アウル・ニーダ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アウル・ニーダ
外国語表記 Auel Neider
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 森田成一
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人ナチュラルエクステンデッド
性別
年齢 不明(外見は10代後半)
身長 167 cm
体重 57 kg
髪色 水色
血液型 O型
所属組織 地球連合軍
所属部隊 ファントムペイン
テンプレートを表示

アウル・ニーダは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

エクステンデッドの一人で、ザフトから奪取したアビスガンダムのパイロット。

一見すると女の子のような顔立ちをしているが、やんちゃで負けず嫌いな性格をしている。また気分屋な一面もあるが、自分たちとはぐれたステラを探すなど面倒見のいいところもある。

しかし、戦闘になると普段とは打って変わって苛烈で冷酷な性格となり、口調も悪くなる。

ブロックワードは「母さん」。名言「ごめんねえ、強くってさあ!」は有名。

シン・アスカの駆るブラストインパルスガンダムのジャベリンの直撃を受けて撃墜され、死ぬ間際にステラ・ルーシェのことを思い出し、スティング・オークレーとステラのことを想いながら安らかな最期を迎えた(小説版)。(媒体によっては『機体大破後も生きていたが、鮫に食われた』と書かれている)。乗機のアビスガンダムも大破した。

3人の中では唯一デストロイガンダムに搭乗していないが、他の2人が精神を破壊されて無差別の大量虐殺を強いられたことを考えると、デストロイに乗ることなく戦死したアウルはまだ幸せだったとも言える。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

スパロボでは下の記述通り6作品に登場している(ただし『K』では既に死亡済みなので正確に言えば登場しているのは5作品である)が、その全てで扱いが非常に悪く、シンではなく他作品のキャラクターに倒される上、ルート選択によっては死亡シーンすらカットされてる事が殆どである。スパロボに登場するとif展開で救われるキャラが多い昨今、ここまで扱いが悪いキャラも稀である(特に同作のキャラクターは、スパロボ補正により生き残っている場合が多い)。

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Z
セツコルートでは度々登場しているが、気が付けば死んでいる事が多い。ランドルートではいつの間にか死んでいて死亡シーンすらカットされてるので扱いは非常に悪い。ただ、スティングと共に、フォウとカミーユを『デート』と称して接触させるという世話を焼くシーンがあり、彼の人間味を感じさせる数少ない場面として印象に残る。
前半の共通ルートで一度だけ味方として使えるステージがある。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
アナザーサイドレコードでは013特命部隊に所属。機体はアビスで固定。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦K
原作の話がベルリン戦から始まるので、既に死亡済み(台詞で存在が示唆される程度)で登場しない。
スーパーロボット大戦L
前作とは違い、登場はするが序盤で突如戦場に乱入したGreATORF-59リーヴスに撃墜されて死亡。

Scramble Commanderシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
初登場作品。アウル役の森田成一氏は本作がスパロボ初参加となる。深海の遺跡調査を命じられ、同じく遺跡調査をしていたゲッターポセイドンと深海で戦い死亡。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
原作と異なりステラが先に死亡する。その後スティングと共に自軍に挑むが…詳しくはスパロボシリーズの名台詞にて。
スーパーロボット大戦X-Ω
レアリティSRのサポートユニット。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

Z
集中ひらめき鉄壁熱血気合

特殊スキル[編集 | ソースを編集]

Z
エクステンデッドL7、ブロッキングカウンターL7、集束攻撃戦意高揚

隊長効果[編集 | ソースを編集]

命中率+10%、クリティカル率+20%
Z』で採用。

サポートアビリティ[編集 | ソースを編集]

『少年』のエクステンデッド
SR。回避率大アップ。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ファントムペイン[編集 | ソースを編集]

ネオ・ロアノーク
上官。
ステラ・ルーシェ
妹分だが最終的にはアウルの記憶から抹消されてしまった。
スティング・オークレー
兄貴分。

ザフト[編集 | ソースを編集]

シン・アスカ
幾度となく交戦するものの、最終的に討たれる。しかし今のところシンでアウルを討つことができるのは『Z』のみである。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

ガンダムシリーズ[編集 | ソースを編集]

カミーユ・ビダン
Z』では、香港の町でシンと一緒にいた彼をスティングと共にMSで襲撃する場面がある。また、彼をフォウとデートさせるべくお膳立てをするところも。
フォウ・ムラサメ
SC2』や『Z』では同僚。『Z』ではスティングと共に、『デート』と称してカミーユと接触させる一幕がある。
ジェリド・メサカクリコン・カクーラー
ZSPD』では013特命部隊で行動を共にする。『Z』の序盤ではネオやスティングと同様に彼らを軽んじていたようだが、013特命部隊においてはよき先輩として接してもらった。
ブラン・ブルターク
『Z』では頼れる上官。『ZSPD』ではアウルのブロックワードを知らずに言ってしまい、彼をおかしくしてしまう。

スーパー系[編集 | ソースを編集]

車弁慶
SC2』では彼に撃墜され戦死する。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「アッハッハッハ、ごめんねえ、強くってさあ!」
16話において多数の敵機を撃破した時の台詞。この時の敵機は旧式のグーン等であり、あまり自慢にはならない。
尤も小説版では「小物じゃん」と愚痴を零しており、せめてゾノぐらいいないと張り合いがないとかなり不満気味な反応をしている。
「なんで落ち着いてられるんだよっ!ラボには、母さんが… !?」
25話にて。ロドニアのラボがザフトに見つかったとネオが話していたと聞くや、そこでの記憶からブロックワードを自ら発してしまい錯乱。そして…
「母さん… 母さんが…死んじゃうじゃないかぁっ!!」
それによってブロックワードのさらなる連鎖を起こし、ステラが脱走する原因を作ってしまう。
「な~んか大事なこと、忘れてる気がするんだよなぁ。」
スティング「ふ、なんだよ大事なことって?」
「それがわかんねーっつってんの!」
第27話より。出撃前のモビルスーツの配置に違和感を覚えた後のコクピットの中での呟き。
大事なこととは記憶を消されたステラの事であるが、この時点では思い出すことはなかった。
なお、アウルとは対照的にスティングは違和感を感じることはなかったが、これはスティングが薄情とかいう訳ではなく、小説版では待機室から自機へ向かう通路は手前からガイア、アビス、カオスと並んでいたためガイアがいなくなった結果、アビスの機体がいきなり見えていることに違和感を覚えたことがきっかけである。
「どこ見てんだよ!コラ!!」
第28話より。フリーダムに気を取られたシンのブラストインパルスに対しこの台詞とともにビームを浴びせるが……
「何っ!?」
「……!!」
シンは咄嗟にブラストシルエットを盾にしビームを回避、インパルスが投擲したビームジャベリンがコックピットに直撃しアウルとアビスは海の藻屑と化した。
小説版ではコクピットの中で、忘却していたステラを思い出しながら沈んでゆく。

スパロボシリーズの名台詞[編集 | ソースを編集]

「そんなの僕らには必要ないんだよ。階級とか、特権とかが大好きなティターンズには分からないだろうけどね」
ZSPD』アナザーサイドレコード第1話「発令」より。エクステンデッドの「階級」について訊ねてくるジェリドへ発した挑発。当然の如く彼の怒りを招きネオからも窘められるが、尚も不遜な態度を崩さぬアウルであった。
「退屈な相手…!こんなんじゃ俺の実力を見せられないっての! とっとと片付けて、本命の任務ってのを聞かせてもらおうっと!」
同上。初戦闘時に発生する戦闘前会話。ニューアーク基地に侵攻してきたエゥーゴザフトの混成MS部隊を見据え、歯応えの無さに不平を漏らす。
「宇宙で見たバルキリーってやつの方がよっぽど性能高いんじゃねえ?」
L』第9話(命令に従い、この場を離れるルート)「オペレーション・カーニバル」より。突如戦場に乱入してきたORF-59リーヴスを見て。だが、この時のリーヴスの動きは罠でアウルがそれに気づいた時にはすでに遅く…。
「があああっ!!」
同上。『L』での断末魔。LOTUSと一度も交戦することなくアウルは海の藻屑と化してしまった。
「ステラの仇うちだ…。死ねよ、お前ら!」
CC』にてジブリールを拘束する為、オーブに向かうアークエンジェル隊の前に現れて。なんてことのない台詞のようだが、本来ならばエクステンデッドからは死んだ仲間の記憶は消されるはずなので、Lスティング同様原作での設定と食い違っている。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

アビスガンダム

余談[編集 | ソースを編集]

  • 何故か一時期『ルナマリアとくっつく』というデマが流れた(ただし、その異色の組み合わせがファンのツボにはまったのか同盟サイトまで作られた事があった)。

資料リンク[編集 | ソースを編集]