レクイエム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

レクイエム(Requiem)とは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する兵器。

概要[編集]

地球連合軍の反射衛星砲。

月面基地「ダイダロス基地」に大出力ビーム砲を設営。各宇宙にはあらゆる方向から攻撃するために廃棄スペースコロニーを利用し、コロニーの内側全面にフォビドゥンガンダムが装備していたビーム偏向装置「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」を設置した「ビーム偏光ステーション」を中継点に設置し、基地から発射されたビームを、中継点に移動させた各ステーションで方向を変えながら目標を狙い打つ。この兵器に対する設置は実に巧妙で、実際発射されるまでロード・ジブリール以下の地球連合軍の一部しか知らなかった。 また、プラントに対する地理も考慮されており、プラント本国方面から見てダイダロスは月の裏側に位置し、ザフトがダイダロスを攻撃するには表側にある月面アルザッヘル基地の地球連合軍主力も相手にする必要があるため、突破は容易ではない。

1度目の照射でプラントのヤヌアリウス・ワンからフォーが直撃を受け全壊、その残骸でディセンベル・セブンとエイトが破壊されて数百万の住民が無差別殺害された。これに対し、ザフトは発射阻止のため全戦力を投入し、発射点であるダイダロス基地にはミネルバ隊を投入。この一連の攻撃によりレクイエムの中継点の一つと、コントロールが破壊された。

また、ザフトに奪取されたレクイエムは、その後デュランダルの指示でコントロールを修復されている。今度はザフトが使用し、地球連合軍アルザッヘル月面基地を破壊している。

なお、最終的にレクイエムは、クライン派オーブ連合首長国、地球連合軍残存勢力の合同軍の総攻撃で、インフィニットジャスティスガンダムアカツキにより完全破壊される。こうして、二度目の戦争はザフトの敗北に終わった。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
原作通り発射して、その通りの結果となった。なお今回のレクイエムは「マイクロウェーブ送信施設」を経由して、D.O.M.E.で電力を供給していたが、2射目はティファ・アディール説得に応じたD.O.M.E.により阻止された。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
今作では電力をメガロード01から供給している。また、ジブリールとの最終決戦ではマクロスに命中覚悟で発射されたが、シロッコの手によって「アプリリウスを狙えば誤差が出る」ようにプログラムされていたためにマクロスどころかプラントの目標ポイントからもそれてしまう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
スーパーロボット大戦L
原作通り発射したのち、ウイングガンダムゼロに狙撃される。
スーパーロボット大戦UX
ラクスの指導の元で対ヒトマキナのために修復され、使用される。

余談[編集]

  • 元ネタは『宇宙戦艦ヤマト』に登場した「反射衛星砲」。原理は全く同じだがビームの中継を人工衛星で行うため規模は小さく(それでも設置された冥王星全土をカバーできる射程を持つ)、拠点防衛兵器として用いられた。
    続々編にあたる『宇宙戦艦ヤマトIII』では、反射ミラーを装備した有人航宙機でビームの中継を行う「新反射衛星砲」が登場している。

資料リンク[編集]