パトリック・ザラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
パトリック・ザラ
外国語表記 Patrick Zala
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 有本欽隆
デザイン 平井久司
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人コーディネイター
性別
所属 プラント
役職 国防委員長→最高評議会議長
テンプレートを表示

パトリック・ザラは『機動戦士ガンダムSEED』の登場人物。

概要[編集]

アスラン・ザラの実父で、プラント評議会国防委員長であり、後にプラント最高評議会議長を兼任。

プラント評議会における反ナチュラル強硬派の筆頭であり、専ら強硬派はザラ派とも呼称される。元々コーディネイター至上主義者だった上に、更に血のバレンタイン事件で妻のレノア・ザラを失った事もあってナチュラルに対する憎悪が先鋭化している。最高評議会議長に就任してからは、ナチュラルを根絶させる形での戦争終結を目指すというほとんど狂気に取り付かれた独裁者に近い存在となった。

出生率低下を始めとするコーディネイターの限界についても受け入れようとせず、盟友シーゲル・クラインのナチュラルへの回帰を無視し、コーディネイターの英知で対処できると考え、穏健派である彼との対立も深めていく事になった。

プラント最高評議会議長就任後は、評議会に無断でオペレーション・スピットブレイクの内容を改竄[1]し、攻撃予定地をパナマ基地から地球連合軍最高司令部アラスカ基地攻略戦を強行するものの、ラウ・ル・クルーゼの策略により情報が漏れ失敗に終わった上に、地上に残っていたザフト軍の戦力を大幅に失う。その後、フリーダムガンダム強奪事件を利用してシーゲルを暗殺する。

その後はパナマ基地攻略戦を強行し、マスドライバーの破壊に成功。地球連合所有の全マスドライバー施設の破壊と制圧し、連合軍を地球に閉じ込める「オペレーション・ウロボロス」を達成したかに見えたが、僅か一ヵ月後に大量のモビルスーツを投入した地球連合軍の第三次ビクトリア攻防戦で、ビクトリア宇宙港が陥落。ザフトの戦略は大幅な修正を求められ、この際にジェネシスの建造を加速させたとみられる。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ではクルーゼの暗躍もあり大量破壊兵器ジェネシスを発射するまでに至ったが、地球に向けて撃つことを諌めた部下のレイ・ユウキを撃って致命傷を負わせる。ついには味方を巻き添えにしてジェネシスを撃とうとした結果、瀕死のユウキに撃たれて死亡、堕ちるべき地獄へと逝くのであった。その最期はアスランに看取られたが、妻を殺したナチュラルへの憎しみの余りに最期まで地球を撃つことに拘った挙句、目の前にいるのがアスランであることにすら気付かなかったため、死と同時に当のアスランから詰られる体たらくであった。

他メディアでもほぼ同じ末路だが、コミックボンボンの漫画版のみ先にアスランのジャスティスガンダム自爆によるジェネシス破壊が発生し、アスランの自らの命をかけて地球を救おうとした姿に感化された(元々ジェネシスによる地球攻撃に疑問を持っていた)部下達に反乱を起こされ、拘束されるという結末を迎える。なお、後述にもあるが、ボンボン版ではアニメ版以上に「父親」としての人間性が強く表れたキャラクターとなっている。

登場作品と役柄[編集]

いずれの作品でも、原作通りナチュラルの抹殺に拘っており、また、自分達コーディネイターの力を盲信するが故か、参戦するたびに異星人等の人外の脅威をあまりに軽視しすぎる発言が見られており、ブルーコスモス以上に空気の読めない傍迷惑な指導者としての印象が強く半ばネタキャラと化している感もある。『W』ではコーディネーター同様に遺伝子改良を世代を跨ぎ行い続ける組織である草壁春樹率いる木連(及び追放後の彼の率いるクーデター軍である火星の後継者)と結託している。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
第2次α』のシャアの反乱には同調せず、サイコフレームが見せた人の心の光を見て地球への宣戦を取り止めていたが、血のバレンタインを契機に地球に対して宣戦。基本的には原作と役回りは同じ。
…とはいえ、原作と違い外宇宙に歴代スパロボでも屈指の強敵を抱えている『第3次α』の状況で戦いを挑むのは空気を読めてないといえる。しかも星間連合と結託してまで地球を攻撃する始末。最大の脅威であるSTMCとその対抗兵器であるBMIIIの情報は得ていたが、その詳細は全く把握していなかったと言ってもよく、見当外れな発言がやたらと目立った。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
ほぼ原作と同じ扱い。オルファンを地球側の兵器とでっち上げ、ジェネシスの標的にした。
スーパーロボット大戦W
第1部では木連を密かに支援しており、本作では血のバレンタイン事件が勃発したのはこの事実が発覚した為。
第2部で火星の後継者と同盟して地球連合に対抗するが、最終決戦に介入したエイドの大群によってプラントが危険に晒されているにも関わらず、それを無視して地球攻撃を優先するという遂に本末転倒の行動に出てしまい、侵略者の存在を無視してまでナチュラル殲滅に拘るその姿を見かねた部下からの「ザフトの戦力だけで外敵に対抗するのは不可能」と言う制止の言葉も聞こうとしなかった為に、見限られ射殺されてしまった。
スーパーロボット大戦UX
名前が語られる程度だが、かつての戦争で多大な犠牲を出した戦犯として悪名を轟かせている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
原作同様にジェネシスを用いた地球壊滅を目論む。なお、戦争が終結した後の処遇は不明。
スーパーロボット大戦X-Ω
ストーリークエストでは、「第3章:明けない夜」の終盤にて原作と同じ末路を迎えるが、その後のヤキン・ドゥーエZマスターによって機界昇華されてしまう。なお、アスランは死に目には現れなかった。
期間限定配信クエストでは、「大決戦! 地球を守る戦士たち」の第3章「集結する力」にて、ジェネシスを用いた謀略をアスランに公表されて失脚していた。

人間関係[編集]

家族[編集]

レノア・ザラ(SRW未登場)
妻。血のバレンタイン事件で死去。レノアの死がパトリックのナチュラルへの憎悪を掻き立てた。
レノアが死んでからもパトリックは彼女を愛しており、特にボンボン版では「レノアのいない世界に価値は無い」と思っている程、その愛は強い。しかし、彼女がナチュラルと交友関係を持っていた事を快くは思っておらず、ナチュラルに関する考え方には大きな隔たりがあった模様で、小説版では関係はむしろ冷めていたとされる。
アスラン・ザラ
息子であるはずなのだが、妻の死後は赤の他人同然で冷え切った関係となってしまう。幼い頃のアスランと在りし日の妻の写真を常に側に置いていた所を見ればわかるように、決してが無かったわけではない。だが、その不器用さ故に父親として接することができずにすれ違いを繰り返し、アスランがジャスティスをアークエンジェルに預けて父の真意を確認に訪れた際にはナチュラル殲滅を明言したため、激しい口論の末に銃撃までしてしまった。この件以降は決定的な決別に至っており、そのまま最期の時まで分かり合うことができなかった。スパロボ世界では数多の脅威が存在しているにも拘わらずナチュラル殲滅の為に人類同士の争いを優先した事で、彼からは原作以上に失望されている。

プラント[編集]

シーゲル・クライン
プラント独立運動時代からの同志・盟友。子供同士は婚約者となっている関係だが、路線の違いで対立する。後に、完全に敵対する事となり刺客を送り込んで彼を暗殺した。
アイリーン・カナーバ
クライン父娘を反逆者と判断した際に彼女を拘束するが、最終回で脱獄しクーデターを起こした彼女に自分の派閥を一掃される事に。

ザフト[編集]

ラウ・ル・クルーゼ
腹心の部下と思っているが、実際はクルーゼが利用しているだけであり、最期まで彼の暗躍と自分が怨敵であるブルーコスモスと一緒に掌で踊らされていた事実を知る事はなく、また彼が実はナチュラルだったことも最後まで気付くこともなかった。
レイ・ユウキ
ザフトの黒服。最終回で彼に制止されるも逆に銃撃したが、事切れる寸前に彼によって射殺される事に。SRWでは現在においてもモブの一般兵が彼の役割を担っているため、未だに未登場。

その他[編集]

ジョージ・グレン
「ファーストコーディネイター」その人。『W』では本人と直接絡む場面はないが、その思想を彼から否定されている。
サトー
信奉者の一人で、ユニウスセブンの残骸を地球に落とそうとした。間接的ではあるが、パトリックの存在がブレイク・ザ・ワールドを引き起こしたと言えなくもない。

他作品との人間関係[編集]

シャピロ・キーツ
第3次α』では彼と密約を交わして地球を攻撃する。
三輪防人
『第3次α』ではジェネシスの第一次照射により、期せずして彼に引導を渡した。
草壁春樹
W』では第1部でも第2部でも彼と手を結び、地球連合に対抗する。
ハザード・パシャ
UX』ではパトリックが故人であるため絡みこそないもの、アスランと対峙した際に「パトリック・ザラの息子である貴様が言えた義理か」と反論する場面がある。
…もっとも、アスランからは「だからこそ、二度と過ちを繰り返しはしない」とそれを跳ね除けられてしまうのだが。

名台詞[編集]

「私は何も、地球を占領しよう、まだまだ戦争をしようと申し上げている訳ではない」
「しかし、状況がこのように動いている以上、こちらも相応の措置を執らねばならないのは確かです。中立を公言しているオーブ・ヘリオポリスの裏切り。先日のラクス嬢遭難の際の拉致事件」
「彼らを信じ、対話を続けるべきと言われても、これでは信じろと言う方が無理です」
第20話で、プラント中で報道されていたパトリック・ザラの報道。穏健派寄りであるニコルの父ユーリ・アマルフィが「ザラの言っている事は正しい」と息子に話している通りに、この発言は最近の地球側の対応を考えれば、正しい意見である。
尤も当の本人は後述の目的のために戦争を激化させている人物であるため、実際はただの詭弁である。
「我等コーディネイターはもはや別の、新しい種です。ナチュラルと共にある必要はない」
同上。シーゲル・クラインと会議室で言い争った際の一言。コーディネイターの選民意識むき出しの発言であり、ブルーコスモス同様に、相手を「対等な人間」と見做していないことが窺える。
「これまでとて決して平坦な道のりではなかったのだ。今度もまた、必ず乗り越えられる。我等が叡知を結集すればッ!」
シーゲルから「第三世代の出生率が下がり続けているコーディネイターのどこが新たな種だ」と反論された際の発言。
コーディネイターの優位性を徹底的に信奉しているが故の感情的な反論でしかなく、具体的な解決方法が見えていない事実の裏返しとも言える。
「うむ、真のスピットブレイク、頼んだぞ」
同上。クルーゼと夜の公園に止めた車の中で、密談しながら。
「オペレーション・スピットブレイク」は地球連合軍に残されていた中米のパナマ基地に建設されたマスドライバー「ポルタ・パナマ」制圧作戦のことで、このエピソードで評議会で可決されたばかりだった。
しかし、実際には軍と国防委員会では評議会の承認なしに攻撃目標を地球連合軍最高司令部アラスカ基地に変更し、連合軍部の上層を一気に壊滅させようとしたが、クルーゼがアズラエルに情報を漏らしたため、参加部隊の八割を失うという大失敗に終わってしまう。
小説版では、後に最高評議会で問題視されても世論の圧倒的な支持を武器に、事後承認を得て責任問題を押し切る心積もりだったとの事。しかし、予想外の大敗となってしまったため、議長の椅子すら危うくなり、フリーダム強奪事件を理由に穏健派議員の拘束などのパトリックの暴走が始まる。
スパイを手引きしたラクス・クライン、共に逃亡し行方の解らぬその父、漏洩していたスピットブレイクの攻撃目標…子供でも解る簡単な図式だぞ! クラインが裏切り者なのだ!」
オペレーション・スピットブレイクが失敗した事を報告してきた部下にクライン派の拘束を命じた場面より。実際はザフト地球連合軍の共倒れを望むクルーゼの策略であるが、当のパトリックは最後までその事実に気付くことは無かった。
一方、アスランにも内心では、子供にも解る図式に置き換えようとしているのではないかと思われていた(小説版のモノローグにて)。
「勝つために必要となったのだッ! あのエネルギーがッ!」
36話。フリーダムガンダムジャスティスガンダムが核動力及びニュートロンジャマーキャンセラーを搭載していることをアスランから非難された際に。
ユニウスセブンに核を撃ち込まれており、プラントは核を放棄するとされていたが、結局は軍事利用されてしまっていた。
「終わるさ、ナチュラル共が全て滅びれば戦争は終わる!!」
「これはそのための戦いだ! 我らはその為に戦っているのだぞ! それすら忘れたか、お前は!!」
42話・アスランに詰め寄られ「力と力でぶつかり合って戦争が終わると思うのですか?」と言われた際にこう返した。もはや完全に目的がナチュラル殲滅となっている事が伺える。
父に最低限の理性はあるはずと信じて説得に来たアスランも流石に絶句してしまった。
「見損なったぞ、アスラン」
上記のやり取りの後、パトリックはアスランに銃口を突き付け、更に完全武装の兵士たちを室内に呼び込む。アスランはパトリックに銃撃され、ジャスティスとフリーダムの居場所を吐かせるために兵士に連行させる際の一言。
この一件で、親子関係は完全な断絶と至り、アスランも「俺もです」と返している。
「何だとッ! 逃げられたで済むと思うか馬鹿者ッ! すぐ全市に緊急手配しろ、港口閉鎖、軍にも警報を出せ、アレを逃がしてはならんッ!」
「アスランめぇ~ッッ!」
上記の経緯で連行されたアスランがクライン派の助力を得て(アスラン自身は単独でも脱走を実行していたが)脱走したとの報告を受けて。
呪詛の籠った様な声で息子を罵っているが、同時に銃撃した際に床に落としてしまっていたレノアとアスランが写っている写真立てがデスクに戻っている事がパトリックの心境の複雑さを物語っているのかもしれない。
「思い知るがいいナチュラル共。この一撃が我等コーディネイターの創世の光と成らんことを! ジェネシス、発射!」
47話「悪夢は再び」ラスト。この号令と共に、戦場に終末の光が迸る…。
(我等の勝ちだな、ナチュラル共)
ジェネシスのミラーブロック換装作業がほぼ完了し、第二射のターゲットを地球連合軍の月面プトレマイオス基地へと向ける。
オペレーターにプトレマイオス基地から発進した連合の増援艦隊の位置を確認した際のモノローグ。
地球連合軍第二陣の月艦隊がプトレマイオス基地との直線射線上にいる事を意味しているため、ジェネシスの攻撃で連合増援艦隊と月基地を潰されれば地球連合軍は宇宙戦力の大部分を損耗する。この時点で第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦はほぼザフトに軍配が上がる事になるため、この時点で勝利を確信したのであろう。
「! …構わん」
48話「怒りの日」にて、出撃前のクルーゼから「アスランを討つことになりますが構いませんね?」と尋ねられて、間を入れながら答える。直後、一人震えていた事から何かしら思うものがあった様子。
「急げ、照準入力開始。目標、北米大陸東岸地区」
ジェネシスの第三射を地球の大西洋連邦領に向けるように指示した際の発言。幕僚であるレイ・ユウキや周囲のザフト兵はパトリックがジェネシスで地球を撃つ筈がないと信じていたが、即座にワシントンへ照準を入力し、早くしろと言わんばかりに怒号を飛ばす。
ここに至って、レイ・ユウキもパトリックが本気で地球を滅ぼすつもりだと悟り、説得しようとするが……。
「ハッ、奴等が…敵がそこにいるのに、なぜそれを撃つなと言う?」
「撃たねばならんのだッ! 撃たれる前にッ! 敵は滅ばさねばならん。何故ッ、それが分からんッ!」
自身を止めようとしたレイ・ユウキを銃撃して、憎悪と狂気に飲み込まれたままにジェネシスの発射シークエンスを始めようとする場面にて。
この状態に至って、自分たちの国家元首が狂ってしまっていることを悟ったのか、司令部のザフト兵達も驚愕してしまっていた。声色も狂気的なものになっており必聴。
「勝つために戦っているのだ! 皆、覚悟はあろうッ!」
パトリックがジェネシスの発射しようとしているのを見て。もう一人の幕僚が射線上に友軍部隊が展開している事を理由に止めようとするが、パトリックはまるで意に介さずにこの言葉を吐き出す。
しかし、彼の背後では銃撃され致命傷を負ったレイ・ユウキが拳銃を構えており……
「撃て…我らの…世界を…奪った…報い…」
上記の直後に銃撃され、同時に司令部に侵入したアスランに看取られながら死の間際の台詞。最後までパトリックはナチュラル殲滅に取り憑かれたままであった。
小説版では憎悪に囚われる余り、目の前にいたのがアスランであることすら気づいていなかった。
「あの…バカ息子が…」
「レノアは…お前の母はな…私にとって唯一無二の存在だったのだ…! レノアのいないこの世界など私にとっては…」
高山瑞穂版『SEED』の終盤にて。TV版で省かれたパトリックの「父性像」に、僅かながらも踏み込んだ台詞。小説版でもモノローグにてほぼ同様の発言をしていた。
このように彼の身に降りかかった悲劇に関しては、確かに同情するに値するものであるが、その為に行った大き過ぎる「復讐」は決して許されるものではないだろう。

スパロボシリーズの迷言集[編集]

「名台詞」よりも所謂「世迷言」の方が目立つのは、歪みまくったキャラ設定ゆえか…?

STMCプロトデビルンバッフ・クラン帝国監察軍…」
「それらの脅威については私とて知っている!」
第3次α宇宙ルートより、ヤキン・ドゥーエ司令室内でのアスランとの会話。全銀河的規模の危機よりも一個人の私怨を優先させるパトリックが、それらの脅威についてどの程度把握しているのか、物凄く疑わしい。
「私とて人類の未来は考えている! その為にナチュラルを駆逐すると同時に、地球を防衛する為の兵器も用意している!」
「地球安全評議会のBMIIIとイージスの盾を合わせれば、人類を守る事も出来る!」
どちらもプラントオリジナルの戦力でしたっけ? …と突っ込みを入れる間も無く、「その為にはコーディネイターが地球の盟主になる必要が有る!」と怪気炎を上げ、何処までも己の私怨の正当性を訴えるのであった。そして、その双方やプラントの戦力を持ってしても銀河消滅の危機を乗り越えるにはまだ足りない。
「見たか、ナチュラル共! これが我らの力だ!」
「このジェネシスと月のイージス…そして、BMIIIが有ればSTMCも恐れるに足らん!」
『第3次α』第51話「終わらない明日へ」より。ジェネシスの第一次照射で、三輪率いる主力艦隊を一掃した後にブチまけた地球防衛構想。既にイージスもBMIIIも己が手中に収めた気でいる皮算用発言が何とも痛々しいが、同時にSTMCの脅威について全く把握していない事を露呈してしまった。この後、またもや「コーディネイターこそ新たな人類!」と力説するものだから、もう余計に始末が悪い。
「ならん! 各戦線がイバリューダーによって混乱している今こそが絶好の好機!」
「ジェネシスのニュートロンジャマーキャンセラーを起動させろ!」
W』第2部第51話プラントで戦闘を止めるルート「進んだ道の先」より。イバリューダーの襲撃に対しても「これこそが好機」と考え、共闘はせず泳がせておく始末。当作においても、人外の脅威を軽視しすぎている事が窺える。
あんな化け物はどうとでもなる! 今はナチュラルどもを滅ぼすことが先決だ!」
「これは何のための戦争か! 連中を葬り去るまたとない機会だぞ!」
『X-Ω』第3章第26話より。本作においても同胞のためだと豪語し、ジェネシスをZマスターではなく連邦艦隊へ撃つ暴挙を行おうとする。案の定、直後にザフト兵たちから「あなたにはもう同胞が見えていない」と見限られ射殺される結末を迎えてしまった。この回のサブタイトルが「理想の行く末」である事を考えるとパトリックの末路を皮肉っている様にも見えなくもない。

脚注[編集]

  1. クルーゼと「真のスピットブレイク」について密談しているため、評議会に作戦案を出した時点で、アラスカ強襲を目論んでいたと思われる。ただし、そのクルーゼによってアズラエル経由で地球連合本部に作戦内容をリークされてしまった。

資料リンク[編集]