ブローウェルカスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブローウェルカスタム
外国語表記 Blowell Custom
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 魔装機(Bクラス相当)
生産形態 改修機
全高 26.1 m
本体重量 45.9 t
46.5 t(OG)
全備重量 54.8 t
原型機 ブローウェル
改修 ケビン・ザン・オールト
所属 神聖ラングラン王国
パイロット ケビン・ザン・オールト
テンプレートを表示

ブローウェルカスタムは「魔装機神シリーズ」の登場メカ

概要[編集]

フェイルロード・グラン・ビルセイアの側近であるケビン・オールト将軍が、新国王に即位したフェイルの「武力によるラ・ギアスの統一」が宣言された後、それに備えて自らの搭乗機となる量産機・ブローウェルをカスタマイズした真紅の機体。ただし、ベース機は量産機であるものの、搭乗者のオールトが自らの専用機として改修を行っている為、実質的にワンオフ型の試作機に近いカテゴリーと言える。

元々ブローウェルは、量産型魔装機の中でも簡略的な構造をしている事で高い拡張性を備えており、またオールト本人がブローウェルの特性を最大限に生かす防衛戦を得意とし、魔装機の設計師を目指した過去を持つ程の技術力や観察眼も持ち合わせた結果、本機の特性を最大限にまで生かせる強化改造に成功している。更にオールトは、自らの私産で入手したエリアル王国製のパーツも改造に利用しており、これらによって、本機は基本性能の向上のみならず、パルスレーザー、対空ミサイルの追加装備による火力の増強、ビーム吸収能力を備えた特殊装甲による防御力の向上にも成功。外見が通常のブローウェルと殆ど変わっていない状態でありながらもカスタマイズの一言では片付けられない程の大幅なパワーアップが施された。

改造を行ったオールト本人も「魔装機神に遅れを取らない」と自負し、オリジナル機であるディアブロに搭乗するプレシア・ゼノサキスですら「ディアブロよりも強いなんてずるいです!」と言わしめている。なお、Bクラス魔装機のヒエラルキーはかなり広大であるため、プレシアの台詞を真剣に受け取る必要はない(新暦4959年11月の段階で、Bクラスのファルクやジャオームですら旧式扱いにされるも、ディアブロは旧式扱いを受けていない)。

これを量産できれば春秋戦争でラングランはシュテドニアス連合カークス軍を相手にあそこまで苦戦しなかったであろうが、改造が行われたのは戦争の中盤当たりである上に、オールト本人がコストを度外視して改造を行った結果の機体なので、残念ながら「遅すぎた傑作機」と言わざるを得ず、量産性も最悪と思われる。ただし、ムックでは「一部将校が特別に改造を施したブローウェル」の存在が示唆されており、別種のカスタム機がまだラングラン軍にあるのかもしれない。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
フェイルの搭乗するデュラクシールと共に最終話に登場。それ以前までのイベントに登場していたオールトは、改造を行っていない通常のブローウェルで戦っており、武力によるラ・ギアスの統一に合わせて強化改造が行われている。
見た目は普通のブローウェルと同じだが、機体性能の大幅な強化に加え、ビーム吸収まで備えている。ただし武装が通常のブローウェルと同じで火力が低い。それでもパイロットのオールト将軍が2回行動可能な事もあり厄介極まりない強敵だが、勝利条件は「デュラクシールの撃墜」なので無理に本機を倒す必要はない。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
新たに真紅の専用カラーを手に入れた。更にカスタマイズ機という設定に反映してか、武装も通常のブローウェルよりも高威力になっており厄介な敵となった。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
旧シリーズとは違い、敵としてだけでなくオールトがイベントで登場した際にも本機に搭乗している(能力も閲覧可能)。「地上人召喚事件」で約1年ぶりに戦線投入された当時のディアブロを上回る出力量を計測したことから、Bクラス魔装機の領域に相当する模様。「ビーム吸収」は当然の如く完備。……「なぜその状態でシュテドニアス軍に劣勢になる」と不思議がるユーザーも多いが、Bクラス程度、超魔装機ですらない事も考えれば自然な成り行きといえる(というより、マサキでさえ「サイバスターとブローウェル1機、ルジャノール改2機にライン・ヴァイスリッターだけでシュテドニアス軍と戦うのは難しい」と考えるくらいなので、こいつ1機だけではどうしようもなかったと見るのが自然だろう)。
ゲームバランスは『EX』とも違うため、敵専用ステータスが適用され攻撃力だけが味方のブローウェルより低い(敵ブローウェルよりは高い)という形となった。「マサキの章」の頃よりは若干戦いやすい相手となっている。
また、その魔改造のためにオールトは多額の資金、エリアル王国製の部品、ブローウェルの全てを知り尽くした自身の知識を糸目を付けず注ぎ込んだことが明らかになった。将軍には余程の愛着があったのだろう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

プラズマソード
接近戦用の武装。武器としては普通なのでそれほど脅威ではない。
パルスレーザー
掌のなかに内蔵された中距離用の武装。「リニアレールガン」があるので使用頻度は少ない。量産機のブローウェルには装備されていない武装の一つだったが、『第2次OG』では量産機も装備している。
カロリックミサイル
中距離用の武装。こちらも使用頻度は少ない。肩部の装甲板内にミサイルコンテナがある。
リニアレールガン
長射程を誇る単装式の大砲。他の魔装機に配備された「レールガン」よりも射程が短かったのも過去(EX)の話。『OG』では射程2-7とBクラス魔装機の射程平均値とほぼ互角。相変わらず厄介な武器である。
対空ミサイル
本機の中で最も攻撃力の高い武装。『第2次OG』では空SのALL武器。ついでに地上の敵にも打ち込めるように調整されているが、もちろん適応値は最悪のCである(陸・海・宙)。量産機のブローウェルに装備されていない武装の一つだったが、『第2次OG』では量産機も装備している。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
ビーム吸収
ブローウェルカスタムと言えばこれ。本来ヴォルクルスを始めとするごく一部の強敵だけが持つ能力であり、たかが量産機にこれは有り得ないと驚愕したプレイヤーは数多い。
第2次OG攻略本(電撃)に「強固な装甲材が用いられ、特殊な防御装置も搭載されており、その堅牢さは特筆に値する」という記載があり、この「特殊な防御装置」がビーム吸収能力を備えているのだと思われる。 

移動タイプ[編集]

飛行能力までは備わっていない。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

量産型ゲシュペンストMk-II改
伸ばした方向性こそ違うものの、「パイロットの熱意により強化改造を施され、試作を超える性能を手に入れた量産機」という点においては良く似ている。