2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ナデシコC

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ナデシコC
外国語表記 Nadesico C
登場作品 劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
分類 ナデシコ級第2世代型宇宙戦艦
型式番号 NS966C
動力 相転移エンジン2基
核パルスエンジン4基
AI オモイカネ
開発 ネルガル重工
乗員人数 最低1名
主な搭乗員
【艦長】
ホシノ・ルリ
【副長】
タカスギ・サブロウタ
【副長補佐】
マキビ・ハリ
テンプレートを表示

ナデシコCは『劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』の登場メカ

概要[編集]

ナデシコBの後継艦であり、ユーチャリスのデータも合わせて完成した。

引き続きオモイカネを搭載し、ホシノ・ルリとオモイカネのみでの操艦も可能。

重力ブレードが3本になり、ナデシコBよりも強力なグラビティ・ブラストやディストーションフィールドを持つが、本艦の真の能力は別にある。最新鋭のセンサーやシステムを搭載しており、それによって敵システムへハッキングし、制御・掌握を行うのが本艦の本来の戦術であり、艦自体の攻撃・防御力はそれまでの時間稼ぎに過ぎない。また、単独ボソンジャンプ機能を装備している。

登場作品と操縦者[編集]

最新鋭なこともありナデシコBよりもあらゆる性能で上回っており、武装がグラビティ・ブラストのみであることもあまり欠点ではない。ただし、相変わらずサブパイロットが1人なため精神コマンド要員としては使いにくいこと、攻撃・防御にENを使用するため消費が激しいことには注意。原作にはないミサイルや相転移砲が付加されており、火力が更に上昇することもある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
序盤と終盤に登場する。序盤の艦長はホシノ・ルリで、部隊を率いボソンジャンプして火星遺跡に襲い掛かるが、デュミナスの暗躍で追い詰められ、轟沈するというとんでもない結末を迎える。終盤の艦長はミスマル・ユリカ。あるエンディングではタカスギ・サブロウタが艦長になっている。
性能自体はYナデシコより高いのだが、使いやすいMAP兵器版相転移砲がなくなる(グラビティブラスト2種だけになってしまう)というデメリットも抱えている。もっとも原作を考えればこれで正しいのだが。
スーパーロボット大戦W
今回は全体的に長いのであまり気にならない。唯一出撃枠を使わない版権作品の戦艦で、艦長のルリの性能も良いので活躍の機会も多いと思われる。他のナデシコ系戦艦同様エネルギーの消費が半端ないのでそこだけ注意。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
案の定強いのだが、参戦の遅さがネック。また、ディストーションフィールドで堅い守りを誇る一方で、そのせいで闇雲にENを消費しやすいという弱点がある。強化パーツ「ソーラーセイル(毎ターンEN10%回復)」を付けるなどして対処したい。
スーパーロボット大戦V
中盤でナデシコBから乗り換える形で参戦。サブパイロットにユリカが追加される。本作ではデフォルトのグラフィックが艦首ブレードを閉じた状態になっている。
バリア・広範囲MAP兵器持ちはもちろんのこと、今回は3人乗りかつ特殊コマンド実装で歴代でも屈指の超性能。システム掌握を活かすと早解きが楽になる。また、重力波ビームの範囲がマップ全体となっているので、(エステバリスや重力波アンテナ搭載機軸ならば)本艦の重要性はさらに増している。
第36話クリアまでにルリの撃墜数60以上で隠し武器の「相転移砲」も解禁されるため、一周目から活用したいならば積極的に活躍させよう。なお二周目以降は無条件で解禁されるようになり、一周目でも困難ルートに進めばその時点で追加される。
通常ルート50話でイベントでユリカがエンブリヲに拉致されるためそのステージではエターナルトゥアハー・デ・ダナン共々使用できないので主力にしてる場合は注意。
スーパーロボット大戦X-Ω
2017年4月開催の期間限定イベントにて黒のリヴァイアスと同時に実装された初のSSR戦艦ユニットとして登場。南央美氏によるルリのボイス付きであり、戦艦ユニットにボイスが実装されるのもこれが初となる。
スパクロのシステム上、戦闘力は持たないがSSRだけあって耐久力、回復力共に高い数値を誇る。
参戦イベントであった「じぶんらしくあるために」の他、「復元される痛み」「青い空と虹」でも再入手が可能であった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

グラビティ・ブラスト
原作での唯一の武器。戦艦前部の重力ブレードが変形し発射可能となる。
SRWでは通常兵器版とマップ兵器版が存在。
ミサイル
原作では装備されていないが、後日談のゲーム『機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION』で装備された。
MX』、『V』では装備されている。
相転移砲
原作では装備されていないが、設定では将来的に実装可能とされている。
W』で実装。通常兵器版とマップ兵器版が存在。
『V』では実際の設定との兼ね合いからか、隠し要素となっておりナデシコ・Yユニットから移植する形で追加される。
ディストーションフィールド
周囲の空間を歪ませるバリア

特殊能力[編集]

搭載
ディストーションフィールド
重力波ビーム
相転移エンジン
MX』で実装。大気のない地形でEN回復小の効果が得られる。
EN回復(小 / S)
R』、『V』では小、『W』ではS表記。大気圏内でも回復可能。
EN回復(中)
『V』では相転移砲の解禁時にEN回復も強化される。
システム掌握
『V』で実装された特殊コマンド。マップ中で一度のみ敵ユニット全体にかく乱分析をかける。生物であるドラゴンインベーダーELSにも有効なのは気にしてはいけない。なお、コマンドを実行しても行動終了にならない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

カスタムボーナス[編集]

「グラビティブラスト」の消費EN-25。最大EN+80。
V』。主力武器が使いやすくなる優秀なボーナス。

関連機体[編集]

ナデシコ
一番最初のナデシコ級戦艦。
ナデシコB
前身艦。
ユーチャリス
本艦のプロトタイプ。ワンマンオペレーションシステムプランや本艦ほどではないがハッキング能力を有する。