カラミティガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
カラミティ
外国語表記 Calamity
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 GAT-X131
全高 18.26 m
重量 81.48 t
装甲 トランスフェイズ装甲
開発 アズラエル財団傘下の国防連合企業体(デトロイト
所属 地球連合軍
パイロット オルガ・サブナック
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連合軍が開発したモビルスーツ新型Gの1機。「Calamity」とは「災い、災禍」を意味する。

全身に多数の火器を持ち、長距離からの圧倒的な火力支援が目的で造られている。

トランスフェイズ装甲を採用し、省電力化したエネルギーリソースのほとんどを火器の充実に回したことで、バスター以上の火力が実現できた。しかし、バスター同様に格闘用の兵装は装備していないので、接近戦が弱点[1]

また、接近戦を挑まず、後方から戦局を見渡す事が出来る機体特性から、指揮官機としての機能も備える。もっとも、オルガ・サブナック達のチームはチームワークが希薄だった為、指揮官機として充分な働きをしたとは言い難い。

大気圏内での飛行は不能だが、水上ホバー移動する事が可能。しかも新型Gの中では重量が一番軽く、レイダーの背部に乗って出撃する事も多かった。ただし、レイダーを駆るクロト・ブエルは鬱陶しがっていた。

オルガが搭乗する試作機は完全な砲戦仕様となっているが、フレーム自体は最もスタンダートな100フレームである。そのせいか、比較的簡易な改修で様々な装備にできるようである。

劇中での活躍[編集]

オーブ解放作戦で初めて実戦投入され、ボアズ攻略戦や第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦でも圧倒的な火力で多数の敵機を葬った。

最終的にはミーティア装備のジャスティスのビームソードによって撃破されている[2]

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場作品。射程に穴が無く、気力制限無しに撃ってくる全体攻撃「スキュラ」が厄介。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
長射程と高火力の武装を持ち、トランスフェイズ装甲もあるため、防御力も高い。
また、マップ兵器版の「スキュラ」を頻繁に撃ってくる傾向があるので、ドミニオンのマップ兵器と続けて撃たれると厄介。ただし、ホバーが無いので地上マップでは他の二機より遅れてくるほか、水中に誘導すれば射程に穴ができ、反撃不可の状態にすることも可能。
スーパーロボット大戦W
ホバーが追加された以外は、『J』の時と同じ仕様。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
胸部に内蔵されたビーム砲。イージスの物と同一。
125mm 2連装高エネルギー長射程ビーム砲「シュラーク」
背部に2門装備されたビーム砲。出力は元より連射性にも優れる。なお、エネルギー供給はバックパック内の大容量ジェネレーターから行われる。
337mmプラズマサボット・バズーカ砲「トーデスブロック」
本機の携行武装。プラズマ化した弾丸を撃ち出すため、通常のバズーカ以上の破壊力がある。
シールド
本機専用の装備。ザフトローラシア級の装甲部材が参考にされ、高い対弾性がある。対ビームコーティング処理も施されていると思われるが、それを言及する資料は無いため、不明[3]
また、シールドの先端は接近戦時の打突武器として使用される。実は、HDリマスター版でシーンが追加されるまで、原作で一度も盾として使われた事が無かった
115mm 2連装衝角砲「ケーファー・ツヴァイ」
シールドに直付けされたビーム砲。主に中近距離で使用される。

特殊能力[編集]

盾装備、銃装備
シールド防御撃ち落としを発動。
TP装甲

移動タイプ[編集]

ホバー

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ソードカラミティ
近接戦闘を重視した換装機ないし改修機。
ブラウカラミティ
『DESTINY ASTRY R』に登場するMS(SRW未登場)。「アクタイオン・プロジェクト」に基づいて完成したMSで、ベースとなるカラミティの2倍の武装というコンセプトで開発されており、実際にカラミティの各武装を2体分装備している。
改修によって自重も増加している為、スラスターを増加する事で機動力の低下を抑えている。本来、「アクタイオン・プロジェクト」にはカラミティを始めとする後期GAT-Xシリーズは計画に入っていなかったが、技術者であるヴァリレオ・ヴァレリがとある個人的な事情で事実上計画を私物化して製造している。
ちなみにこの機体は『DESTINY ASTRY R』を連載している『ホビージャパン』のライターであるセイラマスオ氏の作例がそのまま機体デザインとなっており、武装2倍という設定もその作例から取られている。
バスター
前身となった機体。
フォビドゥンレイダー
同時期に開発された兄弟機。

余談[編集]

  • カラミティガンダムは、パイロットであるオルガ・サブナックを演じた涼平(現・小田井涼平)氏が特撮番組『仮面ライダー龍騎』にて仮面ライダーゾルダの変身者・北岡秀一を演じていたので、ガンダムゾルダネタにされる事がある
    • ちなみに、仮面ライダーゾルダも「砲撃戦が得意」「スーツの色が緑」「頭部にV字アンテナが有る」等、カラミティガンダムと似通った点が多い。

脚注[編集]

  1. 一応、盾や近距離での運用にも使用可能な短砲身のビーム砲を装備する等、バスターと比較して対応可能になっている。
  2. ちなみに、ミーティア装備のフリーダムとジャスティスの合体攻撃「コンビネーション・ソード」は、この時の攻撃が元ネタである。
  3. HDリマスター版ではパーフェクトストライクシュベルトゲベール受け止めるシーンが追加されている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]