セイバーガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
セイバー
外国語表記 Saviour
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZGMF-X23S
全高 18.61 m
重量 77.13 t
動力 バッテリー
装甲材質 VPS装甲
開発 ザフト
所属組織 ザフト
所属部隊 ミネルバ隊
パイロット アスラン・ザラ
テンプレートを表示

セイバーガンダムは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集]

ザフトが開発した「セカンドステージシリーズ」に属する試作型可変モビルスーツ

「セイバー」は「救世主」、「救済者」という意味。型式番号の23は「2」が航空機系統を、「3」が本機の開発ナンバーを示している。

機体概要[編集]

インパルスなどと同様、デュートリオンビーム送電システムやヴァリアブルフェイズシフト装甲を採用している。

MA形態に変形可能。MSの敏捷性とMAの加速性を両立させており、これらを活かした空戦能力は他のMSを凌駕している。

MA形態[編集]

MA形態に変形可能で、この時の外見は双胴の戦闘機に近く、大気圏内外での高機動戦闘と多彩な固定兵装を活かした砲撃戦に特化している。

ちなみに、ランディング・ギアがないので、MA形態での着陸は不可能となっている。

劇中での活躍[編集]

ザフトに復隊したアスラン・ザラギルバート・デュランダルからFAITHの称号と共に託される。

アスランはミネルバと合流しようとオーブへと向かうが、その時には既にミネルバはオーブを出港しており、そうとは知らずにオーブへ接近した彼はムラサメ2機と交戦状態になり、これを一蹴した。

インド洋での戦闘ではカオスと交戦。終始、優勢だった。また、インパルスを援護し、ネオ・ロアノークウィンダムを抑えつつ、数機のウィンダムを撃墜している。

続く、ガルナハンのローエングリン・ゲートでの戦闘では、MAゲルズゲーを撃破。ゲートの突破に貢献している。

ダーダネルス海峡の戦闘ではカオスと再戦するが、撃破には至らなかった。

クレタ沖の戦闘で再びカオスと戦闘になるが、その後、戦闘に介入してきたキラのフリーダムと交戦。その際にキラの怒りを買ってしまった為、セイバーは頭部と四肢を切り落とされて大破。戦闘終了後、胴体部は回収されたが、損傷が酷すぎて修復は不可能であった。結局、残った胴体部は破棄されたと思われる。

よく見るとそれなり以上の活躍をしているのだが、どうにも今一つな印象が拭えず、スパロボでの扱いもあまり良いとは言えない。この点については、本編で描かれているアスランの得意な戦闘スタイルが『高速で間合いを詰めてサーベルとキックで仕留める接近戦』であることを考えると、砲撃戦仕様のセイバーは噛合わないことこの上なく、本領を発揮できない機体でありながらフリーダム戦までほぼ被弾しなかった点をむしろ評価するべきかもしれない。大人の事情を推察すると、セイバーと敵エース機の戦闘シーンを殆ど用意できなかったため活躍できなかったものと思われる。

なお、DESTINY ASTRAYではプロトタイプが連合に強奪されている。このため実質的にインパルス以外のセカンドGは全て連合に強奪される形となっている。

登場作品と操縦者[編集]

今のところ、しっかりと自軍で使用できたのはZのみでありそれ以外の作品では何故か使用できない。優遇されることの多いSEED系統の機体の中では不遇な扱いとなっている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
ブレイク・ザ・ワールド後、アスランの搭乗機体として登場する。移動後攻撃が可能な全体攻撃を持っているが、それ以上に強力な武装はないので、原作通り、器用貧乏な感じもする。改造は∞ジャスティスに引き継がれるので、改造に関しては問題ない。しかし、あちらは全体攻撃が合体攻撃とトライチャージのみという、セイバーと真逆な仕様なので、アスランの育成には注意しよう。なお、フリーダムに全壊させられるシーンは原作通りなのだが、普通に修復されて、最終的にはシンのデスティニーに撃墜されて破棄される。ちなみに回避時のアスランの台詞に「運動性はセイバーの方が上だ!」というものがあるが、これはたとえ相手が格上のフリーダムやデスティニーレジェンドでも喋ることがある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
上記のように影が薄いせいか、何と未登場で終わるという前代未聞の扱いを受けた(ただ、MSどころか影も形もなかった人物もいるので、これでもまだマシ)。ただでさえKのSEEDチームはパイロットの能力に反して高性能な機体が少ないという欠点があるので、これも持ってきてほしかったところである。
スーパーロボット大戦L
アスランがセイバーを受領するシーンがIMに存在するためとうとう使えるのか…と思いきや、次にアスランが出るシーンでは、クレタ沖で戦った際ミネルバをかばってアンノウン(キラではない。この時のキラはザフトの撤退援護に徹した)に撃墜された旨が語られた。携帯機スタッフはセイバーが嫌いなのだろうか。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
頭部に内蔵された機関砲。MA形態時は砲口がシールドで覆われてしまうため、使用不可。
MMI-GAU2 ピクウス 76mm機関砲
フリーダムなどに装備された物と同型。MA形態時の機首部分に2門内蔵。ミサイルの迎撃の時に使われた程度。
M106 アムフォルタス プラズマ収束ビーム砲
背部に装備された2門の高出力プラズマ砲。フリーダムのパラエーナをデュートリオンビーム送電システム対応仕様に改良し、エネルギー変換効率を高めたもの。
MS形態時は両脇から前方に振り向けて使う。なお初期に発売された可動フィギュア「MS in Action!!」のパッケージ写真では、肩の上から前方に向けている写真が使われていた。
ZではP属性全体攻撃武器で主力になる。
MA-7B スーパーフォルティスビーム砲
アムフォルタス砲身と同軸上に設置されたビーム砲。ジャスティスのフォルティスをアムフォルタスと同様、デュートリオンビーム送電システム対応仕様に改良したもの。連射性能を重視した設計となっている。
MA-M941 ヴァジュラビームサーベル
インパルスなどに装備された物と同型のビームサーベル。両肩アーマーに2本装備。設定ではジャスティス同様に連結してハルバートモードにもできるはずだが、アスランはセイバー搭乗時には使用したことはない…。
MA-BAR70 高エネルギービームライフル
マティウス・アーセナリー製のビームライフル。インパルスなどのライフルと機構は共通。MA形態時は左肩にマウントされ、固定兵装として使用される。
MMI-RD11 空力防盾
対ビームコーティングシールド。MA形態時には機体下面に装着され、死角からの攻撃に対応すると共に、整流効果を担っている。
『Z』ではVPS装甲ではないのに撃墜時フェイズシフトダウンを起こしている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
VPS装甲
変形
MA形態に変形する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

対決・名(迷?)場面[編集]

ムラサメ×2
オーブ海域で交戦。アスランはミネルバとの合流目的でオーブ入国を願い出たが、オーブは大西洋連邦との同盟条約締結後であり敵性国家(ザフト)の機体として迎撃される。やむなく2機のビームライフルを破壊した後、海域から離脱した。これがセイバーの初陣となった。ちなみにこの時出撃した片方のムラサメパイロットはババ
ゲルズゲー
シンがガルナハンの基地の主力兵器であるローエングリン砲台の破壊に向かっている間、アスランの駆るセイバーは、砲台を防衛しているゲルズゲーと交戦。陽電子リフレクターを装備するゲルズゲーに対し、アスランは2本のビームサーベルによる近接戦闘に持ち込み、戦闘不能へと追い込んだ。
ガイアガンダム
ロドニアのラボを単機で襲撃したガイアをインパルスと協力して戦闘不能に追い込んだ。この時MA形態で突撃して主翼部をガイアにぶつけるというアスランらしい少々無茶な攻撃が見られた。
フリーダムガンダム
クレタ沖の戦闘でミネルバ地球連合軍オーブ軍の混成部隊と交戦中に再び介入してきたキラのフリーダムと交戦。何とか介入行動を止めさせようと説得を試みるものの、中途半端な覚悟であったアスランに対し、キラはカガリの戦いを止めたい願いを叶える為にアスランとも戦う覚悟も辞さなかった。結果、その迷いの差が勝敗の決め手となり、セイバーはフリーダムによって片腕を斬られ、更にコクピットだけを残した状態で、機体の四肢をバラバラになるまで切り刻まれたセイバーは、放心するアスランと共に、海へと落下した。

関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

プロトセイバー
『DESTINY ASTRAY』(SRW未参戦)に登場。その名の通り、セイバーのプロトタイプで大気圏内での可変及び機動試験用に製造された機体。VPS装甲の色がダークグレーに白いライン(飛行試験時のデータ計測用)という違い以外はセイバーと同一の仕様(この機体でのテスト結果を受け、同一仕様でアスラン用の機体が作られている)。元々廃棄前提の試験機であるが、地球連合軍特務情報局が秘密裏に入手し運用している。後に回収したリジェネレイトのコアユニットを装着した『プロトセイバー+11』という名称になっている。
ヴァンセイバー
『VS ASTRAY』(SRW未参戦)に登場。ライブラリアンがセイバーの設計データを元に独自に改修及び再設計した機体。バックパック部にストライカーパック用プラグが追加されており、一部を除いた(アムフォルタスに干渉する為に装着が出来ない)各種ストライカーパックの運用が可能。なおライブラリアンが使用する機体では初期GATシリーズなど旧大戦時に開発された機体が中心で、この機体だけが例外的に事実上の現行機である(これは上記のプロトセイバーをライブラリアンに通じる組織が所有しており、その組織を通じてデータを入手して開発された為である)。

関連機[編集]

インパルス
カオス
アビス
ガイア

商品情報[編集]

資料リンク[編集]