プレシア・ゼノサキス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
プレシア・ゼノサキス
外国語表記 Pulesia Zenosakis
登場作品 魔装機神シリーズバンプレストオリジナル
声優 こおろぎさとみ
デザイン 河野さち子(リファイン)
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス
性別
年齢 10歳(LOE第一章「背教者」)
13歳(ROE「赦されざる者」)
出身 神聖ラングラン王国
所属 アンティラス隊
テンプレートを表示

プレシア・ゼノサキスは「魔装機神シリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ラ・ギアスの剣皇ゼオルート・ザン・ゼノサキスの娘。

幼くして両親が離婚。父親ゼオルートが生活能力がないため、家計の切り盛りはプレシアが行っている。そのため世話好きで、芯が強く、努力家である。遊び心や冒険心にも溢れ、非常に活発な子でもある。意地っ張りなところはまだ子供。また、若年ながら高いプラーナ力と、ゼオルート譲りの剣技も合わせて戦闘能力は高く、射撃専門の魔装機ディアブロで、剣技「くるみ割り人形」という技を編み出した。剣皇の素質は十分受け継いでいる、というところか。また、魔装機操者に認められているため法的には大人でもある(ただし15歳に到達していないためミドルネームは名乗っていない。順当にいけば15歳の誕生日をもって「プレシア・ザニア・ゼノサキス」を名乗ることになるだろう)。

ゼオルートがシュウ・シラカワとの戦いで命を落としてからはゼオルートの養子に収まっていたマサキ・アンドーが保護者となるが、今までどおり家計は彼女が切り盛りしている。マサキのことは「お兄ちゃん」と呼んで慕っており、その絆は深い。Iの第二章冒頭で子供扱いするマサキに反発して家出をしてしまうが、その離れていた時間が逆にマサキ、プレシアの双方を(精神的に、またプレシアは戦闘能力的にも)成長させることとなり、絆はより深められることとなった。

『魔装機神II』で特定のルートを通ると、ヴォルクルスの呪いがその身を蝕んでいることが発覚。この呪いは代々ゼノサキス一族の女性に受け継がれ、特定の資質を持っている場合にのみ発現するが、肉親が側に居れば相殺される程度の弱いものである。しかしプレシアの場合、父ゼオルートの死亡によって呪いの効果(目立つ症状としては、ゼオルートが死んだときから肉体が成長していない)が現れたため、アストラル界のヴォルクルスと繋がり、常にプラーナを吸収され続ける状態に陥っていた。ヴォルクルスとの繋がりに目をつけたエルシーネによって洗脳され、ヴォルクルス復活のための魔力供給源とされてしまうが、マサキとジノの必死の説得により自分を取り戻す。神祇無窮流「二重螺旋の型」の効果で呪いを打ち破り、それを応用した新技「春の祭典」も体得した。

『魔装機神III』で呪いの後遺症で暫くの間は肉体が成長しないことが明かされた。しかし、ヴォルクルスの呪縛は完全に解かれているので、ヴォルクルスに操られたりする心配は完全に無くなったとのこと。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
初登場作品。この頃はマサキが親代わりとしてプレシアの面倒を見ている。マサキが地上へ上がっているときはテュッティに付き添っていたが、マサキ、テュッティの合流時に再会。そして、ミオザムジードに選ばれたため、彼女が搭乗していたディアブロがプレシアの手に渡ることとなった。精神コマンドに幸運があるので、資金を稼いでおこう。PS版では地形適応が悪くなり、幸運習得のタイミングも非常に遅くなってしまったが2回行動可能になるレベルは早いため、ノルスに乗せ換えて支援役にすると便利。
第4次スーパーロボット大戦
リューネイブンに頼んで地上に出た際、彼女を無理矢理連れ出して行動を共にする。ところがカロッゾ・ロナに捕まってしまい、已む無くリューネはロンド・ベルと戦う羽目になる。後にテュッティとヤンロン、リューネに救出され、無事マサキと再会を果たした。「LOE」第二章でのマサキのプレシアに対する戦力外通知はこの事件でプレシアが危険な目に遭ったことが原因と思われる。
第4次スーパーロボット大戦S
一連のプレシア人質事件において、マサキとリューネがプレシアを取り戻すシナリオが組まれた。ここでサフィーネがゲスト出演。彼女の術でプレシアを取り戻すことに成功する。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
今度はディアブロごと地上へと上がり、原作の時系列を無視して「緑の墓標」が最初から使用可能。後半には「剣の舞」「くるみ割り人形」も覚える。成長タイプの関係でSPは全パイロット中トップであり、祝福期待といった支援系ももちろん、熱血必中ひらめきを覚えるため、使用用途が広い。ディアブロの武器改造効率が優れているため最終的な攻撃力も高く、援護を2まで覚えるのも魅力だが、ディアブロ共々他のステータスは低い点には注意。台詞もPS版『EX』の流用のため、折角の必殺技も汎用戦闘台詞になってしまっている。
ちなみに「くるみ割り人形」では、いわゆるはいてないように見えるカットインを披露してプレイヤーの度肝を抜いた。加えて『α外伝』で二段カットインは彼女だけという優遇ぶりである。なお父の仇であるシュウと戦う一幕も用意されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
期間限定イベント「地底世界からの来訪者」ではサポートユニットとして登場。
2018年3月のイベント「復讐が覆う宇宙」ではディアブロと共に登場。シナリオの設定は『第4次』準拠となっている。

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
第一章についてはプロフィール参照。第二章ではマサキの選択次第で修行の旅(家出)へと出て、バゴニアのジノの下で修行を行う。ここでディアブロの必殺技の一つ「緑の墓標」を覚えることとなる。さらにルート選択次第で剣技「くるみ割り人形」「剣の舞」を覚える。能力値は最初は並みの兵士程度だが、中盤から大幅に成長する。とはいえ精神コマンドに支援系のものが多く、基本的な役割は後方支援。例によって幸運激励を覚えるが、激励は気合が使えないマサキを応援するためか。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
戦闘台詞が新録された。ヒロインとなるルートが用意されている。特定の話数でヴォルクルスと戦闘すると、ヴォルクルスの呪いが発現し体調を崩す。「治療」と称するエルシーネの洗脳を受け、ヴォルクルス復活のための魔力供給源とされてしまう。その後、彼女の救出とヴォルクルス復活阻止を目的に物語が進む。本来のダブルヒロインの一角、リューネには中心となって物語が展開するルートがないことを考えると、かなり厚遇されているといえる。加えてこのプレシアルートでは専用の新必殺技「春の祭典」まで修得する。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
今回は「くるみ割り人形」の代わりに「春の祭典」を修得済み。また、シナリオ中に「剣の舞」を修得し直す。今回、専用スキルとなった「堅忍不抜」が常時ダメージ50%に強化されたため、敵の攻撃力がインフレしている今作でも壁役をこなせるほどに固い。命中数値は相変わらず劣悪であるため、攻撃ではよくミスを連発する。特性を考えると、自由選択は減らしたHPを最大値まで回復させる「ド根性」が無難。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
前作と比べてプレシアとディアブロの能力には殆ど違いが無いが、ゲームバランスが大きく見直され敵の火力が落ち着いた分、壁役という仕事の求められる頻度自体が落ちている・・・という意味では、需要はやや減少したと言える。ただ、相変わらず「堅忍不抜」込みでの守備力の高さは安定しているので、しっかり鍛えればそれ相応の見返りはあるだろう。精神コマンドの自由選択では、「ド根性」まで必要とするタイトなバランスでなくなった分遠慮なくサポート精神の取得でいい。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
「EX」と『第4次S』をベースにストーリーに関わる他、シュウとの因縁や『魔装機神II』の伏線と思われる演出がなされている。今作ではディアブロごと地上に上がるため、ラ・ギアス篇で実質永久離脱になることはない。また、「ファンサービス」と称して条件次第では本来この段階では使用できない『くるみ割り人形』を修得する。ラ・ギアスシナリオ終了後は宇宙に出ることになるため、ザッシュやモニカ同様に宇宙Bがネックになるので、事前に育成しておくとスムーズだろう。
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
シナリオデモのみの出番。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

魔装機神シリーズ
全般的に命中値が低く、射撃時に命中率100%となることは稀。「お荷物」と呼ばれる所以だが、精神コマンドなどで非常に優遇されている。
  • II:不安なら躊躇せずに「必中」を。スキルパーツに「正確無比」や「精確俊敏」をセットしておけば、「必中」にそこまで頼らなくてよくなる。
  • III:不安なら躊躇せずに「感応」を。ポイントの消費を抑えたい場合は、スキルパーツに「正確無比」をセット。

精神コマンド[編集]

EX
根性ひらめき信頼熱血幸運補給
α外伝
祝福信頼必中ひらめき熱血期待
魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
幸運信頼補給熱血激励再動
魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
信頼必中不屈激励熱血、自由選択
魔装機神III PRIDE OF JUSITICE
信頼感応不屈祝福熱血、自由選択
OG2nd
信頼祝福必中ひらめき熱血、期待(ツイン)
X-Ω
不屈幸運再動

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α外伝
切り払い(L4)、援護(L2)
魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
気配察知再攻撃分身2回行動、堅忍不抜
堅忍不抜は防御時のダメージを50%に抑える魔装機神シリーズの固有スキル。Ⅲでプレシア専用スキルとなり、「常時ダメージ50%に軽減、防御時25%に軽減」と強化された。
OG2nd
援護防御(L2)、連続攻撃(L1)

エースボーナス[編集]

OG2nd
SP+30
同系統のもののなかでは最高値。

パイロットBGM[編集]

熱風!疾風!サイバスター
マサキ・アンドーおよび、サイバスターのテーマ。参戦当初は本曲。
春風のプレシア
まるで、草原で風に吹かれている、楽しそうなプレシアを表現したような曲。ほのぼのとした明るく軽快なメロディーラインが特徴で、およそ戦闘とはかけ離れた雰囲気を持つプレシアに良く似合う曲である。ちなみに、Iの時点で通常の魔装機操者で専用BGMがあるのはプレシアだけであり、非常に優遇されていたと言える(魔装機神IIではセニアにも専用BGMが追加された)。

人間関係[編集]

マサキ・アンドー
義兄。現在はプレシアの保護者。プレシアが誘拐された時は原因となったリューネに激怒し、家出した時は本気で心配するあまり、(選択次第で)領土侵犯紛いの行為を行う等、血は繋がらなくとも兄としてプレシアを大切に思っている。プレシアが危険な目に遭うことを良しとしておらず(「プレシアに何かあれば、ゼオルートに顔向けできない」と言っている場面もある)、彼女が戦闘に参加することには否定的だったが、最終的には根負けする形で戦闘参加を認め、仲間として信頼するようになった。
しかし、作品が下るごとにシスコン振りが加速しており、ジノだけでなくシュウやギドまでプレシアに近付く悪い虫扱いしている。
…とはいえ、プレシア自身もマサキに対して兄妹以上の感情を抱いていることは確かであり、リューネ達に対して(暗に)ライバル宣言までしている。家庭的な女性に弱いマサキに対して属性的にドンピシャということもあって『年下のヒロイン候補』になりつつあるのかもしれない。
クロシロ
マサキのファミリア。彼らにリボンと鈴をあげている。
リューネ・ゾルダーク
「第4次大戦」で彼女のせいで誘拐されて敵の人質にされてしまったことがある。料理のレクチャーもしており、「大味だけどおいしい」となかなかに高評価している。
シュウ・シラカワ
父親の仇。『α外伝』の戦闘前の台詞で憎しみを表明していた。魔装機神シリーズでは、IIにて恩讐に因んだ専用のシナリオが用意されている。
サフィーネ・グレイス
「第4次大戦」にて、鉄仮面に誘拐されたプレシアを救出する。IIの援護防御時でも、その時のことに触れるメッセージが両者の間に存在する。OGシリーズでも同様の事件が発生すると思われたが、そんなことはなかった。

神聖ラングラン王国[編集]

ランドール・ザン・ゼノサキス
プレシアの先祖。マサキに与えられた聖号は彼の名。プレシアも彼の流派である「神祇無窮流」を学んでいる。
ゼオルート・ザン・ゼノサキス
剣の腕は確かだが、生活能力がない父親。マサキのため命を散らす。
ラテル・アクロス
ラングランの兵士で春秋戦争時カークス軍に所属していた彼と戦った。ゼオルートの道場に通っていたらしく顔を知っていた。
ミラ・ライオネス
ラングランの兵士でラテルの部下。どこかで会ったことがあるらしい。
マドック・マコーネル
ディアブロの初代操者となった地上人。彼からある程度の魔装機操作技術を教わっていた。
エラン・ザン・ゼノサキス
親戚筋にあたる南宗家の若き当主。ルートによってはプレシアの救出に必要な「神祇無窮流・二重螺旋の型」の正しい使用法を教えてくれる。

アンティラス隊[編集]

テュッティ・ノールバック
プレシアのお姉さんその一。マサキがいない間はテュッティが世話をしていた。
レベッカ・ターナー
プレシアのお姉さんその二。酔った勢いでプレシアを脱がそうとする。また、ベッキーが酔っ払っている場面には度々出くわしている。
ミオ・サスガ
唯一年が近いこともあり、いい遊び相手。『魔装機神II』では共に合体攻撃を編み出す。

ヴォルクルス教団[編集]

ウーフ
ヴォルクルス教団の暗殺者。6年前の襲撃事件の際、出会っている。
エルシーネ・テレジア
体調を崩したプレシアに治療を施す。その際、ヴォルクルスとの繋がり利用され操られてしまう。

魔神とその眷属[編集]

サーヴァ・ヴォルクルス
ラ・ギアスに根付く霊的存在。
アクイラ
異世界の生命体メリオルエッセの一員。『第2次OG』にて、プレシアから他の人間とは異なる波動を感知し、ペルフェクティオのもとへ連れ去ろうとする。『第4次S』の「リューネ・カプリッチオ」及び「救出」の再現と、『魔装機神Ⅱ』への伏線と思われる。

バゴニア連邦共和国[編集]

ジノ・バレンシア
元バゴニア共和国軍少佐。家出したプレシアを匿っては修行の手伝いをした。プレシアへの態度からロリコン趣味が疑わている…というか、プレシア以外には完全にロリコン扱いされているが、プレシアは純粋にジノを尊敬しており、ロリコン疑惑を否定している。『魔装機神II』では親密度を深め、学問や剣術をプレシアに教えている(マサキは知らなかったらしく、それを聞いてショックを受けていた)。また、彼女の頼みなら重要な公務すら投げ出しすぐさま駆け付ける、といった惚れ込み様を見せている(例えそれがコスプレをしてのビラ配りだとしても…)。
現在、軍を除隊して「アンティラス隊」に移籍。
ピア
現在は離れて暮らしている母。リメイク版LOEにおいてはゼオルートの死後、プレシアを引き取ろうとしたが、バゴニア在住であるため、マサキと離れたくなかったプレシアはその申し出を辞退している。

地球連邦/地球連邦政府市民[編集]

マイ・コバヤシ
ラ・ギアスにて、戦艦内で待機を命じられ残念そうにしていた彼女に、おにぎりを作り持って行った。
グラキエース
人間の食事方法に慣れていない彼女を色々と手伝っていた。
イルムガルト・カザハラ
初対面時にいきなり口説かれそうになった。さすがに周囲から「プレシアを口説くのはどうかと思う」と突っ込まれていたが。しかし、意外な事にマサキはイルムのこの行動をスルーしており、ジノやシュウ、ギド達とは違って悪い虫扱いはしていない。怒ると絶縁ぶちかます本命の彼女がいるのを知っているからかもしれないが。
ユウキ・ジェグナンリルカーラ・ボーグナイン
王都ラングラン帰還時に自宅へ招待したことがある。その際ユウキは得意の紅茶を振る舞った。・・・のはいいが、テュッティのせいでユウキがショックを受けることになる。
ショウコ・アズマ
プレシアの料理の腕前を「お店を出せるぐらい」と称賛する。プレシア側からの援護台詞もある。

版権作品との人間関係[編集]

エルピー・プル
α外伝』で共演。会話場面で歳の近い友達であることが分かる。
張五飛
『α外伝』で共演。プレシアの父が剣皇と呼ばれていたことに驚き、彼女の戦いへの決意を認める。
ロアビィ・ロイ
『α外伝』では、フリーデンの予備倉庫を娯楽室に模様替えする際に、人使いの荒い彼に手伝わされる羽目に。

名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「神祇無窮流、浮雲の型……改め、剣の舞」
「剣の舞」の前置き。
「エ、エリオルメッセが相手でも!」
メリオルエッセ戦の戦闘台詞。

旧シリーズ[編集]

「ごめんなさい、あたしのしつけが悪いんです」
EXにて、マサキが態度の悪さをイブンにたしなめられた直後の発言。LOEでも同様の主旨の台詞を言う。二人の関係が読み取れる台詞である。
「いつかお兄ちゃんより目立ってやるんだから!」
第4次の終了メッセージ。この頃のプレシアはかなりキャラが異なっている。

OGシリーズ[編集]

「シュ、シュウ……!!」
シュウが登場した際。EXではシュウをどう思っていたかは語られていなかった。ROEを受けて追加されたものと思われる。
「き、気持ち悪い……何なの、ここ……?」
グリモルド山に訪れた際。この他にもヴォルクルス登場時にも同じリアクションをとる。上のセリフと同様にROEを受けて追加されたものと思われる。
「殿下! あたしはゼオルートの娘です!お父さんならきっと……あたしと同じことをしたと思います!」
デュラクシール戦にて。フェイルからは「父親と同じく、きっと君はいい戦士になる」と返された。
「ええ、お兄ちゃんから日本の料理のことを色々聞き出して……お口に合えばいいんですけど」
ヒューゴの快気祝いを兼ねたミニ・パーティーにて。「日本料理が十八番」とキャラクター事典で紹介された通り、勤務地が日本のゼオラや日本人メンバーからも絶賛される。

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL[編集]

プレシア「あれ? お客さん?」
ゼオルート「ええ、今日からしばらく、家で暮らす事になった、マサキ=アンドー君です。マサキ、私の娘、プレシアです」
プレシア「プレシアです。よろしくね、マサキお兄ちゃん」
マサキ「あ、ああ」
LOE第一章にて。マサキとの初対面。
「えっ!? それじゃ、お兄ちゃんがホントのお兄ちゃんになるの!? やったぁ!」
LOE第一章「ランドールの名」にて。マサキに【ランドール・ザン・ゼノサキス】の聖号が賜与される機会に彼を養子にしようとする父・ゼオルートの言葉に大喜び。
「え~……そんなぁ……お兄ちゃんあたしの事、キライなんだ……ふえぇ……」
同上。聖号も養子も「興味ない」「どうでもいい」というマサキの芳しくない反応に泣いてしまう。残念がるゼオルートの追い打ちもあり、結局マサキはどちらも受けることになる。
「へえ、オスとメスなんだ。あ、そうだ、いいものあげる。シロ、あなたにはこの鈴。クロには、このリボンね」
LOE第一章にて。マサキに安直極まりない名前を付けられて不機嫌な彼らも、プレシアからのプレゼントで途端に笑顔に。
マサキ「俺が持ってても、どうせ使い道なんざねえしな。生活費の足しにでもしてくれ」
プレシア「わかった。それじゃ、お兄ちゃんの老後のために積み立てとくね」
LOE第一章「御前試合」にて。優勝賞金(のうち、勝手に50万クレジット寄付された残り半分)の50万クレジットをマサキから預けられて。よくできた妹さんである。
…が、この預金が後にとんでもないことになっていく…
「お……お父さんが……お父さんが死んじゃったの? ウソ……だよね? そんなわけないよね?」
ゼオルートの死を前にして。
「いや!来ないで!!お兄ちゃんの顔なんて見たくない!!」
「お兄ちゃんなんて嫌い!!大っ嫌いっ!!あなたなんて、お兄ちゃんじゃないっ!!」
「お兄ちゃんなんて、呼ばないっ!!どっか行っちゃえっ!!!!」
LOE第一章にてゼオルートの戦死直後に、その原因となったマサキに対して。プレシアがここまでマサキを拒絶したのは後にも先にもこの時だけである。
元々ゼオルートの死に責任を感じ、落ち込んでいたマサキはプレシアのこの発言でさらに精神的に追い詰められることになった(この時のプレシアは父親を失った悲しみから涙を流しており、その妹に拒絶されたマサキもまた涙を流している)。
「あの……この間はごめんなさい。ひどい事言っちゃって……おに……マサキさんだって、一生懸命やってくれたのに」
「それで……あの……すごく自分勝手なんだけど……もう一度、お兄さんって呼んでもいい?」
LOE第一章でシュウと一戦交えて吹っ切れたマサキに、過日の暴言を謝る。これに対してマサキに「駄目だ」と答えられ…。
「……そ、そっか……そうよね。あたし、自分勝手で、マサキさんの事なんて全然考えてなくって……ひどいよね」
「マサキさんが怒るのも、無理ないもん……」
上の続き。落ち込むプレシアだが「『お兄さん』じゃなくて『お兄ちゃん』って呼びな」と言われて元通りの関係に戻る。初対面時で既に呼び方が「マサキお兄ちゃん」であった事を思うと感慨深さもひとしお。
「ううん、お兄ちゃんのその気持ちだけでうれしいよ」
「あたし、お兄ちゃんが魔装機神操者として、私情に流されなかったっていうのが一番うれしいの」
「あたし一人のために、魔装機神の力なんて、使って欲しくないもの」
LOE第二章「バゴニアの闇」にて。家出したプレシアがマサキと再会した際に、それ以前にマサキが自制してバゴニア国境警備隊に対して素直に引き下がっていた時の発言。この発言にマサキもプレシアのしっかりした性格を改めて感心するのであった。
プレシア「そうよ……あたしだって、すぐに大人になるんだから……」
「ね、リューネさん?」
リューネ「え? あ、ああ、そうだね……」
(ま、まさか……プレシアもライバル!?)
上の後、家路に付く時「いつまでも子供だって思ってたのが間違いだった」と謝るマサキに対して。続編を見る限り、リューネの危惧は的中することに…?
ジノ「? ゼオルート殿に息子がいたとは聞いたことがなかったな」
プレシア「養子なんです。でも、あたしにとっては、本当のお兄ちゃんと同じくらい……いえ、もっと、もっと大切な……」
LOE第二章「バゴニア領内」にて。ジノの元に保護され、剣皇ゼオルートの事からマサキの事へと話題が及ぶ。もう既にこの時点でどう見てもリューネの危惧は的中です。しかしこの直後…。
「あたしのことはいいのっ!! 今はお兄ちゃんのことを話してるんだからっ!」
「お兄ちゃん、どうしてあたしのこと、認めてくれないの!? あたしだって、役に立ってみせてるじゃない!」
「それなのに、お兄ちゃん、いつまでたってもあたしのこと、一人前だとみてくれない……。あたし、お兄ちゃんに認めてもらいたいから、一生懸命がんばってるのよ!」
「もう……お兄ちゃんなんて知らないっ!! 帰って、帰ってよ!!」
同上。自制せず国境警備隊と事を構え、ジノの家へ乗り込んだ挙げ句、プレシアの制止も聞かずにジノを一方的に悪者扱いして戦いを仕掛けるマサキに対し、さすがのプレシアも感情を爆発させてしまう…。
プレシア「あたしからもお願いします、ジノさん。仲間になってください」
ジノ「……プレシア、君にそうまで言われては、私としても断るわけにはいかんな……」
マサキ(おい、プレシア、気を付けろ。こいつ、ロリコンだぞ)
プレシア(何言ってんのよ、お兄ちゃん! ジノさんは紳士なんだから)
LOE第二章「志士、意気に通ず」にて。ゼツの暴走を止めるためジノを仲間に迎えることになる。…が、過保護の兄としてはプレシアからの頼みに頬を染める紳士は警戒対象の模様。

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD[編集]

「……あたしは。お兄ちゃんとは違う」
「赦さない……絶対に……」
フリングホルニから帰る途中のシュウをディアブロで追跡し、対峙した時に。マサキとてゼオルートを殺害したシュウを赦してはいないだろうが、実の娘であるプレシアはマサキ以上に腹に据えかねていたようである。シュウは『グランゾンとディアブロでは性能が違いすぎる』として決闘を受けようとしなかったが、『お父さんもそうだった』として挑む姿勢を崩さないプレシアを見て、シュウも決闘の申し出を受ける。
「あたしはあなたを赦さない。けど、仇を討つのはもうやめる」
シュウから戦いを通じてゼオルートの技術を教えられて。自分の思いを受け入れゼオルートの技を教えた現在のシュウがウェンディの言った通りあの時のシュウと違うと認めることができた。
「ええ、いつかお父さんより強くなって……あんたを叩きのめしてあげる!」
マサキやシュウの前で仇討を止めると言って強くこう宣言した。
ウェンディ「再会の抱擁にしてはちょっと長すぎない?」
プレシア「兄妹なんだからいいの」
マサキ「い、いやよくねぇって!お前、もう13だろ?」
プレシア「まだ13だよ。ね、帰ったら一緒にお風呂入ろ」
IIの『赦されざる者』終了時にて、マサキに抱き付いて甘えるプレシア。近くにいたリューネ、ウェンディを驚愕させる。
「……シュウ、ありがと」
プレシアとの戦いを終えて立ち去ろうとするシュウに向けて。この言葉にマサキは何かあったと勘違いを深めてしまった。
「ジノさんっ!!?ジノさん!?ウソでしょ……そんな……」
ジノが撃墜された姿を見て目を覚まし。エルシーネからは師弟愛以上のものを感じるらしい。
「そう……ここの先……気持ち悪いものがある……これを修復して……」
二重螺旋の型を使用し自らのDNAに眠るヴォルクルスの呪いを解くことに成功した。

魔装機神III PRIDE OF JUSTICE[編集]

「でも、だからって、恨んだり、憎んだり、仇を討とう、だなんて思うのはやめる事にしたんです。……だって、悔しかったから。そんな事ばっかり考えていた自分よりも、シュウの方が、お父さんの事をよく分かっているなんて」
かつての自分と同じ状況にいるレミアに対して。この言葉を受けてレミアはヤンロンに対する気持ちを吹っ切ることができた。
「ありがとう、気を遣ってくれて。2人とも……大好きだよ」
エルシーネのことで不安がるプレシアに声をかけてくれたジノとマサキに対して。

搭乗機体[編集]

ディアブロ
森の魔装機。マドックから引き継いだミオからさらに引き継いだ機体。昔、マドックに操縦させてもらっていたらしくすぐに戦闘に参加できた。他の二入は遠距離からの援護を主に行っていたがプレシアは神祇無窮流の技を使い接近戦もこなしている。