ストライクガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ストライク
外国語表記 Strike
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 片桐潔(原案)
大河原邦男(アニメ用デザイン)
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 GAT-X105
全高 17.72 m
重量 64.8 t
装甲 フェイズシフト装甲
開発 モルゲンレーテ社
所属 地球連合軍、三隻同盟
パイロット キラ・ヤマトムウ・ラ・フラガ
テンプレートを表示

ストライクガンダムは『機動戦士ガンダムSEED』の登場メカであり、同作の前半の主役メカ。

概要[編集]

地球連合軍が開発した5機の新型モビルスーツのうちの1機。機体色はトリコロールから黄色を廃したもの。

機体概要[編集]

5機の中では最後に造られた機体で、装備換装システム「ストライカーパックシステム」を搭載しており、汎用性が高い。

本機は後に連合だけでなく、ザフトMS開発にも多大な影響を与えている。ザフトでは明らかに本機を意識したMSであるインパルスを開発した。

また、フリーダムジャスティスも本機のコンセプトを継いだ部分もあるとされる。

劇中での活躍[編集]

5機のG兵器の中で唯一強奪を免れた機体であり、マリュー・ラミアスキラ・ヤマトが搭乗。

当初はマリューが操縦していたが、パイロットですらない彼女ではMSの操縦など出来る訳もなく、さらに当初はOSが未完成だったため歩くことすらもままならなかった。工業カレッジの学生であったキラが強引に操縦を代わり瞬時にOSを書き換えた事で驚異的な性能を発揮、ミゲル・アイマンの駆るジンを撃破した。だが、書き換えられたOSはナチュラルのパイロットでは到底扱える物ではなく、なし崩し的にキラは本機のパイロットとして戦う事となった。

それ以後、ジンはもちろん敵に強奪された4機のGとも対等以上に渡り合い、ミゲルを皮切りに、アンドリュー・バルトフェルドマルコ・モラシム、そして奪われたGの1機であるブリッツに乗るニコル・アマルフィなど、エースパイロットを次々と撃破するという高い戦果をあげている。が、ニコルの死に激昂したアスラン・ザラの駆るイージスと戦闘になり、自爆攻撃に巻き込まれて大破する。

その後、本機はオーブ軍に回収され、ナチュラル用OSを搭載した上で修復され、地球軍を離反したアークエンジェルがオーブに寄港した際に引き渡された。その後はムウ・ラ・フラガがパイロットとなる。

オーブ開放作戦において、ストライクダガーカラミティを相手に初心者と思えない戦いぶりを見せ、オーブが陥落した後も核ミサイルの撃破などの高い戦果を挙げる。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にてラウ・ル・クルーゼプロヴィデンスと交戦、善戦するが中破する。最後はアークエンジェルに向けて放たれたドミニオンのローエングリンを身を挺して防ぎ、機体は爆散・消滅した。

後に『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』において、キラがストライクルージュで宇宙に上がる際、機体OSの設定をストライクと同じにしたため、1回だけこの元祖カラーのストライクルージュが登場している(PS装甲と無関係の目と盾はルージュのまま)。

ストライカーパックシステム[編集]

高機動戦闘や対艦攻撃などの特定のコンセプトに沿った装備を持ったバックパックを換装する事で、様々な用途・状況に対応するシステム。バッテリーも内蔵されており、MSの稼働時間の延長にも一役買っている。

また、スカイグラスパーやコスモグラスパー(SRW未登場)といったMS支援用の戦闘機にも装備可能で、MSとの連携によって空中で装備を換装する事もできる。

アークエンジェルに唯一残ったGであるストライクはこのシステムで有効に活用され、高い戦果を出した。

エールストライカー
高機動戦闘用パック。宇宙での機動性の向上や大気圏内での高々度ジャンプを可能とし、汎用性が高い。
ソードストライカー
近接格闘戦用パック。対艦刀を装備し、対MS戦闘でもよく用いられる。
ランチャーストライカー
遠距離砲撃戦パック。火器を多数装備し、対艦攻撃や火力支援に力を発揮する。
マルチプルアサルトストライカー
HDリマスター版でのみ登場。エール・ソード・ランチャーの各武装を同時に装備できるようにしたパックであり、所謂「全部のせ」形態である。
I.W.S.P.
名称は統合兵装ストライカーパック(Integrated Weapons Striker Pack)の略。エール、ソード、ランチャー全ての長所を併せ持つ装備。強力だが、消費電力の増加などの問題点も多い。
ライトニングストライカー
ストライクの稼働時間の延長と友軍機へのパワー補給、超長距離狙撃任務を目的として開発されたパック。
ガンバレルストライカー
簡単に言うと、メビウス・ゼロのストライカーパック版。ムウのような高度な空間認識能力を持つ人間にしか扱えない。スパロボではストライクに装備する事はできないが、ガンバレルを装備した105ダガーが登場している。

この他にも、様々なストライカーパックが存在する。

登場作品と操縦者[編集]

スパロボではPS装甲換装システムを持つ多機能なガンダム。装甲自体はMSのそれではあるが、PS装甲があるので、やや硬い印象がある。また、エステバリス同様に戦場での換装変更が可能だが、こちらは艦内や射出だけでなくスカイグラスパーからストライカーパックを受け取ることができるため、使い方次第ではさらに便利。但し第3次αではイベント以外は換装不可能なので注意。ストライカーパックは隠しも含めて4種類(Wでは5種類)あるが、原作で多用されたエールは火力に欠けるため、多少無理してでもソードやランチャーを使う方がダメージの通りは良い。

主役機であり、なおかつ同時期に制作されたバスター、デュエル、ブリッツ、イージスなど原作では基本スペックは他4機と同等のはずなのだがスパロボではどうも本機と前述の4機と比べるとスペックに開きがある印象が強い(特に高火力・長距離のバスターと比較するとなおさらである)。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
最初はキラのみ搭乗可能のユニット。後半で他のキャラも乗り換え可能になる。I.W.S.P.はルージュ専用であり装着できない。キラ搭乗時のストライクの改造は他の機体へと引き継がれるのだが、ストライクルージュフリーダムジャスティスバスター、条件を満たせば味方に入るデュエル、これに復帰後のストライクを含めて6機の初期改造状態となる。つまり、ストライク1機を改造するだけで5機分の改造費が節約できると言う事であり、そのために本機の改造はお得なのだ。ムウメビウス・ゼロに乗せた方が使いやすいので、M1アストレイ3人娘の誰かを乗せるといい。
なお、リアル系男ルートでは主人公であるクォヴレーが正規パイロットになるはずであったが、その前にキラがOSを書き換えてしまい、結局乗る事はなかった。
「砂塵の果て」でのイベントでPSダウン状態が見られるが、実は未使用データが存在し、メディアワークスの攻略本に掲載されている。ステータスが大幅ダウンしており、EN130→20、運動性115→80、装甲1200→600、イーゲルシュテルン・アーマーシュナイダー攻撃力-500、ビームライフル攻撃力-800、移動力6→4、といった具合に全く使えない機体になっている。本機のPSダウン=電力が足りない状態なので、各種ステータスダウンや電力に直結するビームライフルの攻撃力が落ちるのはまあわかるとして、本体の電力とは全く関係ないアーマーシュナイダーまで落ちるのはどういう事なのか…

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
最初はキラのみ搭乗可能、後半はSEED系MSパイロットなら誰でも搭乗可能。Jでは普通にI.W.S.P.を使うことができる。運動性が100とリアル系の領域とは思えないぐらい落ちている。後半でのデフォルトパイロットはムウだが、他作品と異なり、本作では終盤、ムウがイベントで死亡するため注意。イベントは原作準拠のため、どう考えても爆散しているはずなのだが特に説明なく機体だけ戻ってくる。改造してあれば最後まで充分使える機体(乗せる人に困るが…最終的にはイザーク辺りか?)。I.W.S.P.が来るまではソードが使いやすい。ランチャーも長射程なので使い出はあるが、エールは小隊制ではなくなった関係でビームライフル連射がなく、射程も攻撃力も素のストライクに劣る状態で、実質空を飛べるくらいしか長所がない(一応、中盤にカガリ専用の「アストレイ・フォーメーション」が追加はされる)。ちなみに、実はパック無しのストライクの水中適応はAだったりするが、移動適応はないため活かしにくい。
ちなみに初起動時はマリューがサブだが、このときにマリューの精神をかけておくとマリューがアークエンジェルに乗り換えた後も効果が残るので上手く活用しよう。ただし、その場合アークエンジェル乗り換え後マリューのSPは回復しない
スーパーロボット大戦W
Jと同じような仕様だが、正式にSEEDの面々が仲間になった時には、キラは既にフリーダムに乗っているため、Jに比べると使われない事が多いだろう。それでも、ムウがこれに乗って強制出撃する事もあるので注意。1周目でもXアストレイがあるので立場が危ういが、2周目以降はガンバレルダガーも手に入るので、余計にムウの愛機という立場が危うくなる。
一応、第一部でのムウの撃墜数次第でライトニングストライカーが、カガリのスポット参戦時の撃墜数次第でI.W.S.P.が手に入る。ライトニングになると補給装置が付く。素のストライク自体はまず使われないだろうが、何気に他のストライカーパックで落とされると、この形態で復活する。なお、ミーティア入手の際にフリーダムとジャスティスに(I.W.S.P.の条件も満たしているならストライクルージュにも)改造引継ぎが発生するので、バスターやブリッツを使わないならこちらを改造するのも手。
ちなみに、エールは射程が1延びただけで相変わらずの仕様だが、(全形態共通ではあるものの)カガリだけでなくムウでも「アストレイ・フォーメーション」が使えるようになった。また、ランチャーは移動力が1下がっている。また今回もパックなしでは水中適応Aだが、水中で戦う機会が最初に自由に使えるようになる42話(しかもその範囲もかなり狭い)しかないため、活用する機会は無い。
スーパーロボット大戦K / スーパーロボット大戦L
常時エールストライクとして登場。詳細はエールストライクガンダムの項を参照。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
SRのアタッカー。キラ搭乗はエールストライクのみで、本機はムウ搭乗のみ。
スーパーロボット大戦DD
エールストライクが登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門装備された近接防御機関砲。敵機への威嚇や牽制、ミサイル迎撃などに使われる。
コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
両腰部に格納された折りたたみ式のナイフ。内蔵された電源と超振動モーターによって高周波振動させた刀身でPS装甲以外のほとんどの物体を切断できる。キラがSEEDを発現させると多用しているイメージが強い。必殺の攻撃力があるとは言いがたいにも拘らず、ミゲル・アイマンバルトフェルドといった、名だたるパイロットを撃破した武器でもある。
57mm高エネルギービームライフル
携行式のビーム砲。ローラシア級の外装を一撃で貫通するほどの威力がある。ただし、機体のジェネレーターからエネルギーを供給する方式の為、使用した回数に応じて機体の稼働時間に制約を受ける。
対ビームシールド
対ビームコーティング処理が施された実体型シールド。デュエル等と同規格の大型タイプで、有効防御面が広い。

オプション装備[編集]

バズーカ
第8艦隊からの補給時に渡された対MS用の武装。デュエルが装備する予定だったタイプとは別の物。弾倉を4つまで装着可能。水中戦を挑む際に装備されたが、大した成果はなかった。
XM404 グランドスラム
プラモデル「1/60PG ストライクガンダム」に付属しているオリジナル武装。I.S.P.W.の「9.1メートル対艦刀」同様、実体剣型のシュベルトゲベール。最初は設定が起こされていたが、後に非公式装備として扱われる事になった。映像作品「ガンダムイボルブ」にて、ストライクが使用している。

召喚攻撃[編集]

アストレイ・フォーメーション
Wでのムウかカガリのどちらか搭乗時のみのパターンアタック。どの形態でも使用可能。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
PS装甲
換装
ストライカーパックを換装する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「Invoke」
前期主題歌。第3次αにて採用。
「GUNDAM出撃」
次回予告でもお馴染みのイベント曲。J以降は全てこれがデフォルト。

対決・名場面[編集]

OS書き換え
原作2話「その名はガンダム」より。キラはアスランとの邂逅を果たした後、ストライクにマリューと乗り込んでしまい交戦に巻き込まれる最中OSの不出来を看破してその場でOSを書き換えてあっという間にストライクの運動性能を驚異的なレベルに引き上げた。歴代ガンダムシリーズでもMSのOSの設定がされていた前例はこれまで存在せず、21世紀のガンダムシリーズであるガンダムSEEDにおけるMSの設定を強く印象付ける描写であった。
フリーダム
原作37話「神のいかずち」より。オーブ軍に回収され、OSもナチュラル仕様に書き換えられて修理の完了したストライクにムウは「自分が乗る」と言い出す。早速、キラと模擬戦を始めるのだが、「いきなり僕とやるのは早過ぎる」と軽口を叩くキラに「生意気言うんじゃないよ!」と返した。ここで遂に夢の新旧主人公機対決シーン(1カットのみだが…)が描かれる事となった。

主な関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

ストライクルージュ
カガリ専用の同型機。新技術の実験台にもなっている。
ストライクE
強化改修機。ユニットとしてはSRW未登場。

関連機[編集]

ストライクダガー
量産型。簡易量産ゆえにストライカーパック装備機能がオミットされている。
105ダガーダガーL
ストライカーパック装備機能を導入したダガーシリーズ。
ウィンダム
ダガーシリーズの後継機。性能はストライクと同等まで向上した。
スカイグラスパー
ストライクの支援用として開発された戦闘機。ストライカーパックも装備可能で、戦場での譲渡も可能。
デュエルバスターブリッツイージス
同時期に地球連合軍に開発された兄弟機。
インパルス
ザフト版ストライクといった趣の機体。
アカツキ
秘匿されていたもう一つの兄弟機。基本設計はストライクと同じであり、各部に共通点が見受けられる。特に背部ジョイント及び専用バックユニットはストライカーパックと同様の規格であるが、互換性の有無は明確にされていない。

玩具作品での関連機[編集]

ビルドストライクガンダム
イオリ・セイがストライクをベースに改造したガンプラ。
ベアッガイIII
コウサカ・チナが制作したアッガイが原型の改造ガンプラ。
実は、当機が装備するリボンストライカーは、ストライクのストライカーパックと同一規格である。
そのため、ストライクのガンプラにも流用可能で、装備させるとものすごく女の子らしいストライクが誕生したりする…

余談[編集]

  • イージス自爆時にキラが生存した最大の理由がセーフティーシャッター1枚だったことで、「装甲全部をセーフティーシャッターにすればいい」などの揶揄が飛び交った。
  • Gジェネシリーズの1作『Gジェネレーションアドバンス』ではフリーダムは何とクルーゼ専用機として開発される(後に回収され、キラが搭乗するのだが)ため、キラのストライクvsクルーゼのフリーダムという形で新旧主人公機対決が実現している。その後、ムウがクルーゼと決着をつけるためにストライクに乗り込み、クルーゼのフリーダムと交戦する事に。ちなみにこの時、キラはストライクの代わりにリ・ガズィに乗っている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]