ゼオルート・ザン・ゼノサキス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼオルート・ザン・ゼノサキス
登場作品

バンプレストオリジナル魔装機神シリーズ

声優 田中秀幸
デザイン 河野さち子
初登場SRW 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス人
性別
年齢 中年
出身 神聖ラングラン王国
職業 戦士
所属 神聖ラングラン王国
役職 剣術師範
称号 剣皇
主な搭乗機 ギオラスト
テンプレートを表示

ゼオルート・ザン・ゼノサキスは「魔装機神シリーズ」の登場人物。

概要[編集]

剣神ランドール・ゼノサキスの子孫にしてゼノサキス東宗家の当主。流派は神祇無窮流。「剣術世界大会」を制する剣腕の持ち主であり、おなじ世界大会を制したバゴニアの「剣聖」シュメル・ヒュールと共に剣の達人として並び称されるラングランの「剣皇」。

離婚した妻ピアとの間に一人娘プレシア・ゼノサキスを儲ける。サイバスターの操者マサキ・アンドーが「ランドール・ザン・ゼノサキス」の名とラングラン国籍を賜与された際、彼の養父となることを表明し、マサキの第二の家族となった。ラングランの王子フェイルロード同様、押しつけがましいところが全くなく、自由奔放な気質のマサキには非常に懐かれ、慕われた。

教育方針は放任主義、子供らに不干渉主義を貫く懐の深さを持っている。しかし、少々くだけすぎたところもあり、清掃・調理・経理などの一切を年端もゆかぬ娘プレシア(第一章開始時点のプレシアの年齢はなんと9歳頃)に委ねたまま…養子として嫡男に選んだマサキにもゼノサキス家にまつわる因縁などを一切明かしていなかった。自分の早逝に備えた完璧な遺言なども残しておらず(30代くらいなら当然の感覚だが)、良く言えば完璧主義ではない、悪く言えば頭のネジがどこかで一本抜けてしまっているような人物である。好き嫌いも多く(作中で確認できるのは赤ピーマン、アスパラガス、ネギ)、度々プレシアにたしなめられるなど子供っぽい一面も持つ。マサキから感情の激しさを取り除けば、ゼオルートのような人間になるのかもしれない。

ラ・ギアス人の宿命でプラーナは弱いものの、その卓越した剣術のためか、彼が乗った状態の魔装機ギオラストは反則的なまでに強い。

第一章シナリオ「背教者」で、ラングラン王国と敵対することを宣言したシュウ・シラカワと交戦。この時、おそらく初めて「自分は死ぬかもしれない」と予感したのだろう。自身の死後に養子と娘の義兄妹関係が拗れる事を案じて、決闘に赴く直前にホロレターを録り残していた(ただし、状況が切羽詰っていたため宗家や先祖に由来する邪神との因縁を知らせる完全な遺言は残せていない)。

最期となった決闘の場においては、グランゾン不落の象徴である腕部の「歪曲フィールド」を持ち前の剣技で崩すことに成功するも、ギオラストの性能不足もあって敗戦。脱出装置の誤作動で爆炎に巻き込まれて戦死したため、万が一に備えて残した映像レターが最後の遺言となってしまった……

登場作品と役柄[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
第一章のみに登場。最大3回、スポット参戦する機会がある。恐ろしくパラメータが高く、登場マップでのルオゾールの撃墜には彼の力がほぼ必須である、初対面のマサキに赤ピーマンをあげようとしていた。また、弁当に入っているアスパラガスを食べるのを拒んでいたことからアスパラガスも苦手なようである。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
すき焼きパーティーでネギも食べられないことが判明。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
マサキを鍛えるべくイブンが精霊界で召喚する残留思念として登場。マサキを導いた。また、シュウがゼオルートについて「尊敬している」「技量では足元にも及ばない」とまで言い、プレシアにかつてゼオルートとの戦いで学び取った技を伝授している。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
今作でエランの口から東宗家の家長である事がマサキに伝えられた。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
既に死亡しているので直接登場はしないが、序盤のマサキ側のルートではリョウト達にマサキがゼオルートの事を語る場面がある。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

魔装機神シリーズ
設定によれば、ギオラストの高い索敵能力を生かした先制射撃と「一撃離脱」の必殺技を編み出した人物。本来の職分は剣士であるため、射撃戦よりも格闘戦を圧倒的に得意とする。
LOEでは格闘・命中・回避が高く、特に格闘能力の高さは登場キャラで最高値を誇る。中レベル帯で格闘が大きく伸びるヤンロンですら同レベル・ボーナスなしではゼオルートを超えられない。
また気配察知が登場時点でLv8なのが特徴。ROEの特殊スキル「免許皆伝」は、ゼオルートのLOEでの能力を特殊スキルにあてはめたような技能となっている。

精神コマンド[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
熱血ひらめき信頼気合激励覚醒
非常に強力なものが揃っており、最初から5つ、シュウとの対戦時ではさらに覚醒を習得。バランス調整のためか精神ポイントは低く設定されている。
魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
直感加速激励手加減熱血錬功

特殊技能(特殊スキル)[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
気配察知Lv8、斬り返しLv3、再攻撃Lv4、分身Lv2、2回行動
一章の段階では図抜けた数値を誇る。登場時点で2回行動以外の全特殊技能を習得しており、かつこのレベルである(内部的にはLv1~Lv5で一気に習得)。
魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
斬り返し幻影

人間関係[編集]

マサキ・アンドー
義理の息子であり弟子。
シュウ・シラカワ
彼の邪気を感じ取り、止めようと彼の駆るグランゾンに対して圧倒的に性能で劣るギオラストで挑む。その結果彼の手にかかって命を落とすことになるが、その姿は彼に深い感銘を与え、強い敬意を抱かせるに至る。

神聖ラングラン王国[編集]

プレシア・ゼノサキス
娘。家事を任せている。
ファング・ザン・ビシアス
弟子。後にギオラストは彼が引き継ぐこととなる。ゼオルート曰く「自分より見所がある」との事。
トールス・ザン・ゼテキネス
士官学校での後輩。
エラン・ザン・ゼノサキス
ゼノサキス宗家の一人。南宗家の人間であるため、それなりに面識はあったようだ。

バゴニア連邦共和国[編集]

シュメル・ヒュール
「剣術世界大会」三連覇の偉業を果たした武人。ライバルであり友人でもある。ゼオルートも世界大会を制しているが、勝敗は不明。四連覇を狙ったシュメルを阻止した男がゼオルートなのかもしれないし、ゼオルートが四度目の挑戦でシュメルを破っている(一勝三敗)のかもしれない。
ピア
元妻。現在は離婚しているが、プレシア曰く「お母さんにはお母さんの事情があった」との事。リメイク版においては彼女がバゴニア人と言うことが明かされている。

ヴォルクルス教団[編集]

エルシーネ・テレジア
魔装機神IIの6年前に彼女の護衛を務めていた。
ウーフ
魔装機神IIの6年前にエルシーネを襲撃してきた彼と一戦を交え彼の顔に傷をつけた(実はこの襲撃事件はヴォルクルス教団による自作自演であった)。

名台詞[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL[編集]

「トホホ……」
苦手な赤ピーマンを食べるように勧められた時の台詞。剣皇の威厳はまるで感じられない。
「まあまあ、二人とも。仕方ないですねえ、なら、こうしましょう」
「ここはお二人にまかせます。で、どちらが多くテロリストをかたづける事ができるかで勝負してください」
「負けた方は、勝った方に食事をおごる。これで、すべてを水に流すんです」
テロリストをどちらが討伐するかで揉めるマサキとファングに対する提案。ファングには不謹慎と言われてしまう。
「どうやら今のあなたには、言ってもわからないようですね……それでは、今にひどい目に会いますよ?」
ファングにパーフェクト勝ちしたマサキが調子に乗ったのを注意して。この言葉通りこうなったらファングとは分かり合うことができない。
「……あなたの気、邪悪すぎますよ、クリストフ。何があったかはわかりませんが、野放しにはできませんね」
ついに自らの邪神信仰を公言し、ラングランとの敵対を宣言したシュウに対して。作中でゼオルートが最もシリアスになった瞬間だった。
「す、すみません、マサキ……プレシア……ピア……もう少し……」
彼の最後の言葉。
「クリストフのまとった気は、あまりにも危険なのです。放っておいてはいずれ、世界に災厄を運ぶでしょう。そう、予言の魔神のように……倒せるチャンスがあれば、たとえ低くても可能性にかけなければいけません。……とはいえ、これを見てると言う事は、私は失敗してるんですよねぇ~。なんか、気合がそがれちゃいます。とにかく、そういう事ですからプレシア、負けちゃダメですよ。間違ってもマサキをうらんじゃダメです。あなたと同じくらい、マサキだって悲しいんですからね。あ、なんか、私も悲しくなっちゃいましたよ」
結果的に遺言となってしまった映像のなかで。死を覚悟しているにもかかわらず悲壮感を感じさせないのは、彼の気質なのだろう。

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD [編集]

「思い出してください。私が死んだ時の事を」
マサキの精霊界の修行で現れて。息子を成長させるために立ち塞がる。
「戦いを忌避しても、戦いはあなたを追いかけてきますよ」
マサキに太刀筋に迷いのあることを指摘して。現実を示し彼自身の力で道を開かせようとする。
「では逆に訊きましょう。その力を振るったのは、あなたの意志ですか?それともサイバスターの?」
マサキとの戦いを終えて。自分を倒して力をサイバスターのものとするマサキにこの言葉を投げかける。マサキは両方の意志と分かっていたようだが、それでも心は晴れず最後の一人に任せることとなった。
「ええ、私の役目はここまでです。プレシアの事、くれぐれもよろしく頼みましたよ」
ゼオルートの残留思念が残した言葉。

搭乗機体・関連機体[編集]

ギオラスト
竜巻の魔装機。ロドニー、ファングと引き継がれていった。元々偵察機でゼオルートのプラーナは低かったが剣技と彼の考案した一撃離脱戦法のおかげで前線で戦い抜いた。

余談[編集]

  • ファンの間では「ゼオルートに声を付けるなら田中秀幸氏が合っているのではないか」と長年囁かれていたが、スタッフ側も同じ認識を持っており、魔装機神IIでのキャスティングは簡単に決まったらしい。