ゴート・ホーリー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴート・ホーリー
外国語表記 Goat Hory
登場作品
声優 小杉十郎太
デザイン 後藤圭二
初登場SRW スーパーロボット大戦MX
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 ネルガル重工
役職 戦闘指揮担当
テンプレートを表示

ゴート・ホーリーは『機動戦艦ナデシコ』の登場人物。

概要[編集]

ネルガル重工から出向してきたナデシコの戦闘指揮担当で、元軍人。

ハルカ・ミナトとは恋人関係だが、途中で別れることになる。

登場作品と役柄[編集]

ミナトの男性関係がややこしくなるためか、登場回数はかなり少なく、テレビ版のみの状態ではBXのみとなる。反面、劇場版設定の場合ミナトとの関係も清算されており、ネルガルシークレットサービスとしても活躍の場があるためか登場していないのはRのみとなる。ちなみに『J』の主人公であるカルヴィナ・クーランジュは丁度彼のポジションでナデシコに乗り込んでいる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
初めて白鳥九十九と共演。九十九が生存していることが判明した際に、さり気なくミナトに「よかったな」と声をかけていたりするなど、言葉少なに漢を見せる。
第2部ではネルガル・シークレットサービスの一員として北辰火星の後継者を追っている模様。
スーパーロボット大戦BX
劇場版が居ない状態では初参戦となる。インターミッションでの出番は多くないが、戦術指揮にユリカを選択すると、一部のステージで掛け合い要員として何度か登場する。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
劇場版設定。ネルガル・シークレットサービスの一員としてエンブリヲに拉致されたカガリ・ユラ・アスハマリナ・イスマイールの捜索を行っていたが、成果は上がらなかった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
劇場版設定。出番こそ少ないが、νガンダムの開発に大きく関与するなど地味ながら重要な働きをする。

人間関係[編集]

ミスマル・ユリカ
ナデシコ艦長。
ハルカ・ミナト
一時期恋仲だったが、中盤で別れた。

他作品との人間関係[編集]

アムロ・レイ
MX』ではアナハイム・エレクトロニクスからイリーガルな経緯で入手したサイコフレームを彼に託し、νガンダムの完成を急がせることで、ナデシコBへの支援を要請するネルガルの意向を伝えた。
カミーユ・ビダン
『MX』中盤、マグネイト・テンとの合流を果たそうとする彼のために、リ・ガズィ(フラグが成立している場合はディジェSE-R)を用意する。入手経路などは語られていないが、サイコフレームと同様にアナハイムから失敬してきた…と、考えるのが妥当か。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

(安心しろ。今回は俺もいる)
BX』のキャンペーンマップ「チョコレートカーニバル&フェスティバル」にて、ジュンのぼやきを受けて。そういう問題ではないと思うが。
「今回は」というのは、SRWではハブられやすい彼の立場を表したメタ発言と取ることもできる。