カギ爪の男の集団

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

カギ爪の男の集団(The Claw Mans Group)とは、『ガン×ソード』に登場する組織

概要[編集]

カギ爪の男を中心とした組織で、正式な名称は存在しない。

幸せの時」の計画を実行する為に物語当初から暗躍し、最終的にはヴァン一行と激闘を繰り広げることになる。

作中の描写を見る限りでは豊富な資金力や技術力を持ち、惑星EI各地に信奉者や諜報員が存在、集団の戦力もオリジナル7のみならず、量産型ヨロイを大量に配備しているなど、単なる思想集団ではないことが分かる。

集団に所属する人間のカギ爪の男に対する崇拝ぶりから武装カルト宗教集団に雰囲気が近く、それ故の危険性も垣間見える。集団ではカギ爪の男の事を「同志」と呼ぶ(組織には上下関係がないことになっているため)。自分達の行っている事の全てが正しく、世界の為であると心底想って疑わず、組織にとって邪魔になる者は容赦なく排除する。

しかし、元囚人監視惑星である惑星EIには無秩序や暴力が多く、人々がカギ爪の男の理念に信奉してしまうのも仕方無い背景が存在しており、組織の活動も全てが間違ったものであったわけではなかった(実際、作中では協力した団体、組織に対してはかなり寛容な態度をとっていた)。それ故に発足当初はたった二人だった組織が、オリジナル7であるガドヴェドをはじめ、技術者や科学者、宗教団体などを次々と取り込んで大規模化していく事ができたのだといえる。

カギ爪の男が計画を発表をした際には小学生の朝会よろしく、団員全員が幼げに見えるほどに挨拶を返していた。ある意味で純粋。そして、それだけに危険でもある。

所属人物[編集]

カギ爪の男(クー・クライング・クルー)
組織の長。
ガドヴェド・ガオード
新生オリジナル7の1人で、旧メンバー唯一の生き残り。ミハエル達新生メンバーにヨロイの操縦を指導した。
ミハエル・ギャレットファサリナウィリアム・ウィル・ウーカロッサメリッサ
新生オリジナル7のメンバー。
ザピロ・ムッターカ
チーフエンジニアだったが、次第にカギ爪の男の思想を危険視するようになる。
ジョー・ラッツ
信奉者の一人。

関連用語[編集]

オリジナル7
幸せの時

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
主な活動地が地球圏となっており、火星の後継者と協力体制を取っている他、ウォン・ユンファを配下に置き、幸せの時計画のためにDG細胞の研究をも行っている。