2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

宇宙革命軍

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

宇宙革命軍(Space Revolutionary Army)とは、『機動新世紀ガンダムX』に登場する勢力。

概要[編集]

「クラウド9」と呼ばれると正反対にあるラグランジュ・ポイント(L2宙域)のスペースコロニー群を拠点とする。人口は1200万人程度。組織の成り立ちは不明であるが、第1話冒頭のナレーションでは「一つのスペースコロニーの独立運動から端を発した」と語っていることから、名前からも推察されるように様々なコロニー群の連合軍であったと思われる。

地球連邦軍新地球連邦軍の前身)との間の「第7次宇宙戦争」においてはライラック作戦などを実施して地球連邦政府本部の南米大陸制圧を目論んだが、ことごとく失敗して戦況は膠着状態となる。物量が不足する宇宙革命軍は多数の無人となったスペースコロニー[1]地球へと落下させるコロニー落としを企て、地球連邦統合政府に無条件降伏を突きつける。しかし、連邦政府が要求を撥ね付け、コロニー落とし作戦用に確保していたコロニーに対して決戦兵器ガンダムと各種ビットMSによる迎撃を開始。ガンダムエックス部隊によるサテライトキャノンの砲撃で多数のコロニーが破壊されたため、作戦失敗を恐れて恫喝のつもりだったコロニー落としを強行し、その結果として地球は荒廃した。

第7次宇宙戦争後は現体制の維持に成功してはいたものの疲弊が酷く実質雌伏の時を過ごす事となる。それでも地球に対する敵意は変わらず、地球にスパイを送り込むなど再戦に備えた諜報活動等の手を打っていた。政府再建委員会に関しても把握していたらしく、ニュータイプ研究所にまで潜入が及んでいた。

政府再建委員会の手によって、かつての地球連邦政府が息を吹き返すと前々から計画していたダイヤ作戦を実行に移し、コロニーレーザーによる地球砲撃と制圧作戦を企んだが、ガロード・ラン達の手で破壊されてしまい、元々国力が乏しい宇宙革命軍の全力を注ぎこんだ作戦だったため、宇宙革命軍の地球制圧は実質的に潰えてしまう。

その後は方針を変更し、月面のマイクロウェーブ送電施設に手を出すが、D.O.M.E.からは決して受け入れられる事は無く、同じく月に進出していた新地球連邦軍と激しく交戦する。最終的にはザイデルの死を以って宇宙革命軍は地球との融和政策に切り替えた。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
明確にガンダムX世界観が形成されたため、宇宙革命軍も登場となった。
本作における宇宙革命軍はムーンレィスから分派した、黒歴史時代に荒廃した地球環境の再生を待つにあたってではなくコロニーへの居住を求めた一派」とされている。
エゥーゴザフトアクシズと共に「アプリリウス同盟軍」を築くが、ザフトポイント(隠し要素/Z参照)を貯めることによりその展開は大きく変わる。結末については原作通り。
島田ボイスの一般兵がクラウダに乗って来る他、名無しの人工ニュータイプが少数生産されたパトゥーリアを操り出てくる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
本作品ではザイデルら宇宙革命軍のメンバーは、ネオ・ジオンアクシズ)所属。
なお、前大戦での宇宙革命軍に相当する組織は「コロニー側」「コロニー軍」と呼ばれており、旧ジオンホワイトファングとの混成だったらしい。

人物[編集]

ザイデル・ラッソ
原作における宇宙革命軍総統。極端な「ニュータイプ主義」思想の持ち主。
ランスロー・ダーウェル
宇宙革命軍大佐。軍における最高指揮官の1人。地球との戦争に対しては厭戦的。
ノモア・ロング
本名は「ドーラット(博士)」。第7次宇宙戦争時は軍で人工ニュータイプの研究をしていた。
ニコラ・ファファス
地球のニュータイプ研究所に潜入していたスパイで、ティファニュータイプであると知って宇宙へと連れ去った張本人。
しかし、ザイデルが「地球生まれ、地球育ちのニュータイプ」であるティファを拒絶したのを目の当たりにし、更には殺害まで企図している事を知り、誘拐を後悔している。後に地球との融和をザイデルに繰り返し提案した事で怒りを買い、銃殺刑にされた。
ニュータイプ主義者であるが、世界の再建にはニュータイプの力が必要と純粋に信じていただけの様であり、地球出身者という理由だけで差別する事はなかった。処刑後の遺言となったビデオメッセージはランスローに届けられる。
SRWでは、ティファを連れ去る役目はフロスト兄弟に代わられることが多い。
ナーダ・エル
宇宙革命軍少将で、エニルの父親。作中では既に故人。

開発した兵器[編集]

原作では戦艦も登場しているが、現時点では他のガンダムシリーズに登場する戦艦に置き換えられている。ここではスーパーロボット大戦シリーズに登場した物のみ記述する。

ジェニス
いわゆる「ザク」的な機体。
フェブラル
ランスローがジャミルとの戦いの際に搭乗していたモビルアーマージオングのオマージュ。
ベルティゴ
ニュータイプ用のモビルスーツビットを装備。カリス・ノーティラスが乗る他、ランスローもフェブラルより前に搭乗していた。キュベレイのオマージュ。
グランディーネ
対地専用の移動砲台。
パトゥーリア
超巨大モビルアーマー
クラウダ
新型量産機。装甲の厚さとビームカッターが特徴。
コロニーレーザー
宇宙革命軍の切り札である大量破壊兵器。コロニーレーザーによって地球への先制攻撃を行う「ダリア作戦」が行われようとしていたが、ガロードらによって阻止された。

余談[編集]

  • 宇宙革命軍のモデル(あるいはオマージュ元)は『機動戦士ガンダム』のジオン公国ジオン公国軍)であると思われる。
    • ちなみに、宇宙革命軍の本拠地「クラウド9」はL2宙域に存在しており、ジオン公国が本拠地を構えるサイド3もまたL2宙域に存在している。

脚注[編集]

  1. ちなみに無人コロニーが多かった理由は、「宇宙革命軍が自分と意見を違える全ての他コロニー国家を殲滅・抹殺した」からである。

資料リンク[編集]