カクリコン・カクーラー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
カクリコン・カクーラー
外国語表記 Kacricon Cacooler
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 戸谷公次
デザイン 安彦良和
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
生年月日 宇宙世紀0063年
年齢 24歳(小説版
没年月日 宇宙世紀0087年5月11日
所属

地球連邦軍

軍階級 中尉
テンプレートを表示

カクリコン・カクーラーは『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。

概要[編集]

連邦軍ティターンズ)所属のMSパイロット。濃い顔で、頭髪が後退しており、額が広い。

同じティターンズ所属であるジェリド・メサとは友人で、行動を共にすることが多い。ジェリドと比較して大人の部分を持ち、中々の知恵者でもあるが、バスク・オムに抗議したブライト・ノアを自分よりも階級が高いながらもティターンズ所属であることを傘に着て殴打したりという傲慢さも持つ。

ジャブロー降下作戦でカミーユ・ビダンと対峙したが、引き際を見誤ってマラサイのバリュートを破られ、地球の引力に引かれた事により搭乗機のマラサイもろとも、大気圏の摩擦で死亡。アメリアという恋人がおり、最期は彼女の名を叫んでいた。

登場作品と役柄[編集]

大抵は原作通りにジェリドとコンビを組んで登場し、原作よりは退場が遅い為、バイアランバウンド・ドック等の多様なMSに乗ってくる。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初出演作品。DCに所属し、乗機はマラサイ。ジェリドとペアでよく登場する。
第4話「ストライク・バック」では黒い三連星ガイアから「ふン! ジェリド!! カクリコン!! おれたちのじゃまだけはするなよ!」と言われてしまっている。ここで撃墜するとジェリドの口からカクリコンの戦死を匂わす台詞を吐くのだが、次のシリーズで何食わぬ顔で再登場している。
第2次スーパーロボット大戦G
DC所属。マラサイに乗っている。シナリオ「マリオネット・フォウ」ではバウンド・ドックにも乗る。なお、『第2次』における戦死時の台詞は、後のシリーズとの繋がりを考えてか削除された。
第3次スーパーロボット大戦
DCに所属し、ジェリドと一緒に序盤からマラサイに乗って登場する。本作からライラも加わり、「ティターンズトリオ」を結成する(TV版におけるライラはティターンズメンバーではないが)。中盤にギャプランに乗り換える。
スーパーロボット大戦EX
マサキの章とシュウの章に登場。
マサキの章では、序盤でお馴染みのマラサイに乗ってジェリドと共にバゴニア傭兵となっている。なお、マサキとは今作が初対面。
シュウの章ではいつもの三人組で登場。今回は隠し要素でバウンド・ドック付きで味方に出来る。戦闘力はそれほど高くはないが、絶対的な戦力そのものが不足しているシュウの章では貴重な頭数である。
第4次スーパーロボット大戦
ティターンズに籍を移して、いつもの3人組にヤザンも加えて登場。今回はバイアランに乗っている。序盤はNPC、後半は敵として戦うことになる。シナリオ「栄光の落日」ではバウンド・ドックに乗り換える。
第4次スーパーロボット大戦S
『第4次』と同じだが、「栄光の落日」で倒された際にアメリアの名を叫び、戦死する。
スーパーロボット大戦F
本作でもライラ、ジェリドと三人仲良く登場。ティターンズとはまだ戦闘にならないので、本作では顔見世程度。
スーパーロボット大戦F完結編
敵として戦うことになる。シナリオ「新しい力」または「完成!超闘士」にてライラと共に戦死する。二人とも死ぬ台詞があるが、恋人アメリアの名は叫ばない。
攻略本に「いつの間にか死んでいた」といわれるが実際はオリジナル主人公の専用メカお披露目で死亡するので、少しはマシなのだろう。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
シナリオ「黒いガンダム」デモ冒頭でジェリドと一緒にティターンズのメンバーとして登場。ティターンズカラーのガンダムMk-IIに乗っている。その後のシナリオ「死神と呼ばれたG」からはマラサイに乗りかえる。
その後もリアル系&ガンダム系ルートを通って行くと多様なMSに乗って最後はジェリドらティターンズのメンバーとネルフ本部を襲撃するが、弐号機に撃墜されて今作では出番終了。バイアランに乗っている割合が多い。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
新規EDルートではバウンド・ドックに乗って再登場。『α外伝』と同じ断末魔を吐いて戦死する。
スーパーロボット大戦α外伝
援護を持つ為、早めに倒した方がいい。24歳なのにJ9キッドに「おっさん」呼ばわりされる挙げ句、豹馬にも「デコスケ」と呼ばれる。
前作に加え、「本作の序盤で戦死する」というαシリーズでのカクリコンやジェリドの扱いは、不遇と言わざるを得ない。妙なこだわりでもあるのか、今回も最後の機体はバイアラン。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
セツコルート序盤から登場。原作よりは長生きする。ハイザックマラサイの他に、ガブスレイに乗ってくる。
戸谷公次氏死去後の作品のため、新規収録はされずに過去収録のライブラリ出演となっている。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
013特命部隊に参加し、プレイヤーキャラクターとして操作出来るシナリオがある。PS版の『EX』以来、久しぶりの快挙である。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
黒いガンダムMk-IIに乗り、敵として登場。シャアルートではジェリドで説得すれば味方になるが、次のマップですぐに敵に戻ってしまう。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

早々と戦死したせいか、同僚のジェリドよりも総合的な能力が劣るケースが多い。

精神コマンド[編集]

TV版にて時間差攻撃を発案したイメージもあってか、ひらめきを覚える事が多く、かく乱隠れ身もその影響だと思われる。

EX
根性加速気合必中ひらめき友情
第4次S
気合ド根性必中ひらめき探索足かせ
F
ド根性隠れ身熱血ひらめき挑発かく乱
α
ド根性隠れ身熱血ひらめき挑発かく乱
α外伝
ド根性隠れ身ひらめき気合熱血かく乱
Z
集中分析ひらめき加速友情
リアルロボット戦線
鉄壁気合必中熱血てかげん集中

特殊技能(特殊スキル)[編集]

FF完結編64
シールド防御L7、切り払いL5
α
シールド防御L3
α外伝
援護L1
Z
底力L7、カウンターL5、ブロッキング気力+ (命中)

小隊長能力(隊長効果)[編集]

援護攻撃時の攻撃力+20%
Z』で採用。

人間関係[編集]

ティターンズ[編集]

ジェリド・メサ
同僚にて親友。
バスク・オム
上官。

地球連邦軍[編集]

ライラ・ミラ・ライラ
原作では特に話す場面は無いが、スパロボではジェリドと共に彼女の指揮下に入ることが多い。

エゥーゴ[編集]

カミーユ・ビダン
結果的に彼を討てなかった為に、死亡する破目になってしまった。
シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ
原作では数回ほど交戦した程度で、これといった絡みは無い。
漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』では、フランクリン・ビダンに代わってバスクからの命令を受け、彼の愛機であるリック・ディアスを奪った。
ブライト・ノア
TV版と劇場版では台詞の内容が違うが、自分より階級が上のブライトをティターンズ所属であることを傘に着て殴った。
なお、漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』では、エゥーゴが襲来してきた時のドサクサに紛れてMk-IIでブライトを踏み殺そうとした
エマ・シーン
元同僚。原作でもエマの反逆に怒っていたため、互いに特殊戦闘台詞がある。

その他[編集]

アメリア
カクリコンが最期に呟いた、地球にいる恋人。後姿しか映っていないものの、かなりの美人と推察される。
なお、スパロボ等のゲーム中でもカクリコンの乗機を撃墜すると、彼女の名を叫ぶことがある。

他作品との人間関係[編集]

木戸丈太郎
α外伝』では、彼から「おっさん」呼ばわりされてしまう。まだ、おっさんと呼ばれる年齢(カクリコンは24歳)じゃないのに…。
葵豹馬
『α外伝』では、彼から「デコスケ」呼ばわりされてしまう。酷い。
セツコ・オハラ
ジェリドと一緒に彼女をマスコットガール扱いして小馬鹿にしている。
スティング・オークレーアウル・ニーダステラ・ルーシェ
ZSPD』では013特命部隊で行動を共にする。『Z』の序盤ではネオ同様に彼らにも軽んじられていたようだが、彼らに対して偉ぶる事無く、良き先輩として接していた。
ガリバー
『ZSPD』での013特命部隊在籍時、彼(?)の存在に驚愕してしまう。ちなみに、カクリコンはガリバーを当初ナマケモノだと思っていた。

名台詞[編集]

「大佐は黙れと言っている!」
第2話より。バスク・オムに抗議しにきたブライトを殴った時の台詞。
ブライトは中佐で、カクリコンは中尉だったので、当然ブライトは「貴様! 上官に向かって!」と怒っていた。
なお、劇場版では「あのなぁ! ここは地球連邦軍じゃないっ! ケッ!」という台詞に変更されている。
「うわあああああああ!! あ、あぁぁぁぁぁぁ…」
「ア、アメリア…」
第11話より。断末魔の台詞。カミーユマラサイのバリュートを切り裂かれ、大気圏に落ちながら機体ごと燃え尽きて死ぬ直前の最後の呟きは、恋人の名前だった。
カクリコンは「エゥーゴのMS隊追撃戦後に、恋人が待っている地球に戻れる」とあって作戦前は御満悦な様子だったが、その願いは叶うこと無く生涯を終える。
スパロボでは一言モードに収録された『F』から「アメリアァァァァァァ!」と叫び声に変更されており、撃墜されるとこの台詞を喋る。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「俺もこの多元世界で随分ともまれてきたんでな…! 実戦仕込みのテクを見せてやるぞ!」
ZSPD』アナザーサイド レコード第1話「発令」に於ける初戦闘時に発生する戦闘前会話
ニューアーク基地へ搬入されてきたばかりの新型機のお披露目とばかりに、エゥーゴザフトの混成MS部隊を迎え討つ。
「それで隊長…俺達の判定はどうだったんです?」
「とぼけなくてもいいんですよ。俺達を好きに戦わせたのは、力量を試すためだったんでしょう?」
同上。ニューアーク基地での戦闘が、「013特命部隊」に所属するメンバーを選抜する為の実戦テストも兼ねていた事を看破し、ネオへと真意を問い質す。『ZSPD』のカクリコンは「切れ者」としての側面も垣間見せていたが…。
「や、やめろ、少尉! いきなり噛み付くかも知れないぞ!」
『ZSPD』アナザーサイド レコード第2話「接触」より。イズモ艦の格納庫内で出くわしたガリバーに悲鳴を上げた直後、何ら警戒心を抱く事無くガリバーを愛でようとするマウアーを大慌てで制止する。
「そんな事はどうでもいい…! 作戦行動中の軍艦にナマケモノがいる事が 問題だ!」
同上。ガリバーに対する醜態をスティングアウルから茶化され剥きになって発した反論だが、盟友のジェリドからの苦笑も招く結果に。
上述の狼狽振りも含めて、カクリコンがスパロボで初めて晒した「人間臭さ」溢れる一幕である。

搭乗機体[編集]

ガンダムMk-II
ハイザック
マラサイ
ジェリドと共に搭乗するが、彼だけ戦死。棺桶になった。
リック・ディアス (クワトロ専用)
漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』で搭乗。エゥーゴによって強奪されたMk-IIの返還交渉のためアーガマに赴いた際に、事前にバスクから受けた密命により強奪。

スパロボでの搭乗機体[編集]

バイアラン
第4次αα外伝
ガブスレイ
Z
ギャプラン
第3次
バウンド・ドック
EX第2次G、第4次、αDC

余談[編集]

  • 独特なネーミングの多い富野作品の中でも、ひときわ目立つ名前である。
  • 漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』では、TV版や劇場版とやや設定が異なっている。『Define』版のカクリコンはパイロットとして抜きん出て優秀というわけではなく、ティターンズへの選考試験を何回か受けるものの悉く落選している。そこで、「選考に関する書類を閲覧できるアメリアに協力を仰いで、『内部データを盗み見る』というインチキまでやってようやく入隊を認められた」という経緯がある。そのため、『Define』版のカクリコンは、原作以上に粗暴で「原隊」へ降格される事を非常に恐れているキャラクターとして描かれている。

資料リンク[編集]