ジョー・ラッツ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ジョー・ラッツ
外国語表記 Joe Lats
登場作品 ガン×ソード
声優 松本保典
デザイン 木村貴宏
初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(惑星EI
性別
所属 カギ爪の男の集団
テンプレートを表示

ジョー・ラッツは『ガン×ソード』の登場人物。

概要[編集]

孤島の「ラビアンローズ」に住んでいる富豪の男。島にやって来たヴァンウェンディ・ギャレットをもてなす。ヴァンに対しては復讐を止めるよう、ウェンディに対しては故郷に帰って兄を待つよう説得を行う。実はカギ爪の男の集団に所属しており、専用のヨロイ「ゴールデン・クレイドル」に乗ってヴァンに戦いを挑む。戦闘に敗れると、最後は機体を自爆させて散った。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
初登場作品。原作と違い、トリノリアにて登場。オルフェの花畑にヴァンを誘って語らうなど、狡猾さが強調されている。本編での交戦は第7話の一度きりだが、ボーナスシナリオ「特別三課プレゼンテーション」にて再登場。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

T
信頼友情てかげん祝福補給
最後の三つはボーナスシナリオ「特別三課プレゼンテーション」にて確認できる。

特殊スキル[編集]

T
底力L4、援護攻撃L1、パーツ供給

エースボーナス[編集]

戦闘した相手のSPを-10する
T』で採用。

人間関係[編集]

ヴァンウェンディ・ギャレット
2人を歓待する一方、旅の目的を失わせる事で時間稼ぎをしようとした。
カギ爪の男
彼の信奉者。彼からゴールデン・クレイドルを預かっている。

他作品との人間関係[編集]

テンカワ・アキト
第7話での最期の自爆を彼に妨害された。

名台詞[編集]

「失礼ながら大爆笑ですな。この程度の腕で我が同志を付け狙うとは!」
ep.VIIより。ゴールデン・クレイドルの盾でダンを突き飛ばし、転倒させた際の台詞。「大爆笑」と言っておきながら淡々と喋っているのがポイント。
「失礼ながら~」はネット上では煽り文句として有名であり、彼を代表する台詞となっている。『T』では回避時に発言。
「あのお方には大義がある。あなたは言わば、捨て去った過去の亡霊!その頃に戻ろうはずがない!振り返ろうはずがない!これ以上、あなたの欲望を外に出さないでください!」
同上。復讐に染まっているヴァンに対する糾弾。それに対し、復讐こそが生きる理由のヴァンは「俺が俺の勝手にして何が悪い」と反論する。
「さ…さすがはオリジナル7…なれど…!同志のための時間は稼げた…!」
ヴァン「教えてもらおうか!あいつはどこにいる!?」
「…フフッ、そして…これが…同志との最後の…友情…!…失礼」
最期。刀を用いた光の反射による目くらましを受けた末、高速の回し蹴りを食らって敗退した。深手を負ったジョーは最後の手段としてダンに握手した状態で自爆。爆発の後に残されたのはダンとその左腕を掴むゴールデン・クレイドルの右腕だった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ガンダムの勇名は、よく存じ上げております」
「高名なガンダムをおもてなし出来るとは、光栄の極みです」
ガンダムタイプの特殊戦闘台詞。
「キャプテンハーロック…!あなたの存在は平穏を破壊します」
キャプテンハーロックの特殊戦闘台詞。

搭乗機体[編集]

ゴールデン・クレイドル
「黄金のゆりかご」の名を持つ専用機。SRW未登場。

SRWでの搭乗機体[編集]

ブラッド・クレイドル
『T』で搭乗。