インパルスガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
インパルスガンダム
外国語表記 Impulse Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 試作型モビルスーツ
型式番号 ZGMF-X56S
全長 17.76 m(標準時)
重量 63.54 t(標準時)
動力 電力バッテリー
装甲 VPS装甲併用
開発 ザフト
所属 ザフト
パイロット シン・アスカルナマリア・ホーク
テンプレートを表示

概要[編集]

ユニウス条約において制定された軍縮規定の下で充分な戦力を保有する為にザフトが開発した次世代モビルスーツシリーズ「セカンドステージシリーズ」の1機。言うなれば、ザフト版ストライクガンダム

開発は連合のストライクやザフトのリジェネレイト、テスタメントが基になっている。

性能[編集]

インパルス本体の機体構造は従来のものとは大きく異なる分離構造で、上半身「チェストフライヤー」、下半身「レッグフライヤー」、コクピット「コアスプレンダー」の3つのパーツから成り立っている。さらに、MSとなった本体に換装式バックパックを装着して戦闘形態となる。出撃時は他のMSと異なり、分離状態で発進して、その後で合体する。なお、チェストフライヤーとレッグフライヤーは予備が存在し、戦闘中に破損しても即座に換装する事ができる。

本機の換装式バックパックは「シルエットシステム」と呼ばれ、出撃の際にその時の任務や戦況に合わせて選択されたものを無人牽引機「シルエットフライヤー」の後部に接続して発進させる。その後、合体の際にシルエットフライヤーから切り離され、本体と合体する。

エネルギーの供給には、「デュートリオンビーム送電システム」が採用されている。これは核動力を用いずにMSの活動時間を延長する為のシステムで、デュートリオンビームと呼ばれる粒子線ビームを機体の受信機に照射する事で、母艦に着艦せずにエネルギー補給を行う。これらの事から、インパルス自体がミネルバとの連携を前提に開発されているのが分かる(しかしゲーム中ではイベントのみで再現され、特殊能力としては未だに搭載されていない)。さらに、エネルギー供給の効率化を図った新型装甲システム「VPS装甲」も採用されている。

額には「X56S SEI」(SEI=イタリア語で数字の6)と刻印されている。ちなみに地球連合軍開発のカラミティガンダムにも額に「SEI」が刻まれている。

本機の合体システムに関しては、ユニウス条約でMSの保有数に制限がかけられたことから、「モビルスーツではなく、合体すれば、モビルスーツとしても運用可能な戦闘機」という苦肉の策の説もある。

シルエットシステム[編集]

インパルスガンダムはストライクガンダムと同様の装備換装システムが取られており、性格の違うモビルスーツに変化できる。これらの装備は必要なエネルギーの量がそれぞれ異なっており、装着したシルエットによってヴァリアブルフェイズシフト装甲のカラーリングが異なる。これは、そのシルエット毎に装甲に掛ける電圧を調整し、エネルギー消費の更なる効率化を図っている為である。

なお、ストライクのストライカーパックはバッテリーを内蔵していたため、換装するとエネルギーが回復したが、本機のシルエットはバッテリーを内蔵していないため、換装してもエネルギーは回復しない。しかしZでは換装するとENが全回復する。これは上記のデュートリオンビーム送電システムを換装の度に併用しているという描写であると思われる。

なお、シルエットシステムの接続プラグはストライカーパックやウィザードシステムとは異なる規格となっている。これは素のインパルスではコアスプレンダーが背部に露出しているため、それを避けて接続するとともにシルエットで覆い保護するための仕様と思われる。

フォースインパルスガンダム
高機動バックパックを搭載し、大気圏内の空中戦にも対応した、汎用性の高い形態。最も多用されたシルエットである。また、ビームサーベルも装備しており、格闘能力も向上させる。
ソードインパルスガンダム
対艦刀を装備し、格闘戦に特化した形態。ビームライフルも装備できる為、中距離戦闘にも対応できる。
ブラストインパルスガンダム
火器を多数装備した、火力重視の形態。対艦攻撃や火力支援に力を発揮する。

これら以外にも、「デスティニーシルエット」というバリエーションが存在する。 さらに空間戦用の「カオスシルエット」、水中戦用の「アビスシルエット」、陸専用の「ガイアシルエット」などのシルエットもある(これらのシルエットやデスティニーシルエットは、バックパックのみならずチェスト・レッグ両フライヤーも専用の物が使われる)のだが、結局実装される事は無かった。一応書籍等でカオス、アビス、ガイアそれぞれのシルエットを装着した本機を見る事が出来る。

マルチパックという実験的な拡張装備もあり、これを背部に取り付ければストライカーパック規格の装備も使用可能となる。一見便利だが、コアスプレンダーと排他となるため分離合体が制限され、シルエット用のコネクタも塞がれるので事実上ストライカーしか使えなくなるなど、インパルスの特徴を潰してしまう。そのためか、実戦で使用したのは後述のデスティニーインパルスRのみ。

母艦ミネルバと一体となった戦術換装システムまでを含めてインパルスガンダムというシステムだということなのか、ストライクと異なりシルエットを装備しない「インパルスガンダム」が単体のユニット化されたことは無い。

将来的にはコアスプレンダーを中心に、全てのパーツをドラグーン・システムでリンクし、母艦に頼らずとも換装・補給を行うことで、単機局地制圧を可能とする構想があったが、実現しなかった。この話を聞いたカイト・マディガンは、これを「夢物語でしかない」と切り捨てている。

劇中での活躍[編集]

シン・アスカの愛機として様々な戦場を駆け巡った。初期の頃はそれほど戦果を挙げることは無かったが、シンの技量が上がるに連れてシルエットシステムによる状況に応じた戦い方で、その性能を発揮。フリーダムガンダムとの戦いではシルエットシステムを最大限生かした戦いで、無敵を誇ったフリーダムを撃墜。

後にシンがデスティニーガンダムに乗り換えた為、ルナマリア・ホークが搭乗し、多大な戦果を挙げている。メサイア攻防戦ではエターナルを狙うが、メイリンの説得とドムトルーパーのジェットストリームアタックに圧倒され、一時撤退。その後、アスランの∞ジャスティスと交戦するが、一蹴される。さらにその後、∞ジャスティスとデスティニーの戦闘を止めようと2機の間に割り込んで錯乱していたシンのデスティニーに撃墜されそうになるが、∞ジャスティスが間一髪でその攻撃を阻止。直後に撃墜されたデスティニーを追って自らも戦線離脱した。その後、デスティニーと違い、修復が充分に可能だったこの機体がどうなったかは不明である。

この素の形態ではガルナハンのローエングリン・ゲート攻略作戦でのみ、この姿で戦闘。ローエングリン砲台を破壊するなどの戦果を挙げた。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
原作通りに前半はシン、後半はルナマリアが搭乗する(仲間にすればイザークステラ乗り換え可能に)。
シルエットシステムが「戦術換装」という特殊能力になっており、母艦ミネルバが出撃している場合にのみ、1マップ中にそれぞれの形態に1回だけ換装できる。その際、ENが全回復する為、意外に重宝する(その代わり、デュートリオンビーム送電システムはイベントのみ)。当然、ミネルバがいないと戦術換装ができない為、使用する際には必ず一緒に出撃させよう。なお、シルエットを装備していない素のインパルスガンダムは登場せず。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇/再世篇
登場するパイロットが主役周りに限られた為、本作ではルナマリア専用機として登場する。形態はフォースインパルスガンダム固定である。
並み居る強力な機体が揃う本作では力不足感は否めないが、VPS装甲のおかげで硬さは健在なので、「ルナマリアの防御値をPPで強化し、防御系精神コマンドや援護防御を活用して『盾役』として使用する」のも一つの選択肢である。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
序盤に1度シンが乗ってスポット参戦する。その後はメサイア攻略戦まで敵として登場するため敵のイメージが強い。メサイア攻略戦後はルナマリアが乗って使用可能となる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
原作通りにエンジェルダウン作戦まではシンが、それ以降はルナマリアが搭乗。今回は換装がなくなり、フォースシルエット装備状態が基本で、ケルベロスやエクスカリバーを使った際に戦闘デモ中に換装する形になった。ザクやグフより優秀な機体なので、ルナマリアに愛着がない場合は高確率でイザーク、ディアッカ、ハイネあたりに奪われるはず。旧主人公機のためかパーツスロットが少なめで、拡張性に欠ける点は注意。
スーパーロボット大戦L
スポット参戦時からエンジェルダウン作戦~ヘブンズベース攻略戦まではシン、ヘブンズベース攻略戦でシンがデスティニーに乗り換えると同時にルナマリアの乗機となる。ただルナマリアに愛着が特にない場合、アスランの繋ぎの機体にしてやる方が役に立つ。シンやアスランが専用機を手に入れた後も残るパイロットで争奪戦が起こるが、今回はフラグ次第でデュエル・バスターが手に入るため、パイロットの対抗馬は減っている。
『K』同様フォースシルエット装着状態が基本で「フォースインパルスガンダム」名義。ソード・ブラストは武器扱いで、戦闘デモで換装を行う。今回はミネルバが終始自軍にいるため、シンかルナマリアがパイロットの時はミネルバからのシルエット射出の演出とメイリンとの掛け合い台詞が加わっている。ただし他パイロットだとミネルバからの射出演出自体が無い。アスランがパイロットであっても無い。
スーパーロボット大戦UX
プロローグでルナマリアが乗って一度スポット参戦するが、フェストゥムとの戦いでデスティニーガンダムが一度大破するため第2部序盤までシンが搭乗。
デスティニー復帰後は入れ違いに修復を行われるため4話使用不可能の後、ルナマリアが搭乗する。そのため序盤から終盤まで長い付き合いになる。
今作でも基本はフォースシルエット装備状態で、特定の武装や合体攻撃の際に演出としてソード・ブラストに換装する。
作中ではGNドライヴ搭載機が主流のため旧式扱いされているが、シンが乗っている間は「機体は旧型でもパイロットがトップエース」と警戒されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
久々に単独ユニットとして参戦。換装はなくフォース固定。単機では火力不足なので合体攻撃のあるデスティニーガンダムとセットでの運用は必須。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームライフルとシールドが標準装備に含まれ、シルエットがなくともある程度戦える。

MMI-GAU25A 20mmCIWS
胸部に2門内蔵された機関砲。敵機への威嚇・牽制やミサイル迎撃、対人戦に用いられる。有効射界が限定されるという欠点がある。
M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ
両腰部に収納されている折りたたみ式ナイフ。実体剣と振動波を併用し、エネルギーをほとんど消費しないうえ、ダガーLの胸部装甲を易々と貫くほどの威力がある。
ガルナハンでの戦闘で、コックピットに直接レイザーを押し込まれる連合兵の無残過ぎる姿は・・・「閲覧注意」である。ちなみにこのシーンの描かれた話は、集団リンチを受ける腕を縛られて動けなくされた上で頭に銃弾を撃ち込まれて殺される等、連合兵達がこれでもかと言わんばかりに痛めつけられている。
Z』ではソード、ブラスト装備時に切り払いに使用。
MA-BAR72 高エネルギービームライフル
フリーダムやジャスティスに装備されたルプスの改良型。エネルギー消費効率が大幅に向上している。セイバーやカオス、ガイアのビームライフルも外観こそ違うが、基本設計は同一である。
MMI-RG59V 機動防盾
対ビームコーティングが施された実体盾。上下左右にスライドして有効防御面の拡大と取り回しを両立させている。

関連機体[編集]

  • 本Wikiではスパロボ関連のものを取り上げる。未登場のものについてはガンダムwikiを参照されたし。

セカンドシリーズ[編集]

セイバーガンダム
カオスガンダム
アビスガンダム
ガイアガンダム

サードステージ[編集]

デスティニーガンダム

その他[編集]

ストライクガンダム
リジェネレイトガンダム
SUN-DRIVE「ZGMF-X56S インパルスガンダム」
サン娘 Girl's Battle Bootlog』の登場人物、九鳳胤栞が装着する本機をモチーフとするSUN-DRIVE。

スパロボシリーズの名場面[編集]

希望~なかま
UX』第29話「燈火-ともしび-」より。フェストゥムと化した甲洋を説得に向かう一騎達。しかし、そこへ1体のフェストゥムが接近し、彼らを同化しようとする。その時、それを阻んだのはデスティニーとインパルスのビームライフルであった。シンは前の戦いでの同化によるダメージの修理を終えたばかりのインパルスを下がらせようとするが、ルナマリアはそれを拒否。それを受けてシンはルナマリアと共にフェストゥムに向かって行き、デスティニーとインパルスのコンビネーション・アサルトでフェストゥムを撃破。――「大切な人を戦いで失うなんてあってはいけない…その想いは私も同じよ」その意思を同じくするシンとルナマリアは、フェストゥムとなっても友人であることは変わらないと、戻ってきてほしいという希望を捨てずに甲洋の説得をしようとする一騎らを守るため、戦う。

資料リンク[編集]