ウィリアム・ウィル・ウー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・ウィル・ウー
外国語表記 William Will Woo
登場作品 ガン×ソード
声優 真殿光昭
デザイン 木村貴宏
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(惑星El)
性別
所属 カギ爪の男の集団
資格 新生オリジナル7
テンプレートを表示

ウィリアム・ウィル・ウーは『ガン×ソード』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

カギ爪の男の集団における新生オリジナル7の一員で、カギ爪の男の実子。メッツァ・オブ・チューズデイに搭乗。

オリジナル7の中ではクールな雰囲気を醸し出している人物であるが、極度のマザコン。興奮するとすぐ鼻血を出し城内では全裸になるなど、ハタから見ればまさに変態である。過去を描く小説版においては、「自分は変態だ」という自覚があり、それでいて「誇り高き変態」を自称している

少年時代に彼はエディプスコンプレックスを抱えており、母の愛を独占するカギ爪の男を憎み殺害しようとしたが、カギ爪の男をかばった母を誤って殺害してしまう。

偶然にも電気体質の持ち主であったため、母の遺言に従い、その後はオリジナル7としてカギ爪の男の計画に奔走。また余命幾ばくもないカギ爪の男の延命の為に自らの血を提供していた。髪型は母と同じにしてある。

作中ではかつて両親と自らが住んでいた廃墟の古城でヴァンを迎え撃ち、作中で初めてかつ唯一ヴァンに勝利するが、最終的には苦悩を断ち切ったヴァンに敗れて死亡した。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。今回はカロッサ・メリッサと同タイミングで死亡する。

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦T
音声初収録。本編での交戦は非正規部隊ルート第30話の一度きりだが、ボーナスシナリオ「特別三課プレゼンテーション」にて再登場。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
今回も交戦の機会はキーミッション「浄化される大地」の一度きり。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

T30
信頼集中不屈突撃気合
最後の2つはボーナスシナリオ「特別三課プレゼンテーション」にて確認できる。

特殊スキル[編集 | ソースを編集]

T
底力L6、再攻撃闘争心L2、見切りL3、気力+(ATK)サイズ差補正無視L2
30
底力L7、再攻撃闘争心L2、見切りL3、気力+(ATK)サイズ差補正無視L2

エースボーナス[編集 | ソースを編集]

HPが50%以下になると、一度だけ精神コマンド「集中」がかかる
T』で採用。
気力130以上で、自軍フェイズの開始時、精神コマンド「集中」がかかる
30』で採用。

人間関係[編集 | ソースを編集]

カギ爪の男
実父。ウーは彼に複雑な感情を抱いている。一方でカギ爪の方はウーの方に関心をあまり向いていない。
カロッサメリッサ
二人を連れて行動しているため、周りから保護者とよく勘違いされる。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「母上! 母上! ただいま戻りました。母上! お喜び下さい。私の大勝利です! あの方を邪魔しようとする輩をコテンパンにやっつけてやりました! ヴァンの奴、今頃尻尾を巻いて逃げ出している事でしょう! ウィリアムは使命を果たしたのです!」
第16話。ヴァンに勝ち、城に戻った時の台詞。実際、ヴァンは逃げ出したい衝動に駆られていた。
「まだ、この程度で我が愛は切れぬ。そのために捨てたのだ、母を! あの方の為に!」
同話。父の役に立つ事こそが母の為と思い行動したが、ヴァンに「捨てた者には勝てない」と言われ切られた。ちなみにこの話の後に同じく捨てた者が敗れる事となる。
「何故だ…何故、こんな事に?…いかん! 無意味にこの血を流しては! この血は全て、あのお方のために…捧げるのだ、捧げるのだ、捧げるのだ、捧げるのだ…捧げるのだぁ―――っ!!」
同話、ヴァンに敗北しコックピットで流れ出た血液を必死にかき集めている時、叫んだ台詞。直後にメッツァは爆発した。

スパロボシリーズの名台詞[編集 | ソースを編集]

「な、何だ、このパワー押ししかできそうもない、鈍重なヨロイは!」
K』でのエルドラソウル相手の戦闘セリフ。彼のド肝を抜いたらしい。もちろんネロ達はエルドラを馬鹿にした事を怒る。
「そんな骨董品で、このメッツァに挑むか!」
T』でのエルドラソウル相手の特殊戦闘台詞。『K』とはえらい態度の違いである。
「手合わせ願おう、空の騎士よ!」
『T』にて、対ソルダートJの特殊戦闘台詞。言わずもがな声優ネタだが、ボーナスシナリオ限定。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

メッツァ・オブ・チューズデイ