目的。
「無知とは罪な事だ。その力の本来の使い道も知らずに、このワシに牙を剥くとは。ならば、ワシはお前を倒し、Dr.ヘルに先んじて、光子力エネルギーを手に入れるまでだ!」
第2次Z破界篇終盤でのマジンガーZとの戦闘前会話ゼウス神の存在を示唆した上で、その神の力を奪取せんと甲児に襲い掛かる。
「進化に取り憑かれた妄執の使徒めが」
「その力はお前達には不必要だ。いずれ銀河を巻き込む災厄を呼ぶ」
第2次Z破界篇終盤での真ゲッターロボとの戦闘前会話。ズールの発した不吉な予言も、竜馬の闘争本能の前には無意味であった。
「お前のその機体が発する粒子…まさか…!」
「何者かは知らぬが、余計な事をしてくれる。その果てに何が待っているかも知らずに、人間を高みに誘おうとするか」
第2次Z 破界篇終盤でのガンダムエクシアとの戦闘前会話。劇場版での「対話」のことである。GN粒子を危険視するズールの発言を訝しみながらも、これを一蹴する刹那であったが…。
また、ワイズマンニュータイプSEED持ちに対する特殊戦闘台詞で「終焉に向かう力」と述べているが、これは第3次Zにおける「火の文明」の事を言っていたらしい。
「フフフ…分かるぞ。お前は自らの力を持て余し、それに押し潰されそうになっている」
「ワシがお前を楽にしてやろう。その生命を摘む事でな」
第2次Z破界篇終盤でのゼロとの戦闘前会話。ギアスの「暴走」という爆弾を抱えながら戦い続けるゼロの苦悩を見抜き、嘲笑する。
「お前達の持つ12の鍵も、インサラウムのZONEやDエクストラクターも次元力を生み出すものではない」
「正確にはオリジン・ローを引き出すシステムだ」
再世篇の終盤でムゲと共に復活した際、クロウに対してスフィアの本質を語っていた。
「ば、馬鹿な! ワシの暗黒の力が消えていく!!」
「ワ、ワシは死なん! 銀河に満ちる暗黒と一つになってワシは復活する!」
「そして、お前達は必ず後悔する! お、お前達では奴等にはぁぁぁぁぁっ!!」
再世篇での断末魔。

第3次Z[編集]

「何故だ!何故、奴等に勝てぬのだ!」
「我が名は皇帝ズール!御使いに代わり、全ての宇宙を支配する者だぞ!」
「黙れ、マーズ!あの時、イデアが六神ロボさえ、地球に送っていなければ、こんな事には...!」
「愛!?愛などに、このズールが負けるのか!」
「ぬおおおおおおっ!!」
天獄篇59話「邪神降臨」にて最期の台詞。最後まで「愛」に敗北した事を認められないまま、星々の悪意の集合体は断末魔を上げ、遂にこの世から消滅した。

D[編集]

「おのれマーズ! この愚か者め!古代文明が地球に開いた次元ゲートから出てくるものが、いかに危険かも知らぬくせに、よくもやってくれおった!地球を破壊せぬかぎり、あれの侵入は防げぬ!あれが完全にこの世界へと入り込めば、お前たちはすべて死に絶えるのだ!ワシに逆らった己の愚かさを、悔いて死んでいくがよいわ!フハハッフハハハハハッ!!」
Dの終盤でマーズ達に倒された時の台詞。いずれ完全復活してルイーナに対抗することを言い残し、滅びの時を迎えんとする彼が最期に遺した言葉はペルフェクティオというズール皇帝すらも恐怖する存在の警告でもあった。

64[編集]

ズール皇帝「おのれ、恐れを知らぬ奴らめ! ワシの力を思い知るがいい!!」
タケル「ズール! 貴様はもう終わりだ」
「銀河帝国軍もいずれは敗退する。ギシン星にも、戻れない」
「貴様はそれでも戦いをやめないというのか!?」
ズール皇帝「かまわん。ワシは生き続け地球を第2のギシン星とするのだ」
「宇宙に生きる命はワシあっての命。ワシが死ぬなどありえぬわ!ワーッハハハハハッ!!」
64「決戦宙域」での掛け合い。Dや第2次Zでもほぼ同様の台詞あり。
「うおぉぉぉぉっ!? なんだ、これは!? おのれ、ワシは死なんぞ!!たとえこの体が滅びても、ワシの細胞の一つ一つは宇宙へと広がり、そこでまた姿を変えて支配者となるのだ!ワシは決して滅びはせぬぞぉぉぉーっ!」
64より、断末魔の台詞。Dや第2次Zでもほぼ同様。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

ズール「わからん」
ワール「は?」
ズール「詳しくはワシにもわからん。数万年前に設置された何かがあるのだ」
64中盤にてグラドスの刻印を調査させている中で発した衝撃のセリフ。早い話が自分でも何を探しているのか理解していないことをぶっちゃけてしまっている。一応存在自体は「帝国にとって不都合なもの」と認識しているため警戒感こそ持っているものの、如何せんマヌケさが漂う一言でだろう。
「ワシこそが宇宙に君臨する大帝だ」/「奴が宇宙の大帝だと…!? あり得ん!」
第2次Zにて「宇宙大帝」ことゴッドシグマ相手に発する特殊戦闘台詞。滅多にいわれない二つ名まで網羅する博識ぶりには、ある意味脱帽である。

余談[編集]

  • 彼の名前は「ズルい」に由来する。もっとも、劇中での所業やスパロボでの能力値はズルいどころの話ではないが。