ガンダムダブルエックス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムダブルエックス
外国語表記 Gundam Double X
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α外伝
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 サテライトシステム搭載型試作モビルスーツ
生産形態 ワンオフ機
型式番号 GX-9901-DX
全高 17.0 m
重量 7.8 t
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
開発 新地球連邦
所属 新地球連邦軍 → フリーデン
主なパイロット ガロード・ラン
テンプレートを表示

ガンダムダブルエックスは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカであり、後半の主役メカ。

概要[編集]

新地球連邦軍がアイムザット・カートラル主導の下にゾンダーエプタで開発したサテライトシステム搭載型汎用モビルスーツ。ガンダムXの強化発展型で、MS単体としては究極的な攻撃力を持つ。

Gファルコンとの合体機構も備えられており、サテリコンのGファルコンとの合体もサテリコンとの接触後可能になった、詳細はガンダムダブルエックス+Gファルコンを参照。

開発の経緯[編集]

15年前の戦争でジャミル・ニートが搭乗し、大破して放棄されたガンダムエックス2号機(以下GX2号機と記す)を回収して、そのデータを基に開発・新造されたものであり、最新技術により出力・機動性・装甲等の基本性能がガンダムエックスから飛躍的に向上している。戦後に造られた機体としては最も強力な機体の一つ。 そのような経緯もあって、カトック・アルザミールは本機のことを「15年目の亡霊」と呼んでいる。

開発を主導したアイムザット・カートラルは、この機体を「戦後の新しい時代を象徴する強大な力を持ったMS」として強力に開発を推進していたが、実際のところ、和平派の多い新地球連邦再建委員会の中では支持を得られず、開発に積極的だったのはアイムザット1人だけだった。フリーデンに強奪され、ダリア作戦の阻止に成功した事で、新連邦と宇宙革命軍双方にその力と危険性を証明する事となり、新連邦にとっては奪われてからその大きすぎる代償を払わされるという皮肉な結果となった。

機体概要[編集]

本機の最大の特徴は、サテライトシステムの改良型である「サテライトシステムMk-II」を搭載している事で、集光率の向上や冷却システムの改良などによってガンダムエックスの単砲身型サテライトキャノンの数倍以上の威力を誇るツインサテライトキャノンを採用する事になった。大幅な出力上昇に伴い増加した熱エネルギーを冷却する為、腕や脚に展開式の排熱用エネルギーラジエータープレートを新たに装備している。頭部も放熱に適した形状に設計されている。

月のMW送電施設にアクセスするためのニュータイプが存在しない問題点は、コクピット周りを含めた中枢制御部のシステムに機体コード認証済みであるガンダムX2号機(連邦軍時代のジャミルの機体)の部品を移植している。これにより、Gビット(GXビット)の使用も可能な他、Gコンは専用のものだけでなく、旧式のものでも代用が可能。

MSとしての基本性能はA.W.0015年代では最高ランクであり、重装甲と高機動を併せ持つ。脚部に機動性強化の為のスラスターが増設され、白兵戦でも極めて優れた運動性を発揮する。ガンダムエックスやディバイダーでは脱出不可能だったガンダムアシュタロンのアトミックシザースを拘束状態からアーム部分を引き千切る程のパワーも持つ等、MS単体としての戦闘能力も大幅に強化されている。また、オプション兵装を除く本機の基本武装は各種バルカン・ライフル・ソードといった非常にオーソドックスな構成だが、そのどれもが当時最強クラスの物を装備している。


よくGXの改修機と勘違いされる事が多いが、前述の通り「GX2号機のデータ・中枢部を流用した新造機体」である。アニメ本編でも建造中だがGXのそれとは異なるフレーム姿を晒していたりアイムザットによるツインサテライトキャノンを用いた恫喝シーンでも、本機の後ろに半壊した2号機が転がされ、ケーブルで繋がれていた。ただときた氏の漫画版ではGX2号機を直接改修したような描写になっているためにこの誤解が広まった可能性がある。

劇中での活躍[編集]

ゾンダーエプタにてテストが行われていたが、ガロード・ランの手によって奪取され、それ以降はフリーデンの戦力として運用される事となった。この時、本機の専用Gコンはアイムザット・カートラルが所持していたが、ジャミル・ニートティファ・アディールが持ってきたGX用のGコンで起動させており、以後もこれを使用している(漫画版では奪取)。

その後、ガロードの新たな愛機となるが、最後はガンダムヴァサーゴチェストブレイクガンダムアシュタロンハーミットクラブとの戦闘でツインサテライトキャノンとサテライトランチャーを撃ち合い、その際に発生した衝撃波で大破し、放棄された。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムX系パイロットで乗り換え可能。性能も全体的に高水準で全ての能力がバランス良く高いのが特徴。また、ビームサーベルやライフル等の通常武装の攻撃力も全体的に高めに設定されている。一方で、かつてはGビットが追加されるまではツインサテライトキャノンのチャージ中はそれ以外の対ボス用火力に欠けていたが、近年の作品ではGファルコンとの連携攻撃が追加され、火力が安定した。また、MSにしては装甲が高い事が多い(これは前番組のG・Wも含めた所謂平成3部作の特徴でもある)。

最大の特徴は通常兵器版&MAP兵器版「ツインサテライトキャノン」。作品によって制限が異なっており、α外伝Zでは原作通りに「」が出ていないと使えない。ゲーム的にはマップ毎に月への射線の有無が設定されており、月があるマップでは毎ターンチャージが行われ、一定ターン毎に発射が可能になる。一方Rでは月の有無という設定が無く、どのステージでも常にチャージが行われるようになっている。これは原作において第七次宇宙戦争当時にマイクロウェーブの中継衛星が存在した(コロニー落しで全て失われた)という設定を利用したものと思われる。どのシリーズでもチャージ完了後は一発しか撃てないが、その分攻撃力は非常に高く設定されている。本来は一度のマイクロウェーブ受信で少なくとも3連射までは可能で、使用時に機体自体のENも消費しない(そもそもチャージ自体が原作にはほぼ存在しない)が、ZではENを消費するようになっている。またMAP兵器版では中心に空白部の在る二本の直線という形をとっているが、砲身の負荷低減等の理由で二門に分割しているだけでそれぞれの砲身で個別に撃つわけではない(実際原作では、二門のビームは合成一軸で発射された描写しか無く、また文字設定等でも個別単独での砲身で発砲可能という設定は無い)。第3次Z天獄篇では中心の隙間が無くなり、これまでより原作に近い形となっている。

条件を満たせば武装にGビットが追加される作品では、チャージに関係なく高威力の攻撃が可能となりサテライトキャノン無しでも安定して活躍出来る様になる。更にその場合、ティファがガロードのサブパイロットとして登録されるため、Gファルコンとの合体を活用すれば3人分の精神コマンドが使用可能となる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初登場作品。ゾンダーエプタにて戦闘で奪うことになり、最初は護衛機がいるものの無人のままサテライトキャノンのチャージのため棒立ちしている。人質もおらず味方が全機健在であるため展開的に破壊しても全く問題が無いのだが、ジャミルの一存でガロードが乗り込んで奪うことになり攻撃対象から外れてしまう。その際マップ兵器で破壊すると何の台詞もなくゲームオーバーになるなど、入手のためとはいえ強引な展開となっている。
GX同様サテライトキャノンはチャージ制のオリジナル仕様。機体性能が高く、ツインサテライトキャノンは消費無しでスーパー系以上の攻撃力を持つ非常に強力な武装。また反撃に便利なライフルもあるが、弾数が少なめなので注意。隠し要素の条件で追加されるGビットを取得すれば更に強力になるがそちらも燃費は悪いため取得後はEN改造を推奨。Gファルコンとの合体形態が非常に強力なので基本はセットで運用したい。
今作では月のないMAPや反撃役としてはディバイダーが非常に優秀なので、状況に合わせて乗り換えるのもあり。マップ兵器のツインサテライトキャノンはチャージの長さが難点だが高威力の上射程が無限の鬼性能なので使い方次第で戦局を変える一手となり得る。マス目がユニットから1マス空いて、左右2マス計4ラインに効果があるのため使うときは位置取りに注意。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
改造ガンダムエックスから引き継がれ、更に改造はGファルコンと連動しているお得なユニット。フル改造ボーナスまで連動してしまうので注意。Gファルコンが手にはいるのはDX入手から少し先になる。概ねα外伝と使い方は一緒。流石にα外伝やRほどの強さは無いがそれでも十分主力となれる。Gビット取得条件はランドならば楽だが、セツコの場合、SRポイントを全取り(ifルートの場合は2回逃せる)しなければならないという厳しい条件となっている。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
PVに登場し、ツインサテライトキャノン使用時にリアルサイズカットインが導入された。今作の世界ではマイクロウェーブ送信施設がないはずだったのだが、なぜか発射することができた。これについてはストーリーを進めることで明らかになっていく。
機能の制限された前作組の中でも特に色々制限されGビットもGファルコンとの合体もサブパイロットのティファもなく、月のないMAPではそもそもサテライトのチャージすらできないので決定力不足と、主戦力として使うには不安定。ただ、通常兵器の威力が高く高威力・低燃費のハイパービームソードとガロードのABを活かした稼ぎ役として割り切るのがいいかもしれない。一方で、新スキル連続行動のおかげで射程∞のMAPサテライトはかなり使いやすくなった。Gファルコンが登場しない関係上、フル改造することでチャージターンの短縮が可能となっている。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
今作は他のX系機体の参戦が遅く、他の機体が参戦した際に合体してしまうため、実質ガロード専用機となっている。
序盤から参戦+月の出ているマップが増えたため、サテライトキャノンを活用する機会が増えた。MAP兵器版の範囲もやや改善されている。反面、カスタムボーナスが最大EN+という謎の変更をされており、そもそもENを消費する武装自体が少ないDXには恩恵が薄い。Gビットがオミットされているが、次回作で廃棄されたという説明が入った。後半、ガンダムダブルエックス+Gファルコンになれば2人乗りとなり武装も追加され使い勝手も上がる。
なお今作の世界でサテライトキャノンが使えることについての詳細(何故・何のために異世界の機体に対応したMW送信システムが用意されていたのか、など)は天獄篇においてD.O.M.E.から説明される事になる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
時獄篇では未参戦だったが、本作で復帰参戦。戦闘アニメも大幅に刷新された。序盤のルート分岐の途中で参入する。本作でも実質ガロード専用機。再世篇より全体的に性能が上昇し、通常武装も含めても全体的に攻撃力が高い。特に装甲の初期値は1850とスーパー系並に高い。
中継衛星が多数設置されている設定になり、サテライトシステムの仕様が大幅に変更され、最初からチャージ済、再チャージにも1ターン(昼間ステージなら2ターン)と大幅な強化が行われている。これは月が遠くて見えず、中継衛星もない銀河においては、他の戦艦からのマイクロウェーブ送信(中盤ではマクロス・クォーター、終盤では銀河殴り込み艦隊の各艦)で代用していることが説明されている。シリーズでは強力な追加武装であるGビットはZ終了後に廃棄したらしく、本作でも使用できない。
それに伴い、今作ではこれまでと大幅に運用方法が異なっている。ALL武器は無いが、MAP兵器版のツインサテライトキャノンは中心の隙間が無くなって射程が幅3×12マス+正面直線上は無限、かつ無改造で攻撃力5000という凄まじい性能になっている。更に中盤からは月無しでも毎ターンチャージされるようになり、驚異の殲滅力を発揮するマップ兵器主力のユニットに変貌している。精神コマンド「魂」との相乗効果により一撃の攻撃力を毎ターン発揮できる。マルチアクションや特殊スキル戦術待機ヒット&アウェイ等のシステムと相性が良く位置取りも容易。相方は1ターン目から覚醒が掛かるダンクーガノヴァアクエリオンEVOLの双方で、マキシマムブレイクによる長距離射撃も意識できる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
原作とは違い、ゾンダーエプタではなくニュータイプ研究所で開発された。そしてニュータイプ研究所はザイデル・ラッソと共にネオ・ジオンの所属であり、D.O.M.E.が眠るマイクロウェーブ送信施設をネオ・ジオンの攻撃目標から外させる為にザイデルが主導したものという設定である。また、原作ではGXのGコンを引き続き使用していたが、本作ではニタ研の所長であるカロン・ラットの目を盗んでフォウ・ムラサメがDX用のGコンを盗み出し、そのままガロードに渡してDXを起動する流れになっている(この際フロスト兄弟の手引きがあった)。
素のままで使うよりは合体時の恩恵が非常に多いGファルコンとセットで運用するのが基本だが、単体でも非常に強力な機体で高火力・低燃費のGビットが追加されれば合体せずともほとんどの敵を殲滅できる。その場合、Gファルコンは飛べないレオパルドにまわしてもいい。また、今回Gビットサテライトキャノンというどう考えても地球環境に悪そうな武装が追加される。この人あたりが黙っていなそうだがシナリオ上では特に突っ込まれなかった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年6月のイベント「男よ、その手でつかめ!」より実装。大器型SSRシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ヘッドバルカン
頭部に2門内蔵しているバルカン砲。威力はさほどでも無いが牽制や迎撃など幅広い用途を持つ。マシンキャノンとブレストランチャーとの一斉射撃でコルレルを撃破した事もある。
ブレストランチャー
胸部下に2門内蔵している三砲身ガトリング砲。一般的なMSならこれだけで破壊できるほど高威力。また、文字設定では各種弾頭を発射可能なマルチパーパス仕様でもあるという事になっている。
マシンキャノン
両肩(襟部外側)に2門内蔵している。なぜかスペック表では無視されたり、MGキットの解説書でもブレストランチャーの一部にされている。
一応α外伝天獄篇ではブレストランチャー発射時に設置位置からの発砲描写が確認できる。
ツインサテライトキャノン
背部に2門装備された戦略級兵器サテライトキャノンの強化型。射程は少なくとも数十万km以上で原作では一度のマイクロウェーブ受信で3連射まで確認されている。コロニーレーザークラスの範囲を持ち、MSサイズの武装としては規格外の破壊力を持つガンダムDX最大の切り札ではあるものの、小回りの利かなさやガロードの意向もあり使用回数自体はかなり少ない。そもそも超長距離からの砲撃による大規模破壊がコンセプトの戦略級兵器なためゲームのように対MS戦でわざわざ使用したのは原作ではフロスト兄弟との最終決戦のみである。文字設定では威力を調整可能と記されているが原作では威力を調節した描写が特に無かったので実際にどの程度の出力で撃っていたのかは不明。受信中のエネルギー変換の際には展開された両腕と両脚のエネルギーラジエータープレートが強制排熱を行うようになっている。また、GX2号機の機体コードが流用されている事により、「認証が済んだ機体」としてフラッシュシステムの登録作業無しで初回起動を行った(ただしエネルギーソースのサテライトシステムのみの起動であり、発砲自体は行っていない)。2倍以上の出力向上によってMSサイズかつ単砲身では砲身のエネルギー許容容量を超え撃ち切れなくなった為砲身を連装型にし負荷を減らしビーム自体は連装の砲身から発射されるビームを一軸に合成する発射方式に変更している。腕を使って砲身を保持するガンダムエックスと同じ方式では両腕が塞がるため、肩アーマーに収納されている専用照準装置を兼ねたパーツを展開して砲身を挟み込み固定する方式に変更。腕の損傷率や手持ち武器の保持に関係なく使用できる。
SRWではチャージ制となっている他、月が出ている夜間でないと使えないようになっている等、原作と異なり半スパロボオリジナル仕様となっている(原作では連発も可能で月が見えていれば昼間でも撃てる)。
ツインサテライトキャノン(マップ兵器
攻撃範囲は二本の直線型。射程1~∞のケースが多い。チャージ時間は通常兵器版より長い事が多い。本来は2門から発射したビームは一つにまとまって進んでいくので、中心のマスが空いているSRWの仕様はおそらくゲームバランスを考慮したもので、原作とは異なる。天獄篇では中心の隙間が無くなり非常に強力な武装になっている。
ハイパービームソード
新型サテライトシステムによりGXの大型ビームソードの更に数倍以上の出力を持つ強力なビームソード。ビーム刃の大きさも一般的なビームサーベルより一回り以上大きい。両腰部に2本装備。SRWでは他のMSのビームサーベルより高威力の武装となっている。一部作品ではその分エネルギー消費も多く設定されている。
Zや天獄篇では初出撃時におけるバリエント戦のソード捌きが再現された。天獄篇では更に初出撃時の二刀流状態も再現された。
DX専用バスターライフル
キッドが自作した高出力ビームライフル。ゾンダーエプタで調整中のDXが装備していたビームライフルと酷似しているため、何らかの方法で参考にしたようである。漫画版では奪取された時から既に装備していた。シンプルな内部構造と徹底した軽量化が図られ長銃身で高いビーム収束率を持つ。火力も高く、標準的なビームライフルの数倍の威力を発揮する。
SRWでは他のMSのビームライフルと違い、P属性がない分、長射程・高威力の武装となっている。
ディフェンスプレート
キッド自作の実体盾。バスターライフルと同様に、ゾンダーエプタで調整中のDXが酷似したものを装備しているので、何らかの方法で参考にしたようである。マウントラッチが有る左腕に固定できるがグリップも有る為手での保持も出来、取り回しにも優れている。正規軍以外の装備する各武装では傷一つ付ける事の出来ない強度を持つ。

オプション装備[編集]

放送当時に発売された1/100スケールプラモデルに付属する武器で、いずれも原作・SRWでは未使用。この内ビームジャベリンとG-ハンマーは原作終盤において北米反地球連邦組織の格納庫に置いてあるのが確認できる。

ロケットランチャーガン
大型ロケット弾頭を発射するMS版カンプピストル風の武装。大型弾頭の為、携行弾数は限られるが破壊力は高い。名称にガンが付くのはロケットランチャーではバズーカ系の武装や箱型ランチャーと混同するのでそれを防ぐ為と思われる。
ツインビームソード
グリップ両端に発生器を内蔵する双頭刃タイプのビームソード。
ビームジャベリン
ビームの刃を持つ長槍。通常のビームサーベル以上のリーチを持ち、敵の間合いの外から攻撃する事が可能。ガンダムのビームジャベリンが元ネタ。
G-ハンマー
スラスター付きの鉄球とワイヤーを接続した接近戦用打撃武器。ワイヤー式であるため、不要時は鉄球部とグリップ部のみのコンパクトな形態で収納可能。こちらはガンダムのハイパーハンマーが元ネタである。

召喚攻撃[編集]

Gビット
GXと同じGビット。2号機のシステムを移植している為DXも使用可能。DX用のGビットは原作には存在しない。ガロードの場合はフラッシュシステムの起動をティファに担ってもらう(あるいはニュータイプのパイロットが搭乗する)ことで武装として使用可能になる。α外伝Zのどちらも演出自体はガンダムエックスのものと同じ。
Gビットサテライトキャノン
DXのツインサテライトキャノンとGビットのサテライトキャノンの一斉掃射。元ネタはジャミルがガンダムXで15年前に行ったもの。Rのみ実装。
Gファルコン連携攻撃
第3次Z天獄篇で追加された召喚攻撃。パーラ・シスGファルコンが牽制射撃した後、DXがハイパービームソードと足蹴りで攻撃して、最後に同時射撃で〆。

合体攻撃[編集]

いずれもRのみ実装。

ツインGビット
ガンダムエックスガンダムエックス・ディバイダーとの合体攻撃。
ダブルサテライトキャノン
ガンダムエックスのサテライトキャノンとの合体攻撃。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
合体
Gファルコンとの合体で、Gファルコンの武装が追加される。GファルコンのBパーツがエネルギーをアシストする設定から、SRWではサテライトキャノンのチャージに要するターン数を1ターン短くするという効果が付く。
サテライトシステム
SRWでは基本的にサテライトキャノン用のシステムとしか使われていない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

『ツインサテライトキャノン』のチャージターンを-1する
第2次Z破界篇
最大EN+150
第2次Z再世篇
『Gファルコン連携攻撃』攻撃力+200、弾数+2
第3次Z天獄篇

機体BGM[編集]

「Resolution」
後期OPテーマ。Zではダブルエックス専用BGMとなった。
「サテライト・キャノン」
ツインサテライトキャノン使用時のBGM。

対決・名場面[編集]

15年目の亡霊
第22話。フリーデン隊以外にもガンダムXを持つ者の正体。それは、新連邦とガンダムダブルエックスであり、ツインサテライトキャノンがフリーデンに向けられた。ダブルエックスの母体が第七次宇宙戦争で自分が使用したXであることをカトックから聞かされたジャミルは、サテライトシステムの恐ろしさを誰よりも知っていることから、新連邦に降伏をすることに。
ダブルエックス起動
第24話。ダブルエックスを初起動させたガロードは内蔵武器とビームソードしか持たないダブルエックスで敵部隊を迎撃・全機撃墜。その後、ツインサテライトキャノンで全職員の避難が完了していた人工島ゾンダーエプタを破壊したことで新連邦の援軍も撤退させる。
月が見えた
第34話。宇宙革命軍はコロニーレーザーで地球を攻撃する「ダリア作戦」の最終準備を進めていた。が、コロニーレーザーをかすめるようにツインサテライトキャノンのビームが飛んでくる。ほぼ同時刻に「ティファを引き渡さなければコロニーレーザーを破壊する」という脅迫電文が送られてきた。渋々要求に応じる革命軍であったが、ティファの引き渡しが完了した矢先その脅威を知っているガロードは約束を反故にし、コロニーレーザーを跡形もなく破壊してしまった。
月はいつもそこにある
最終話。フロスト兄弟はサテライトシステムを掌握、アシュタロンに搭載されたサテライトランチャーで新連邦、革命軍の旗艦を葬り去った。そして次なる照準として混戦状態に陥っている両軍の艦隊真っ只中に向ける。
だが、そこに破滅を食い止めんとするダブルエックスが立ちはだかる。掌握されたはずのサテライトシステムは照射対象を変え、ダブルエックスへとエネルギー供給を行う。互いの信念を賭けたサテライトキャノン同士のぶつかり合いになり、余波でD.O.M.E.は消滅。そして…。

関連機体[編集]

Gファルコン
合体可能な支援戦闘機。
ガンダムダブルエックス+Gファルコン
合体した形態。
ガンダムエックス
原型機。
ガンダムエアマスターバーストガンダムレオパルドデストロイ
僚機。

他作品の関連機[編集]

曹操ガンダム
SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriorsに登場した、ガンダムダブルエックスが演者のキャラ。
∀ガンダム
原作では直接の関連性は無く、厳密には文明をリセットした機体と世界を崩壊させる原因の切っ掛けとなった機体の後継機という違いがあるが、SRW含め二次作品ではその危険性や月・ヒゲ・大量破壊兵器等のキーワードで関連付けられる事が多い。
α外伝Zでは作品同士が設定上で密接にリンクした他、第2次Zのリボンズからは世界を破壊するガンダムとして、第3次Z天獄篇ではAGやエルーナルーナからはヒゲと戦略兵器持ちという点で関連付けられて語られている。
またパイロット同士もシナリオ上で絡む場面が多く、大量破壊兵器を破壊ではなく戦いを終わらせる為に使う・特殊能力を持たない等の共通点がある。

余談[編集]

  • ラスヴェート戦でバックパックを損傷させられた際にガンダムエックス・ディバイダーからディバィダーを受け取りその推進機能によって難を逃れ、ディバイダー装備で短時間戦闘を行った事がある(ディバイダー自体は武装としては使用してない)。カードゲーム等では、これを装備した状態のDXディバイダーという機体がバリエーション機として存在している。ちなみに、ブリトヴァ戦で専用バスターライフルを斬られ破壊された際には、腕を切り落とされたエアマスターバーストのライフルを使用しているが、こちらは特にカードゲーム等で取り上げられてはいない。
  • メカデザインの大河原氏は本機のデザインについて直接のコメントは残していないが、ガンダムエックスについては「デザインモチーフは、長刀を背負った佐々木小次郎です」とのコメントを残している。そのため、2本のサテライトキャノンを背負ったダブルエックスについては「二刀流の宮本武蔵をモチーフにしたのでは」とされている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]