ガンダムヴァサーゴ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムヴァサーゴ
外国語表記 Gundam Virsago
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α外伝
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 試作高出力型モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 NRX-0013
全高 17.8 m
重量 8.1 t
開発 連邦政府再建委員会
所属 新地球連邦
パイロット シャギア・フロスト
テンプレートを表示

ガンダムヴァサーゴは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカ

概要[編集]

連邦政府再建委員会が極秘裏に開発したガンダムタイプの試作高出力型モビルスーツ

高出力ジェネレーターを搭載し、背部にはバインダー兼用のラジエータープレートを装備している。

主力兵装として腹部に大口径メガ粒子砲「メガソニック砲」を搭載している。メガソニック砲はコンデンサーのエネルギー変換効率が高く、マイクロウェーブ送信による外部電源を用いることなく、内蔵電源のみで高い威力を発揮する。また、ビーム収束率の任意調節が可能でこれで拡散・収束の使い分けを可能としている。

また、ニュータイプ対応装備としてフラッシュシステムも搭載しているが、開発当時にはニュータイプのパイロットがいなかったのか、専用のビットモビルスーツは存在していない。

本機はMSとして高い完成度を誇り、ガンダムエックスと比較しても何ら遜色のない性能を持っているが、これは戦後15年が経ち新連邦のMS開発技術が戦前と同等以上の水準に回復した事を示している。

新連邦のエージェントであるシャギア・フロストが搭乗し、弟であるオルバ・フロストガンダムアシュタロンと共にフリーデン所属のガンダムエックスらと何度も交戦した。後にガンダムヴァサーゴチェストブレイクへと強化された。

血を連想させる配色、伸びる腕、腹部装甲を展開して現れる砲口等の理由で弟の機体共々ウィッツ・スーから「ゲテモノガンダム」と呼ばれることに。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初登場作品。強化はされないため最後までこの形態。未来序盤から登場することもあってか、MSにしては高いHPを持つもののボスユニットとしては控え目。だが高い命中回避に加え防御や回避を選択することもあり、さらには大抵セットで出てくるアシュタロンとの信頼補正、そして援護防御もあるため数値以上に落としにくい難敵。攻撃面はメガソニック砲が長射程高威力だが、気力制限が105だが有り、燃費が悪く勝手にガス欠して射程と火力を大幅に落としてくれるため、速攻を狙うか少しオトリを使えば比較的安全。機体はそのままだが進行度に応じてパイロットのレベルの他にも改造値が上昇して登場するため各種数値、何より運動性とパイロットの技能レベルの上昇で回避はもはや異常なレベルとなるため、後半は必中や命中補強パーツは必須レベル。
アシュタロンとセットで出撃している際は片方の撃破で撤退or精神コマンド使用などをすることが多いので、撃墜する時はマップ兵器などで同時に落とすのがベスト。同時撃破が熟練度条件のマップもある。難ルート41話以外は初期状態で隣接していないのが救いか。
ガンダムエピオンと外見が似ている事からヒイロカトルからエピオンと間違えられていた。ストライククローの威力ゆえに使われないであろうビームサーベルの戦闘アニメは配慮してか、カラオケモードで披露してくれる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
序盤から登場。射程8のメガソニック砲が強力だが、射程1-2には使用できないため接近して攻撃を仕掛けるのが無難。ただし、初実装の合体攻撃「フロストコンビネーション」をもっているため、アシュタロンが近くにいる場合は注意が必要。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
敵ユニットとして登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ストライククロー
折り畳み式の延伸腕と前腕の関節付き鉤爪ユニットで構成される武装。手も補助的に使用するケースも有る。地上でのメガソニック砲発射時にはアンカーとしても使用される。なお劇中では(拡散とは言え)空中でのメガソニック使用時に腕を延ばす事は無い(アンカーとなる場所も無いので当たり前であるが)のだが、SRWでは演出の都合上空中でも腕を延ばす(CBでも同演出が有る)。黄色い爪部分はSRW等のゲーム作品及び模型作品では鉤爪の位置で固定されていると思われがちだが実際の劇中描写を見ると直線状に角度が変わっている事や節々が関節として可動している構造なのが分かる。
クロービーム砲
ストライククローの鉤爪ユニット基部中央に設置されているビーム砲。伸縮自在のストライククローの機能により多角攻撃にも使えるようになっている。
メガソニック砲
腹部に1門内蔵されている大口径メガ粒子砲。発射する際には腹部が上下に展開し、背部ラジエータープレートも展開する。胴体には顔のような意匠があるため、発射時はさながら口からの咆哮である。収束と拡散の2種類のビームを発射可能で劇中でも使い分けている描写があるがSRWではもっぱら収束版のみの登場で拡散版は現状未採用である。
ビームサーベル
腰部リアスカートにマウントラッチを用いて携帯している。デザインは本機オリジナルの物が採用されている。

オプション装備[編集]

ストライクシューター
3連装ビーム砲とクローの複合兵装で、2挺装備している。使用したのは1話限り。1/100プラモデルのドレスアップパーツ。SRW未実装。

合体攻撃[編集]

フロストコンビネーション
Rにて実装。オルバ・フロストガンダムアシュタロンとのコンビネーション攻撃。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
フラッシュシステム
宇宙世紀におけるサイコミュとほぼ同様のニュータイプ専用のシステムでこの機能でGビットの起動・制御を行う等に使用される。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ガンダムヴァサーゴチェストブレイク
本機を改修した機体。最大の特徴はメガソニック砲を三基に増設した点。
ガンダムアシュタロン
弟オルバの乗機。フリーデン一行と何度も交戦した。
ガンダムベルフェゴール
ゲーム『Gジェネレーション』でオリジナル創作された機体で、本機およびガンダムアシュタロンの基になったという設定(ただしGジェネ内のみの設定でアニメ本編の公式設定では無い)。後に外伝漫画『機動新世紀ガンダムX Under the Moonlight』(SRW未参戦)に登場。

余談[編集]

  • ソロモン72柱の魔神の1柱で26の軍勢を率いる序列3番の地獄の君主・ヴァサーゴの名を冠する。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]