2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

フロスト兄弟

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

フロスト兄弟とは、『機動新世紀ガンダムX』において主人公ガロード・ランと敵対する兄弟。

概要[編集]

フリーのMS乗りとして初登場したが、新地球連邦軍のエージェントであったことが判明。新旧連邦の要人に取り入り、ニュータイプ関係の作戦に一枚噛んでは作戦と要人とを葬り去っていった。

兄弟間にはテレパシー能力及び視覚等の感覚を共有する能力(ツインズシンクロ)があり、戦闘時におけるコンビネーションで抜群の戦闘力を発揮するがビットモビルスーツを操るフラッシュシステムには適応しなかったことで「ニュータイプの紛い物」を意味する「カテゴリーF(フェイク)」の烙印を押されたために、ニュータイプだけでなく自分たちの力を認めなかったオールドタイプも憎悪している。

アニメの数年後を描いたBDBOX特典漫画『あなたと、一緒なら』で、直接登場こそしないものその後の様子がカリス・ノーティラスによって語られている。ガロードが穏やかに暮らすその後も再び弟と共に連邦の中で暗躍しており、新連邦が戦後に発令した『バルチャー更生法』を利用し戦力になりそうなバルチャーを抱え込み、連邦内に未だ存在する革命軍との同盟を良しとせず再び戦争を起こしたい軍人と手を結び、次の戦争のための準備を進めるなど、良くも悪くも変わらない2人が描かれていた。ニュータイプへの憎悪は消えたのか消えてないのか不明だが、1号機を修理した『ガンダムX3号機』を使いガロードを連邦に勧誘した新連邦防衛省のバックにはフロスト兄弟が存在していた為、昔以上にガロードに執着しているようである。

SRWでは、兄弟のどちらかを倒すと残りの1人も撤退することが多く、強化パーツ資金を獲得したい場合はマップ兵器などで同時に撃墜する必要がある。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初登場作品。所属はムーンレィスギンガナム派となり、原作での新地球連邦代わりにイノセントとも接触している。未来編で宇宙ルートを通った際は彼ら兄弟が核ミサイルを持ち出したことがアンセスターとの決別の決定的な理由となる。その後難ルートでグエンと組んで決戦を仕掛けてくるが、通らなかった場合はなんの音沙汰もなく退場する。どちらの場合もその後シナリオに出現しないため生死は不明。
戦闘ではカテゴリーFの効果が非常に高いため、必中無しでは非常に苦戦する強敵。その他にも場合によっては防御や回避を選択する、援護防御をしてくる、撤退条件があるなど厄介なことこの上ない。ただし乗機は(後半は改造段階が上がるが)最後まで初期のままとなっている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
ギルバート・デュランダルの考案したデスティニープランが次元崩壊によって黒歴史の遺産の1つとして残り、地球連邦がニュータイプを探し当てる為にデスティニープランのシステムを利用。その結果、被験体であったフロスト兄弟は、「ニュータイプとして遺伝子的に不適応」と見なされ、カテゴリーFの烙印を押されてしまっている。本作ではまさに、デスティニープランによって齎される弊害の代表格として扱われており、当然ながらフロスト兄弟は、システムを考案したデュランダルや、自分達と対照的に遺伝子的に優れた存在になっているキラ・ヤマトを激しく憎む事になった。本シリーズでは原作同様に決戦後も生存しており、続編では意外な形で再登場することになる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
最初はネオ・ジオンに協力。原作通りニュータイプ候補らを排除しつつ暗躍。ネオ・ジオン敗北後もデュミナス一派に協力し木連ガルファと共闘。最後はガルファ本星周辺での決戦で死亡する。

資料リンク[編集]