ナデシコB

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ナデシコB
外国語表記 Nadesico B
登場作品 劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
分類 ナデシコ級第2世代型宇宙戦艦
型式番号 NS955B
全長 300 m
動力 相転移エンジン2基、核パルスエンジン4基
AI オモイカネ
開発 ネルガル重工
所属 地球連合宇宙軍第四艦隊
乗員人数 最低1名
主な搭乗員
【艦長】
ホシノ・ルリ
【副長】
タカスギ・サブロウタ
【副長補佐】
マキビ・ハリ
テンプレートを表示

ナデシコBは『劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』の登場メカ

概要[編集]

地球連合宇宙軍第四艦隊所属の新造試験戦艦

ナデシコA同様オモイカネを搭載している。

「ワンマンオペレーションシステムプラン(一人一戦艦計画)」の実験データ収集艦であり、艦長のホシノ・ルリ他多数の人員が搭乗しているが、実際は艦長とオモイカネのみでの操艦が可能。

初代ナデシコ同様、ディストーションフィールドとグラビティブラストによる火力・防御力を兼ね備えている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
序盤に登場。ルートによっては第1話のみ。
スーパーロボット大戦W
2部から加入。ラスト10話ほどでナデシコCに交代する。
出撃枠に影響のない戦艦なので、安心してエステバリスを使える。ただし、ミサイルを所持してないのでEN管理には注意が必要。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
本作ではかなり出番が長く、残り15話ほどになってナデシコCに交代する。
スーパーロボット大戦V
主人公によって参戦タイミングが数話ほどずれるが序盤で参戦。
今回はミサイルとEN回復(小)所持なので継戦力はやや高めだが、カスタムボーナスとEセーブ+2の兼ね合いで通常版グラビティブラストの消費ENがまさかの7になる。また、今回のエステバリスカスタムスーパーエステバリスは重力波ビーム前提のEN調整なので、エステバリスや強化パーツ「外部重力波アンテナ」を使うなら出撃させよう。とはいっても、強制出撃回数はかなり多いのでいなかったら出すという感覚でよい。
ナデシコCも含めて今作では宇宙Sなので、スキルプログラムでルリを宇宙Sにしておくと命中率の不安を低減できる。
スーパーロボット大戦T
第2話序盤の味方援軍として登場。基本的な運用や武器は『V』と同じであるがカスタムボーナスの消費ENの減少値が少なくなったため12までしか下がらない

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

グラビティブラスト
戦後に造られた実験艦なので武装はグラビティブラストのみ。
MAP兵器版もある。
ミサイル
原作では装備されていないが、後日談のゲーム『機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION』で装備された。
MX』、『V』で所持。
ディストーションフィールド
周囲の空間を歪ませるバリア

特殊能力[編集]

搭載
ディストーションフィールド
重力波ビーム
相転移エンジン
MX』で所持。大気のない地形でEN回復(小)の効果が得られる。
EN回復(小 / S)
R』、『V』では小、『W』ではS表記。

移動タイプ[編集]

飛行可能だが相転移エンジンが真空中で真価を発揮するため、宇宙の方が戦いやすい。

サイズ[編集]

2L(LL)

カスタムボーナス[編集]

「グラビティブラスト」の消費EN-25。最大EN+80
V』で採用。
「グラビティブラスト」の消費EN-20。最大EN+80
T』で採用。消費ENの減少値が少なくなった。

関連機体[編集]

ナデシコ
前身となった艦。
ナデシコC
後継となる最新鋭艦。

搭載機[編集]

スーパーエステバリス
本艦の兵装を補助するため、通常より武装が強化されている。