ゼロ (電童)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゼロ
外国語表記 Zero
登場作品 GEAR戦士電童
声優 速水奨
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
分類 コンピュータプログラム
所属 機械帝国ガルファ
テンプレートを表示
スペック
(ベクター)
分類 重機獣
所属 機械帝国ガルファ
テンプレートを表示

ゼロは『GEAR戦士電童』の登場人物。

概要[編集]

アルテア螺旋城が敗退したのを契機にガルファ皇帝より遣わされた皇帝の片腕的存在。

姿は機士と同じ二足歩行の巨大ロボット。

伸縮自在のヴァリアブルロッドを使った棒術を得意としており、本来の姿の時はもちろん、人間態の時でも人とは思えぬ程の圧倒的な戦闘能力を持つ。またアルテアすら彼を恐れるほどの狡猾な策士でもあり、草薙北斗を精神操作して出雲銀河と戦わせるなどの策を実行した。また、彼は地球にはスバルの従者として赴いていたが、その実スバルの事を代えの利く部品程度にしか考えておらず、彼の気持ちを利用して捨て駒の如く扱った。

最大の特徴としては、たとえ倒されても瞬時に再生するという能力を有しており、GEARとの交戦の中ではファイナル・アタック等により何度も破壊されるもその度に再生、窮地に陥れる。ただし再生している隙にクロックマネージャーで動きを止められたりラゴウウイルスに犯されたり電童側の特殊攻撃への耐性は持ち合わせていないので足止めを喰らってしまうこともあった。なお後者に関してはラゴウウイルスを解除する為、不死であることを利用し敢えて自決し復活し解除するという起点を効かせた方法を行った。 その正体はガルファ皇帝のバックアッププログラムであり、ゼロと皇帝を同時に倒さないと片方が復活再生する仕組みで、いわば皇帝と表裏一体の存在であった。

何度倒しても復活するゼロであったが、銀河と北斗の諦めない心により、最後のデータ・ウェポンであるフェニックスエールが復活。その力を得た騎士GEAR凰牙を駆るアルテアとベガの連携の前に顔面を破壊され、同時に電童によって致命打を加えられたガルファ皇帝共々爆散した。

ゼロの最終形態についてはベクターゼロを参照。

人間態[編集]

人間の姿に変身する能力も備えており、そのときは白いスーツを纏ったスキンヘッドの男性の姿となる。顔のモデルはアルクトス王家縁の物。

ベクター[編集]

ゼロが騎乗する惑星間航行用重機獣。

こちらもゼロと同じく再生可能であり、ゼロと同じ存在と言える。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
螺旋城の敗北に際して地球圏に来たスバルの従者として中盤以降に登場する。北斗の誘拐と洗脳、スバルを捨て駒のように使った作戦等、悪辣な作戦を繰り返した後、直接GEAR本部に襲撃を行い、壊滅させるに至る(東方不敗が生存していた場合、一騎撃ちを演じる事になる)。分身能力を持っており、自身も相当な運動性を持っており、気力が上昇すると恐るべき戦闘力を発揮する。ガルファ本星軌道上の戦いでは、3度撃墜すれば1話早くフェニックスエールが入手できるので、是非撃破したい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
後半からの登場と出番は遅めだが、何かと尊大な物言いで自軍を挑発し、挙句の果てに完成間もないナデシコCに大ダメージを与えるなど、強烈な印象を残す。攻略法としては特殊能力に状態変化耐性を備えていない為、原作通り電童・ガトリングボアの「クロックマネージャー」で動きを封じれば容易に撃破する事が可能。倒しても資金が得られない事をヒカルから突っ込まれるが、経験値とPPは獲得出来るので努力or応援は掛けておきたい。ちなみにガルファ本星突入時の戦闘では何度でも再生する(その旨をプレイヤーに向けて忠告する台詞がある)のだが、再生する度に5度ばかり台詞が変化するので、確認してみるのも一興。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
ガルファ壊滅後も生き延びており、「帝国の陰謀」ではボアザン帝国の客将として迎えられながらも、自身本来の目的の為に暗躍、ガルファ皇帝の復活を果たす。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ゼロ[編集]

パルスレーザー
ボディ各部の装甲を展開し、表れた砲門から幾筋もの光線を放射する。
ヴァリアブルロッド
伸縮自在の棒を用いた棒術で他を圧倒する。
ベクターを駆った状態ではゼロ独特の技を生かすことはできないが、レーザーとの連携攻撃は脅威。

ベクター[編集]

ホーミングレーザー
下部に装備したレーザー砲から発射する追尾レーザー。SRWでは「ビーム砲」名義。

特殊能力[編集]

分身
気力130以上で発動し、敵の攻撃を命中率と無関係に特定確率で回避する。
再生
倒しても復活する。資金はゼロ

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

MX
必中鉄壁熱血直撃気迫覚醒

特殊技能(特殊スキル)[編集]

R
底力L9、援護攻撃L4、指揮L4
MX
援護攻撃L4

パイロットBGM[編集]

「W-Infinity」

人間関係[編集]

スバル
従者として仕える相手…だが、換えの効く部品と見なしている。
漫画版では、彼の従者としての色合いが濃く、終始忠誠を尽くす。
ガルファ皇帝
主君にして本体。
漫画版では「皇帝のバックアッププログラム」という設定はなく、スバルと共に叛意を抱く。
アルテア
宿敵。GEAR本部襲撃に際しては一騎打ちを演じた。
漫画版では彼を亜空間「ゼロ次元」に引きずり込んで抹殺している。

他作品との人間関係[編集]

東方不敗マスター・アジア
R』ではGEAR本部に潜入した際に対峙する。人間を見下し、ベガとアルテアが二人がかりでも圧倒する実力を持つゼロであるが、マスターには苦戦した。
テンカワ・アキト
MX』ではナデシコCを強襲するも、彼に阻止される。
ガデス
『MX』では彼の語る「機械仕掛けの神」を迷信だと一笑に付すが…。
プリンス・ハイネル

名台詞[編集]

「手間をかけさせてくれますね…本当に…」
メテオを破壊すべくGEAR本部に強襲をかけ、本部は壊滅させるも間一髪で宇宙船「メテオ」の起動を許してしまったときの台詞。SRWでは戦闘セリフとして採用されている。
「我は倒せぬ…!我は倒せぬ…!我はそのように造られしもの!!」
原作最終話にてフェニックスの力を得たアルテアの乗る騎士GEAR凰牙との死闘の中で放った台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「…なるほど、確かにあなたを人間扱いするのは失礼のようだ」
R』で東方不敗と戦った時の台詞。東方不敗の戦闘力は人外の域に達しており、曲がりなりにも病を克服した現在ではまともに勝てる相手ではない。
「人の想いなど所詮、はかなきもの!記憶と共にここで沈め、ナデシコ!!」
MX』での機械帝国ガルファ本星突入時、ナデシコCを撃破寸前にまで追い詰めた事で勝利を確信し、悦に入って発した台詞。しかしこの直後、ボソンジャンプで現れたアキトに妨害される。
「凰牙のパイロットよ、スバル様を惑わせた罪を償うがいい」
同・ガルファ本星突入時の北斗との戦闘前会話。自分の悪事を小学生に擦り付けるド外道ぶりが光る台詞である。
「仕方ありませんね。では、その熱意に敬意を表すことにしましょうか…」
倒しても無限に復活する上に資金も手に入らないゼロだが、一定回数倒すと上記の台詞を吐き、ハロとミノフスキークラフトが1個ずつ貰える。ただし入手を示す描写や説明は一切なく、何がどれだけ増えたのかはステージクリア後に強化パーツ欄を見ないとわからないという状況である。

余談[編集]

  • ガルファ皇帝との関係や人間体時の容姿、同時に撃破しなければ完全に死滅させる事が出来ないという設定は、特撮番組『宇宙刑事シャリバン』の海坊主(サイコラー)が元ネタと言われているが、詳細は不明。