メグミ・レイナード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
メグミ・レイナード
外国語表記 Megumi Reinard
登場作品
声優 高野直子
デザイン 後藤圭二
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 17歳(TV版)
22歳(劇場版)
身長 155 cm
体重 44 kg
スリーサイズ B78・W56・H84
職業 通信士(TV版)
声優業(劇場版)
所属 ネルガル重工(TV版)
特技 美声
パイロットの免許
好きな食べ物 高級料理
嫌いな食べ物 ゲテモノ全般
テンプレートを表示

メグミ・レイナードは『機動戦艦ナデシコ』のヒロインの一人。

概要[編集]

声優ナデシコ通信士。声優以前は看護学校にも通っていた経験も持つ。実家は農家で、両親ともに健在である。

人物 [編集]

明るく屈託の無い笑顔を見せる社交的さと、要領が良くちゃっかりとしている今時の女の子らしい性格の持ち主。普段はおとなしいが、自分にとって興味のある事(特に好意を寄せているテンカワ・アキト関連)になると積極的な所を見せる事もあり、時に自分の身の危険も顧みない無茶な行動に出てしまう事もしばしば。料理の腕に関しては、ミスマル・ユリカと同様に壊滅的で、身体に良い素材を混ぜれば美味しくなると勘違いしている節がある(後に、ユリカの方はラーメンを作れるようになっている)。

他人への思いやりも持ち合わせている一方、やや空気の読めない配慮に欠けた面もあり、火星に取り残された人々を救えず沈痛な気持ちに沈んでいたユリカへの発言からも、その事が伺われる。また、特に不幸な境遇や生い立ちを経験していないが故に、戦争やその関係者に関して「自分とは違う世界」と冷めた目で見ている部分があり、それは火星で起きた悲劇を経験した後も変わらずにいた。その結果、当初こそ互いにアキトと傷を舐め合うような形で接近していたものの、次第に「戦争被害者」だった彼と温度差が生じていく事になってしまう。

好きな男性のタイプは「頼られると弱い、人のモノにも弱い」で、アキトは正にそれに合致するタイプであった。

来歴 [編集]

機動戦艦ナデシコ [編集]

地球にて声優業で生活する中、ネルガル重工の火星奪還作戦「スキャパレリプロジェクト」において、機動戦艦ナデシコの通信士としてスカウトされる。

当初は通信士としての職務を淡々とこなしているだけであったが、コロニー「サツキミドリ2号」側との通信のやり取りを行う中、サツキミドリ2号が木星蜥蜴によって破壊されてしまう事態に直面、人々の突然の死を明確に感じ取ったショックを受けていた所で、同じくダイゴウジ・ガイの突然すぎる死に落ち込んでいたアキトと共感し、彼を好きになる。

以降はユリカとは恋敵同士となり、職務で疲労していた所でわざと傷つく物言いをしたり(ホシノ・ルリ曰く『意地悪』)、何かと張り合おうとする展開を見せているのだが、次第に自らとアキトとの戦争に対する認識や価値観の違い対しすれ違いが生じ始め、一度解雇を言い渡されたアキトについていく形でナデシコを降りた際も、木星蜥蜴との戦争から目を背けられなかったアキトは再び戦場に戻る道を選んでしまい、自身もなし崩し的にナデシコに戻っている。

そのすれ違いが決定的となってしまったのは、木星蜥蜴の正体が「木連」…つまりは自分達と同じ「人間」であった事実が発覚した時であった。ハルカ・ミナトと共に白鳥九十九から木連視点での成り立ちを聞かされたメグミは、木連の人々が「百年前に地球から追放された被害者」と解釈。脱出の手引きをする等、擁護するようになってしまうのだが、木連の人々の祖先達の追放が地球全体の意思でなければ(あくまでも地球の一部の権力者達の意向によるもの)、事の始まりがどうであれ既に木連の一方的な侵略で多くの地球・火星の人々が虐殺されている以上、メグミやミナトの擁護姿勢は戦争の被害者達の心情を無視した判官贔屓になってしまっていた。対するアキトは、木星蜥蜴の正体が自分達と同じ人間であった上に、自身を含めた火星の人々や、イツキ・カザマ、久美といった木連の犠牲者達を目の当たりにしていた結果、彼等に対する憎悪を尚更抑える事が出来なくなった為、最終的にはメグミがそんなアキトに耐え切れないと決別。彼を巡るヒロインレース最初の脱落者となった。

しかし、それでもナデシコから降りようとまではせず、白鳥ユキナの件でネルガルによってナデシコから追われた後は、木連との徹底抗戦に出ようとする地球側の方針に悩みながらも、ナデシコに戻る事を決意。和平交渉における木連側の裏切りや火星極冠遺跡を巡る戦いと自分なりに向き合いつつ、最後まで通信士としての役目を果たした。

戦後は声優に復帰し、後にアイドルに転身している。劇場版では、国民的アイドルとして火星の後継者のメンバーにも知られていた。ちなみに、顔のソバカスがなくなっている。

登場作品と役柄[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
TV版設定。ナデシコサブパイロットとして初登録され精神コマンドが使える。最初から努力応援を使えるので経験値稼ぎがメイン。最後に激励を覚えるが、気合持ちが誰もおらず必要気力の高いナデシコでは自分に使うのもあり。
原作と同じ理由で木連を擁護し、「木連の人間は異星人ではない」という理由で戦いを拒否するが、それまでの間異星人ではないネオ・ジオンとはずっと戦闘していたという矛盾点があるため、彼女の言動が詭弁にしか聞こえなかったプレイヤーもいたであろう。ひょっとして、ティターンズ並の地球至上主義者なのだろうか。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場作品。TV版設定。NPC。クビになったアキトとの同行とすれ違い、九十九を逃がすための脱走と主なイベントは再現されている。
スーパーロボット大戦R
TV版と劇場版が混在。NPC。『A』に比べると印象が薄い。
スーパーロボット大戦J
TV版設定。ナデシコのサブパイロットとして精神コマンドが使える。努力幸運を覚えるのでマップ兵器での稼ぎに役立つ。熱血直撃など戦闘向きのコマンドも負担する。
スーパーロボット大戦W
第1部はTV版設定、第2部では劇場版設定。ハルカ・ミナトアオイ・ジュンと共に、ナデシコのサブパイロットから外されてしまった。今回、ネルガルが大人しいため、アキトと共に艦を降りるイベントがなく、ユリカと張り合うこともほとんどないのでかなり影が薄い。
スーパーロボット大戦BX
TV版設定。音声を新規収録。サブパイロットに復帰した他、多くの原作再現に加えてミナトと共にヴェイガンのコロニー・セカンドムーンへと連れ去られるなど印象は強め。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
劇場版設定。原作での出番がカットされた結果、困難ルートEDでの登場のみと扱いが悪い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
劇場版設定。原作どおり、アカツキ・ナガレらと共に「火星の後継者」の虚を突く形で登場し、彼らの鎮圧に貢献した。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

IMPACT
応援努力加速信頼激励
J
努力直撃幸運集中熱血激励
BX
努力信頼順応鉄壁再動

人間関係[編集]

テンカワ・アキト
ガイの死後、互いに人の死でショックを受けていた事をきっかけとして親しくなっていく。だが、自身が彼にとって「逃げ場」でしかなかった事に薄々感づいていたらしく、更に木連の被害者であり同時にその被害者たちを見てきたアキトと木連に対する認識で大きく異なったこともあって、彼と破局する末路となった。
ミスマル・ユリカ
艦長。恋敵になってからは色々と意地悪な態度に出てしまう事も多かった。料理の腕前は同レベル。
スバル・リョーコ
恋敵。料理に関しては少し負けている。
ホシノ・ルリ
同僚。心の奥底で慕っていたユリカに対し酷い一言を言って落ち込ませるメグミを「意地悪」と評し、眉をひそめていた。
ハルカ・ミナト
同僚。九十九を逃がそうとしたメグミを「頼ってくる人に弱いタイプ」と評した。
白鳥九十九
彼と最初に接触を果たし、ミナトと共に彼をナデシコから逃がした。

他作品との人間関係[編集]

三条レイカビューティフル・タチバナ
IMPACT』では白鳥ナデシコに密航した件で、彼女らと秘密を共有し合う。
ドレイク・ルフト
『IMPACT』での命も厭わず、決戦を挑んでくる彼に「父親のする事じゃない」と批難を浴びせる。
ナタル・バジルール
J』では自分達のおかげで窮地を脱出しておきながら、彼女のナデシコに対する揶揄とも取れる発言に腹を立てる。
武田長官
BX』では、防衛隊基地で自軍の補給を行う見返りとして、一般向けの防衛隊のイベントの手伝いに駆り出され、声優業の経験を活かし、案内役及びアナウンスを担当した。

名台詞[編集]

「独りじゃないですよ。ウフフ…。ううん。誰だって、甘えちゃいたい時あるもん」
第4話「水色宇宙に『ときめき』」より。ガイの死をあまり悲しんでいないナデシコクルーへの憤懣およびパイロットとしての苦悩をぶちまけるアキト
そんなアキトの心情に気付いたのは、サツキミドリ2号コロニーの居住民の死を悲しんでいたメグミであった。彼女の言葉に励まされたアキトは0G戦フレーム出撃して、複数のバッタに取りつかれたデビルエステバリスの破壊に成功するのであった。
「おめでとう、アキトさん! やったね、アキトさん頑張ったもん!」
同上。戦いを終えてナデシコに帰還したアキトの元へ駆け付けて。ガイの死を悲しんでいたアキトとメグミの仲は急接近し、二人は遂に口づけを交わす
ちなみに、その光景をユリカは偶然目撃してしまっていた…。
「ユリカさん…。私、『逃げ場』で良いですから…」
「え…?」
「私、負けません…!」
第6話「『運命の選択』みたいな」より。ユリカの前で告げたアキトを巡る宣戦布告…なのだが、火星に取り残された人々を誰よりも救いたいと願っていたアキトでさえ人々を救えなかった事に傷心していた彼女を気遣って責めようとしなかったのに対し、メグミの方はあまりにも空気が読めておらず、木星蜥蜴との戦いを何処か他人事の様にしかとらえられなかった彼女の心象を表してしまっている。しかし、それでもユリカの方は笑顔で応えていた。
「あたしじゃダメですか? あたしを守るんじゃダメですか? みんな楽しそう。でものんきに見えます? みんな必死なんです。みんな自分たちの場所で、幸せを守るために一生懸命戦ってるんです。戦争してるから偉いんじゃない。一人の女の子を守って生きるのも、地球を守って生きるのも、同じ戦いでしょう?」
ネルガル重工から放逐され、戦闘から離れたところで気もそぞろなアキトに対して。平穏な人生の尊さを訴えるが、アキトの心を翻すことはできなかった。
地球を守る人の方が、戦う人の方が偉いんですか!? やっぱりおかしいよ、こんなのちっともアキトさんらしくないです! 戦争しなくてもいいじゃないですか! 家で二人で、『ゲキガンガー』見ててもいいじゃないですか! その方が、アキトさんらしい! アキトさんらしい…アキトさんらしいです…!」
第16話「『僕達の戦争』が始まる」より。木連に対して執拗な攻撃を続け、白鳥九十九との決闘にまで乗り出したアキトに対して諌める。
しかし、直後に「俺は『ゲキガンガー』を見ている大人じゃなく、ゲキガンガーになれると思ってた…」と返される等、メグミの考えは結局アキトに受け入れられる事はなかった。こうして、二人は破局を迎えたのであった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「『予告無き広域攻撃は遠慮願う』…だそうです」
IMPACT』第2部宇宙激震篇第14話「温めの『冷たい方程式』」より。周囲にロンド・ベル隊が居ることを確認せずにグラビティブラストをブッ放したユリカへ、ブライト・ノアからのクレームを読み上げる。
「…ロンド・ベルの人たちって、ナデシコに馴染み易そうですよね…」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第4話「白熱の終章」より。ナデシコに温泉が完備されていることを知り、よからぬことを企む兜甲児ボスを目の当たりにしての感想。
「地球圏統一国家はそんなことを望んでないはずです!」
R』第6話ナデシコルート「GEAR戦士電童」に於けるアキトvs月臣元一朗戦闘前会話より。あくまで木連と戦おうとするアキトを諌めようとして。原作では未だに戦争を「過去の事」と認識しているメグミを際立たせる場面だったが、この流れだと逆にメグミが正しく、アキトが間違っているような描写になっている。意図的だろうか?
メグミ「私たちのおかげで助かったくせに、なんかあの人やな感じぃ」
さやか「メグミさん、聞こえるわよ」
メグミ「だって聞こえるように言ったんだもん」
J」第7話「崩壊の大地 後編」より。当のナタルはグゥの音も出せなかった。

搭乗機体[編集]

ナデシコ
ナデシコ・Yユニット

余談[編集]