ドートレス・ネオ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ドートレス・ネオ
外国語表記 Daughtress Neo
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 NRX-018-2
頭頂高 18.2 m
重量 8.0 t
所属 新地球連邦
テンプレートを表示

ドートレス・ネオは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカ

概要[編集]

ドートレスの直接後継機。ガンダムヴァサーゴの機能を参考にしている他、ブリトヴァなどの試作機のデータも活用されている。

特徴的な武器として両腕に装備された「ワイヤード・ビームライフル」があり、ビームカッターとビームライフルの両方の特徴を兼ね備えている。 単独での飛行能力も有し、新連邦量産型MSの集大成ともいえる高い機体性能を持つ。

バリエントが射撃主体な構成なのに対しこちらは近接白兵戦闘に重きを置いている。

ワイヤードビームライフルの調整等で開発が遅れていたが、終盤に先行量産機がフロスト兄弟率いる親衛隊に投入された。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
序盤の雑魚という位置づけだが、空中に浮いているのでランド編では強敵。ウォーカーマシンシルエットマシンでは空中適正は低いので命中及びダメージが通らない。通常版と強化版の2種類が存在し、中盤以降に出てくる強化版はクラウダに匹敵する固さ。特徴的な武器ワイヤード・ビームライフルは切り払いIフィールドの両用で防げる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。雑魚の雑魚で、相手にならない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ワイヤード・ビームライフル
ビームカッターとしても利用できる特殊なビームライフルで、両前腕部に装備。
原作では第八次宇宙戦争時に調整が終わってようやく一部の機体が運用可能になったものであり他の機体は下記の既存型のライフル・サーベルを使用していた。
なおZでは見た目はビーム兵器だがビームサーベル扱いなのか切り払い可能である。
ビームライフル
バリエントの使用するビームライフルの色違い版を原作で使用。
SRWではワイヤード・ビームライフルとの差別化が難しい為か未採用である。
ビームサーベル
こちらもバリエントと同型の物を使用。
SRWではビームライフルと同様の理由で未採用。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ドートレス
先代に当たる機体。ただし主力量産機としてはバリエントの方が後継に近い扱いを受けている。

資料リンク[編集]