2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

トールス・ザン・ゼテキネス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トールス・ザン・ゼテキネス
外国語表記 Toles Xan Zetequinez
登場作品

バンプレストオリジナル魔装機神シリーズ

声優 堀内賢雄(EX)
増谷康紀(第2次OG)
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス
性別
年齢 34歳
職業 戦士
所属組織 神聖ラングラン王国
所属部隊 ルザック州軍国境警備隊
軍階級 中尉
テンプレートを表示

トールス・ザン・ゼテキネスは「魔装機神シリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ルザック州軍国境警備隊の隊長で階級は中尉。妻子持ち。

ゼオルートの士官学校の後輩にあたる。また、ゼオルートの弟子であるマサキともかつて一緒に戦った事がある。

第3次スーパーロボット大戦』後にラ・ギアスに帰還してきたマサキが、新たに開いたゲートの反応を追って接触した人物で、バゴニア軍やシュテドニアス軍を相手に共に闘った。それらの撃退に成功すると、フェイル軍への合流を希望しマサキへの動向を願い出る。

登場する『スーパーロボット大戦EX』ではミドルネームについて会話中でしか触れない仕様であったため長らくミドルネームが不明であったが、『第2次OG』にて戦士階級である事が判明した。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
マサキの章に登場。第2話からブローウェルに乗って登場し、第4話終了時に選択肢次第で正式に仲間に加わるが、断ると代りに資金40000(仲間にした場合は10000)を提供してくれるため、仲間にするかは微妙。一応資金は全滅プレイを駆使すればいくらでも稼げるものではあるので、それを前提とするなら仲間にしてもいいのだが……。
なお乗機のブローウェル(と部下たちのルジャノール改×2)は彼を仲間にしなくても譲ってくれるが、ぶっちゃけ使い道は全くない。せいぜいゴルドを仲間にしている場合に彼を乗せるくらいか。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
音声を収録。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
第2話「召喚」からブローウェルに乗って登場。強制加入であるためプレイヤーに選択権はない。イルムが同ルートに登場するためか声優が変更されている。増援としての登場時に一般兵2名も同行しているが、こちらも(スポット参戦ではあるが)プレイヤーが操作可能で、本編シナリオで無名の兵士を操作できる数少ない機会である。仲間になってからはハガネの道案内役として活躍する(『EX』ではマサキがこのポジションだったのだが、本作では方向音痴の設定が優先されてまともな道案内が出来なかった)。
どれだけカスタムしてもブローウェルが化けてはくれない上にシナリオ前半で永久離脱してしまうので育てる意味は乏しいが、連携攻撃の掛かったリニアレールガン&対空ミサイルによる援護攻撃の威力は無改造でもそこそこ高い。Lv12まで上げて「加速」を覚え、後は修理装置補給装置持ちのサブにすると地味に貢献してくれる。いざという時のツイン精神コマンド用に育成もSPアップが基本で良いだろう。EX-HARDにすると途端に彼の「友情」が効いてくる。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

能力値は中程度、他のメンバーを差し置いてというほどではない。

精神コマンド[編集]

EX
根性加速信頼気合熱血
第2次OG
根性加速信頼気合熱血友情

特殊技能(特殊スキル)[編集]

EX(PS)
切り払い
第2次OG
援護攻撃気力+ (命中)連携攻撃

パイロットBGM[編集]

「熱風!疾風!サイバスター」
「終わりなき戦い」

人間関係[編集]

ゼオルート・ザン・ゼノサキス
士官学校時代の先輩。トールスは『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』には登場しないため、直接会話する場面はない。
マサキ・アンドー
ゼオルートの弟子でかつて共に戦った事がある。トールスはマサキよりも年上だが、マサキの能力を尊敬しており、常に丁寧な物腰で接する。
ルザック州軍兵士
ルザック州軍国境警備隊の部下。A・Bの2名いる。一時的ながらトールスと一緒に加入して、名無しのモブキャラが正式に自軍メンバーとして登録されるというSRW史上でも類を見ない快挙を為し遂げた。
レグ
ルザック州軍国境警備隊の部下。直接は登場しない人物で、ミオに事情を説明した。
ミオ・サスガ
ラ・ギアスに召喚された彼女をマサキ達と共に保護した。基地に保管していたディアブロが操縦できるとわかると、彼女に提供している。

名台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「サイバスターに乗っておられるのはランドール殿か? 私は、ルザック州軍国境警備隊のゼテキネス中尉だ。聞こえているか?」
彼の初台詞。数少ないマサキがランドールと呼ばれる場面でもある。(すぐにマサキと呼ぶように言われそれに従うが)
「マドック殿はこの地で亡くなりました。それ以来、ディアブロを乗りこなせるパイロットがおらず、眠ったままになっていたのです」
マサキにディアブロが存在する理由を伝えて。この台詞のマドックに限らず『EX』では後の魔装機神シリーズで語られる名前が多く存在する。
なおトールスを仲間にした場合、彼は何の問題もなくディアブロを乗りこなす。それまでは自分もどうせ無理だと思い込んで乗ろうとしなかったのだろうか。

OGシリーズ[編集]

「シュテドニアスもバゴニアと同じく、地上人の傭兵を戦力に加えているようですね」
『第2次OG』マサキルート第3話より。『EX』では前話でバゴニアの傭兵となったジェリド・メサカクリコン・カクーラーと戦っているが、今作ではバゴニアが何なのかはもちろん、近況説明も交戦経験もない状態での発言なので会話の流れが不自然。初見プレイヤーは「バゴニアって何?」と思ったことだろう。おそらく旧作のテキストを流用したまま補足を忘れたと考えられる。
なお同ルートの10話シナリオデモ(王都への路)でノボス参謀が自軍の現状を、「我が軍はシュテドニアスとバゴニア軍に、カークス軍はシュテドニアス軍とその本国にはさまれているとも考えられます」と俯瞰するシーンで再度触れられるため、完全に迷台詞というわけでもない。
「そう、“剣皇”と称される神祇無窮流の達人……皆から慕われる、素晴らしいでした」
ゼオルートの話題が上がった際、彼の人となりを説明した。

搭乗機体・関連機体[編集]

ブローウェル