ロード・ジブリール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ロード・ジブリール
外国語表記 Lord Djibril
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 堀秀行
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ナチュラル
生年月日 C.E.42年10月1日
星座 天秤座
年齢 31歳
身長 181cm
体重 70kg
血液型 A型
所属 ロゴス
役職 ロゴス兼ブルーコスモス代表
テンプレートを表示

ロード・ジブリールは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物。

概要

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』時におけるブルーコスモスの盟主で、ムルタ・アズラエルの後任者。また軍需産業等で世界を影で操るロゴスのメンバーの一人で、その代表でもある。

性格は一見冷静沈着で紳士を装っているが、実際はかなりの激情家。故に、気に入らない事が有ると物に八つ当たりする下劣さも併せ持っており、似たような性格のアズラエルに比べても様々な面で劣っている部分が有る。また、「自分が不利になると仲間を見捨てていち早く逃亡する」という往生際の悪さも持っている。

劇中での様相

コーディネイターを嫌い[1]ブレイク・ザ・ワールドを契機にザフトに攻勢を掛けたが、まともに準備が整っていない上に情報不足な形で強引に開戦させた為に、序盤のプラントへの核攻撃作戦ではニュートロンスタンピーダーで自滅に追い込まれる形で敗退。その後、地球に降下したミネルバ隊ファントムペインに度々攻撃させるが失敗続きの有様であり、無駄に戦力を浪費しているだけの結果には、傀儡であったジョゼフ・コープランドを完全に呆れさせていた。 その為に黒海に部隊を派遣させようとコープランドに対して指示を行った際には、度重なる失敗によって民衆の反連合運動が高まっていた事や連合の同盟が拗れている事、自身の私兵部隊であるファントムペインですらまともな戦果を挙げていないといった様々な事実を突きつけられた形で、コープランドに協力を拒否されてしまった。

その後、大西洋連邦に代わってユウナ・ロマ・セイラン率いるオーブ連合首長国に協力を要請するも、クレタ沖での戦闘でオーブ軍が壊滅し、ファントムペインもアウル・ニーダが戦死する等ことごとく失敗。その後新たに完成したデストロイガンダムを配備させ、連合に強く反対する幾つかの都市を壊滅状態に追い込むが、ベルリンにおいてミネルバアークエンジェルとの共闘でデストロイは破壊されステラ・ルーシェは戦死、スティング・オークレーは敗退し、リーダーのネオ・ロアノークも行方不明となり、ファントムペインは事実上壊滅に追い込まれてしまう。

ギルバート・デュランダルにロゴスの実体を暴かれた後はヘブンズベースから、オーブ、月面ダイダロス基地へと逃げ延び、ダイダロス基地に設営されたレクイエムプラント本国に反撃。だが、逆にザフトの総攻撃に再び追いつめられ、最後はガーティ・ルーで逃げるところをレイ・ザ・バレルが駆るレジェンドガンダムの攻撃で戦死した[2]

ロード・ジブリールの初登場は「複数のモニターで覆われた部屋に、猫を抱きかかえてその中心部に居座っている」というスパイ映画の悪人を彷彿させる登場シーンからだったが、その末路もスパイ映画の悪役そのままであった。

登場作品と役柄

原作では多くの部下や上司、同盟相手を利用して終盤まで生き延びた彼だが、スパロボではデュランダルのみならず他作品のキャラクターに利用されたり呆れられたりと、『機甲戦記ドラグナー』のドルチェノフや『重戦機エルガイム』のギワザ・ロワウ同様に小物感が拭えない小悪党という立ち位置となっている。

Zシリーズ

スーパーロボット大戦Z
地球連合軍の代表から、新地球連邦の幹部へと格下げ。後半はデュランダルに裏の顔を暴かれ、シロッコデューイの起こしたクーデターから、バスク達と共に逃亡。最後はバスク共々シロッコの露払いとなって散る。

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦K
中盤で少し見かけるが、なんとこちらと出会う前にザフトに討たれてしまう。しかも、明確な死の描写が無く、中盤にヘスターから「ジブリールが戦死した」と伝えられるのみと、扱いは非常に小さい。
スーパーロボット大戦L
概ね原作準拠。デュランダルを非難しようとして先手を打たれる、グロリアに頼って次の逃亡を試みるも見捨てられる等原作以上に小物ぶりを発揮しており、『マクロスF』のレオン・三島と並んで「野望だけは大きいが結局は誰かの掌の上で踊らされているに過ぎない小悪党」として描かれている。リリーナレディ・アンから非難されるとすぐに「小娘」と激高するなど悪人の小ささも強調されている。
最期は原作通り艦で脱出した所を撃沈されるが、レイではなくシンに討たれた[3]

Scramble Commanderシリーズ

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
初登場作品。中盤までは黒幕然として振舞っているが、実際はデュランダルやユキムラにいい様に利用されているに過ぎず、中盤以降はデュランダルやAフォースに追い詰められる。最終的にレクイエムのコントロールルームをAフォースに破壊され死亡する。
今作ではゼントラーディの戦力を本格的に攻めてくる前とはいえ、軽んじていることから尚更滑稽な印象を受ける。

VXT三部作

スーパーロボット大戦V
原作終了後だが、エンブリヲの手により密かに生き延びていた設定で登場。『クロスアンジュ』絡みの話にしか出てこない為かジュリオと並んで「エンブリヲの腰巾着」の印象が強い
最終的には西暦世界ルート第38話「歪む世界」での神聖ミスルギ皇国での戦闘にてエンブリヲに粛清される。

単独作品

スーパーロボット大戦Card Chronicle
リボンズの手引きでダイダロス基地に逃亡するも、最後はアークエンジェル隊に討たれて戦死。

人間関係

ウナト・エマ・セイランユウナ・ロマ・セイラン
密かに彼ら親子と同盟を結んでいたが、最終的には切り捨てる。マガジンZ版では、切り捨てただけでなく、自分の側に付いたオーブ兵士達に暗殺させた。
ジョゼフ・コープランド
ロゴスの力を利用して、大西洋連邦の大統領に当選させている。しかし、コーディネイターを滅ぼす事しか考えていない事を見透かされ、内心では呆れられていたようである。
ギルバート・デュランダル
ジブリール自身は「対立関係であるデュランダルとは対等の実力を持っている」と思っていたのだろうが、実際には最後までデュランダルに良いように誘導されただけであった。
ムウ・ラ・フラガ
彼を回収し、ネオ・ロアノークとしての記憶を植えつけた上で私兵部隊ファントムペイン指揮官として利用していた。
イアン・リー
部下。最期は彼と命運を共にする事に。『Z』ではレクイエム攻防時に彼との掛け合いを聞く事が出来る。
レイ・ザ・バレル
原作では最終的に彼に引導を渡された。
シン・アスカ
高山瑞穂氏の漫画版(コミックボンボン版)と『L』では最終的に彼に引導を渡された。
マティス
公式外伝『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』(SRW未参戦)で、地球圏に更なる混乱を巻き起こす為にジブリールを利用。サトー率いるザフト脱走兵達がユニウスセブンを降下させている証拠映像を提供した。

他作品との人間関係

とにかく他作品の大ボス悪役キャラに利用されていたり呆れられたりしている事が多い。

ガンダムシリーズ

パプテマス・シロッコ
Z』では、彼に捨て駒扱いにされてしまう。
バスク・オム
『Z』では元々はいがみ合っていたが、クーデターが勃発してからは共同歩調をとる。最期は共にシロッコに手駒にされ、散る。
リリーナ・ドーリアン
L』では自身の元に抗議に現れた彼女を捕らえ、終盤まで人質にとった。だが、そのためヒイロに延々追いかけ回されるハメに。
トロワ・バートン
『L』では彼を部下として取り立てる。なお、ジブリールはトロワを「生粋のブルーコスモス」と信じており、スパイである事に最後まで気付けなかった模様。
もっとも、これに関しては「ブルーコスモスの盟主であるジブリールを騙せてしまう程にトロワの演技力が高かった」と評すべきであろう。
フロスト兄弟シャギア・フロストオルバ・フロスト
『Z』では彼らを部下として利用しようとするも、実はシロッコ側のスパイであり、見事なまでに罠にハメられてしまう。
ティファ・アディール
『Z』ではフロスト兄弟に彼女を拉致させ、レクイエムの発射とD.O.M.E.の解析の為に利用する。
リボンズ・アルマーク
CC』では彼を拾った事でレクイエムまでたどり着く。
マリナ・イスマイール
V』ではジュリオとの会談の為に神聖ミスルギ皇国を訪れた彼女とカガリの前にジュリオの代理人として現われ、彼女達から驚愕された。

リアル系

ドレイク・ルフトビショット・ハッタ
SC2』では彼等と同盟を結ぶ。
アーサー・ランク、ノルブ
Z』ではヘブンズベースに彼らを監禁し、協力させようとしていた。追い詰められている有様からか、ノルブからは「弱い犬程よく吠える」と評されてしまっている。
ジロン・アモス
『Z』で彼にアーサー誘拐のお返しとばかりにICBMのコントロールを奪われてしまった。
ヘスター・ギャロップ
K』では彼女と共に連合の指揮を執っているのだが、彼女は本心ではジブリールの事を快く思っていなかった。
エンブリヲ
V』ではブルーコスモスロゴスの黒幕的存在であり、彼に拾い上げられ部下になっていた。エンブリヲに対して「様」を付けて呼ぶ場面も有る。
しかし、最終的にはジュリオ同様にエンブリヲの思想を自分自身にとって都合の良い解釈をした結果、エンブリヲに粛清される末路を辿る。
ジュリオ・飛鳥・ミスルギ
V』では彼の部下になっている。ただし、自らの失態に取り乱すばかりでその癖自分の権力を傘に来て自身に対して高圧的な態度をとるジュリオに対して、ジブリールは非常に冷めた態度で皮肉を浴びせるシーンも。
サリアクリスヴィルヘルム・カスパーリー・ファウラーサビーナ・レフニオ
V』では第38話「歪む世界」での神聖ミスルギ皇国での戦闘の際に彼らの指揮を執るが当然ジブリールの指揮には従わず、クリスからは「ウザい」と吐き捨てられる。

スーパー系

クライン・サンドマン
Z』では彼の存在を強く警戒していた。
ウィリアム・ウォーレス・フィッツジェラルド
『Z』では明言していないが、言動の端々から彼が優秀な政治家だと認めていた事が伺える。
ゼーレ
L』におけるロゴスの黒幕で、ジブリールもやはり彼らに利用されている。

バンプレストオリジナル

セイジュウロウ・ソガシュウイチロウ・ユキムラ
SC2』では彼等を支援しているが、実際はユキムラにいい様に利用されたに過ぎず、後に用済みとされて裏切られる
エーデル・ベルナル
Z』では当初は彼女を侮っていたが、後に反乱を起こされて逃亡者となる。
ルド・グロリア
L』における協力者[4]であったがグロリアからは体のいい道具として利用されていただけだけであり、最終的には用済みとばかりに見捨てられてしまう。

名台詞

本編

「この度の事を申しましても、私は大変ショックを受けましてね。ユニウスセブンが!? まさかそんな!? 一体なぜ!? ……まず思ったのは、そんな事ばかりでした」
ジブリールの初登場の場面にて。ユニウスセブン地球への軌道を取った事を理由にロゴスの幹部達を招集した際の発言。
他の幹部からは「前置きはいいよ」と言われるが、ジブリールは「ここが肝心」と強調しており、これから起きる被害よりもコーディネイターの殲滅を再び実行する為の大義名分が出来た事を喜んでいた模様。
「えぃッ!」
上記の会合で対プラント宣戦の許可を幹部たちから取り付けたが、屋敷の窓から帰宅する彼等を眺めていたかと思いきや、いきなり苛立ってビリヤードの球を壁に投げつけ陶磁器が割れたような音を響かせる。
アニメ本編ではこの行為の理由に関する説明は無かったが、小説版では「ジブリールが他の幹部達がコーディネイター問題に真剣に取り組んでいない事に関して激しい憤りを持っている」事が明かされており、その苛立ちに関する八つ当たりだった模様。
「思いもかけぬ最高のカードです。これを許せぬ人間などこの世のどこにもいはしない。そしてこれは、この上なき我らの強き絆とあるでしょう…。今度こそ、奴らのすべてに死を…、です」
「蒼き清浄なる世界の為に…ね」
ファントムペインから送られてきたユニウスセブン落下の原因がコーディネイターのテロ組織がフレアモーターを使って引き起こした人為的な事件だった事を他のロゴス幹部に提示した場面で。
この後、ジブリールはこの事実を世界中に公表し、地球の反コーディネイター感情を一時的に盛り上げる事に成功。傀儡である大西洋連邦大統領ジョゼフ・コープランドを利用して一気に世界を再び紛争へと導いていく。
余談だが、原作において「蒼き清浄なる世界の為に」をブルーコスモス盟主(アズラエルも含む)が発言するのは、実はこの場面だけ
「世界はね、『システム』なんですよ。だからそれを作り上げる者とそれを管理する者が必要だ。人が管理しなければ庭とて荒れる。誰だって自分の庭には好きな木を植える。芝を張り、綺麗な花を咲かせたがるものでしょう、『雑草』は抜いて。ところかまわず好き放題に草を生えさせ、それを美しいと言いますか? 『これぞ自由だ』と。人は誰だってそういうものが好きなんですよ。きちんと管理された場所、もの…安全なね。今までだって世界をそうしようと人はがんばってきたんじゃないですか。街を造り、道具を作り、ルールを作ってね。そして今、それをかつてない規模でやれる壮大なチャンスを得たんですよ、我々は。だからさっさと奴らを討って、早く次の楽しいステップに進みましょうよ。我々ロゴスのための美しい庭、新たなる世界システムの構築というね」
第9話「驕れる牙」より。この一連の台詞とともにまるで前祝をするかのようにグラスを掲げる。彼の台詞を端的に言えば、「雑草」つまりコーディネイターを排除し、自身にとって都合のいい世界を作るのが目的なのだろう。
もっとも、通話相手のコープランド大統領はこの台詞に後に深いため息をついており、彼はジブリールの考えには賛同していない事が窺える。
「ふざけた事をおっしゃいますなッ! この戦争、益々勝たねばならなくなったというのに。我等のを一瞬で消滅させたあの兵器、あんな物を持つバケモノが宇宙にいて一体どうして安心していられるというのですッ! 戦いは続けますよ、以前のプランに戻してッ! いや、それよりもっと強化してねッ! 今度こそ奴らを叩きのめし、その力を完全に奪い去るまでッ!」
プラントへの核攻撃はニュートロン・スタンピーダーで防がれてしまい、その事をロゴスの幹部達からボロクソにこき下ろされたジブリールの反論。ジブリールの失態である事には間違いないのだが、ただ高みの見物をしている他の幹部達にここまで言われてキレてしまうのも仕方が無い。
しかし、「以前のプランに戻して」と言っている辺り、当初の計画が完全に瓦解している事も意味しており、物語が4分の1にも達していないにも関わらずジブリールの小物っぷりが際立っている。
「私はそんな話が聞きたいのではないッ! 私はそんな現状に対して、あなた方がどんな手を打ってらっしゃるのかを聞いているのです。コーディネイターを倒せッ! 滅ぼせッ!やっつけろッ! あれだけ盛り上げて差し上げたのにその火を消してしまうおつもりですかッ!!」
戦局が思い通りに進まない中、コープランド大統領との会話中に「ごり押しで結んだ同盟がほころび始めるのも無理はない」と言われた際に。
相手の発言を自分への非難と受け取ったのか、突然激昂。しかし、この後の言い争いではコープランドからファントムペインの失態も言及され、反論に詰まったジブリールはオーブに派兵を要求する事を提案する。
「ふふふふはははははは! どうです? 圧倒的じゃないですか、デストロイは」
ロゴス幹部「確かにのう。全て焦土と化して何も残らんわ」
ロゴス幹部「どこまで焼き払うつもりなんだこれで」
「そこにザフトがいる限り、どこまでもですよ。変に馴れ合う連中にもう一度はっきりと教えてやりませんとね。我等ナチュラルとコーディネイターは違うのだということを。それを裏切るような真似をすれば地獄に堕ちるのだということをね」
デストロイがベルリン市内を火の海に陥れている戦況をモニターで眺めながら、他のロゴス幹部にご満喫な場面。「圧倒的じゃないですか~」の件は、ギレン・ザビの名台詞「圧倒的じゃないか、我が軍は」のオマージュだろう。
一方、対照的に他のロゴス幹部はかなりうんざりした様子であり、ジブリールの「裏切り者のナチュラルを殺戮する」という思考と行動が他の幹部と比べて異質な思考である事を物語っている。
ちなみに、上記の場面において勝利のワインを傾けているジブリールだが、その日の内にデストロイはフリーダムに撃破されてしまう事になる。
「やめろッ!! やめさせるんだッ!! 何故できないッ!!」
デュランダルにロゴスの存在を暴露される直前、モニタールームで狼狽する。この辺りから片目だけ見開く等、ジブリールの顔が一気に崩れ始める。
「こ、こんな……こんなバカなことが……ええいッ!」
「…デュランダルめッ!」
デュランダルの暴露により世界中でロゴスの関係者が地球市民のナチュラル達に襲撃されている状態に驚愕しながら。この時、ジブリールの邸宅にも武装した暴徒がなだれ込んでおり、彼はモニタールームから間一髪で脱出する。
本編ではこのシーンの直前にデュランダルの演説が入っているが、小説版ではジブリールもこれを聞いており、彼の視点だからこそデュランダルの演説内容と行動の欺瞞振りが感じられる内容となっている。
「フッ…通告して回答を待つと。デュランダルはさぞや今、気分の良いことでしょうよ」
「守る? ハッ、何をおっしゃっているんですか。我々は攻めるのですよ。奴を、今日ここから」
「我々を討てば戦争は終わり、世界は平和になる? ハッ、そんな言葉にやすやすと騙されるほどに愚かです。確かに民衆は。だが、だからこそ我々が、なんとしても奴を討たなければならない!」
「本当に取り返しのつかないことになる前に。この世界が、奴とコーディネイター共の物になる前にです!」
「準備ができ次第、始めます。議長殿が調子にのっていられるのも、もうここまでだ。格好つけてノコノコと前線にまで出てきたこと、奴にタップリと後悔させてやりましょう」
「あの世でね…!」
ヘブンズベースにて。事実この時点では、物量および多数の決戦兵器まで用意はあり、直後に先制攻撃を行った事もあって、勝機は有るかに見えたが…。
「フフフハハハハハ…糾弾も良い。理想も良い。…が、全ては勝たねば意味はない。いにしえから、全ては勝者の物と決まっているのですからね…」
ヘブンズベース戦が有利に進んでいるのを見届けて。この時はまさか自分が敗者になるとは思ってもいなかっただろう。むしろ、デストロイやニーベルングで多大な戦果を挙げながら最終的になぜ逃げ出す羽目に陥ったのやら。
「どういう事なのだこれは! ええい!」
ザフトのミネルバ隊の介入でデストロイ部隊がほぼ全滅した直後、どさくさに紛れて逃げ出そうとしながら。むしろ、視聴者の方が「どういう事なのだ」と聞きたい。
「ちょっとは物のわかった人間ならね、すぐに見抜くはずだ。あんなデュランダルの欺瞞は」
「奴の支配する世界になどなったら、あなた方も居場所はない」
「…が、心配せずとも我らはすぐに反撃に出る。奴が宇宙に戻り、私が宇宙に上がりレクイエムが流れれば、全て終わるのだ」
「その時勝ち残っていたければ、今どうすべきかは、聡明なあなたにはよくお分かりだろうなぁ…ウナト・エマ」
オーブに逃げ込み、セイラン家の屋敷でくつろぐジブリールがウナト・エマ・セイランに言い放った一連の台詞。ジブリールとは対照的に窮屈そうな感じに憔悴しているウナトの姿が印象的でもある。
この一連の発言でウナトは地球連合軍にはまだ奥の手があると確信し、自らが選んだ道は間違いではなかったと思い込んだ…が、小説版では「ジブリールを匿う事自体がウナトにとって不本意だった」事が語られており[5]、結果的にウナトがジブリールを匿ったのは連合軍部を支配する彼の権威に屈したからでしかない。
「私は大統領の様な臆病者でも、デュランダルの様な夢想家でもない。撃つべき時には撃つさ、守るために」
第44話「二人のラクス」より。ダイダロス基地司令部で基地司令官との会話中に。彼の主観ではあくまでコーディネイターの魔の手から「蒼き清浄なる世界」を守る為に戦っているという主観なのだろう。
さあ奏でてやろうデュランダル。お前達の為のレクイエムを!
レクイエム発射トリガー装置のセキュリティを解除し、その発射ボタンを押す際の台詞。
スペシャルエディション版では「今度こそ、お前達を弔う…」と台詞が追加されている。生き返って再チャレンジでもしている心地だったのだろうか……?
「ダメならそれでも良いッ! フォーレの奴等だけでもッ!」
基地司令「それでは終わりです。次のチャージまではとても…」
「いいから撃てッ! その隙に脱出する。私が生きてさえいれば、まだいくらでも道は有る。基地を降伏させ同時に撃つ! 言い訳はいくらでもつく。君は良くやってくれた。共にアルザッヘルにでも逃げれば、また……」
ダイダロス基地にミネルバ隊がレクイエム破壊の為に侵入し、ウィンダム、ユークリッド、ザムザザー、ゲルズゲー、デストロイといった最新兵器でも止められず、劣勢に陥る。レクイエムのチャージを待たずに発射シークエンスに移行させようとしたが、直後にビーム偏光ステーション「フォーレ」の推進システムに異常が発生し、プラント攻撃が不可能となる。
ジブリールはレクイエムでフォーレ付近に展開しているザフトを薙ぎ払う様に命じた後、自身はアルザッヘルへの逃亡を図るのであった[6]。アルザッヘル月基地は地球連合軍の主力宇宙艦隊が駐屯する大規模な戦力を有しており、十分に戦争を続けるだけの余力がある基地だったのは確かである。しかし、デュランダルのレクイエム再利用計画を考慮すると、コープランド大統領と共に吹き飛ばれているのが、オチであろう。
小説版では「地球とナチュラルの未来の為に自分は生き残らなければならないという考え方をしている反面で、ダイダロス基地司令官が保身を考えている事を察してうんざりする」という、かなり独善的なジブリールの思考の描写がなされている。
「ええい! ……ぁ? なッ!? うわぁぁぁッッ!!」
最期のシーン。上記のやり取りの後、ガーティ・ルーで逃亡を図ったが、レクイエムは発射前に管制室と司令部を潰された為に不発に終わり、その直後にレイレジェンドに自身の搭乗艦であるガーティ・ルーのブリッジを破壊されて戦死した[2]
その際に「ジブリールの顔面がビームの本流に飲まれて消滅する、というシーンがどアップで放映される」という過激なグロ描写がなされており、たまたま番組を付けた人がいたらビビッたであろう。HDリマスターでは、何故か「上記の場面を新規シーンで描く」という徹底ぶりであった。

その他媒体

「フフフッ ハーハッハッハ! 我等の勝ちだ! 蒼き清浄なる世界の為に! 」
PS2ソフト『機動戦士ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C.E.』のEx-4b「重なる明日」より。地球連合軍が発射した核ミサイルがプラント本国に到達した際のジブリールの勝利宣言。
この核攻撃によって、プラントは指導者デュランダル議長および国民の半数以上の人命を喪ってしまう。そんなプラント側の無条件降伏の要請を却下したジブリールの命令の元、地球連合軍はさらなる殺戮行為を続けていく…。
「ジブリールが生存および勝利する」という珍しい展開だが、「凄惨な光景をモニターで眺めて、悪意に満ちた笑みを浮かべるジブリール」の一枚絵で終わる結末なので、やはり後味が悪い場面である。

迷台詞

「ふっはっはっは、これはよい、すぐにオーブの彼女と連絡を取れッ! ……ッ!?」
第44話「二人のラクス」冒頭より。ミーア・キャンベルのオーブ非難声明が世界中に発せられている中で、本物のラクスが突如として放送に割り込み、デュランダルの真意を人々に投げかける声明を月面ダイダロス基地司令室で聞きながらの発言。彼女の発言が捉えようによっては「デュランダルの言う何もかもロゴスが元凶というのは間違い」と聞こえる為、ラクスと手を組むつもりでこの命令を出したと思われるが、話している最中にラクスに「無論、ジブリール氏を庇うつもりはない」と発言されてしまい、そのまま絶句してしまうという作中屈指の勘違いシーンである。
ブルーコスモスの盟主ともあろう者がコーディネイターと手を組もうとする本末転倒だが、ジブリールが追い詰められていた事もまた事実である。おそらく、デュランダルを始末した後でカガリ主導に戻ったオーブ諸共消すつもりだったのかもしれない。

スパロボシリーズの名台詞

Scramble Commanderシリーズ

「ユ、ユキムラ…! ソガ…!! 裏切りおったのか、こ、この私を…! このロード・ジブリールを! 覚えておれ…。貴様らには、生まれてきた事を後悔するほどの苦痛を味わわせてやる…!」
SC2より、ユキムラソガ教授裏切りを知って激怒しての台詞。
殺意を露わに報復を誓ってはいるが、ユキムラに何一つ一矢報いる事すら叶わず、彼は後々レクイエムにて惨めな最期を迎える事になる。

Zシリーズ

「新たな大統領がブラッドマンとはな…! よりによって、あのような小物を立てるとは舐めた真似をしてくれる!」
Z』ランド編第37話「粛清の嵐」より。連邦から半ば放逐状態になってバスクと行動を共にしていた際に言った台詞。
ジブリールから見ても、ブラッドマンは無能以外の何物でもなかったらしく、自分やジャミトフに代わって彼が指導者となった事には、かなりプライドを傷付けられた模様。
「くっ! 切り札のデストロイ部隊がやられアーサー達までさらわれるとは! こうなれば最後の手段だ! プラント攻撃用の核を使うぞ!!」
『Z』第45話「遺産の継承者」より。ZEUTHアーサー達を奪還された上にデストロイガンダムサイコガンダムの部隊がやられた際のセリフ、最後の手段とばかりにヘブンズベースに配備されているICBMを使おうとするが…。
「何だと!?」
上の台詞の続きで最後の手段としてICBMを使おうとするも、コントロールをジロンに奪われたのをジャマイカンに聞かされた時の台詞。シチュエーションもさることながら、ジブリール本人の表情も凄い事になっている。
「まだだ! デュランダルを、ZEUTHを、シロッコを倒すまで死ぬわけには…死ぬわけにはいかんのだああああっ!!」
断末魔。最後まで再起する機会を窺っていたジブリールだったが、結局その機会も無いままシロッコの露払いとして戦死するのであった。

携帯機シリーズ

「できそこないのパイロットめ! 死ぬまで暴れるがいい! ザフトどもを焼き尽くせ!」
K』第14話ベルリンルート「離別の光・後編」より。ネオを撃墜されて暴走したステラを一人戦場に残したときの台詞。
自分達でそうさせておきながら、何とも酷い言い草である。尚、本作におけるジブリールの出番はここで終了である。
「忘れてなどいない。だから核を撃ったのだ!」
「死んでいったナチュラルの無念を晴らすために…コーディネイターを宇宙から消しさるために!」
L』第7話(命令に従い、この場を離れるルート)「驕れる牙に吹く風」より。プラントへの核攻撃が失敗した後の場面。
その行為に憤りを見せたリリーナからヤキン・ドゥーエ戦役で多くの命が失われた事実を指摘されるが、彼は自身の愚行を認めようとしなかった。
「ナチュラルの無念を晴らす為」と言えば聞こえはいいが、当のジブリールを含むブルーコスモスは、ナチュラルの子供を薬物や人体実験でエクステンデッドに改造して戦闘兵士に仕立て上げたり、ベルリンでは罪も無い民間人を巻き添えで虐殺したりと、同胞であるナチュラルに対しても非道な所業を行っていた。
「心配はいりませんよ。こちらには切り札があります!」
「奴らは人類のためとほざきながら、陰では異世界の者達とまで手を組んでいるのです。それはあなたもご承知のはず…」
「その事実を世界に公表すれば、逆に追い詰められるのは奴らです!」
『L』第18話「奪還への想い」シナリオエンドデモより。ロゴスの悪行がデュランダルによって明るみにされ、「どう責任をとるつもりかね?」とロゴスメンバーに問われた際の反応。知らぬこととは言え、異世界の者と手を組んでいながら得意げに言うジブリールであるが、その行動は既にデュランダルに読まれており…。
「!? デュランダル…まさか!?」
「バ、バカな…! これではまるで我々が…!」
「お、おのれデュランダル! おのれえええぇぇぇッ!」
上記の台詞の後デュランダルにフロンティア船団異世界からの訪問者である事と、自分達が彼らを自らの利益の為だけに滅ぼそうとしている事実を公表されて。結局、原作同様に逃げ回る結果となった。
「なっ!? ま、まさかこの私が切り捨てられたというのか…?」
『L』第32話「奏でられた曲は」より。レクイエム戦にて、自身が「グロリア」に見捨てられたと知り、愕然とする。
『L』においても結局、他者に踊らされ続けていただけの道化に過ぎなかったジブリール。その道化ぶりをリリーナにも半ば哀れまれる。
「わ、私はこの世界の盟主になるべき男なのだ…! それが、こんな…ぐおぉぉぉぉぉぉ…!」
同上。イベント戦闘にて、デスティニーに討ち取られての断末魔。戦争を利用して全てを掴もうとしていた男は、戦争によって全てを奪われた少年によって引導を渡されることとなった。

VXT三部作

「世界を動かす始祖連合国の当主の一人…。ですが、あの御方の前では、そのような肩書きは何の意味も成しません。事実、始祖連合国とは言っても、ミスルギ以外の国家には、もはや発言の機会も与えられていないではありませんか」
「そして、ミスルギに権利が与えられたのは暁ノ御柱の管理者であるからに過ぎないのをお忘れなく」
V』第31話 「永遠の自由」シナリオデモより。自身の失態を棚に上げ、皇帝という立場を振りかざすジュリオへ浴びせた慇懃かつ痛烈な皮肉。
もっとも、立場的には完全に同じ穴の貉である為、彼からは「使いっ走りの残党」呼ばわりされてしまうのだが。
「それには同意します。宇宙の化け物共を根絶やしにするためにも、世界は一度破壊されるべきでしょう」
同上。ジュリオに追従して『世界を創り直す』というエンブリヲの提案に賛同する。だが、ジュリオ同様自身も排除される側である事に全く気付いていないのは言うまでもない。
「兵達よ! エンブリヲ様に歯向かう愚か者共に今こそ、罰を与えるのだ!」
クリス「あんた、うざいよ」
「何だと!? 私はエンブリヲ様から、この戦いの指揮を任されたのだぞ!」
『V』第38話「歪む世界」より。ジュリオ亡き後ミスルギでの指揮を任されたらしく、意気揚々と檄を飛ばすがクリス「ウザい」と切り捨てられてしまう羽目に。
直後の「何だと!?」の台詞時には『Z』第45話でも使われた例の顔芸を披露している。
なお、この戦いにはアマルガムのも参戦していたのだが、おそらくは彼等も彼女と同意見であったろう。
いずれにせよ、ジブリールの人望の無さがこれでもかと露呈している場面と言える。
「エンブリヲ様! 愚か者共に罰を!」
「そして、この世界を…! 青き清浄なる世界へと生まれ変わらせてください!」
同上。アンジュおよびかなめを奪還されてしまい、エンブリヲに縋るが…。ちなみに、さりげなくブルーコスモスのスローガンを掲げていたりする
「な、何を!?」
エンブリヲ「無能な愚か者には消えてもらうだけだよ」
「そ、そんな馬鹿なぁぁぁぁっ!!」
同上。『V』での断末魔。自分の言葉通り「無能な愚か者」として粛清され、奇しくもジュリオと全く同じ末路を辿ってしまうのであった。合掌。ここでもご丁寧に例の顔芸まで披露してくれる。
その最期はラクスに「最後まで自分が操り人形である事に気付けなかった」と哀れまれた。
原作においてジブリールを葬った人物とエンブリヲの声が同じなのは、一体何の因果であろうか。
余談だが、次回作でもジブリールと同じくガンダム作品における敵側の司令官がエンブリヲの配下となっており、その最期とそれに至るまでのシナリオの流れも今作のジブリールと殆ど同じとなっている。

余談

  • 他人を見捨てて逃げ回った彼だが、「唯一彼のペットの猫だけは見捨てずに最後まで連れている」為、アンソロジーコミック等で散々ネタにされた。ちなみにこの飼い猫はノルウェージャンフォレストキャットという猫種。
    • ちなみに本編中でこの猫が最後に確認できる場面はオーブから逃亡する際にセイラン派のオーブ兵がジブリールを探していたカガリ派のオーブ兵を射殺し、司令部に虚偽報告をしている場面で彼に同行している地球連合軍兵士が猫を抱えているシーンである。それ以降の月面ダイダロス基地や最期のガーティ・ルーの場面ではその姿は確認できないが、シャトルに乗り込む直前であったため、宇宙に連れて来ているのは確実と見られていたが……。
    • HDリマスター版第45話「変革の序曲」では、ジブリールの今際の際に前後して「港らしき場所に佇む黒猫」という新規カットが出てくる。この猫がジブリールの猫であると明言はされないものの、もし彼の猫だとしたら「オーブを脱出して宇宙に上がる際に見捨てた(あるいは猫が主人に見切りをつけた)」とも受け取れる。
  • 実はムウを救助(と言うか回収)したのはジブリールの一派であり、ファントムペインによるセカンドステージシリーズMS強奪事件が物語の発端だった事を考えると、「ジブリールがデュランダルと共に『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の黒幕になれる要素は有った」筈である。
    • ただ、ジブリールの死後にデュランダルがその本性を顕し、それが元で最終的に結局ナチュラルとコーディネーター間の争いの本質が「根本を同じくする者同士の闘い」へと回帰し、結局お互いが相手を完全に滅ぼさない限り決して解決しない類の、泥沼の関係へと突入してしまった点においては、ある意味、前述の彼のコーディネーターに対する純粋な恐怖とそれを大本とする嫌悪の感情柄、あの世において「してやったり」とほくそ笑んでいるのかもしれない。
      • 無論、スパロボシリーズではナチュラルとコーディネーター感が根本を同じくする者同士の戦いに回帰した事は無く、むしろ「ナチュラルとコーディネーターの完全な講和が実現する」という、ジブリールにとっては悪夢と言える展開になる事が多い。
  • デスティニープラン実施のディフォルメされたイメージ映像では怒鳴り散らす無能上司の役職からクビになり、ピエロに転職させられていた。

脚注

  1. 番外編でコーディネイターを憎悪するまでの経緯が描かれたアズラエルとは違い、ジブリールはそういった過去が説明される事は無い。何故、ジブリールがここまでコーディネイターを敵視するようになったのかに関しては、今もなお不明である。ただし この件に関して、劇中にロゴスのやり方に対し個人として不満を漏らす描写も有る等、良くも悪くも真剣にコーディネイターという存在を恐れていた節が有る。つまり、「コーディネイターに対する純粋な恐怖心が、ジブリールの行動原理の根幹に有った」とも言える。
  2. 2.0 2.1 一方、高山瑞穂氏の漫画版(コミックボンボン版)ではザフトに敗北した際に、重要な情報が全て知られていた事から自分がデュランダルの掌の内にいた事を悟り呆然としていた所を、シン・アスカが駆るデスティニーガンダムに討たれている。
  3. これについてはイベント戦闘扱いとなっており、『Z』の時と事なりガーティ・ルーのパイロットがジブリール自身になっている。
  4. 直接絡む場面は無いが、劇中のジブリールと部下との遣り取りから察するに、立場はグロリアの方が上だと思われる。
  5. 「ジブリールとはオーブに関係するロゴス幹部の紹介で会った程度の付き合いでしかなく、こんなことを頼られる間柄ではない」との事。
  6. ジブリールは自宅 → ヘブンズベース → オーブ → 月面ダイダロス基地 → 月面アルザッヘル基地(逃亡予定先)…と10話に跨いで逃亡ばかり繰り返していた

資料リンク