ビーム吸収

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

受けたビーム兵器のダメージ分のHPを回復する特殊能力ビーム兵器には厄介な専用バリアが多いが、これはその最たるもの。何よりも厄介なのは、軽減でも無効化でもなく「吸収」という点。本来ならどれだけ高いダメージを与えられる攻撃でもバリアを破る事が出来ず、吸収・回復されてしまう点が強力である。

またこの能力の登場当時にはゲームのインターフェース自体が未発達で、事前に攻撃の属性を確認できる表記がなく、事実上使って(使われて)みなければ吸収対象かすら分からなかった点も厄介な印象を強めさせた。

旧シリーズでは極めて厄介な特殊能力だったが、直撃が出てきてからは幾分対処しやすくなっている。それでも強力である事に変わりは無い。なお、回復した時ENを消費するが、それを逆利用してEN切れを狙うなど、プレイヤーが戦術に利用するのは難しい。

主に、旧シリーズのボスクラスのユニットが所持しており、その最たる例はインスペクター四天王の機体である。

機動戦士ガンダムSEED』の参戦以降、PS装甲の登場でオールレンジ攻撃やビームサーベルもビーム兵器となった為、もしそれらの仕様と共演すれば、思案を強いられるゲームバランスになるであろう。しかし、あまりにもモビルスーツが無力になってしまう(ガンダムシリーズでは高威力の武器が総じてビーム兵器のため。そもそもビーム属性自体ガンダムを主としたもの)せいか見かることが少なくなった能力でもある。

OGシリーズでは『OG2』よりインスペクターが登場する関係もあってか復活。GBA版では初登場ステージでギリアムの搭乗するゲシュペンスト・R(とプレイヤー)を涙目にさせた(ゲシュペンスト・Rの最強武器であるニュートロンビームがビーム兵器であるため)。しかし『OGS』から各種最強クラスの武器にバリア貫通が付加され、ニュートロンビームもバリア貫通武器になったため効くようになった。

関連用語[編集]

PS装甲
ビーム吸収とは逆の特性で、ビーム兵器のみダメージを素通りする。
ラプラスウォール
ビーム兵器などを軽減・吸収してENに変換する。
ツインメリットコーティング

所持しているユニット[編集]

ガルガウ / シルベルヴィント / ドルーキン / グレイターキン
いずれもインスペクター四天王の機体。
ギルギルガン
『EX』まで所持。もともと高い耐久力に加えHP回復能力を合わせ持ち、さらにメカギルギルガンへと変化。再生能力の凄まじさが物語られている。
光波獣ピクドロン
原作に準拠した能力だが、所持している作品は少ない。
ヴォルクルス
『EX』におけるビーム吸収能力を代表するユニット。3つの章全てに登場する上、登場シナリオにおいてはヴォルクルス以外のユニットが存在しないので、ビーム兵器が完全に役に立たない。
ブローウェルカスタム
デュラクシールのお供に登場。ただでさえ耐久力が高いというのに、どうやってこんな機能を取り付けたのか。カスタムの一言では片付けられない。
グランゾン
OGシリーズではフル改造のボーナスとして習得可能。よって敵対時には所持していない。