ミスマル・コウイチロウ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ミスマル・コウイチロウ
漢字表記 御統 コウイチロウ
外国語表記 Kouichiro Misumaru
登場作品
声優 大塚明夫
デザイン 後藤圭二
初登場SRW スーパーロボット大戦IMPACT
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 連合宇宙軍
軍階級 中将(提督)[TV版]→ 総司令[劇場版]
テンプレートを表示

ミスマル・コウイチロウは『機動戦艦ナデシコ』の登場人物。

概要[編集]

連合宇宙軍第3艦隊の提督で、ミスマル・ユリカの父親。以前は火星に在住し、テンカワ・アキトやその両親とは、家族ぐるみでの付き合いがあった。ただし、コウイチロウ自信は地球の出身で、娘のユリカのA級ジャンパーとしての素養は亡き妻からの遺伝にある。横山光輝原作の『魔法使いサリー』に登場するサリーちゃんのパパのような容貌。

早くに妻を亡くして男手一つでユリカを育ててきた為に、娘のユリカに対しては果てしないまでの親バカ振りを見せており、自身でも「娘可愛さのあまり軍にまで入れた」と豪語している程。一方で軍人としては非常に優秀であり、軍の内部やネルガル重工の動きに細心の注意を払って警戒する等、「智将」と呼べる程の切れ者で、人間としての良識も持ち合わせている。一方、娘に比べれば割と常識人であるのだが、時折天然な発言をしたり、川柳を読むのを好むといったお茶目な面を見せる事も少なくない。

TV版[編集]

かつてユリカと共に火星から地球へ向かった当日に、アキトの目の前でテンカワ夫妻が爆発事故に巻き込まれて死亡してしまっており、その事からアキトには自身の陰謀でテンカワ夫妻が暗殺されたのではないかと疑われてしまっていた。しかし、コウイチロウもまたテンカワ夫妻の死に関しては疑問を抱いており、独自に調査を行い、遺跡やCCに関してテンカワ夫妻と意見を違えていたネルガルが関与したのではないかと推測していた(ネルガルを警戒していたのはその為)。

溺愛しているユリカがナデシコの艦長になったのを許しているが、実はどの道、ナデシコを拿捕して彼女を手元に戻すという目論見があった為で、上層部からの命令を受けた際に、拿捕を実行に移そうとしたが、失敗。その後、ユリカの監視を任せていたアオイ・ジュンデルフィニウム部隊の指揮を執る形で追撃しているが、説得を受けた末にナデシコについて行ってしまう事になった。

火星から帰還したナデシコが連合軍に協力する事になった後、木連から来た白鳥ユキナを捕虜として迎えていた事実をアカツキ・ナガレからの密告で知ったコウイチロウは、再び艦隊を率いてナデシコの占拠を実行するが、本当の目的はユキナをネルガルから保護する事と、火星で起きたテンカワ夫妻の死の真相をアカツキ本人から問い質す事にあった。そこで、プロスペクターからテンカワ夫妻の死は、ネルガルの前会長であるアカツキの父親の陰謀であった事実が明らかとなり、更には機密保持の為にネルガルがユキナを殺そうとしていた事から、反乱を起こしたナデシコのクルー達に協力する形で、ユキナを逃がしている。

蜥蜴戦争終結後、当初はユリカのテンカワ・アキトとの結婚に反対していたが、ラーメン勝負を経て結婚を認める。

劇場版[編集]

連合宇宙軍の総司令を務めており、階級もおそらくは大将に昇格したと思われる。

溺愛したユリカがアキトと共に死亡してしまった事になっていた為、かつての親バカぶりはなりを潜めており、軍人としての有能さが全面的に出ている。一方、会議中にスイカを食べていたり、メグミとホウメイガールズに秋山源八郎と共にバックバンドとして大太鼓を叩いている等、ノリの良い面も見せている。川柳好きなのも相変わらずな模様。

登場作品と役柄[編集]

TV版では階級を呼ばれる機会がないものの、設定画の端書きや肩章によれば階級は中将。あまり周知されていない設定のためか、Jでは2階級も下のコルベット准将に不遜な口の利き方をされてしまっている。

スパロボではプレイヤー部隊の直属の上司を務めることが多い。ロボットアニメにおける「友軍の高級将校」という立場のキャラクターは三輪コルベットなどのように能力や人格に問題のある人物も多く、場合によっては「敵兵以上に邪魔な悪人」になってしまうことも少なくない(特にスパロボでは演出上そういった負の面が強調されやすい)が、ミスマル提督はその中にあって貴重な「有能な良識人」「優秀かつ善良な軍人」であるといえ、要所で的確な指示を出したり、便宜を図るなどして部隊をしっかりと支え導く場面が多く、部隊指揮官との信頼関係も基本的に良好である(特に劇場版仕様では顕著)。

一方で原作にもあった親バカさ加減や川柳好きな一面もしっかりと再現されており、コミカルな姿を見せる場面も少なくない。親バカに関しては『IMPACT』でブライト葉月を困惑させたほど。しかしこれらの要素がなくともノリの良い言動をとることが多く、堅物のカティに対して仕事の場で彼女の夫の話題を振ったりしているなど、良くも悪くも親しみやすい好人物として描かれている。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
連邦軍幹部。直属の部下に『忍者戦士飛影』のローニン・サナダがいる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ナデシコ絡みのシナリオ上で名前が出てくるだけで、本人は登場しない。
スーパーロボット大戦J
地球連合軍では非ブルーコスモス派で、コルベットとしばしば対立。後半はアズラエルとコルベットのタッグによってヒラの提督へと格下げとなるが、二人の死後に復権。
スーパーロボット大戦W
前半はTV版、後半は劇場版の姿で登場。ほぼJと同じ立場となっている。アークエンジェルのクルーたちなど、連合所属の人間がヴェルター、あるいはノイ・ヴェルターに与することになったとき、転属手続きなどで彼の名が出てくることが多く、権限の強さが窺い知れると共に、そうした転属によって結果的にヴェルターノイ・ヴェルターに精鋭たちが集結することになったため、隠れた功労者であるといえる。
スーパーロボット大戦BX
TV版で登場。ブライティクスの後援者として、連邦軍の改革に動いている。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
やはり劇場版のみの参戦なので、真面目な一面が目立つ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
連邦軍幹部としてマグネイト・テンの強力なバックとなり、クワトロからも実力を評されている。とはいえ、彼らに指令を伝達する際、例えそれがどんなに緊迫した状況下であっても一句詠まずにいられない悪癖は健在で、その度に部下からはスルー、もしくはダメ出しされてしまう。しかし劇場版設定ゆえにユリカがほとんど出ないので、親馬鹿っぷりは見られず、相対的に今までの作品より真面目に見えてしまうかもしれない。部隊名考案イベントではウケ狙いを自重するよう、プレイヤーへ釘を刺してくれたりもする。

人間関係[編集]

ミスマル・ユリカ
娘。
テンカワ・アキト
娘婿。当初は結婚を認めず、「どこぞの馬の骨」扱いしていたが、ラーメン勝負を経て彼を認めた。
ホシノ・ルリ
劇場版では直属の部下。
アオイ・ジュン
直属の部下で実力を高く評価し、蜥蜴戦争終結後、軍に復帰させた。が、『出来る奴だがいい人過ぎる』とも評している。
秋山源八郎
劇場版では彼が連合宇宙軍所属なため部下。BXではフラグを満たさなかった場合のみELSとの戦いの救援に駆け付ける。
月臣元一朗
BXではフラグを満たさなかった場合のみELSとの戦いの救援に駆け付ける。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ブライト・ノア
IMPACT』、『MX』での部下。IMPACTでは彼や葉月博士相手に親バカぶりをこれでもかと発揮する。MXではユリカの命日にブライトが献花してくれたことに感謝する一幕もあった。
BX』では彼と共にELSとの戦いの救援に駆け付ける。
クワトロ・バジーナ
MX』では彼に「食えん御人」と、その手腕を高く評価された。
ムルタ・アズラエル
J』では彼の姦計で一時的に失脚させられる。
フリット・アスノ
『BX』では彼の連邦軍改革を支持している。
フレデリック・アルグレアス
『BX』では上官。マーサの策謀で彼が失脚させられている間、連邦軍を支えた。
カティ・マネキンファルク・オクラムドナイジェル・ギャレットワッツ・ステップニーダリル・マッギネス
『BX』では彼女らと共にELSとの戦いの救援に駆け付ける。
カティとは『V』でも連邦軍の同胞であり、ユリカとアキトの事件から日が立っていなかったため、コウイチロウから必ず帰ってくる夫の存在を羨ましがられていた。

スーパー系[編集]

葉月考太郎
IMPACTでの部下。ブライト同様、彼相手にも親バカぶりを露呈する。
ローニン・サナダ
IMPACTでは部下。
渋谷長官
MXでは部下。
一色真
MXでは彼の(というより、亘理長官の)意を汲んで、マグネイト・テンを『ダウンフォール作戦』へと編入させるが、同時に、人事に口出しせぬよう釘を刺す。
コルベット
Jでアズラエルと共謀した彼に一時失脚させられてしまった。
フォレストン
Wでは軍内で友好的な関係にある。

その他[編集]

バレル・オーランド
ACE3では連邦事務次官だった彼の養父に世話になったとの事。

名台詞[編集]

「我が娘、子供と思えば、ナイスバディ」
第1話で着替え中のユリカの姿を見た際の川柳。
「似てきましたなぁ、お父上に」
第22話でアカツキのやり方を彼の父親に重ねて。この後、CCにまつわるネルガルへの疑惑を口にする。
「アオイ君もそれなりにできる奴なんですが、いわゆる良い人すぎて……」
劇場版でユキナに手玉に取られたジュンについて。これには部下の秋山と参謀のムネタケも同意見であった。
「夏の空、ジュンにも遅い、春の風」
劇場版での川柳。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「そうだろ、そうだろ!? ブライトくん、女房子供は大切にしなければ…」
IMPACT』第1部地上激動篇第5話「『男らしく』でいこう」or第2部宇宙激震篇第5話「蒼い心の訪問者」より。ユリカの身を案じる余り号泣した際、ブライトから掛けられた慰めの言葉へ涙目で同意を求める。
「なんといってもユリカが艦長なのだからな。わっはっはっはっはっ」
同上。ブライトからナデシコロンド・ベルに敵対する存在ではないことの根拠を問われての返答…まあ、そういうことらしい。
「ん~いいじゃないか、忍者がいるなら私も見てみたいし!」
『IMPACT』第1部地上激動篇第6話「舞い上がる翼、舞い降りた翼」より。上述の台詞でエルシャンクの受け入れをあっさり承認する。
「困った時のガンダムとスーパーロボット頼み…悪く言えば、便利屋扱い」
MXPORTABLE)』リアル編第2話「D and E」より。参謀本部がブライトの部隊に過度な期待を寄せている現状を嘆き、口にした皮肉。
「それともう一つ…娘のためにわざわざ花を贈ってくれたようだな」
ブライト「はい……ご命日が近かったので」
「気を遣わせてすまない、大佐」
『MX(PORTABLE)』スーパー編第2話「不滅のマシン ゲッターロボ」より。ユリカの為に献花したブライトへの感謝の言葉。
「幽霊部員ならぬ幽霊司令か…ちと季節外れだな」
『MX』第53話(『PORTABLE』では第54話)「魂のルフラン」より。秋山から報告された森戸圭一なる経歴不詳の人物が、司令官を務めることに胡散臭さを覚え発した台詞。
「我々は戦うだけの兵器に、せめてもと思い、美しい花の名前をつけた」
『BX』第43話「Trailblazer」にて、刹那が対話を成し遂げたことによるELSの花を目の当たりにして。『ナデシコ』の兵器のネーミングに言及した珍しい台詞。
「だが、あそこにある花はまた別のものを表している…。それは…」
上記の台詞の続き。そこに咲いたのは血生臭い戦争の慰みとは意を異にする、争いの終わりを告げる花であった。
「…彼は彼なりに思う所があるのだろうから、義父だからといって私から言う事はない。...…だ伝えて欲しい事がある」
「もう一度、君のラーメンが食べたい…と」
『V』第12話より。アキトを真剣に案じる義父の暖かい心を現した名言である。だが、そのアキトは味覚を喪失しラーメンが作れなくなってしまっていた…。しかし、コウイチロウの念願は困難ルートのエンディングで叶うことになる。