2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

フリーダムガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
フリーダム
外国語表記 Freedom
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZGMF-X10A
全高 18.03 m
重量 71.5 t
動力 核動力(ニュートロンジャマーキャンセラー搭載)
装甲 フェイズシフト装甲
開発 ザフト
所属 ザフト⇒オーブ連合首長国、三隻同盟⇒アークエンジェル
パイロット キラ・ヤマト
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍が開発した新型のモビルスーツ

地球連合軍のGAT-Xシリーズと、ザフトのMSのデータが融合した機体。動力炉は核エンジン。本来はNジャマーの影響で核エンジンは稼動できないが、本機はNジャマーの影響を打ち消すNジャマーキャンセラーを搭載しているため、稼動できるようになっている。

表示OSは「G.U.N.D.A.M.COMPLEX(Generation Unsubdued Nuclear Drive/Assault Module Complex)」で“核駆動を使った世代の強襲モジュール複合体”という意味。無限に近い核動力により、稼働中にフェイズシフトダウンを起こす事がなく、実弾攻撃による防御力も向上している。

外見はストライクに酷似しているが、ストライカーパックの換装で能力を変化させるストライクに対し、本機は機動力と射撃に重点を置いている。

背部のウイングを展開したハイマット(High Maneuver Aerial Tactical=High.M.A.T.)モード(高機動空戦モード)と背部と腰部の砲を展開したフルバーストモード、その2つを合わせたハイマットフルバーストモードに変形する。

最新技術を惜しみなく投入した結果、相当なハイスペック機体となっており、後に開発されるセカンドステージシリーズの機体と同等の性能を持ち、パワーに至ってはそれらを凌駕しているとされる。キラによると「ストライクの4倍以上のパワーがある」らしい(これが何を指しているのかは不明。アムロ・レイの台詞「5倍以上のエネルギーゲインがある」のオマージュと思われる)。一部書籍等では、出力は8,826kWと記載されている。

動力は資料によって核分裂炉、核融合炉などと表記されている事もあれば、単に核動力としかかかれていない事もありまちまちだが、SEED世界の背景設定(キャンセルする必要があるニュートロンジャマーが阻害するのは核分裂現象であり、核融合は戦艦の動力炉サイズを除いて実用化に至っていない)を鑑みるに核分裂炉であると思われる。

強化装備形態[編集]

フリーダム (ミーティア)
ミーティアを装着した形態。

劇中での様相[編集]

C.E.71時(SEED)[編集]

ラクスの手引きによって、キラが強奪。その後、ザフトの地球連合軍本部制圧作戦「オペレーション・スピットブレイク」の最中に現れ、両軍の将兵を大量破壊兵器「サイクロプス」から救うべく、奔走した。

その後は軍を離脱したアークエンジェルらと共にオーブ、L4コロニー「メンデル」と転戦し、最終決戦の「第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦」にてクルーゼの駆るプロヴィデンスと戦闘になり、大破しながらもこれを撃墜する。

なお、フリーダム奪取事件の手引きは公式にはクルーゼが行った事になっているとはいえ、そう簡単にザフトから譲渡されるとは考えにくいため、何らかの工作が行われた可能性が高い。恐らくクライン派が裏工作をしたのだろう。当機が強奪されなかったらアスランと同じザフトレッドのイザークが搭乗するプランがあった。

また、メンデルでの戦闘で中破し頭部を失った本機を見たロウに「ジンの頭でも付けるか?」という提案をされた(結局付けられなかったが)。

C.E.73時(DESTINY)[編集]

大戦後、大破した本機は回収・修復され、アスハ家別邸の地下シェルターに隠されていた。

2年後、ラクスを暗殺するための特殊部隊からラクスを守るために、キラが搭乗して戦闘を行う。以後、あちこちの戦場で戦闘するが、ザフトの「エンジェル・ダウン作戦」においてインパルスガンダムによって撃墜され、爆散した。 フリーダムはこれにより完全に大破するものの、キラは軽傷で生還した。この戦闘において、成長したキラの反応速度には本機ですら追い付けなくなっており、ラクスから戦争を終わらせるための新たな剣を託されることとなる。

なお、アニメではフリーダムが撃墜された際に明らかに核爆発級の大爆発が起こっており、またコックピットの真下を対艦刀が貫通しているため、どう考えても軽傷で済むわけが無い。これに関しては後に「撃墜される直前に咄嗟に核エンジンを停止させた為無事だった」と説明されたが、これはバックパックの一部、及びコクピット以外の全ての破損パーツを切り離したため。ザフトのMSはすべて設定で破損したパーツを細かい単位で切り離すことができ、他の場所の破損の誘発を防ぐ機能があるとされており、また、フリーダムの設定にはエネルギー消費が高いバラエーナを安定して使用するためにバックパックに巨大なコンデンサがあったと考えられているため、それらが爆発したと考えられている。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
初登場作品。ストライクガンダムの後継機。全体攻撃武器がP武器である点は非常に強力だが、必要気力が130以上という欠点を持つ。FIRE BOMBERがいれば大きな問題にならないのが救い。ジャスティスガンダムとの合体攻撃が強い。以降の作品と違い、ミーティア装備状態では合体攻撃が無いので注意。ハイマット・フルバーストが最多で4機までしか攻撃できない全体攻撃であるためか、戦闘アニメーションのマルチロックオンのスピードが原作と比較して非常に遅く、さらに4機目をロックオンした時点で画面が切り替わる。なお、原作通りニュートロンジャマーキャンセラーを搭載しているが、実は本作においてNJCをフリーダムに搭載する意義は皆無である(詳しくはニュートロンジャマーキャンセラーの項を参照)。
機体性能はもちろん作中最高クラスだが、パイロットがSEEDが発動するまでは並のオールドパイロットと同等の命中回避なので割と事故って被弾するので運用には注意しよう(フェイズシフト装甲は健在なのでかなりの耐久性はあるが)。携帯機作品と違ってEN回復が無いのでガス欠に注意。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
核融合エンジンばかりのMSの中で、何故か本機だけEN回復(小)を持っている。原作同様インパルスガンダムのエクスカリバーで串刺しにされ大破する。なおビームサーベルでのトドメ演出はDESTINY原作28話のセイバー撃墜シーンが元ネタ。バラエーナとクスィフィアス・レール砲は単体の武装としてはオミットされた。ハイマットフルバーストが気力110で使用可能という大盤振る舞いだが、その分威力は微妙。歴代最弱のフリーダムと言える。なお、ランドルート限定で本機を改造可能で、のちに第43話「運命と自由と」で改造がSフリーダムに引き継がれるので難易度が下がる。なお、ルート次第では一度も味方して運用出来ず敵対したままである。ちなみに、図鑑のテキストでこの機体の動力は「核融合」となっているが、正しくは「核分裂」である。
なお、セツコルート29話と30話で登場する本機は、38話で登場する時よりも何故か獲得資金が高い(後者が5000なのに対し、前者は破格の13000)。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
小隊システムが無いので普通のMSに。本作からミーティアに合体攻撃が実装された。運動性はリアル系でもトップクラスであるがサイズMなので実際はそこまで回避できず、さらに今回は全体的に被弾率が高く、命中率ゼロの相手をCPUが攻撃しない仕様もあり、囮として使うなら注意が必要。結構長く使うストライクガンダムの改造が引き継がれないのが難点。
スーパーロボット大戦W
参加が遅く、アストレイシリーズとは別機体の為にレッドフレームからの引き継ぎが無い。更に一通りの一軍メンバーが揃っているので倉庫入りする事も。しかし、Nジャマーキャンセラーが特殊能力として実装されたので、ポテンシャル的には歴代最強のフリーダムとも言える(NJCそのものはドレッドノートやBFセカンドL・LL等や条件を満たした時はハイペリオンも装備するため、専売特許ではないのだが)。なお、本機を改造すると例の如くSEED系の機体にも改造が引き継がれる。戦闘シーンは前作Jのブラッシュアップという感じだが、ビームサーベルのモーションが最後にアンビデクストラス・ハルバードで突くように変更された。プロヴィデンスにイベント戦闘でトドメを刺すシーンがあるので原作を意識した演出と思われる。
スーパーロボット大戦K
13話から使用可能で、既に全性能が2段階まで改造されている。が、使える期間はベルリンルートで3話、竜宮島ルートにいたっては1話と非常に短い。陸の地形適応がBだったり(この点はストライクフリーダムになっても改善されていない)、Zに引き続きバラエーナとクスィフィアスがオミットされていたり、いつもより射程が短めだったりと、Wの時と比べて弱体化している感は否めないが、それでもキラの能力と相まってかなり強い。なお、改造はストライクフリーダムに引き継がれる上、密かに武器改造費用はフリーダムの方が安い。また、フルバーストの燃費はストライクフリーダムのものと比較出来ないほど良い。歴代最高のダメージ補正を誇るSEEDのおかげで火力もトップクラス。
スーパーロボット大戦L
アークエンジェル隊の所属として登場・・・なのだが、今作ではキラはLOTUSに正式参戦するよりも前にストライクフリーダムに乗り換えてしまうため、史上初めて味方としては絶対に運用出来ないフリーダムである。登場する際は全てNPCか第3軍。今回もバラエーナとクスフィアスはオミットされている。
機体性能はエールストライクルージュと大差なく、キラの能力と火器の強さのお陰でそこそこ強いがそんなに強くないと言った程度。一般兵などの雑魚相手なら集中砲火を浴びない限りはそんなに心配はいらない(全くいらない訳ではない)が、デストロイガンダムイクサー2に突っ込んでいくとすぐに返り討ちにあうので注意。しかもベルリンでのシナリオの時は途中からキラの撃墜が敗北条件になるので冷や汗ものである。
なお原作と違ってシンとキラが対立しないため、エンジェルダウン作戦にてインパルスに撃墜されるという流れにはならない。しかしエンジェルダウン作戦を境に見かけなくなる事、アークエンジェル隊がLOTUSに参加した際にもフリーダム以外の機体は手に入るのにフリーダムだけ見当たらない事、そしてエンジェルダウン作戦のシナリオで横槍を入れてくるイクサー2に勝手に突っ込んでいってやられてしまう事が少なくない事から、『L』ではイクサー2に破壊されてしまったのが正史と言われることがある。ベルリンでデストロイガンダムと戦う時は無限復活が付いているか、撃墜が敗北条件になっていてプレイヤーに気を使わせるのだが、エンジェルダウン作戦の時に限って何も無く、突っ込んでいってやられたらそれっきりである。
なお迅速に敵を片付ければフリーダムをイクサー2撃退後まで撃墜させずに残すことも十分できるのだが、戦場に居座られると邪魔なので落ちてもらった方がプレイヤーとしても楽というのが…。なお頑張ってフリーダムを守ったとしても、フリーダムが残る事は無い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2015年クリスマスガシャ限定のSSRシューターユニット。移動速度が高速で飛行可能なため、地形を選ばず安定した機動力を発揮する。全ユニット屈指の運動性能と回避率を上昇させるアビリティを3つも持つ。必殺スキルに幅3マス×射程無限でバリア貫通の「ハイマットフルバースト」を持ち、制圧力も高い。反面、ダメージ上昇手段が魂だけのうえ覚えるのがレベル60と遅く、ボス戦での火力不足に悩まされる。覚醒をレベル30で覚えるので、魂を覚えるまでは一撃を重くするよりも手数を増やすのが基本となる。
2016年6月の進撃イベント「足掻く生命」ではアタッカーのSSRが登場。アビリティや精神スキルはシューターと共通だが、必殺スキルが突進貫通型の「アンビデクストラス・ハルバード」に変更された。範囲が狭くなったため制圧力は落ちたが、代わりにコアの消費が軽く連発できる。シューター版もそうだが強化パーツのスロットが2とジャスティスと並んで最も少なく、拡張性に乏しい。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御用機関砲
頭部と胸部に2門内蔵。ゲイツなどにも同じ物が装備されている。
MMI-M15 クスィフィアス・レール砲
腰に装備された2門のレール砲。普段はAMBACユニットとして機能している。劇中のエフェクトでは判別し難いが実弾兵器。DESTINYでも水中のアビスに撃っているが、ZやKではオミットされている。
M100 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲
背部ウイングに収納されている2門の高出力ビーム砲。赤い帯状のビームを撃つ。ランチャーストライカーのアグニより高出力の威力と射程距離があり、この機体が持つ火器の中でも最大級の破壊力を持つ。フリーダムの主力武装である。
もともとヘリオポリスから強奪した4機のガンダムのノウハウにより、フリーダム開発以前から兵器としてのプランはあったが、当時のザフトが最高出力バッテリー搭載のゲイツに装備させて試験運用したところ、2秒の斉射でバッテリー切れを起こしており到底実用には持ち込めなかった。そのため、様々な最新テクノロジーと核エンジンを搭載されたフリーダムに装備させることで電力不足が解決され初めて日の目を浴びることになった武装である。
このことからバッテリー式のストライクデュエルブリッツバスターイージスでは撃った瞬間にフェイズシフトダウンを起こし戦闘不能になり的になるだけなので運用は不可能だろう。
DESTINYではフルバースト時以外にもアッシュとダガーLに一度ずつ使用されたが、ZやKではクスィフィアス同様オミットされている。
MA-M01 ラケルタ・ビームサーベル
腰に2本装備。キラはこれの二刀流で敵機を切り刻んでいる。柄尻を連結した双身刀にすることも可能で、この状態を「アンビデクストラス・ハルバード」と呼ぶ。プロヴィデンスとの死闘では高い格闘能力を見せた。
第3次αでは、フィニッシュデモでプロヴィデンスを撃墜したコクピット破壊が再現されている。DESTINY名義のZ、Lではセイバーを切り刻んだシーンが再現されている。
MA-M20 ルプス・ビームライフル
本機の主兵装。核エンジンからのエネルギー供給のおかげでGAT-Xシリーズのそれを凌駕する高出力(劇中では特に差があるような描写はないが)。ジャスティスも色違いの同型を装備。
対ビームシールド
ラミネート装甲製のシールド。

フルバースト[編集]

ハイマット・フルバースト
フリーダムの象徴的な必殺攻撃。ハイマットモードで空中に不動の態勢を取ってからバルカン以外の射撃兵器で一斉射撃。キラはこれだけの連射を行ってなおコクピットを避けた射撃を行っており、キラの技量とフリーダムのマルチロックオンシステムの精度の凄まじさを物語っている。
射程はSEED設定の場合は長距離、DESTINY設定の場合は中距離となっている。しかもこの射程でP武器という使い勝手の良さを誇る。これはSフリーダムになっても同様。第3次αではフィニッシュデモで次々と敵が爆散するシーンが再現されている。
スパロボではマップ兵器版も用意されていることが多いが、Zでは通常兵器版のみ。DESTINY設定で登場する作品の場合、戦闘アニメーションでは機体が上下逆さまになった状態で発射する。これはDESTINY原作で初登場した時にアッシュ部隊をなぎ払った時の再現。
ハイマット・フルバースト(マップ兵器版)
原作でのイメージ通り、マップ兵器としても登場。大体の作品で前方扇状で攻撃範囲が広く、威力も高い上に、Wでは敵味方識別機能付きというハイスペック。敵を次々ロックオンしていく原作描写からのものだろうか。弾頭制かEN制かは作品によってまちまち。てかげんを使用しての他のキャラのサポートで猛威を振るう。

合体攻撃[編集]

コンビネーション・アサルト
アスラン・ザラジャスティスガンダムとの合体攻撃。元ネタは原作39話「アスラン」でのキラとアスランのコンビネーション攻撃で、フィニッシュの一斉射撃(Jは一斉射撃だけ)は後期OPのシーンから(後に劇中でも使う)。Wでは攻撃の手順や手段が変わっている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
キラは作中ではビームも切り払っていたが、流石にスパロボではそこまで再現されていない。
フェイズシフト装甲PS装甲
Nジャマーキャンセラー
Nジャマーを無効化する装置。WとK、Lで実装され、ENを最大値の15%分回復させる。逆にJや第3次αでは無いのでガス欠に注意。
EN回復(小)
Zで実装。この世界の核分裂は核融合より優れているのだろうか…。
換装
ミーティアを装着する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「Realize」
第3次α、Jで採用。
「STRIKE出撃」
Jでミーティア入手前のデフォルトBGM
「翔べ!フリーダム」
Wで採用されたデフォルトBGM。
「Meteor ~ミーティア~」
ZのデフォルトBGM。
「キラ、その心のままに」
K、LのデフォルトBGM。

対決・名場面[編集]

舞い降りる剣
SEED35話。ヒーローのお約束と言わんばかりにアークエンジェルの絶体絶命の危機に颯爽と登場する。DVDでもこのエピソードが収録された巻のジャケット、MGキットのパッケージでこのシーンが使われているなど、「フリーダムと言えばこれ」というぐらい有名なシーン。フリーダムが34話でプラントからノンストップで地球に降りてきて単機で戦場を制圧してしまったという圧倒的性能も十二分に描かれており、2号メカの初陣エピソードとしては申し分ない。
カラミティガンダムレイダーガンダムフォビドゥンガンダム
SEED後半で何度か戦っている。チームワークは最悪だが、新型の機体に強化パイロット3人ということで、さすがのキラもフリーダム単機では防戦一方を強いられていた。46話ではキラが出生の秘密を聞かされ戦意を失い掛けていた時、更にフレイのポッドを回収しようとした際は被弾し、中破している。特にフォビトゥンガンダムはフリーダムの武装がほぼ無効(ビームサーベルしか通用しない)にされてしまう相手であり、本編中最も相性の悪い相手であった。
プロヴィデンスガンダム
SEED最終話。ドラグーンによるオールレンジ攻撃と言葉攻めの両方でキラを追い詰めるクルーゼだが、無傷とはいかず両者一進一退の攻防を繰り広げる。最後はほとんどの武装を失いながらもビームサーベルで突撃し、プロヴィデンスを貫いた。直後、ジェネシスの発射に巻き込まれたクルーゼは光の中に消えた。
アビスガンダムガイアガンダムカオスガンダム
オーブ連合艦隊とミネルバの戦闘に介入した際に交戦。最新鋭機であるこれらセカンドステージシリーズの機体をあっさり退けている。
セイバーガンダム
DESTINYでの戦闘。二度目の介入において、セイバーを駆るアスランから自分達の行動を非難されるキラだったが、カガリの思いを守る為に戦う覚悟を決めていたキラもまた、カガリやオーブだけを一方的に非難して、戦争を言い訳にしてオーブと戦っているアスランの姿勢を徹底的に否定。もはや話し合いでは解決しないと判断したキラは、アスランを討つ事を決意し、セイバーの片腕を切断した後、セイバーの四肢を徹底的に切り刻む形で破壊した。
インパルスガンダム
DESTINYでの戦闘。一度目の接触ではすれ違いざまに腕を切り飛ばして終わりだったが、二度目には攻撃を回避され、無茶な体勢から反撃され驚く。三度目の決戦となったエンジェルダウン作戦ではインパルスの換装でキラの武装等を狙う攻撃の修復が利くという特性をフルに生かしたシンに苦戦。次第に防戦一方となり、ビームサーベルによる攻撃をバク宙で回避し隙を突いて脚部に切りかかるも、それが分離で回避されたことで逆に隙を突かれウイングの片方を損失。最終的にフォースとソードの同時使用という大技を受け撃墜された。
直後、ミネルバがアークエンジェルに向けて放ったタンホイザーの爆発に包まれ、インパルスはその煽りを受けて中破した。その最期の姿は皮肉にも、同じく腹部を貫かれて大破したプロヴィデンスの最期と酷似したものだった。なお、フリーダムもこの戦闘で大破しているが、核動力の電源を切るという咄嗟の判断によって、キラは何とか生き延びた。

関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

ストライクフリーダム
ザフトから強奪した機体に改造を施したフリーダムの後継機。

関連機[編集]

ジャスティス
兄弟機。フリーダムと比べてスタンダードな機体に仕上がっている。
プロヴィデンス
兄弟機だが、製作の遅れから直接対面を果たすのはかなり終盤になってしまう。原作ラストではフリーダムと激しい死闘を繰り広げた。
ドレッドノート
ニュートロンジャマーキャンセラー初搭載機。
ストライク
外見の基になった機体。
エターナル
ミーティアを搭載した大型戦艦。フリーダム、ジャスティス、プロヴィデンスなどの核搭載機の運用を前提に設計されている。

余談[編集]

  • 機体名の元ネタは、『機動戦士ガンダム』の原案時点での番組名『フリーダムファイター・ガンボーイ』である。
  • 実は、名前に「フリーダム」と含まれる機体はガンダムシリーズにおいて本機を含めて3機存在する
    • まず『機動武闘伝Gガンダム』における第2回ガンダムファイトで優勝したネオアメリカ所属のモビルファイター「ガンダムフリーダム」(SRW未登場)、そして『G-SAVIOUR』(SRW未参戦)に登場する量産型モビルスーツ「フリーダム」である。どちらも初出自体は本機より前だが、いかんせん両機とも知名度が低い。故に単に「フリーダム」と言った場合、フリーダムガンダムの事を指す場合が殆どである。
  • フリーダムガンダムの必殺技である「ハイマット・フルバースト」は、元々の設定には無いものであった。そもそも、フリーダムは「ウイングを広げた高機動形態(ハイマット)と武装を展開した砲戦形態(フルバースト)の2種類の形態に明確に分かれており、同時使用は不可能」という設定だった。
    • 上記の設定を福田己津央監督がアニメ演出の都合に合わせて変更した為、初期のフリーダムガンダムのガンプラではハイマット・フルバーストが設計上再現不可能になっている。
  • サウンドトラック『機動戦士ガンダムSEED ORIGINAL SOUNDTRACK III』(2003年9月21日発売)には、「フリーダム自爆」というタイトルの曲が収録されている。
    • なお、実際の劇中において「撃沈ドミニオン」や「フレイの死」とは違って、フリーダムガンダムが自爆する展開にはならなかったので、俗に言う「ウソバレ」である(ただし、別の機体は自爆しているが)。
  • 『機動戦士ガンダムSEED』の監督である福田己津央氏がクリエイティブプロデューサーを務めている『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』劇中において、フリーダムガンダムのビームライフル、バラエーナ、背部ウイングがカスタマイズパーツとして販売されている場面が有る。これは制作スタッフによる一種の「お遊び」である。

商品情報[編集]

プラモデル[編集]

  • 1/144スケール

  • その他

フィギュア[編集]

資料リンク[編集]