草壁春樹

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
草壁春樹
読み くさかべ はるき
外国語表記 Haruki Kusakabe
登場作品
声優 安井邦彦
デザイン 後藤圭二
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
出身 木星
所属 木連火星の後継者
軍階級 中将
テンプレートを表示

草壁春樹は『機動戦艦ナデシコ』の登場人物。

概要[編集]

木連の軍人。

木連におけるタカ派の筆頭だが、横暴で好戦的な人物という訳ではなく、様々な策略を張り巡らす頭脳や、部下達からの信頼を集めるカリスマ性も備えており、冷徹ながらも理想に殉じる信念を持ち合わせている。

とはいえ、その理想を成すためなら手段を選ばないのが殆どであり、彼の人物像を一言で述べるのならば「正義を愛し、理想のために命をも惜しまないが、その理想が他人にとっても理想だと本気で信じている」といったところであり(後述)、早い話が最も組織の長に置いてはいけないタイプの人間である。

TV版[編集]

白鳥九十九の地球側との和平交渉には、一見理解を示している様に見せても内心では賛同しておらず、ボソンジャンプ演算ユニット火星の極冠遺跡で発見された事で、和平交渉を失敗に持ち込むよう陰謀を張り巡らす。そして仮調印式の日、暗殺の命を月臣元一朗に下し、火星の極冠遺跡を巡って地球側との決戦へと持ち込む。

しかし、火星での激戦の終盤にて、演算ユニットはブリッジを切り離したナデシコに搭載され、ボソンジャンプで宇宙の彼方へと飛ばされてしまい、その目論見は失敗に終わってしまう。更に火星での戦闘後、白鳥の暗殺を実行した月臣や真実を知った秋山を中心とする若手将校達によって起こった「熱血クーデター」が発生。草壁は自ら出撃して月臣と交戦した後、その行方を眩ませる事になる。

TV版から劇場版までの間[編集]

熱血クーデター後に行方を晦ませていた草壁は、密かに賛同者達を集めていき、木連の残党を中心とした秘密結社『火星の後継者』を結成。そのリーダーとして、再び地球圏に戦いを仕掛けるべく、暗躍する。

宇宙の彼方へ飛ばされた演算ユニットの積載されたナデシコAを密かに回収し、ボソンジャンプを行える者の中でもA級ジャンパー達を事故死等に見せかけて次々と拉致。テンカワ・アキトミスマル・ユリカもまた拉致される事になり、ユリカは演算ユニットを自由にコントロールする為のデバイスとして組み込む事になる。

しかし、アキトは幽閉された拠点の一つを襲撃してきた月臣やゴート・ホーリーによって奪還され、後に復讐鬼となりブラックサレナを駆る彼からは、度々追撃を受ける事になる。

劇場版[編集]

蜥蜴戦争から3年の月日を経て、回収したナデシコAと共に演算ユニットが隠されていたコロニー「ヒサゴプラン」を、アキトの襲撃に乗じて占拠。『火星の後継者』のリーダーとして再び表舞台に現れる。

演算ユニットを奪取した後、火星に向かった草壁率いる火星の後継者は、木連軍人も多く所属していた統合軍の一部を味方につけ、磐石の態勢で本格的な活動を開始。ボソンジャンプを利用した奇襲戦術を展開する事で、重要拠点を次々と制圧していくが、月臣の説得によって前線で戦っていた奇襲部隊が次々と投降し、更にはホシノ・ルリ率いるナデシコC部隊によって火星の全システムを掌握された結果、まともな抵抗も出来なくなる。ルリから降伏勧告を受けた草壁は最後、部下の安全を保証して貰う事を条件に、潔く投降の道を選んだ。

実は、草壁が再度の決起を起こした真の理由は、ボソンジャンプの危険性について地球側に証明する為であり、劇中の様子からも、その目的は果たされている。 また草壁の投降後も、火星の後継者を名乗る勢力による地球側への抵抗活動は続いており、それらの展開は『ナデシコ』の各種ゲーム媒体で扱われている。

登場作品と役柄[編集]

劇場版設定で登場する際もかんなづきで戦闘に参加するケースが多く、大体の作品でナデシコシリーズのラスボスを務めている。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
ほぼ原作と同じ行動を行う。和平交渉を装いロンド・ベルに罠を仕掛け、クワトロ万丈といった慎重派の目をも欺くことに成功。クワトロをして「見抜けなかった時点で我々の負けだ」と言わしめるほど、頭脳派悪役としての冴えを見せた。和平交渉での恫喝や、木連の戦意を煽るアジテーションがDVEで収録されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場作品。ほぼ原作準拠。
スーパーロボット大戦R
序盤は劇場版準拠。その後の過去編において、TV版時代の彼も北辰らを部下に従えていたことが明らかに。
スーパーロボット大戦J
木連との和平後もグラドス軍残党と手を組んで、プレイヤー部隊に対抗するが、最終的にはクルーゼに撃ち落とされて戦死する。劇場版でアキトとユリカに降りかかった悲劇を思えば、彼には悪いがこれはこれでハッピーエンドなのかもしれない。
スーパーロボット大戦W
第1部終盤、クーデターによる敗北後、キョアック星人以上の悪の異星人であるガルラの侵攻に対し木連の軍人達の大半が地球側との共闘を選択し、皮肉にも自身が戦意高揚の手段として利用してきたゲキ・ガンガー3が、あろうことか木連地球間の和平のきっかけとなってしまう。その後月臣の「熱血は盲信に非ず!」の檄の際にもその場に居合わせ、まさしく立つ瀬がない状態に。第2部では劇場版準拠で形勢逆転を試みるも、あまりにも分かり易い作戦決行日であったため、看破されて計画は瓦解。今回の草壁は本当に単なる味方の団結の引き立て役に過ぎないが、最後には悪あがきもせずあっさり投降したりと妙に潔くなっている。
スーパーロボット大戦BX
原作準拠。同盟相手のヴェイガンと共にラ・グラミス攻防戦に挑むが、ヴェイガンギア・シドの暴走、熱血クーデター、フリットの呼びかけなどが重なる事でザナルドと共に孤立。最後は劇場版に近いやり取りで投降した。

VXT3部作[編集]

スーパーロボット大戦V
劇場版設定。今回はNPCで戦闘に参加しないため、影が薄い。最後は原作通りに逮捕された。
スーパーロボット大戦T
劇場版設定のNPC

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
劇場版設定で原作通りに敵対し、火星での決戦で部隊を分割した状態のマグネイト・テン(自軍)に討たれ捕縛される。テロ決行直前のアジテーションがDVEとなっている。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
ギガノス帝国のトップドルチェノフと手を組むが、原作通り「熱血クーデター」で計画は頓挫される。その際、何者かの手引きによって起動したチューリップをくぐり抜けて行方をくらます。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

特殊技能(特殊スキル)[編集]

IMPACT
底力L9
BX
底力L9、援護攻撃L3、全体攻撃L3、指揮L4、プレッシャーL4、気力限界突破

人間関係[編集]

北辰
腹心。
白鳥九十九
部下。地球側との開戦に踏み切るために、月臣を利用して謀殺。
ヤマサキ・ヨシオシンジョウ・アリトモ
火星の後継者における部下。
秋山源八郎
部下。当の彼からは、「正義を愛する熱血漢、理想のためなら死ねる男。ただ問題は、その理想が他人にとっても理想だと本気で信じているところ」と評されている。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ブライト・ノア
『IMPACT』ではユリカらと共に和平交渉へ訪れた彼を罠に掛け、身柄を拘束しようとした。
ドモン・カッシュ
『R』では、かぐらづきで開かれた地球圏統一国家と木連の和平交渉で、原作通り九十九を暗殺しようとしたところを、地球側であるリリーナの護衛として来た彼に、九十九に向けて放った銃弾を素手で受け止められ、しかもそれを自分の方に投げ返されてしまうという人間業とは思えない神業で大怪我をしてしまう事に。
リリーナ・ドーリアン
『W』では第1部にて彼女によって大きく計画を狂わされてしまう。
デキム・バートン
『W』では協力するフリをして、戦意高揚のために利用する。
フロスト兄弟シャギア・フロストオルバ・フロスト
『R』では彼らに利用される。
ラクス・クライン
『W』では北辰に彼女を拉致させ、一斉蜂起のために利用しようとするが、逆に火星の後継者の戦意を彼女の歌によって消沈されてしまう。
パトリック・ザラ
『W』では彼と共に地球連合に対抗する。
ラウ・ル・クルーゼ
『J』では自身の悪あがきを彼に嘲笑された挙句、彼に引導を渡されてしまう。
ザナルド・ベイハート
『BX』では最大の同志。共に地球圏から捨てられた民の末裔という共通点を持っている。ヴェイガン木連との決戦マップでは熱血クーデターフリット・アスノの演説により多数の木連兵、ヴェイガン兵が投降及び戦線離脱するも共に最後まで抵抗する。

その他リアル系[編集]

ドルチェノフ
MXとCCでは彼と組む。
ル・カイン
Jでは彼と同盟を結ぶ。

スーパー系[編集]

ランバ・ノムパイ・サンダーレイナ・ストール
IMPACTでは彼女らの抵抗により、ブライトやユリカといったロンド・ベル隊首脳陣の拘束に失敗する。
ちなみにレイナからは白鳥の暗殺指示を「自分の思想にあのアニメを当てはめているだけ」と酷評している。
リヒテル
MXでは彼の最期に感動したのだが…。
エリカ
MXではバーム星人の瞬間移動技術を手中に収めるための布石として、指導者たる彼女のカリスマ性を利用すべく人質に取るが、自分達の掲げる正義を面と向かって非難されることに。
ファーラ姫
Wでは彼女に対して敬意を表しているが、頑固で独善的な自身の正義を彼女に非難されてしまう。

バンプレストオリジナル[編集]

ヴィンデル・マウザー
Aでは彼に利用される。

名台詞[編集]

「……そうだ。君の言う通り、正義はひとつだ」
この言葉と共に、部下に命じて九十九を暗殺させる。『IMPACT』『BX』ではDVEとなっている。
「悪の帝国は正義によって滅ぼされる。それがゲキ・ガンガーの結末でもある」
「悪の帝国は滅んで当然。それがあの作品に貫かれていたテーマだ。すなわち、我々を弾圧し、木星に追いやった地球は滅んで当然!」
「そうだ! 正義は常にたったひとつ。我々の側にある!」
自分では正義で敵が悪だと思っているが、和平に付け込んだ武装解除要求や暗殺など、やっていることは完全にヒーローものの悪者である。『IMPACT』ではこちらもDVE。
「ぼくらの使命、それは宇宙の平和と人類の未来を築くこと。夢の実現だ!ぼくらは争いを望みはしない。無益な殺生こそ正に無意味だ。だが、地球連邦政府は卑怯にも全権特使、白鳥九十九大佐の死をもって、ぼくらに答えた!!だがみんな、くじけちゃいけない!正義はひとつだ!!そうだとも。僕らは必ず、悪の地球を打ち破る!だから見ていてくれみんな!『熱血ロボ ゲキ・ガンガー3』の第39話のように、我々は戦う。正義は必ず勝つ!さあ、みんなで叫ぼう!正義の合言葉!!レェェーッツッ!ゲキガ・イーン!!!」
九十九の国葬での演説。ヒーロー番組を子供に紹介するような文面となっているのが印象的。それで湧く木連もまた、草壁と同様に盲信しているということだろうか。
「……部下の安全は保障してもらいたい」
劇場版にて、ナデシコCのシステム掌握によって北辰北辰衆を除いて無力化された際に、大人しく投降して。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

携帯機シリーズ[編集]

R

「ば、馬鹿な…銃弾を素手で…」
第32話「僕らが求めた戦争だ」にて、九十九に向けられた銃撃を素手で防いだドモンに驚愕する。

J

「何だと…な、何ということだ、我々の正義が…」
第49話「憎悪の果て」にて、乗艦が自軍に撃墜された際の台詞。最早操艦不能となり退艦を試みるが……
「何だと!? た、退避だ! 退避…」
その直後にクルーゼの駆るプロヴィデンスガンダムが出現。用済みとばかりに艦もろとも撃墜され、草壁は宇宙の塵となった。

W

「よし…! 今ここに新たな檄を…! 勇敢なる木連の兵士の諸君! 敵地球人の卑怯な策略により我々の仲間達は心に深い傷を負った! 志半ばで戦列を離れる事になった仲間達に報いるためにも、我々は再び立たねばならん!」
第1部第24話「それぞれの『自分らしく』」にて、木蓮軍人の戦意を駆り立てる際に。尤も、地球でリリーナの言葉に動かされた兵士は心に深い傷を負って自分からリタイアしたのではなく、春樹の手で粛清されてしまった。
ヤマサキもいうように、「正義の為ならば手段を選ばない」という彼の人物像の一端が見られる。
「ぬ、ぬうう……! 悔しいが素晴らしい! なんと力強き言葉だ!」
同ステージにて、月臣が言い放った「熱血とは盲信にあらず!」を受けて曰く。
月臣らによって計画を潰されてしまい、木星にいる市民に公表されてしまった彼は逃亡を謀るのであった。
「言葉を尽くしてもわからん人間がいるからだ!そして、君もその一人だ!疑問を投げるだけでなくその言葉で私を動かしてみせるがいい!」
第2部第47話「黒衣の復讐者の最期」に於けるキラとの戦闘前会話で、戦う理由を問い詰めてきた彼に対する反論。暗に『SEED DESTINY』時代のキラを皮肉った台詞ともとれるが、自分のことを完璧に棚に上げているので説得力はない。
「言葉は不要だ。お前はお前の信じた道を行け、その熱血と共にな!」
同上。月臣との戦闘前会話の一節。半年前の言葉を交えつつも、あくまでも自分の「正義」を頑なに変えない事をを暗に示している。

BX

「騙されるな! あれは地球側の用意した偽物だ! 僕らの白鳥大佐は死んだ! 正義を信じて生命を燃やす。それが、熱血! それがゲキガン魂だ! 共に信じた熱血を思い出すんだッ!」
第41話「君の中の英雄」で、月臣の離反と暗殺されたはずの九十九が参上した際に。
しかしその直後、月臣から「熱血とは盲信にあらずッ!」を受けてしまい、続けて秋山や三郎太も離反されてしまう。
「…敵であっても、受け入れようとする…。それがお前達の正義…」
「私も木連の軍人だ。この期に及んで見苦しい真似はしない。だが、部下達の身の安全は保証してほしい」
同ステージにて、投降した時の台詞。

単独作品[編集]

MXMX PORTABLE

「…エリカ君、我々にはここで退けぬ理由がある」
「そう…君の兄上、リヒテル提督のように捨てられぬ信念があるのだ」
第46~48話(『MX PORTABLE』では第47~49話)「キミノオモイデニ、サヨナラ」より。進退窮まりながらも、投降を勧めるエリカからの進言を跳ね除け発した決意。直後、彼女の身柄を解放する。
「全てはより良き世を造るための犠牲…その痛み、無駄にはせん!」
ロムとの戦闘前会話。あくまで「人の命を糧にした世直し」を正当化するが、その詭弁はロムの怒りを呼び彼に一蹴される。

CC

草壁「次元跳躍門…一体誰が?」
???「その門を潜られよ…御身、我らにとって象徴。ここで散ることあたわず…」
草壁「そうか、君は……分かった、今は恥を忍ぼう。来るべき未来の為に」
『新たなる夜明けのために』にて、「熱血クーデター」によって追い詰められた際に、何者かによって起動したチューリップに反応して。この後、逃亡した事でアレンビーから「往生際が悪い」と酷評されてしまう。
逃亡の手引きした者の正体は不明だが、台詞回しやその人物への反応から察するに、ある人物を連想させられる。…しかしその「来るべき未来」が訪れることなく、『CC』の展開は終わりを迎えるのだった。

搭乗機体[編集]

かぐらづき

余談[編集]

  • 担当声優の安井氏は原作第3話に登場した地球連合軍総司令の声も演じており、「連合と木連双方のトップが同じ声」という対比になっている。