ゴーマン大尉

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゴーマン
外国語表記 Goman
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 野田圭一
デザイン 小松原一男
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ベガ星人
性別
所属組織 ベガ星連合軍
所属部隊 親衛隊
役職 隊員
軍階級 大尉
テンプレートを表示

ゴーマン大尉は『UFOロボ グレンダイザー』の登場人物。

概要[編集]

第7話「たとえ我が命つきるとも」に登場。

ベガ星連合軍親衛隊に所属。ベガ大王から直々に派遣され、円盤獣ギンギンを駆ってグレンダイザーを追いつめたが、ゴーマンの活躍が気に入らなかったブラッキーの横槍が入った隙をつかれ、グレンダイザーのスペースサンダーに円盤獣ギンギンを破壊されて死亡した。

その名の通り非常にプライドの高い傲慢な性格で、一般隊員を平然と見下し、選ばれた精鋭の身分をひけらかすことを憚らない。それでいて相応に実力もあり、追い詰めたグレンダイザーに止めを刺さず、わざと逃がして熱線追跡装置でグレンダイザーの秘密基地を発見しようとするなど策士でもあり、その余裕ぶりから実力が伺い知れる。実際に戦闘では第7話冒頭で敵と間違えて襲ってきたフイフイを乗機ギンギンで一蹴。地球では二度もグレンダイザーとデューク・フリードをアクロバティックな戦闘方法で追い詰め、パイロットとしての優秀さを遺憾なく発揮していた。ブラッキーの横槍がなければグレンダイザーは敗退していたと思われる。

酒が好きなのか、出撃前にも関わらずマザーバーン内ではワインと思わしき物を飲んでいる。余談だが、その時のワイングラスは中々悪趣味なデザインである。

彼の登場話以降、コマンダーと呼ばれる階級の敵ゲストキャラクターが度々登場する事になる。

登場作品と役柄[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2
第2部のみに登場。基本的にベガ星連合軍が敵のステージは彼がボスとなっている。そして二度も増援にくるロム・ストール一行。初登場話はマザーバーンで指揮を執っていたが、以降は原作通り円盤獣ギンギンに搭乗している。HP低下による撤退条件がある場合、撃破する際は高い防御のレベルがこちらを苦戦させる。また反応の能力がトップクラスに高く、クワトロ・バジーナ並。
スーパーロボット大戦IMPACT
リメイクにあたり第2部と第3部に登場。乗機は円盤獣ギンギンではなく終始マザーバーンな事もあり、あしゅら男爵的ポジションになっていて原作にあった強敵感がない。能力自体は悪くなく、安定して高いレベルなのが逆に悲しい。あまり良い扱いではないものの、ロム登場時にDVEがある。ちなみに同じ声の剣鉄也とは戦闘可能。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。本作では、ズール皇帝の親衛隊として登場。ワールの副官的な立場で、彼が不在の際は地上部隊の指揮を一任されたりしていた。他に狂人の演技をしているマーグを見抜いたりと、それなりに活躍する。
本人の攻撃力が高く、愛機ギンギンの攻撃力も相まって、リアル系はヒットすると一発消沈になりかねない。幸い性格は普通なので、味方の気力がたまるまで相手をしない方が無難である。
ルートによっては一度しか登場しない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

特殊技能(特殊スキル)[編集]

COMPACT2
防御L8
IMPACT
底力L9、援護攻撃L4

人間関係[編集]

ベガ大王
主君。大王直々の命令を受け、地球にやってきた。
ブラッキー隊長
横柄に接した為、反感を持たれる。彼をブン殴ったり、親衛隊の権限でマザーバーンの指揮権を剥奪したりと、名前の通りの傲慢な行動をとる。結局、彼の妨害によってゴーマンは死ぬ事となる。
ガンダル司令
会話は少ないが、ゴーマンの着任には特に不満を持っていない。
バレンドス親衛隊長
おそらく上司に当たるが、現時点では原作及びSRWにて共演したことが無い。
コマンダー・ジグラ
親衛隊のコマンダー。原作では共演していないが、COMPACT2IMPACTの第3部では共同戦線を張っている。
デューク・フリード
地球侵攻の障害である、彼を倒すためにベガ大王の命令を受けてやってきた。劇中デュークは非常に親衛隊を恐れており、ゴーマン大尉の強さも相まって説得力があった。
兜甲児
彼の乗るTFOギンギンで圧倒し踏みつけ、デュークを呼べと脅していた。だがそんな事に屈する兜甲児ではなく、一思いに踏み潰してやろうと思った時デュークは現れた。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

ズール皇帝
64における主君。
ワール
64では彼の副官的なポジションとなっている。
マーグ
唯一共演した64では彼の演技を見抜いた。高いパイロット能力だけでなく、切れ者としても描写されている場面。
ロム・ストール
COMPACT2におけるロムの初登場ステージが、ゴーマン大尉の初登場ステージでもある。ゴーマン大尉の登場ステージ4MAPの内、2MAPも何故かロムが援軍にやってくる等なにか因縁でもあるのだろうか。IMPACTでは彼とのDVEが発生する。

ガンダムシリーズ[編集]

ルー・ルカ
COMPACT2とIMPACTにおけるルーの初登場ステージで、彼女の乗るΖガンダム捕獲し戦力に加えようとしていた。
シーマ・ガラハウ
COMPACT2とIMPACTの第1部「地上激動篇」の展開次第では、ソロモンで彼女が仕掛けた罠へと掛かる羽目に。

名台詞[編集]

「俺はゴーマン大尉だ!」
無断でブラッキーマザーバーンに接近し、迎撃に出てきた円盤獣フイフイを撃破してからの台詞。これが第一声なのだから凄い。SRWでも戦闘台詞になっている。
「ブラッキー! あんなレベルではいつになってもデューク・フリードを倒す事はできまい」
ブラッキーの実力を確かめる為に敢えてミニフォー円盤獣を蹴散らした事を説明した台詞。作中でのゴーマンの実力を考えれば説得力が感じられる。
「俺に歯向かうつもりか? 俺に歯向かう事はすなわちベガ大王に歯向かう事になるんだぞ、ブラッキー!」
ブラッキーの指揮権を強引に奪った事で反発するブラッキーへの台詞。その名の通りの傲慢さが表れているが、逆に命取りとなる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「マーグ、気の毒だがエネルギーは抜いてある。まさか貴様が、頭が弱いフリをしていたとはな。まんまとだまされたよ」
『スーパーロボット大戦64』より。演技をして銀河帝国軍のスパイをし、脱走を企てていたマーグの演技を見破った際の台詞。
「簡単に殺しはせん…奴らをおびき出す餌になってもらう! 胴体とコクピットが残っていれば充分だろう…かかれ!」
「抵抗するなら構わん! 両手両足をもぎ取ってやれい!」
『COMPACT2』第2部第10話と『IMPACT』第2部宇宙激震篇第9話「Zの鼓動、再び」にて発する、包囲したΖガンダムに対しての攻撃指令。残酷な表現の数々に、ルーは「レディに向かって何て事いうの!」と激怒する。
「クク…ハハハハハ! 気に入ったぞ、人の心がどうとか、そんなことに興味はない。俺はそのロボット、いたく気に入った!」
同上。Ζガンダムの力の源が「人々の心」と断言するルーの主張を一笑に付し、改めて彼女の殺害とΖの強奪を宣言する。
「なんだと!? どこだ! この俺をベガ星連合軍‥ベガ大王親衛隊大尉、ゴーマンと知っての台詞か!」
「ふざけたまねを‥何者だっ!」
同上。ロム登場時のリアクション。他作品のキャラを巻き込んだ初のDVEは意外にもゲストキャラのゴーマンだった。
「…クク、間抜けな連中だ。仲間同士で争うだけならいざ知らず、こんなチャンスをくれるとはな…フフ、フハハハハハ」
ロンド・ベルネオ・ジオンが繰り広げる人類同士の抗争を嘲笑いつつ、両軍が集結するソロモンへと出撃するが…。
「ここまで…地球人がここまでやるとは!」
「認めん! 俺は認めんぞ! 俺はベガ大王親衛隊…」
『IMPACT』第3部銀河決戦編「ただ地球の平和のために」に於ける断末魔。自身の敗北を認める事無く散ったゴーマンの最期をデュークは冷ややかに見届け、「これがその親衛隊の運命だ」と断じた。

搭乗機体[編集]

ギンギン