グランディーネ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
グランディーネ
外国語表記 Grandeene
登場作品 機動新世紀ガンダムX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー
型式番号 MA-06
全高 34 m
重量 72 t
開発 宇宙革命軍
所属 宇宙革命軍
アルタネイティヴ社
テンプレートを表示

グランディーネは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカ

概要[編集]

宇宙革命軍開発のモビルアーマー

見た目通りの四脚固定砲台と呼ぶべき巨大な機体で、足裏にホバーユニットが有るものの劇中の機体は修復が不十分なのか四機の大型ヘリで空輸されていた。

第七次宇宙戦争で放棄されていた機体を、アルタネイティヴ社が回収・修繕して利用しており、荷粒子光弾砲の遠距離攻撃でフロスト兄弟ごとフリーデン以下バルチャー集団を攻撃するが、ガンダムエックスのサテライトキャノンでアルタネイティヴ社もろとも吹き飛ばされた。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。過去編の序盤にてネオ・ジオンの戦力として登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

200mm対空ビーム砲
四脚上部に配備された対空砲。
長距離荷粒子光弾砲
胴体中央から強力なビーム光弾を発射。
『R』ではマップ兵器版も持つ。必要気力が無いため注意。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

LL

対決[編集]

ガンダムエックス