火星の後継者

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

火星の後継者(The Martian Successors)とは、『劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』に登場する敵組織。

概要[編集]

熱血クーデターを経て地球と和平に漕ぎ着いた木連から離反し、火星演算ユニットを我物としようとしたクーデター軍。

ネルガル重工とライバル関係にあるクリムゾン・グループの発案したヒサゴプランを隠れ蓑とし、プランの各部へと人員を送り込んで潜伏。アキトにより演算ユニットの存在が明らかになると同時にヒサゴプランを占拠。ほぼ全てのターミナルコロニーとボソンジャンプを掌握する。一般的となったボソンジャンプと、ヒサゴプランによるジャンプ経路を用い、ボソンジャンプによる新時代・新秩序を構築し、政治経済の独占支配を目論む。

戦力的には連合軍に劣るため、ボソンジャンプで政府の重要施設を奇襲することでクーデターを成し遂げようとした。しかし完全制圧目前にしてナデシコCのボソンジャンプを許してしまい、火星圏の機動兵器はすべてホシノ・ルリによって掌握され沈黙。結果ボソンジャンプを用いた地球の制圧は、ボソンジャンプによる火星の制圧により鎮圧されることとなった。

実は草壁が再度の決起を起こした真の理由は、ボソンジャンプの危険性について地球側に証明する為であり、劇中の様子からもその目的は果たされている。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品だが、序盤の未来編のみの登場。なんとデュミナスの暗躍の陰でナデシコCらを軍勢で圧倒し、追い詰めた。本作のみ量産型エステバリス、エステバリス砲戦フレームステルンクーゲルを戦力として使用する。
スーパーロボット大戦W
第2部から登場。ザフトアマルガムと組み、地球連合軍に対抗する。本作でも木連時代の兵器を使用してくるが、『MX』と比べると質が低下している。『MX』とは違い半年しか経ってないのだが……よほど管理が悪かったのだろうか。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
マイトガイン』に登場する数々の巨悪と連携を取っている。今回は木連時代の機動兵器はバッタマジンのみ使用している。
演算ユニットがイネスと共に宇宙世紀世界に飛んでしまったため発見できず、代わりにナデシコAと入れ替わりに西暦世界に転移してきたνガンダムのサイコフレームを利用する。また、偶然手に入れたヤマトも利用しようとしていたが乗員の協力が得られず失敗に終わる。
組織としては西暦世界ルート第29話とやや早期に壊滅し、以後は残党がガミラスエンブリヲに糾合されて登場する。
スーパーロボット大戦T
カウボーイビバップ』に登場する賞金首たちやカギ爪の男の集団と連携を取っている。
組織としては第28話で壊滅するが、以後も残党がネオ・ジオンUNDに雇われている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
ギガノス帝国と組み、地球連邦政府に宣戦布告する。エリカをはじめとする小バームバーム星人を人質にとっていた。テロに失敗した直後の最終決戦では、「残存兵力を掻き集めて」という表現が当て嵌まるほどの脆弱振りで抵抗する。実質、強敵は北辰衆のみで、エステバリス隊を中心とした布陣で挑めば労せずに倒せる。戦力不足故か原作に登場したマジン以外のジンシリーズなど木連時代の機動兵器も使用してくる(このためだけにTV版ナデシコがMXに参戦している)。

人物[編集]

草壁春樹
火星の後継者の首魁。反ネルガル企業の筆頭であるクリムゾン・グループとは前大戦時から接触しており、ボソンジャンプによる危険性と重要性を説いていた。
北辰
草壁の懐刀たる隠密部隊の隊長。復讐を誓うアキトの怨敵。
シンジョウ・アリトモ
ヒサゴプラン警備部所属の統合軍中佐。アマテラスにてアズマ准将の部下であったが、占拠時に彼を拘束し、爆破の予告を行う。
ヤマサキ・ヨシオ
ヒサゴプランに従事する科学者の一人で科学者のリーダー格。ミスマル・ユリカをユニットの人間翻訳機に仕立てるなど平然と非人道的な実験を行う。
北辰六人衆
北辰に付き従う配下。暗殺者とパイロット共にある程度の技量を有する。

運用兵器[編集]

積尸気(ししき)
六連(むづら)
北辰六人衆が搭乗する機体。
夜天光(やてんこう)
北辰の搭乗する上級指揮官用の機体。
バッタ
木連時代の無人兵器。劇中ではユーチャリスが使用しており、火星の後継者が使用するのはSRW独自設定。
ジンシリーズ
木連時代の機動兵器。劇中ではマジンの使用が確認できる。

関連用語[編集]

木連

余談[編集]

機動戦艦ナデシコ』の英題は『Martian Successor Nadesico』=『火星の後継者ナデシコ』である。形はどうあれ、火星の遺跡に残された技術を受け継いだ「ナデシコ」の世界の人々、特に主要人物は「火星の後継者」と言える、ということであろうか。