ガイアガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガイア
外国語表記 Gaia
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZGMF-X88S
RGX-03(連合側ナンバー)
全長 17.80m
重量 69.85t
動力 バッテリー
装甲 VPS装甲
開発 ザフト
所属 ザフト → 地球連合軍クライン派
パイロット ステラ・ルーシェアンドリュー・バルトフェルド
テンプレートを表示

ガイアガンダムは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

ザフトが開発した、「セカンドステージシリーズ」の可変型モビルスーツ

インパルスなどと同様、「デュートリオンビーム送電システム」や「VPS装甲」を採用している。

バクゥを参考にした四足獣型のMA形態に変形でき、陸戦における機動力は純人型のMSを遥かに凌駕する。MS形態は中近距離の高機動戦闘を得意とするスタンダードな機体である。しかし、大気圏内においては行動範囲がほぼ陸上のみに限定され、母艦やサブフライトシステムによるサポートが不可欠となる。

劇中での様相[編集 | ソースを編集]

リーカ・シェダーがテストパイロットを務めていたが、その後、アーモリーワンステラによって奪取された。その際の戦闘ではアーモリーワンの陸空を縦横無尽に駆け巡り、ザフトのMS部隊を相手に猛威を振るっていた。 デブリ帯やユニウスセブンでの戦闘でも、AMBACを駆使して、宇宙空間でも高い機動力を誇っていた。

地上に降下してからは、あまり目立った活躍はしていない。ロドニアの戦闘では単独で出撃。インパルス、セイバーと交戦するも、機体は損傷。結局、ミネルバに奪還され、パイロットのステラも捕虜となる。その後、プラント本国に移送途中で突如、行方知れずに。実はこの時、クライン派の手引きで密かにファクトリーへ運ばれ、エターナルに搭載されていた。

その後はアンドリュー・バルトフェルド用に機体を調整してエターナルに搭載している。VPS装甲のカラーリングが黒から朱色に変化している。バルトフェルドの戦闘的趣向や義肢での操縦を考慮してOSの設定を変更した結果、このような色になったらしい。シールドのカラーリングも塗装しなおしている事から、バルトフェルドの趣味であるという説もある。その後、エターナルがザフトに発見され、追撃を受けた際にバルトフェルドが搭乗し、ザクウォーリアグフイグナイテッドと交戦した。この戦闘以後、バルトフェルドは艦長職に専念。この機体に搭乗する事はなかった。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Z
原作同様にステラが搭乗。セツコルートでステラ生存フラグが立っている場合のみ入手可能。ALL武器がTRI以外ないので、ステラはルナマリアからインパルスガンダムの席を奪う事もある。
原作同様にバルトフェルドも搭乗するが、一度だけのスポット参戦である。性能はステラ機と全く同じ。その後は登場しない。破壊などされていないはずなのでエターナルの格納庫に転がっていると思われるが、「ガイアが余ってるから使ってくれ」等の会話は一切無い。上記のバルトフェルド仕様機のイベント登場後の入手であるため、再びステラ用に調整されたものである可能性がある。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦K
機体そのものは普通に入手出来る。ただし、ステラ生存フラグが立っていると彼女の加入時に入手することになるため、参入時期が非常に遅くなる。しかし、その場合だとデスティニーの改造を引き継ぐという利点もある。バルトフェルドが乗ると専用の橙色に、他のパイロットだと黒になる(性能の違いは無いが、一部武器の攻撃モーションが異なる)。変形するとがSなので手を加えれば地上で活躍出来る。ちなみに変形後の武器性能はバルカンとサーベルがない事を除けば全てフォースインパルスの武装と互角。しかし、こちらはグリフォン2でコンボが出来るという長所を持つ。
原作で搭乗したのが純粋なナチュラルとは言えないステラと、コーディネイターであるバルトフェルドであるため気付きにくいが、実はナチュラルでも搭乗出来るという素晴らしい特性がある。この点、性能的に被るフォースインパルスガンダムストライクノワールガンダムより優れている。ステラがいない場合、アカツキを譲ったムウはこの機体かバルトフェルド専用ムラサメ辺りに落ち着くと思われる。
バルトフェルドがガイアに乗ると専用カラーに変わる。性能に変化は無い。
スーパーロボット大戦L
クレタ沖でアンノーンに墜とされた時にステラと一緒に回収され、ミネルバ加入と共に加わる。生存フラグを立てていてもステラの加入は大分後になるので、それまではミネルバクルーの誰かを乗せることになる。ひっそりと入手している割にインパルスのケルベロスとエクスカリバーの下位互換的な性能ながら、気力を必要としないビーム突撃砲とグリフォン2、そしてそこそこ優秀な機体ボーナスのおかげでパイロットを選ばない使い勝手の良いユニットなので、セイバーを失ったアスランを乗せておくのも手か。ただし、グリフォン2が空Bである事に注意。今回もナチュラルでも搭乗出来る。
バルトフェルドがガイアに乗ると専用カラーに変わる。機体ボーナスが変化する。

Scramble Commanderシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
味方として使用できるのはフリーモードのみである。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
ステラ搭乗機がSSRシューターとして、バルトフェルド搭乗機が大器型SSRアタッカーとしてそれぞれ登場。
ステラ搭乗機は2017年2月のイベント「素直になれないビタースイート」のリニューアル版にて実装。感応共鳴および自分以外の味方への命中・回避バフアビリティ「ファントムペインの統率」を生かして味方をサポートしつつ、横一列を攻撃する貫通効果付き必殺スキル「高エネルギービームライフル(連射)」で敵を間引いていく典型的なリアル系シューター。ただし自機への強力な攻撃力バフアビリティ「エクステンデッド」はHP4/5を切るだけで解除されてしまうため、他のシューター以上に被弾を避ける必要がある。
バルトフェルド搭乗機は2020年5月のイベント「夢見た楽園は遠く」の報酬ユニットで登場。原作でMSパイロットと戦艦の艦長を兼任していた再現か、戦場に出ている時限定のバフアビリティ「傷への誓い」と戦艦搭載中限定のバフアビリティ「砂漠の虎」を持つ変則的なアビリティ構成。
アリーナでの性能は以下の通り。
  • ステラ機…敵を撃破するごとに自身にバフ効果がかかる、所謂「キルアップ」系アビリティ「セカンドステージ」により、敵を倒せば倒すほど強くなっていく攻撃的なシューター。EXアビリティ「状態異常特効Lv.3」と必殺スキル「高エネルギービームライフル(連射)」のスロウ付与効果が噛み合っており爆発力は高いのだが、バリア・分身・特殊装甲を一切破れないためそれだけで無力化してしまう欠点も。後にPアビリティの追加でバリアは貫けるようになった。
  • バルトフェルド機…2という低いVコストに、Mサイズの機体限定の強力なバフ効果「砂漠の虎」、Pアビリティ「コアホルダー」に精神気迫激励+、とどめにEXアビリティ「リフレッシュオール」と、「高コストユニットやXΩスキル持ちをサポートしてください」と言わんばかりの構成。特殊回避所持時限定バフ「傷への誓い」およびPアビリティ「行動アップ」「マークスマン」「機動戦術」により行動力が高く、相手に先手を許して何もできずに死ぬ、という事態になりにくいのも強み。反面攻撃面は低コストユニットらしく控えめで、特に必殺スキルの一つ「ヴァジュラビームサーベル(コンボ)」は近年のユニットには珍しく特殊装甲やタフネスどころかバリア・分身・防御さえ貫通できないと、威力と軽減無効を除いてはかなり低性能。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

武装[編集 | ソースを編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
頭部に2門内蔵された機関砲。MA形態時は頭部が格納されるため、使用不可。
MMI-GAU1717 12.5mmCIWS
MA形態時の頭部に4門装備されている機関砲。近接防御や装甲車などへの攻撃に使われる。
MA-81R ビーム突撃砲
背部に2門装備されたビーム砲。MS、MA両形態で使用可能。カオスの機動兵装ポッドに装備されているビーム砲と同型。
MR-Q17X グリフォン2ビームブレイド
背部の姿勢制御ウイング前面に展開されるビームブレイド。バクゥのビームサーベルと同様、すれ違いざまに敵機を切り裂く事を目的としている。Kではエクスカリバーと同性能ながらコンボ武器。
MA-M941 ヴァジュラビームサーベル
両腰部にマウントされる武装。これもインパルスなどの物と変わらない。MA形態時は使用不可。
『X-Ω』ではアタッカータイプの通常攻撃に採用。
MA-BAR71XE 高エネルギービームライフル
中距離射撃用のビームライフル。スペック上はインパルスなどの物と変わらないが、外装や照準センサーは地上戦用に特化している。MA形態時は右肩に装着され、固定兵装として使う。
『X-Ω』ではシュータータイプの通常攻撃に採用。
MMI-RS1 機動防盾
アンチビームコーティングが施されたシールド。MA形態時は腹部に装着され、下方からの攻撃を防御する。

オプション装備[編集 | ソースを編集]

57mm高エネルギービームライフル
専用のビームライフルが破損したためストライクルージュから借り受けた装備。互換性はあったようで問題なく使用していた。

必殺スキル[編集 | ソースを編集]

高エネルギービームライフル(連射)
『X-Ω』シュータータイプでの必殺スキル。
ヴァジュラビームサーベル(切り抜け)
『X-Ω』アタッカータイプでの必殺スキル。前方へ突撃して切り抜ける。
ヴァジュラビームサーベル(コンボ)
『X-Ω』アタッカータイプでの必殺スキル。ビームサーベルで二連撃を行う。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
VPS装甲
変形
MA形態に変形する。K、Lでは武装・適応の面でMAの方がMSよりも性能が高い。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

機体ボーナス[編集 | ソースを編集]

無改造:特殊回避+15% 運動性+5 地形適応:陸A
ハーフ改造:特殊回避+25% 運動性+15 地形適応:陸A
フル改造:特殊回避+35% 運動性+25 地形適応:陸S
通常カラー。
無改造:CT補正+10 装甲値+100 地形適応:陸A
ハーフ改造:CT補正+20 装甲値+150 地形適応:陸A
フル改造:CT補正+30 装甲値+200 地形適応:陸S
バルトフェルドカラー。

関連機体[編集 | ソースを編集]

インパルス
セイバー
カオス
アビス
バクゥ
4足歩行MSの大本となった機体。
ワイルドダガー(SRW未登場)
地球連合が開発したガイアの量産用試作実験機。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 名前の由来はギリシア神話の大地母神「ガイア」。
  • クライン派が奪取した時の手口は明らかにされておらず、Gジェネポータブルでは『ある方法』としか書かれていない。

商品情報[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]