ストライクノワールガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストライクノワール
外国語表記 Strike Noir
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 GAT-X105E
全高 17.72 m
重量 90.51 t
動力 バッテリー
装甲 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発 アクタイオン・インダストリー社
所属組織 地球連合軍
所属部隊 ファントムペイン
パイロット スウェン・カル・バヤン
テンプレートを表示
スペック
(ノワールストライカー)
分類 ストライカーパック
型式番号 AQM/E-X09S
テンプレートを表示

ストライクノワールガンダムは『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』の登場メカ

概要[編集]

アクタイオン・インダストリー社などが開発した地球連合軍の試作型モビルスーツ。ストライクE(後述)にノワールストライカーを装着した状態である(他のストライカーパック、例えばI.W.S.P.を装着した場合は「ストライクE I.W.S.P.」と呼称する)。

ノワールストライカーはストライクE専用に開発されたストライカーパックで、I.W.S.P.の発展型である。これ自体がVPS装甲製で、実弾に対する防御力が高いが、生産性が極めて低い故に完全に組み上げられたノワールストライカーはきわめて少数で、生産された個数そのものも二桁に満たない(当初はこの機体で使用されている1つのみという設定だったが、マスターグレードでのキット化の際に少量生産されたと設定が変更されている)。なお、通常装甲を採用した仕様もあった模様。同時期にアクタイオンで生産されたプロトアストレイにノワールストライカーを装着した機体も確認されている。「ノワール(Noir)」はフランス語で「黒」の意。

GAT-X105E ストライクE[編集]

ストライクを実戦データに基づき強化改修した機体。「E」は「強化型」を意味する(Enhanced、エンハンスド)の頭文字。元になったストライクは『SEED』の大戦後、地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」が複数企業の技術協力の下推進したエースパイロット用カスタマイズMS開発計画「アクタイオン・プロジェクト」に基づき再生産された機体。

見た目の違いは機体色と肩のスラスター、頭部デザイン程度だが、VPS装甲になったほか、中身はブラッシュアップを繰り返され総合性能は格段に向上している。肩のスラスター増設により従来のストライカーパックがそのまま使えないのでアナザータイプが開発された。

ストライクE単体及び他の装備ではSRW未登場。

外伝『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』ではルカス・オドネル専用の機体も確認されている。

劇中での様相[編集]

ファントムペインのホアキン隊によって運用され、多数のザフトMSを撃墜したが、トロヤステーションでのスターゲイザーガンダムとの戦闘で損傷した上、スターゲイザーもろとも太陽方面へ飛ばされて大破。地球圏に帰還するスターゲイザーに残りのエネルギー全てを与えた後、放棄された。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
ガイアガンダムフォースインパルスガンダムを足して2で割ったような性能。
スウェン専用機。最初は敵機として登場するが、後でスウェンと共に自軍に配備される。性能としては綺麗に纏まっているが、いかんせん搭乗パイロットのスウェンがナチュラルなので未改造だとすぐさま息切れを起こす。しかも乗り換え出来ない(この為、キラをかつての愛機の強化型に乗せるといった遊びもできない。キラ自身が乗り換えできないというのもあるが)ためパイロットの足を引っ張ってしまっている。火力自体はスターゲイザーとどっこい。ストライクフリーダム∞ジャスティスデスティニーの主役ガンダム3羽烏とアカツキに最大攻撃力と最大地形適応が大きく引き離されているのも泣ける。バリア無効コンボ武器のフラガラッハ3は燃費がよく、単体で見れば優秀なのは間違いないので、使うならスウェンのコンボを養成し雑魚散らしを任せたい。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体武装[編集]

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
頭部に2門装備された近接防御機関砲。ダガーLなどに装備されている物と同型。敵機への威嚇や牽制、ミサイル迎撃などに使われる。
EQS1358 アンカーランチャー
掌と足裏に内蔵されたワイヤーアンカー。ワイヤーは特殊高分子物質製で、モビルスーツを振り回しても千切れる事はない。
M8F-SB1 ビームライフルショーティー
アーマーシュナイダーの代わりに腰部に2挺装備された武装。通常のビームライフルより威力は低いが、接近戦での取り回しと連射性は良好。

ノワールストライカー[編集]

MAU-M3E4 2連装リニアガン
ノワールストライカーのウイング内側に装備された実弾兵装。エグザスに装備されていた物の発展型で、威力や連射性、省電力化を重視した改良が施されている。射程も長く、遠距離戦も可能。
MR-Q10 フラガラッハ3ビームブレイド
ノワールストライカーのウイング外側にマウントされた対艦刀。ビームエッジを内蔵しており、PS装甲にも対応可能。
性能的にはグリフォン2アロンダイトのいいとこ取りで、破格の低燃費であるためお世話になる。
EQS1358 アンカーランチャー
ノワールストライカーの中央部に内蔵。本体のものと同じ物。

オプション装備[編集]

57mm高エネルギービームライフル
ストライクの物と同型。劇中では確認されていないが、時折装備する事があったらしい。
57mm高エネルギービームライフル
こちらはデュエルの物と同型。信頼性が高く、愛用するパイロットは少なくない。劇中では2丁装備して出撃していた。
175mmグレネードランチャー
ビームライフルの銃身下部に装備されている武装。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
VPS装甲

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「STARGAZER~星の扉」

関連機体[編集]

ストライクI.W.S.P.
原型機とも言える機体。ノワールストライカー完成前は、実際にI.W.S.P.を装着しての試験運用が行われていた。
『Δ ASTRAY』では実戦において使用する場面もあった。
ブルデュエル
同計画で開発されたデュエルの強化発展型。
ヴェルデバスター
同計画で開発されたバスターの強化発展型。
ネロブリッツ
同計画で開発されたブリッツの強化発展型。
ロッソイージス
同計画で開発されたイージスの強化発展型。
アストレイノワール
『DESTINY ASTRY B』に登場するMS(SRW未登場)。とある事情からアクタイオンでストライクノワールと同時期に再生産されたプロトアストレイの同型機に、ノワールストライカーを装備した機体である(この為背面のオプション用プラグを連合のストライカー規格用に変更されている)。ビームライフルショーティーには日本刀の刀身が取り付けられたソードピストルへと改装されており、通常の日本刀と同様の感覚で使用でき、ストライクノワール以上の近接戦に特化した機体となっている。なおノワールストライカーはVPS装甲でアストレイの装甲はオリジナル同様の発泡金属であるが、パイロットであるダンテ・ゴルディジャーニのイメージカラーが黒であるため、機体が黒く塗装されておりストライクノワール同様にノワールの名を冠している。
アストレイノワールD
『DESTINY ASTRY B』に登場するMS(SRW未登場)。上述のノワールの改修機でノワールストライカーの代わりにデスティニーRシルエットを装備した機体。
Dはダンテのイニシャルであるが、パイロットのエルザによって肩のパーソナルマークの上に自らのイニシャルである「E」の文字を書かれており二人の機体であることを示している。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]