メカギルギルガン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
メカギルギルガン
登場作品 劇場版マジンガーシリーズオリジナル
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
生態
分類 宇宙怪獣
ギルギルガン
前形態 ギルギルガン (第3形態)
テンプレートを表示

メカギルギルガンは「劇場版マジンガーシリーズ」の設定を元にしたSRWオリジナル機体

概要[編集]

更なる進化を遂げたギルギルガンの最終形態。原作には登場しない、SRWオリジナルの最終形態である。

全身銀色に染まり、トゲが目立つようになる。デザインは特撮映画のメカゴジラなどのロボット怪獣のような印象を受ける(というより、初代メカゴジラがモチーフの可能性が高い)。

捕食によって体内に取り込んだ金属を細胞レベルで融合させる事で、全身を金属化し、蓄積していたエネルギーを100%活用できるようになる。以前の形態に比べ、防御力・攻撃力共に飛躍的に向上しており、また、第3形態の際の腰部の穴も塞がれ、弱点らしい弱点が無いといっても良い。

書籍『不滅のスーパーロボット大全』に収録された読切漫画『マジンカイザー対真ゲッターロボ』(作画:Moo念平、脚本:赤星政尚)ではギルギルガン (第2形態)が大量のピクドロンを捕食して第3形態を通り越す急成長を行い、この形態へと変化した。全身から金属を捕食できるようになりマジンカイザー真ゲッターロボを苦しめるが、剣鉄也により超合金ニューZαは捕食できない(この時ゲッタートマホークとターボスマッシャーパンチが胴体に突き刺さっているが、前者は溶けるように捕食しているのに対して後者はそのままだった)という弱点を見抜かれ形勢は逆転。最期はファイヤーブラスターとゲッタービームを受け、撃破された。今の所、SRW以外のメディアでメカギルギルガンが登場したのはこの漫画のみである。

なお、『第4次』のロボット大図鑑によると「勝手に作ってしまったオリジナル」との事で、ダイナミック側はメカギルギルガンについては当初は全く関与していなかった事が伺える。また、モデルについては「いわずと知れた例のアレ。」、『F完結編』では「ただし首がぐるぐるまわったりしない。」の一文が追記されており、見た目から察するにメカゴジラの事だと思われる。

登場作品と操縦者[編集]

攻撃力、耐久力ともに高く、こちらもスーパーロボットの必殺技で応戦しなければ簡単には倒す事は出来ない。大抵はギルギルガン (第3形態)を倒すとメカ化して復活するのがお決まりのパターン。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初登場作品。ギルギルガン (第3形態)を倒すとその場で出現。メカ化して襲ってくるとはプレイヤーも想像は出来ないだろう。
第3次スーパーロボット大戦
耐久力が高く、「HP回復大」「ビーム吸収」を持つ。モビルスーツで対抗するにはきついので、スーパーロボット軍団をぶつけよう。
スーパーロボット大戦EX
武装と特殊能力はギルギルガンと同様の能力を持つが、HPは倍以上の34000とかなり高い。此方は各最強武器で対抗しよう。
第4次スーパーロボット大戦S
最終面直前のシナリオ「荒野の死闘」にのみ登場。Iフィールドを持つ。今までに比べると弱体化しており、また倒さずにクリアすることも可能である。
それよりもゲストメカの物量が厄介。
スーパーロボット大戦F完結編
特殊能力は「HP回復小」のみとなり更なる弱体化。耐久力もピクドロンと同じ程度になってしまった。武器性能は中々だがパイロットが人工知能改のままでは宝の持ち腐れ。本形態ですら脅威たり得る性能とは言えないのだが、これでも出現シナリオでの部隊の中では最強レベルの強さ。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
この作品から顔のデザインが変更されている。
今作でもギルギルガンを倒すことで登場する。1体の時は相手にならないが、最終盤では最初からこの形態で更に2体まとめて出現となれば勝手が違う。ボスのジ・Oや取り巻きのラフレシアより厄介な相手。
スーパーロボット大戦α外伝
第3形態からの変化は地上ルート第34話の1機のみで、それ以降は最初から本機の状態で恐竜帝国シュウが複数使用する。高耐久力に低燃費の強力な武器を持ち、HP・EN回復大を持っているため隙の無い強敵。さらにシュウが使うのは援護Lv2を持つ自律回路搭載機のため非常に厄介。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
今回はギルギルガンからは進化せず、単独の雑魚敵として登場。雑魚とはいえ、かなり強いので嘗めてかかると痛い目にあう。
終盤ではその本質がアインストと同じ、進化の果てに歪んでしまった存在であるかのような事が示唆されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
HDリメイク版の第2部から登場。実に『IMPACT』以来12年ぶりのシリーズ再登場を果たした。第1部をプレイしたシリーズ常連のプレイヤーから「メカに化けるかも…」との危惧があったとかなかったとか…。
スーパーロボット大戦MX
原作通り第1から第3まで進化していくのみで登場しないが、「まさか、こいつ…この後、メカに化けたりしねえだろうな…」というネタ台詞あり。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

アイアンクロー
鉄の爪。ロケットパンチで発射してくる。
破壊光線
目から発射する。
メガグラビトンウェーブ
強力な重力波。威力・射程ともに抜群。

特殊能力[編集]

HP回復(小~大)
EN回復(大)
ビーム吸収
Iフィールド

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「VIOLENT BATTLE」
SFC版『第3次』と『EX』では、このBGMが優先BGMとして設定されている。『EX』のみBGMの名称が「生と死のはざま」に変更されており、ギルギルガン専用となっている。
「ヴァルシオン」
第4次』ではこのBGMが優先BGMとして設定されている。
「ARMAGEDDON」
PS版『第2次』、『第3次』、『EX』における優先BGM。「旧シリーズ」のラストボスのテーマBGM。
「THE ARROW OF DESTINY」
α外伝』での優先BGM。

対決・名場面[編集]

vsマジンカイザー真ゲッター1
前述の読切漫画『マジンカイザー対真ゲッターロボ』にて激突。

商品情報[編集]