サトー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サトー
外国語表記 Sato
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 山口太郎(TV版)
中多和宏(総集編以降・SRW)
初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(コーディネイター
性別
所属 ザフトテロリスト
テンプレートを表示

サトーは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物。

概要[編集]

ザフト所属のテロリストユニウスセブン血のバレンタインにおいて恋人(媒体によっては妻と娘)を亡くし、ヤキン・ドゥーエ攻防戦においては戦友を亡くしている。このことから、地球連合を憎悪するのみらず、ザフトの戦後体制も否定している。

パトリック・ザラの思想に共鳴して停戦を認めず、ユニウスセブンの地球への落下(ブレイク・ザ・ワールド)を謀った。最期は大気圏内の戦闘でインパルスガンダムによってユニウスセブンの外壁に叩き落とされて死亡。

彼が率いるテロリスト部隊は大戦を生き延びた者が多く操縦技量はかなりのもので、大戦後に任官した新兵では相手にならないが、アスラン・ザライザーク・ジュールには機体性能の差もあって押されていた。

なお、このブレイク・ザ・ワールドはギルバート・デュランダルが察知しつつもあえて見逃していたようであり、そうなるとサトーはデュランダルの掌で踊った道化と言えなくもない。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
総集編の中多和宏氏で声が収録された。
全てのジン・ハイマニューバ2型を落とすと出現。アスランで落とすとif(ザフト)ルートのポイントが溜まる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
今回は仲間と同時に出現。本作の彼にとってはカーンズデキム・バートンも同志であったらしく、彼の軍勢の中にはMD仕様のトーラスが戦力として存在する。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
初登場作品。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

Z
必中迅速不屈かく乱

特殊技能(特殊スキル)[編集]

Z
底力L5、カウンターL4
L
斬り払い撃ち落としシールド防御カウンター指揮L2、底力L5、援護攻撃L3、援護防御L3、アタックコンボL3

小隊長能力(隊長効果)[編集]

反撃時の攻撃力+20%/小隊移動力+1
Z』で採用。

人間関係[編集]

アラン、クリスティ
亡き戦友と恋人。ザフト所属時代に二人を失ったことが、サトーをザラ派への傾倒と手段を選ばないテロリズムに走らせる切っ掛けとなった。
パトリック・ザラ
彼の信奉者。
ギルバート・デュランダル
彼の体制を批判している……のだが、結局はデュランダルの掌に踊らされていただけだった。

他作品との人間関係[編集]

カーンズデキム・バートン
L』でのかつての同志。

名台詞[編集]

「アラン、クリスティン、これでようやく俺も、お前達も…」
「さあ行け! 我等の墓標よ! 嘆きの声を忘れ、真実に目を瞑り、またも欺瞞に満ち溢れるこの世界を、今度こそ正すのだ!」
第5話。仲間たちと共にユニウスセブンの破片を地球へ落とす際に。
「此処で無惨に散った命の嘆き忘れ…討った者等と何故、偽りの世界で笑うか! 貴様等は!」
「軟弱なクラインの後継者どもに騙されて、ザフトは変わってしまった! なぜ気づかぬか! 我らコーディネイターにとって、パトリック・ザラのとった道こそが唯一正しきものと!!」
「我等のこの想い、今度こそナチュラル共にぃぃ!!」
第6話。撃墜寸前にシンとアスランへ向けた恨み節。経緯が経緯とはいえ、まともな精神を持った人間の言える台詞ではないだろう。国のトップがすぐに殲滅戦に走りたがるC.E.ならではの価値観か。

搭乗機体[編集]

ジン・ハイマニューバ2型

資料リンク[編集]