ハルカ・ミナト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハルカ・ミナト
漢字表記 遥 ミナト
外国語表記 Minato Haruka
登場作品
声優 岡本麻弥
デザイン 後藤圭二
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 22歳(TV版)
27歳(劇場版)
身長 163 cm
体重 50 kg
スリーサイズ B90・W58・H86
所属 民間人ナデシコ→民間人
特技 水泳(インターハイ出場経験あり)
好きな食べ物 九州ラーメン
嫌いな食べ物 牛乳
テンプレートを表示

ハルカ・ミナトは『機動戦艦ナデシコ』の登場人物。

概要[編集]

ナデシコの操舵士。

元々は大企業で社長秘書をしていた才媛。スカウトされたことで、あっさりナデシコに搭乗する。胸囲にボリュームがある故か、制服の前の部分をオープンにして着崩している。

TV版において一時期ゴート・ホーリーとは恋仲であったが、別れることになり、後に出会った白鳥九十九とは恋仲になるが死別している。劇場版では高校教師となり、九十九の妹・白鳥ユキナを引き取り一緒に生活している。ちなみに当時発売されたカードダスでは好きな男性のタイプは「ややファザコン」と設定されている。

恋多き華やかな女性で、一見するといかにもな軽いお姉さんに見えてしまうが、実際はナデシコでは数少ない知的な大人。元来面倒見の良い性格であり、ナデシコメンバーの再結集時にもホシノ・ルリマキビ・ハリの年少組を気にかけていた。なお、ミナト自身は疎遠になっていた両親よりも、自分の面倒を見て大学まで出してくれた実兄と、その友人達に親切にされたこともあり、友人をとても大切にしている(小説版より)。

登場作品と役柄[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
他のナデシコ系キャラと同様、音声初収録。瀕死の白鳥九十九の姿に激しく動揺する様が、DVEで再現されている。九十九の生存フラグが成立した場合、彼の看病に専念するため2ステージほどサブパイロット登録から外れてしまう。また、『逆襲のシャア』ルートで援軍として駆け付けた際にも、何故かアオイ・ジュンと入れ替わる形で外されてしまっている。精神コマンドは他のナデシコメンバーと被っているものも多いが、献身復活を覚えるのでSP回復要員として有用。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場作品。
スーパーロボット大戦R
九十九から木連の生い立ちを知らされたとき、「この人達も被害者なのか」と単純に考えてしまい、当然即座に周りから突っ込みを入れられた。この辺り、原作の知的な部分が全く考慮されていない。
スーパーロボット大戦J
ナデシコ精神コマンド要員。献身をナデシコに使う戦法が猛威を振るった。
ストーリー面では他作品と比べると、後述するように時折空気を読めていない言動が目に付くなど、ややマイナスな点が目立ってしまっている。
スーパーロボット大戦W
今回は精神コマンド要員にはならない。第一部ではナデシコに乗っているが、第二部序盤では生存した九十九と結婚し、陣代高校の数学教師としてニートになった九十九を養っていた。
その後、再び地球を守るために立ち上がった九十九を後押しするなど、『J』とは逆に好印象の強い活躍場面が多く見られる。終盤でナデシコC登場と共に部隊に復帰する。
スーパーロボット大戦BX
TV版設定。音声を新規収録。サブパイロットに復帰したが、木連関係のイベントでメグミ・レイナードと共に何度か抜ける事がある。
改造資金が足りない1周目においては、ミナトの持つ不屈が(バグの関係で)ナデシコの生命線とも言えるので、彼女が抜けている間は耐久力が激減してしまう。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
劇場版設定。今回もナデシコC登場後からクルーに復帰するが、サブパイロットではなく音声も収録されていない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
劇場版設定。後半ナデシコクルーに復帰するが、精神コマンド要員にはならず。
終盤の「Air」では惣流・アスカ・ラングレーの「バカばっかりよ」という台詞について、ホシノ・ルリに対し「なんだか懐かしい台詞だね」と言う。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

IMPACT
加速ひらめき信頼献身復活
J
加速ひらめき鉄壁信頼献身再動
BX
加速不屈てかげん激励期待

人間関係[編集]

ゴート・ホーリー
元恋人。
白鳥九十九
恋人。
白鳥ユキナ
恋人の妹。劇場版では彼女の保護者代わりとなっている。
ミスマル・ユリカ
艦長。
ホシノ・ルリ
ナデシコでの同僚。ミナトは彼女を「ルリルリ」の愛称で呼ぶ。
TV版から劇場版の間ではユリカと親権を巡って口論になったが、プロスペクターの取り成しでユリカが親権を得ることになったというエピソードがある。『BX』のEDでも再現。
メグミ・レイナード
同僚。
テンカワ・アキト
漫画版では一時的に男女の仲になり、肉体関係を持つ。

他作品との人間関係[編集]

ガンダム系 [編集]

エマ・シーン
中の人が同じ。スパロボや原作では直接的な絡みは無いがドラマCDにて彼女の声真似をする。

リアル系[編集]

相良宗介千鳥かなめ
W』で教え子になる。
神楽坂恵里
関わる場面はないが、『W』では同僚。
フレデリック・アルグレアス
BX』にて地球と木連の和平会談を反乱分子の炙り出しに利用した彼に対し、自身の極刑も覚悟の上で平手打ちを見舞った。

スーパー系[編集]

兜甲児 (OVA)弓さやかボスヌケムチャ流竜馬神隼人車弁慶
『W』で教え子になる。
三条レイカビューティフル・タチバナ
IMPACT』では白鳥ナデシコに密航した件で、彼女らと秘密を共有し合う。
ロゼ・アプロヴァール
『W』第1部に月面でのテロ騒動にて、彼女とも共に事件解決に動くことになる。

名台詞[編集]

「サンキュー。ルリルリ!」
第6話「『運命の選択』みたいな」より。データを回してくれたルリに対して。ルリの愛称「ルリルリ」が初めて呼ばれた瞬間である。
「そんな事どうだっていい!! 助けて…! 白鳥さんを助けてよ…!!」
第24話「どこにでもある『正義』」より。銃撃された九十九の傍に寄り添い、涙ながらに訴えるが、その想いが届く事はなかった…。
SRWではDVE。なお、『BX』では、この台詞の直後に思わぬ救護者が現れる。
「便利よね…死んだり生きたり…。あなたの信じたモノってこんなに薄っぺらいものだったの…?」
最終話「『いつか逢う貴女のために』」より。自室にて引き籠り、『ゲキ・ガンガー3』の最終回を見て。死んだ九十九と復活したジョーを対比しているのがポイント。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「さすが、ロンド・ベル隊の指揮官は心遣いが細かいわね。ああいうタイプは、同世代の女性にはモテるわよぉ」
「ふぅん…優しい一言を忘れないのね。あのタイプは、同世代の女性にはモテるわよぉ」
IMPACT』で第2部宇宙激震篇第20話「新たなる侵略の手」より。
ナデシコへの援護を行なうため、ロンド・ベル隊を目の当たりにして、ブライト・ノアの裁量を高評価する。
ちなみに、前者は同ステージを1・2番目に選んだ場合、後者は3・4番目に選んだ場合の台詞である。
「あらん、いらっしゃあい。大尉さん3人に、熱血少尉さんも一緒? それに色男さんもね。なにか飲みます?」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇シーン2自由選択ステージ終了後のインターミッションより。
ナデシコクルーと直接交流を図りに来たさん熱血少尉さん色男さんへの接客応対。妙に場馴れしている。
「そんなことを言うものじゃないわ。もっと地球人を信じて。ゲキ・ガンガー3を作った地球人を」
『R』第6話にて。
(…星の少女を助けに来た黒い王子様、か…アキト君…色々あっても、あんたはやっぱりアキト君だよ)
MX』第51話(『PORTABLE』では第52話)「希望、それは最後のGEAR」より。ゼロの猛攻からナデシコCを救いにアキトが現れた際、心中で呟いた台詞。
「あら、何だか懐かしいフレーズね、ルリルリ?」
『MX』第53話(『PORTABLE』では第54話)「魂のルフラン」より。
EVA量産機の猛攻から助けられた惣流・アスカ・ラングレーが、ケーン・ワカバ達に対して「あんた達バカばっかりよ」と素直でない反応を示した際、その台詞にかつてのルリの口癖を重ねて。ルリは「私もバカですから」と返す。
「なによ、あの変なマスクの奴、加勢してくれるんじゃなかったわけ?」
J』第16話「ブレンパワード」より。格好つけて登場しながら去っていくシュバルツ・ブルーダーに対しての愚痴。身勝手な発言ではあるが、シュバルツ参戦を期待したプレイヤーの代弁とも言えなくない。
「なんかさぁ、自分が自分がって必死なふりして、戦うのが楽しそうに見えることあるのよね」
『J』にて、九十九に付いて行き木連の真実を知った後、ナデシコに帰還した際に九十九を攻撃しようとする部隊のメンバーを非難して。
しかし、特務分艦隊の中には肉親や親友と望まぬ殺し合いをせざるを得なくなった者が多くいることを考えると、この発言は彼らの心情を無視し、思慮や配慮が大いに欠けた身勝手な酷い失言といえ、本作の味方側の人物の台詞の中でもトップクラスにひどい暴言と言えなくも無い。
「心配しなくても大丈夫よ。ウチのダンナ様はどんな時でも最高なんだから」
W』第2部第32話「終わるハイスクールライフ」より。ニートに成り果てた九十九を嘆く兜甲児に対して。こんないい奥さんを持てて本当に九十九は幸せ者である。
「…でも、心配しないで。私って、守られるより守ってあげるタイプだから」
同上。再起を決意した九十九を後押しして。
「さっきのすっごい光…もう騎士ガンダムが一番星でいいんじゃない?」
BX』第26話「三つの星が集う時」にて、戦術指揮担当にミスマル・ユリカを選択した際に。
どことなく、ガンダムとの共演暦もある『仮面ライダー』の漫画コラージュネタを連想させる台詞。
「ふざけないでよね…!」
「連邦の総司令をはたいてやったのよ!それがわからないほど馬鹿じゃないわ!銃殺刑でも何でもすればいいじゃないッ!あなた達の勝手な都合でのせいで、白鳥さんは…!」
『BX』第39話「どこにでもある『正義』」より。ルナベース基地で行われた木連との和平会談が罠だった事で、九十九が一命こそ取り留めたものの危険な状態に陥り、しかも総司令部は基地司令のアローン・シモンズの背信行為を前々から把握していた上で反乱分子の炙り出しに利用し、その事実を許せず総司令のフレデリック・アルグレアスに平手打ちを見舞い、そのことでミスマル・コウイチロウから咎められた際の発言。
半ば自暴自棄になっており、「どうせ極刑になるのならもう一発」と2発目を見舞おうとするもユキナに止められ、ミナトへの処分についてもアルグレアスが「既に私は総司令ではない」という事で不問となった。

搭乗機体[編集]

ナデシコ
ナデシコ・Yユニット

余談[編集]

  • 漫画版『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』においては、他の日本人キャラが「アキト・テンカワ」、「ユリカ・ミスマル」という風に姓名表記が西洋式になっている中、一人だけ「ハルカ・ミナト」のまま、つまり「ハルカ」が名前で「ミナト」が姓とアニメ版とは逆になっている。