オペレーション・メテオ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

オペレーション・メテオ(Operation Meteor)とは、『新機動戦記ガンダムW』における、地球圏統一連合とOZに対するコロニー側の反攻作戦。

概要[編集]

流星に偽装した5体のガンダム地球に降下させ、OZの施設を襲撃するというもの。しかし、A.C.195に実行されたそれは開発者の博士達やガンダムパイロット達の反発により当初の計画とは大きく異なるものであった。

デキム・バートンが考案した真のオペレーション・メテオはコロニー落としの後に、5体のガンダムを地球に降下させ、地上を制圧するというもの。「人類の覚醒を促すためにコロニーの住人が地球(地球人類)を支配する」という目的を(秘密裏の計画であるが)表向きの大義としていた。しかし、地球人類を支配するであろう存在はコロニー住人の中でも屈指の財力を持つバートン一族でしかなく、事実上バートン財団による地球圏支配の計画にすぎない。

対してガンダム開発の技師達は「OZに対する指導者ヒイロ・ユイ暗殺の報復」という目的を抱いており、そのために数十億の人々を虐殺するという行為を是としておらず、パイロット達もそれぞれの事情で技師達の行動を支持した結果、前述の形でオペレーション・メテオを実行させた。ただし技師達の中で老師Oのみデキムの作戦に反対の立場を取っておらず、張五飛は独自の考えによる実行となった。また、パイロット達の中でカトル・ラバーバ・ウィナーにはH教授の配慮により真のオペレーション・メテオの詳細は知らされておらず、後にトロワ・バートンと呼ばれる事になる少年も本来のパイロットが技師達の行動に反発して殺されたために急遽代わりになった人物である。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ムゲ・ゾルバドス帝国に対するコロニー側の反抗作戦として実行される。原作の5機のガンダムにデビルガンダムを加えた6つの流星が地球に降下した。