ガンダムアシュタロンハーミットクラブ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムアシュタロン
ハーミットクラブ
外国語表記 Gundam Ashtaron Hermitcrab
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 石垣純哉
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 MA変形型可変モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 NRX-0015-HC
全長 25.3 m
頭頂高 19.5 m
本体重量 12.0 t(12.8t説有)
全備重量 14.7 t
原型機 ガンダムアシュタロン
開発 連邦政府再建委員会
所属 新地球連邦
パイロット オルバ・フロスト
テンプレートを表示

ガンダムアシュタロンハーミットクラブは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカ

概要[編集]

宇宙革命軍との戦いに向けて、新地球連邦軍がガンダムアシュタロンを強化改修した機体。

ガンダムXの機体では本機のみ全長・頭頂高と本体重量・全備重量のスペック文字設定が個別に分けられている。

原型機と比べると僚機となるヴァサーゴCBとの連携運用を鑑みた部分が多くなり、MA形態では宇宙世紀のSFS的な要素や高機動白兵MAとしての要素が高く、MS形態は単騎での白兵戦闘時にマシンキャノンやビームサーベルを利用した手数の幅広さを強みにした機体となっている。バックパックが以前より大型・一体化され、脚部も大型スラスターを内蔵し、防御力と機動性が大幅にアップ、MA形態での戦闘力も飛躍的に向上している。

主武装のアトミックシザーズもギガンティックシザーズへと強化された。さらに、オプション兵装として、サテライトシステム兵器のサテライトランチャーが用意され、ガンダムヴァサーゴチェストブレイクと連携することで発射を行う。

尚、ハーミットクラブとは「ヤドカリ」の意味。MS本体より巨大なバックパックを背負うという思い切ったデザインをしており、バックパックも含めると全長はガブル並になり、作中MSの中でも群を抜いて巨大である。

MA形態[編集]

甲殻類のような外見のMA形態。変形機構が大型バックパックユニット内にMS部を内蔵するという形式に変更されている。

従来通りガンダムヴァサーゴチェストブレイクを乗せる事が出来る他、サテライトランチャーを搭載することも可能。

劇中での活躍[編集]

劇中では引き続きオルバ・フロストが搭乗。シャギア・フロストガンダムヴァサーゴチェストブレイクと共にフリーデンのガンダムや宇宙革命軍と交戦している。

最後はガンダムダブルエックスのツインサテライトキャノンとサテライトランチャーの撃ち合いとなり、大破して放棄された。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
今回は素のアシュタロンは登場せず、改良型である本機のみ登場。全体攻撃がないため兄と比べると対処は楽だが、オルバの小隊長能力により反撃時のダメージがかなり痛いので回避力の低い機体は注意したい。ヴァサーゴCBの小隊員となっている場合は援護防御合体攻撃の存在から厄介。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
ガンダムヴァサーゴチェストブレイク共々味方として一部シナリオで使える。機体性能が高くギガンティックシザース及びフロスト・コンビネーションは低燃費でP兵器かつ射程1~4で威力も高いとかなり優秀な武装。全体攻撃がトライチャージしかないので、普段は兄の小隊員が無難か。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。原作とは違い、デュミナス達の手によって改修され、この機体になっている。兄のヴァサーゴも同じ経緯で改修されている。サテライトランチャーを容赦なく撃ちまくってくるので注意。
一部のシナリオではMA形態で登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

マシンキャノン
胸部上肩側に2門内蔵している。以前より口径が大きい物に換装された、MS形態時専用武装。
ギガンティックシザーズ
背部バックパックユニットに2基装備されている近接戦闘用の武装。MA形態時も使用可能。アトミックシザーズよりさらに大型化され、パワーも増している。劇中では重装甲を誇るクラウダさえも容易く挟み切っていた。
シザーズビームキャノン
ギガンティックシザーズに1門ずつ内蔵されたビーム砲。こちらも改修前より大口径化された。
ビームサーベル
1本装備している。改修前と同一の装備。
劇中で防御用途でしか使用されなかった為かZではオミットされ、切り払い機能のみになっている。

合体攻撃[編集]

フロスト・コンビネーション
シャギア・フロストガンダムヴァサーゴチェストブレイクとの合体攻撃。原作でも見せた兄弟の連係攻撃で、アシュタロンHCのシザーズで相手を拘束して、ヴァサーゴCBが止めを差す。攻撃のバリエーションは様々。
サテライトランチャー(増設型サテライトキャノン)
シャギアのヴァサーゴCBとの連携で使用可能な武装。アシュタロン側に増設式の砲身を追加し(未使用時には短縮化し収納形態となるがバックパック内部に収納されるわけではない)MA形態のバックパックユニット上に乗ったヴァサーゴCBの背部にマイクロウェーブを受信しストライククローを砲身に繋いでエネルギーを供給して発射するようになっており、威力はガンダムダブルエックスのツインサテライトキャノンと同等。ただし、月面の送信施設のシステムにはヴァサーゴやアシュタロンの機体認証が行われていないため、マイクロウェーブ照射はマニュアルモードで行う必要がある。SRWでは合体攻撃になっており、また砲身は召喚攻撃扱い(使用時のみ現れ使い終わると消える)となっている。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
EN回復(中・大)
変形
MA形態に変形する。ただし、敵方ユニットなので変形は戦闘シーンのみ。

移動タイプ[編集]

MS形態時。飛行可能。
MA形態時。飛行可能。

サイズ[編集]

M
巨大なバックパックを含めてもMの範疇。

関連機体[編集]

ガンダムヴァサーゴチェストブレイク
兄の機体の改造機。サテライトランチャーの機能を分け合い、これまで以上に連携を深めている。

余談[編集]

  • デザイナーの石垣氏曰く最初からプラモデル化しないことが決まっていた為、キット化を度外視した超ボリュームのデザインになったらしい。
    • 長らく公式立体物のなかった本機だが、プレミアムバンダイ限定、2019年9月発送でモビルスーツアンサンブルでの発売が決まった。SD体型だがヴァサーゴCBとのセットでサテライトランチャーも再現できる豪華セットとなる。先に発売されたDXと合わせて最終回の名シーンを遂に再現できる。

資料リンク[編集]