インフィニットジャスティスガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
インフィニットジャスティス
外国語表記 Infinite Justice
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZGMF-X19A
全高 18.90 m
重量 79.67 t
動力 ハイパーデュートリオンエンジン
装甲 VPS装甲
開発 ザフト → ファクトリー
所属 オーブ軍
パイロット アスラン・ザラ
テンプレートを表示

インフィニットジャスティスガンダムは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集]

クライン派秘密組織ターミナルが開発したジャスティスの発展型モビルスーツ。インフィニットとは「"∞" 無限」を意味する。

元々はザフトの統合開発局がジャスティスを元に設計していた基本データをクライン派が密かに奪取し、ファクトリーで更なる改良をくわえて完成させた。開発の折にはキラが関わり、アスラン・ザラの戦闘データやセカンドステージ・シリーズの技術を元にカスタムチューンがなされている。型式番号こそザフトの「ZGMF」を継承しているが、実質的にはターミナルのオリジナルMSと言っても過言ではない高性能機として生まれ変わっている。

ストライクフリーダムと同様、アスランの搭乗を前提に調整されている。これはキラ・ヤマトの強い提言により、ストライクフリーダムとの連携運用を念頭において行われた。

本機は軽量化と近接武装の強化が図られている他、ハイパーデュートリオンエンジンの搭載によりジャスティスの数倍の出力と戦闘力を持ち、デスティニーレジェンドに匹敵すると言われる。

フレームは銀色のPS装甲素材。

強化装備形態[編集]

インフィニットジャスティス (ミーティア)
ミーティアを装着した形態。

劇中での様相[編集]

原作ではストライクフリーダムガンダムと共に地球に降下してオーブ連合首長国とザフト軍の戦闘の最中に、ジャスティスに乗り合わせたラクス・クラインからアスラン・ザラへと引き渡され、シンのデスティニーと交戦して右腕を切り落として撤退させた。

最終話ではデスティニー、インパルス、ミネルバを戦闘不能に追い込み、アカツキと共にレクイエムを破壊するなど、出番が少ないながらも鬼神のごとき活躍を見せた。

尚、劇中では正式名称で呼ばれたことは無く、一貫して「ジャスティス」と呼ばれていた。

登場作品と操縦者[編集]

射撃特化のストライクフリーダムに対して本機は格闘特化で、武装の構成はデスティニーと似ているが、攻撃力自体はデスティニーの方が上を行く場合が多い。

しかし、デスティニーは気力が必要な武器が多い、ストフリは合体攻撃以外にバリア貫通武器が無い、と言った扱いにくい点を抱えている事が多々あるが、本機にはそういった問題点が無く、使い勝手の良い機体としてまとまっている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
「∞ジャスティスガンダム」表記。セイバーガンダム改造値がそのまま引き継がれる。アスランを活躍させるなら、早期にセイバーを強化しておくと楽になる(セイバーそのものは原作同様、大破して無くなる)。人によっては、クリアまで無改造な事も。ファトゥム-01がアスランの高い援護攻撃スキルと相まって、なかなかの使い勝手。問題はSフリーダム同様の参入の遅さから来る他との改造段階の違い、アスランが「迅速」持ちなために小隊員に回されやすいところと、ALL攻撃がなく単体攻撃が優秀という、セイバーとは特性が完全に逆なこと。一応合体攻撃でフォローできる。強力なMAP兵器全体攻撃を使えるストライクフリーダムと小隊を組ませると弱点がフォローされる形になるので丁度安定する。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇/再世篇
グラフィックは前作と同様で、能力値はやや平凡。但し、今回からコンビネーション・アサルトが実装されたので、攻撃能力は上昇している。アスランが援護攻撃の替わりに援護防御を習得したので、次元獣などの状態異常攻撃を受けることが多い本作では防御+シールド+VPS装甲を活かし自軍の盾となれる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
ストライクフリーダムガンダム召喚攻撃としてながら、再世篇以来の登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
ストライクフリーダムと同時に入手する。ハイパーデュートリオンが搭載され、ストライクフリーダムとの合体攻撃が追加されたが、グリフォン2や合体攻撃の消費ENが大きく、連発すると回復が追いつかずにすぐガス欠になる。また、頼みの綱の合体攻撃はなぜか射撃であり、機体特性や育成方針とちぐはぐ。DESTINYの主役3機の中では中途半端な印象が強い。何気にデスティニーとパートナーを組むと必殺武器の射程(と、アスランとシンの互いの信頼補正効果)が見事にかみ合う。問題はデスティニーはコンボ武器が強いので単機運用されがちという事だが。ちなみに、「ハイパーフォルティス」が脱字で「ハイパーフォルテス」になっている。
スーパーロボット大戦L
おおむねKと同じだが、各種燃費は格段に良くなっている一方でハイパーデュートリオンの回復はそのままなので、気軽にグリフォン2を連発してもまずガス欠しない。
今作では信頼補正効果は廃止されているが、射程面の関係でやはりデスティニーとのPUが使いやすい。ただそれ以上に、強化パーツ廃止に伴う機体能力の「宇宙適応」が重要なので、デスティニー以外と組む事も多い。
単体で見た場合、アロンダイトという高威力コンボ武器の代わりにただのビームサーベルを装備しているデスティニーのような感じ。しかし改造と養成が進んできて、ビームサーベルで十分なダメージを与えられるようになると、「パイロットの加速のおかげで一番足が速い」と言う養成や改造では得られない長所が光ってくる。ボス相手にはが無い分一歩引くが、雑魚掃除に関しては右に出るものはいなくなるだろう。特にHP4万を超えていながらバリアも持つ雑魚とか。
スーパーロボット大戦UX
フォルティスがない為、最大射程4(マップ兵器除く)という完全近接特化機体に。シャイニングエッジが採用されたり、K・Lのグリフォン2にあたる武装がファトゥム-01になったり、Zに近い武装構成になっている。変わった所としては、ファトゥム-01にMAP兵器版が追加されたところだろうか。
パートナーユニットに関しては、射程が短くなった分、これまで以上にストライクフリーダムとの相性が悪い上にデスティニーとも噛み合わなくなった。幸いにも近距離格闘ユニットは多いので、それらと組ませたほうが良いだろう。特に新型迅雷とは射程が似通っているし、空適性や射撃も強化してくれる。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
初登場作品。キラと共にアスランもエターナルの救援へ向かうため、ストライクフリーダムと同時に受け渡しが行われた後初出撃。二人のDVEや新たな機体BGMと共に発進し、宇宙へ舞い上がる姿が印象的である。格闘戦用の武装が多く、アスランのステータス成長や精神コマンドも適しているので先陣を切って突っ込ませやすいが、リアル系ユニット故にHPは低いのでデスティニーガンダムをはじめとする必殺技持ちユニットから回避不能の手痛い反撃を受けぬように気を付けたい。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
Zシリーズでは第3次Zで召喚武器と化していたが、ようやく単独ユニットとして参戦。武装及び傾向はZシリーズを踏襲している。
「近~中距離を得意としつつも遠距離にも対応できる格闘向け機体」という万能さが売りだが、SEED自体の弱体化に加えアスランのABが命中強化である為、回避性能には一抹の不安が残る。他にも、アスランの精神コマンド熱血止まりなので、終盤は火力が物足りない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
スーパーロボット大戦X-Ω
2016年7月のイベント「運命の騎兵隊」より実装。大器型SSRアタッカー。先代機のジャスティスと同じく飛行可能で足が速い。大器型のため限界突破後の能力の伸びが良く、鍛え上げれば自軍屈指の斬り込み隊長となる。使い勝手はジャスティスとさほど変わらないが、アビリティは開幕コア所持の「ハイパーデュートリオン」、ダメージアップの「終わりなき正義」と構成が攻撃にシフトしている。反面、バリアのPS装甲を失ったため打たれ弱くなってしまった。必殺スキルの「ファトゥム-01」もリーチが伸びている代わりに非ビーム属性となりバリア貫通がなくなったため、バリア持ちとの相性が悪い。また、コストと強化パーツスロットが地味に1増えている。
2017年4月のイベント「じぶんらしくあるために」にてシュータータイプが追加。
2019年7月のイベント「灯せ!!絆の進化理論」にてΩスキル搭載大器型SSRアタッカーが追加。「XΩスキル」に対応しており、移植用のXΩユニットも同時実装された(パートナーはストライクフリーダムガンダム[Ω])。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

MMI-M19L 14mm2連装近接防御機関砲
頭部に4門内蔵した機関砲。系統的にはガズウートの装備の改修型。
Zシリーズでは運動性ダウンの特殊効果あり。再攻撃との相性が良い。携帯機シリーズでは照準値低下がある。
MMI-GAU26 17.5mmCIWS
胸部に4門内蔵した機関砲。ジャスティスに装備されたサジットゥスの直系。
余談だが、ガンプラのMGでは、胸部と頭部の機関砲の名称が逆になっており、胸部の機関砲も下に装備されたそれがセンサーらしき物に変更されている。
MR-Q15A グリフォン ビームブレイド
両脚部に計2基内蔵されたビームブレイド。格闘戦に威力を発揮する。本体の設計がファトゥム-01より先行したため、旧モデルを搭載している。実質、アスランの為だけに装備された武装。最終話でデスティニーとインパルスを戦闘不能に追い込んだ。
スパロボでは『ビーム・サーベル』の演出に含まれる他、Zにおいては切り払い時にこれを使用している。大量のミサイルを蹴りで切り落とす様はなかなかシュール。
MX2002 ビームキャリーシールド
実体盾にビームシールドジェネレーター、ビームブーメランとワイヤーアンカーも内蔵の複合式防盾。左腕に1基装着。マウント形状の変更で他兵装も携行できる。
ビームシールド
大出力ビーム砲の直撃も防げる。ビーム出力の調整により、シールド形状を変更するだけでなく、ビームガンやビームサーベルとしても使える。
EEQ08 グラップルスティンガー
シールド外装部に1基格納された格闘戦用クロー。ゲイツのエクステンショナル・アレスターの発展系で、ソードストライクのパンツァーアイゼンのような使い方をする。最終話の補完と後日談を交えた特別編『FINAL PLUS 選ばれた未来』のOPアニメで使用しただけで、長らく劇中未使用の武装であったが、後にHDリマスター版最終話においてOPアニメのバンク映像(旧FINAL PLUS版から一部加筆と修正は行われている)を使用したものであったが、初めて劇中で使用された。
RQM55 シャイニングエッジビームブーメラン
ビームキャリーシールド外縁に1基設置されている武装。バッセルやフラッシュエッジの系列モデル。シールドに固定したまま、大型ビームソードとしても使用可能。
移動後攻撃可能だが、ビームサーベルがあるため使用頻度は少ない。
MA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベル
両腰に2本マウントされた武装。ジャスティスの「ラケルタ」をベースに、セカンドステージシリーズに採用された「ヴァジュラ」と同等の性能にまで改良されており、C.E.73時点でも十分な性能を誇る。柄の連結機構も引き続き採用されている。無論、後継機でもアスランは「アンビデクストラス・ハルバード」モードの使用を好んでいる。また、ファトゥム-01にも固定式のものが機首部に装備されている。
Z、K共にハルバードモードを用いて相手を切り裂き、脚先のビームブレイドで止めを差す。
MA-M1911 高エネルギービームライフル
本機専用のビームライフル。1丁装備。格闘戦時の取り回しを考慮し、サブグリップを廃している。後腰部にマウント可能。
PLAとTRYの両方があり、両方とも移動後攻撃可能。
MS支援空中機動飛翔体 ファトゥム-01(ゼロワン)
ファトゥム-00の発展型。リフターとサブフライトシステムの機能を持ち合わせている他、ファトゥムを敵機に突撃させて相手を貫通させることも可能。そのために、分離時に展開する機首部分に大型対装甲ナイフが組み込まれ、他の部分にもビームサーベルが内蔵されている。これを使い、ミネルバのメインスラスターとレクイエムを破壊し、漫画版ではデスティニーを撃墜している。
ゲームではバリア貫通効果がある。その攻撃方法からグレートブースターと言われることがある。Kでは気力・射程共に弱体化したが、ストライクフリーダムのフルバーストにはないバリア貫通がある。
UXでは直線型のマップ兵器版も追加。
大型対装甲ナイフ
機首部分に1本装備。
MA-M02G シュペールラケルタ ビームラム
大型対装甲ナイフを覆うようにして発生するビームラム。
MA-6J ハイパーフォルティス ビーム砲
機首部周辺に2基装備された兵装。ファトゥム-00のフォルティスの発展型で、セイバーのスーパーフォルティスの前型モデル。
K・Lでは分離してその上に本体が乗ってから撃つ。ジャスティス本体への負荷を避けるためと思われる。
MA-M02S ブレフィスラケルタ ビームサーベル
ハイパーフォルティスの砲身を180°折りたたむと使用可能となるビームサーベル。2基装備。主に突撃用のビームスパイクとして使われる。
MR-Q17X グリフォン2 ビームブレイド
両翼に計2基内蔵されたビームブレイド。ガイアの物と同型である。

合体攻撃[編集]

コンビネーション・アサルト
キラ・ヤマトストライクフリーダムガンダムとの合体攻撃。前作「ガンダムSEED」で、オーブ解放作戦時での連合の3機のGとの戦いでキラとアスランが即興で合わせた連携攻撃。スパロボでは第3次α、J、Wでフリーダムとジャスティスで使用できたが、K以降はストライクフリーダムと∞ジャスティスでも使用可能となった。
『V』のものの演出では∞ジャスティス側が盾を敵に投げつける。…キラの目の前でやっていいのか。
X-Ω』ではXΩスキルとして採用。
ミーティア・フルバースト
エターナルとの合体攻撃。ガンダムとミーティアとのマルチロックオンシステムによる一斉射撃。スパロボZではキラの場合、ラクスのカットインが入るが、アスランの場合は申し訳程度にメイリンのセリフが挿入されている。Kではアスランのカットインがトドメ演出で入る。キラの場合はラクスのカットインと言う事を考えると優遇されているのかも。
ミーティア・サーベル
エターナルとの合体攻撃。ミーティアと合体し大型ビームソードで攻撃する。∞ジャスティスの場合はサーベルのほうが攻撃力が高い。再攻撃による合体攻撃⇒「ファトゥム-01」のコンビネーション攻撃も可能。Vで復活したが、トドメ演出が無く、派手さが控え気味の戦闘アニメになっている他、同機とエターナルが同ステージに出撃していれば隣接していなくとも使用可能。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。
VPS装甲
ハイパーデュートリオン / EN回復(小)
ZシリーズではEN回復(小)。
携帯機シリーズでは「ハイパーデュートリオン」表記。K、Lでは毎ターン自軍フェイズ開始時に、ENが最大値の25%回復する。UXでは回復量が10%とEN回復(小)と同じになった。

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

特殊能力『EN回復(小)』が『EN回復(中)』に変更
第2次Z破界篇
全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
第2次Z再世篇
全ての格闘武器の射程+1、移動力+1
V。地味ながらP属性の武器が多い∞ジャスティスにはありがたいボーナス。

機体ボーナス[編集]

L
  • 無改造:運動性+5 格闘武器+100 地形適応:宇A
  • ハーフ改造:運動性+15 格闘武器+200 地形適応:宇A
  • フル改造:運動性+25 格闘武器+300 地形適応:宇S
UX
  • 初期段階:格闘武器+100 運動性+5
  • 第二段階:格闘武器+150 運動性+10 地形適応:宇A
  • 第三段階:格闘武器+200 運動性+20 地形適応:宇S
  • 最終段階:格闘武器+300 運動性+30 地形適応:宇S 移動力+1
移動力+1が追加された。ストライクフリーダムガンダムと対になる構成。

機体BGM[編集]

「ignited -イグナイテッド-」
「vestige -ヴェスティージ-」
「キラ、その心のままに」
『L』では、オーブ攻防戦にてアスランがインフィニットジャスティスに乗り換えるとこちらのBGMになる。
「君は僕に似ている」
UXで採用。

対決・名場面[編集]

デスティニーガンダム
レクイエム防衛戦にて激突。種割れして向かってくるシンにアスランは種割れをせず互角以上の戦いを繰り広げる。
両者の争いを止めに入ったルナマリアに対して感情の制御の利かなくなったシンが攻撃しようとしたので、アスランはついに種割れをしルナマリアを守る形でデスティニーを撃墜した。
結果的には圧勝、元上司の貫録勝ちと言った内容。

関連機体[編集]

ジャスティス
ストライクフリーダム
ドムトルーパー
エターナル

余談[編集]

  • なお、本来は「ナイトジャスティス」という名前になるはずだったのだが、ストライクフリーダムの改名騒動と同時期に現在の名前へ改変される。
  • ガンダムSEEDシリーズの監督を務めた福田己津央氏がクリエイティブプロデューサーとして携わっているアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』に登場するライバル機「焔龍號」は、造形及びカラーリングがインフィニットジャスティスガンダムに非常によく似ている。これはセルフパロディの類ではないかと言われているが、詳細は不明である。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]