ネルガル重工

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ネルガル重工(Nergal Heavy Industries)とは、『機動戦艦ナデシコ』に登場する企業

概要[編集]

アジア最大の企業グループ「ネルガルグループ」の中心となる企業で、火星開発にも大きく関与していたこともあり、連合宇宙軍に対しても絶大な発言力を持っていた。

木連との戦争が終結した後は、古代火星文明の技術独占に失敗し、地球連合解体による連合宇宙軍の規模縮小、他の企業にボソンジャンプネットワークであるヒサゴプランを確立されるなど、衰退の一途を辿ることとなった。

原典では「ネルガル」とは古代バビロニア語で「火星」を意味すると説明されているが、正確には異なる(余談の項目を参照)。

登場作品[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場作品。
スーパーロボット大戦R
ボソンジャンプの解析に利用するため、時流エンジンを搭載しているエクサランスのデータの提供を主人公に依頼する。
スーパーロボット大戦J
一時的にブルーコスモスと手を組んでいたが後に決裂。終盤では戦後の復興事業に手を出そうとしている事が明かされる。
スーパーロボット大戦W
連合軍との折り合いは当初から悪く、第2部になってそれが決定的になった形。またトモルの兄の就職先にもなっている。
スーパーロボット大戦BX
ブライティクスの実質的旗艦であるナデシコを建造するなど、物語開始前から協力関係を築いている。また、どこからか入手したのかVF-25アルトに提供する。ヴェイガン木連連合軍との最終決戦後に、ビシディアンと裏で協力関係にあった事が判明。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
ライバル企業のアナハイム・エレクトロニクスからイリーガルな経緯で入手したサイコフレームアムロへと託し、νガンダムの完成を急がせたり、精神崩壊から回復したカミーユMSを用意したり、デビルガンダム撃破後にカッシュ博士と協力して、DG細胞を駆逐する新型ワクチンの製作に取り掛かるなど、ガンダムシリーズのキャラとの関わりが目立つ。
スーパーロボット大戦V
旋風寺コンツェルンとは親(前社長)の代からの付き合いであり、中盤ではボソンジャンプを利用したパラレルレールウェイ計画を共同で進める。また、シークレットサービスがエンブリヲに拉致されて行方不明になっていたカガリマリナを捜索する、時空融合が始まって以降はアルバイトとして人員を募集し、サリーをナデシコCに乗船させる等、全体的に協力的である。
スーパーロボット大戦T

人物[編集]

アカツキ・ナガレ
会長。
エリナ・キンジョウ・ウォン
会長秘書。
プロスペクター
ゴート・ホーリー

ネルガル重工製の兵器[編集]

エステバリス
量産型エステバリス
エステバリスII
エステバリスカスタム
スーパーエステバリス
アルストロメリア
ナデシコ
ナデシコ・Yユニット
ナデシコB
ナデシコC
ブラックサレナ
ユーチャリス

余談[編集]

  • ネルガルとは古代バビロニアの火星の神のこと。古代バビロニアは占星術の発祥の地でもあり、そこでもネルガルは火星を表していた。ただし元々は火星ではなく太陽の神であったとされる。戦争と疫病の神としても描かれており、夏の暑さがもたらす災いを表していると思われる。