ミーティア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ミーティア
外国語表記 M.E.T.E.O.R
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 MS用補助兵装
生産形態 少数生産機
全長 99.46 m
全幅 60.12 m(MS連結時)
重量 552.42 t
動力 バッテリー
開発 ザフト
所属 ザフト三隻同盟
テンプレートを表示

ミーティアは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

ここではフリーダムガンダムジャスティスガンダム等と合体した形態についても説明する。

概要[編集]

ザフトが開発した核エンジン搭載型モビルスーツ用の巨大補助兵装。名前の「ミーティア(M.E.T.E.O.R)」は「モビルスーツ埋め込み式戦術強襲機(Mobile suit Embedded Tactical EnfORcer)」の略称。

通常時はエターナルの艦首の砲台としているが、フリーダムジャスティス合体する自走砲台としても活用される。といっても、初期のミーティアにはドッキングを成功させるだけのエネルギーしか入っていない。モビルスーツの機能をそのまま肥大化させたかのような武装・性能を有し、火力と推力が増加するほか、運用する両機体による「マルチロックオンシステム」によりその攻撃性能を引き上げることもできる。

ストライクフリーダムインフィニットジャスティスとの連携も引き続き可能。

複数が製造され、ザフト製の名だたるワンオフ機が接続できる。核エンジン搭載機であれば、プロヴィデンスデスティニーにも使用可能(バッグパックは取り外す必要はある)で、『ASTRAYシリーズ』でも別のミーティアが登場した。その膨大な性能を使いこなすには接続機の核エンジンからの出力供給が必要だったが、自前で核エンジンを持ちバッテリー機でも使用可能なマイナーチェンジを施されたナンバーもある。

当初のコンセプトであった現行MSへの強化用タイプとして「ミーティア改」(正式名称「ヴェルヌ35A/MPFM 多目的飛行モジュール」)と呼ばれるNジャマーキャンセラー及び核エンジン搭載型も存在する。こちらはウェポンアームが換装可能になっており、ジョイント部が世界的な共通規格として統一され、モビルスーツだけでなくシャトルや軍用機といった様々なものとドッキングが可能になっている。

「ミーティア」とは英語で「流星」の意味である。また「メテオ」も読みが違うだけで綴りは同じである。

各ナンバーの動向[編集]

ナンバー01
フリーダム用。第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にて投入され、その火力を活かして無数の核ミサイルを撃墜している。他にも、多数のモビルスーツの武装やメインカメラを破壊し、戦闘不能にしていた。その後プロヴィデンスガンダムとの戦闘で大破。
ちなみにヤキン前の慣熟訓練(動作テスト)の際、ミーティアのビームソードをフル出力にしたところ、ビームソードが3kmも伸びてしまい、近くの廃棄コロニーを壊してしまうという事故が発生している。これのせいで流石の核エンジンとはいえ、レッドゾーンまで出力が落ちている。
ナンバー02
ジャスティス用。活躍ぶりはナンバー01と大して変わらない。ジェネシス突入時に捨て置かれるが、その後は不明。
ナンバー05
叢雲劾アストレイブルーフレームに使用。核動力搭載型。
ナンバー06
イライジャ・キールが専用ザクファントムに使用。核動力搭載型。
ナンバー07、08
それぞれストライクフリーダム用とインフィニットジャスティス用。メサイア攻防戦にて投入され、レクイエムの中継ステーションであるステーション・ワンを破壊している。また、デスティニーレジェンドと交戦した際はパージされている。これは前大戦のフリーダム対プロヴィデンスで、対MS戦においてミーティアはデッドウェイトにしかならないと判断された為である。
ナンバー07(ストライクフリーダム用)の方は、メサイアへの直接攻撃の際に再度ドッキングして陽電子リフレクターの発生装置を破壊し、要塞内部にも攻撃している。ちなみに、同じくストライクフリーダム用は『ガンダムVS.ガンダムシリーズ』でボスとして立ちはだかったことがある。

登場作品と操縦者[編集]

『第3次α』、『J』、『W』では換装パーツ扱い。装着するとサイズがLになり分離可能。『Z』以降ではユニットとしてではなく、エターナルとの合体攻撃扱いになっている。ちなみに換装パーツ扱いのときは『SEED』、合体攻撃扱いのときは『SEED DESTINY』名義での参戦だが、これと武器仕様の関係は不明。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場作品。初登場シナリオでは、戦闘中にぶっつけ本番で換装を行うというイベントがある。本作ではサイズ差補正で火力が補強されるが、代わりに回避率が落ちたり合体攻撃が無いので最大火力では劣る。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ZZSPD
エターナルとの合体攻撃「ミーティアサーベル」と「ミーティアフルバースト」として採用。エターナル、Sフリーダム、∞ジャスティスのENを改造しないとすぐにガス欠になる上、HPの高いエターナルが敵から狙われるので運用には要注意。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
前編『破界篇』では自軍にエターナルが不在だったせいで非採用だったが、今回は合流して使用可能となった。
なお、続編である『第3次スーパーロボット大戦Z』では『時獄篇』『天獄篇』のいずれにおいてもエターナルが自軍に参加しないため登場しない。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
「ミーティア・フルバースト」が「全武装一斉発射」という武器名に変更。『第3次α』よりも射程が拡大し、敵味方識別でさらに強力になった。
スーパーロボット大戦W
基本的にJと殆ど同じ仕様。MAP兵器の範囲がとてつもなく広く火力も高いため、位置取りによっては敵を一掃することも可能。本機が参入するころにはラムダ・ドライバ持ちをはじめとした強敵はもう出現しないため、仮想敵となりうるような相手はごく僅かしかいない。ただし、この形態では無消費の武装が無いので、最大の敵はむしろ燃費かも。
スーパーロボット大戦K
スーパーロボット大戦L
前述のとおり、エターナルとの合体攻撃扱い。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
Zシリーズ同様にエターナルとの合体攻撃として「ミーティアサーベル」と「ミーティアフルバースト」として採用されているが、前者はインフィニットジャスティスガンダム、後者はストライクフリーダムガンダムとの合体攻撃になっており逆の組み合わせは採用されていない。
またエターナルがマップ上に存在するだけで従来のように周囲に居なくても使用できるようになっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

フリーダムガンダムジャスティスガンダムの武装はそちらを参照。

武装[編集]

93.7cm高エネルギー収束火線砲
両側面に備えるビーム砲。主に連射力で威力を発揮する。
120cm高エネルギー収束火線砲
アーム部分に装備されている高出力ビーム砲。『SEED』ではピンク色のビームだったのだが『DESTINY』では別の色に変わっている。ビームソードとの混同を避ける為だろうか。
『第3次α』では最強武器であり、戦闘演出が一斉発射になっている。
MA-X200ビームソード
アーム部分から出力される格闘用の武装。戦艦やコロニーすら両断できる。
インフィニットジャスティスはミーティア・フルバーストよりもこちらのほうが攻撃力が高い。
60cmエリナケウス対艦ミサイル発射管
両側面に22連装の物と12連装の物をそれぞれ1基ずつ、後部に3連装の物を3基の計77門を装備。

必殺技[編集]

ミーティア・フルバースト / 全武装一斉発射
マルチロックオンシステムによる一斉射撃。原作ではバンク映像として流用される機会も多かった。
Jでは「全武装一斉発射」と呼称。
Vではなぜかマルチロックオン時の効果音が第2次Z以前のストフリの物になってしまっている。

合体攻撃[編集]

コンビネーション・ソード
フリーダムガンダムジャスティスガンダムのミーティア装備状態での合体攻撃。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
分離
ミーティアを分離し、フリーダムガンダムあるいはジャスティスガンダムに変わる。
換装
フリーダムとジャスティスを、ミーティアの無い状態へ換装する。
PS装甲
フリーダム、ジャスティスへの装備時。尚、ミーティア本体は通常装甲でPS装甲は搭載されていない。
Nジャマーキャンセラー
フリーダム、ジャスティスへの装備時。Wで実装され、ENを最大値の15%分回復させる。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

戦闘BGM[編集]

「Meteor -ミーティア-」
ストライクフリーダムガンダム及びインフィニットジャスティスガンダムのデフォルトBGMとして採用。この曲の名前がそのままメカの名前になった。

関連機体[編集]

エターナル
ジン・ハイマニューバ
ミーティアの推進器はこの機体に装備されているものを基にしている。
リジェネレイトガンダム
ミーティアのユニットモジュール構想を発展させて単独で完結させた機体。
インパルスガンダム
「シルエットシステム」の開発にミーティア開発時に培われたノウハウが活かされている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]