ビグ・ザム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ビグ・ザム
外国語表記 Byg-Zam
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 対要塞用モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 MA-08
頭頂高 59.6 m
本体重量 1021.2 t
全備重量 1936.0 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 35,000 kw
スラスター推力 580,000 kg
装甲材質 超高張力鋼
センサー有効半径 134,000 m
開発 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
乗員人数 1~4名
パイロット ドズル・ザビ
ジオン兵
テンプレートを表示

ビグ・ザムは『機動戦士ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ジオン公国軍が開発した試作型モビルアーマー

地球連邦軍の本拠地であるジャブロー攻略のために開発を進めていた機体で、重力下でも運用できるように鳥の足のような2本の脚部が取り付けられている。この脚部はパージする事も可能。

本体には多数のメガ粒子砲と防御用のIフィールド・ジェネレーターを内蔵し、それらを稼働させるために超大型の高出力ジェネレーターを4基搭載している。そのため、単機で多数の戦艦を纏めて薙ぎ払うほどの多数かつ高威力のメガ粒子砲が使用可能で、遠距離からのビーム兵器ならば戦艦の主砲クラス(ガンダムのビームライフルと同等以上の破壊力)の集中砲火を受けてもかすり傷ひとつ負う事がないほど攻守共に圧倒的な性能を持っている。

反面、宇宙空間でのジェネレーターの冷却に問題があり、20分間しか稼働できないという欠点もある。他にも、「その巨体故に死角が多く、Iフィールドも至近距離からのビーム攻撃は防げない」や実弾兵器とビーム格闘兵器という弱点があるので、護衛のモビルスーツと共に行動する事が求められる。

コクピットは三席用意されおり連携して操縦するが、切り替えれば一人でも運用可能。

劇中での様相[編集]

一年戦争末期にギレン・ザビから増援としてソロモンドズル・ザビの元へと分解された状態で送られ、ソロモン内で組立が行われた。

その後、ソロモン攻略戦で自軍の敗色が濃厚となったため、自軍の撤退のための時間稼ぎを行うためにドズル自らが乗り込んで出撃。多数の連邦軍艦艇を撃沈するなどして圧倒した。しかし、スレッガー・ロウGファイター(劇場版ではコアブースター)による特攻を受けて損傷し、さらにその隙を突いてアムロ・レイガンダムの攻撃を受け、撃破された。

機体の評価[編集]

「要塞攻略という用途で開発されながら、実際は要塞防御の戦いで使用される」等、本来の使用とは違った運用がされている。ドズルは当初、本機をギレンより送られた際に「(ビグ・ザムを1機だけ送るより)ドムの10機を寄こせ」と文句をつけているが、これは用兵学上からすれば極めて常識的な意見で(劇場版ではドズルは「戦いは数だよ」と言っている)、ビグ・ザムの設計思想は地球連邦軍が陥っていた大艦巨砲主義に近い

ビグ・ザムが抱えていた問題として、「前述の稼働時間の他にも要塞内で本機を運用した場合には自身の攻撃力の高さ故に、要塞内の被害も無視できない」という事もあった。だからといって、要塞外で使用すれば、稼働時間を超過してただの的と化してしまうのは目に見えている。しかしながら、劇中で連邦軍艦隊が攻略戦終盤において大きな損害を被ったのも、ドズルが生還を前提としない特攻を仕掛けた事が原因である。また、前述の大艦巨砲主義によって連邦軍艦隊がジオン軍のモビルスーツに敗退したのと同様に、ビグ・ザムもまたその二の舞を演じる危険性を孕んでいる。

なお、ギニアス・サハリンが推進していたアプサラス計画もまた、ビグ・ザムと同様のコンセプト(ただし、運動性ではアプサラスの方が上)であると言える。

ことぶきつかさ氏の漫画『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』では、旧ジオン軍残党の所有する複数のビグ・ザムが登場しており、カラバと共にキリマンジャロ基地を攻撃している。

登場作品と操縦者[編集]

SRWではドズルが乗り込み、ソロモンを舞台とした戦いにおいて必ずと言っていいほど登場する。その都度、スレッガーがこれに対して特攻をしかけるイベントが発生する(作品によってはスレッガーが死亡して、そのまま離脱する場合もある)。量産化されて複数登場するというドズル悲願のシチュエーションもあるが、大抵はただ硬いだけのザコ敵になってしまうのが悲しい。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
ドズル機フォウサイコガンダムを追いつめるシーンがある。その後ラストバタリオンの最終決戦でも量産されて出現。
第2次スーパーロボット大戦G
ラストバタリオンの中にドズル機と一般兵機の2機居る。撃墜した時の資金がかなり美味しいが、搭載している「対空ミサイル」は攻撃力が5000もあるため、直撃を受けると死に至りかねない。くれぐれも油断をして、修理費を支払うハメにならないよう。
第3次スーパーロボット大戦
今回も量産されている。ドズル機を筆頭に、後半から出現。射程が短くニュータイプ用のモビルアーマーらに比べれば楽だが、HPが高く鬱陶しい。
スーパーロボット大戦F完結編
ドズル機のみ登場。原作と同じ展開でドーベン・ウルフ3機と共にソロモンに陣取って登場。今作のドズルは能力値や宇宙適応に恵まれず2回行動さえ持たないが、耐久力に加え妙に高い運動性と武器命中補正で意外と当てて来る為、侮り難い。一応スレッガーを出していると特攻イベントでHPを半減させることができるが、その代償は極大。イベントを観たい人以外は何とか自力で倒そう。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ドズル機のみ登場し、α・アジールを4機護衛に付けている。スレッガーの特攻イベントを発生させるとHPが10になるので、ある意味α・アジールよりも倒しやすいかもしれない。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
デラーズ・フリートとの戦闘でジオン兵が乗ってくる。少し堅いだけの敵である。
スーパーロボット大戦IMPACT
ソロモン攻略戦で2機登場。相手にされないほど弱い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
初登場作品。陸戦兵器として大量に量産されている。耐久力と射程が長いので苦戦必至。
スーパーロボット大戦64
終盤ネオ・ジオンの戦力として数機が登場。サイコガンダム等と密集する場合もあるため、マップ兵器で片付けたいところだが、Iフィールド持ちの為、致命傷は厳しい。
スーパーロボット大戦GC
ドズル機以後は量産され、ハマーン・カーンの護衛としても登場。捕獲も可能。サンダースを乗せると劇場版気分を味わえるかもしれない
スーパーロボット大戦XO
ハマーンの護衛機がガザCに代わっており、本格的な量産はされなかった模様。最後のサブシナリオでは『GC』同様ガディソードによって複製されたビグ・ザムが登場するので(タイミングこそ大幅に遅れるが)捕獲、運用自体は可能。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第10話サブ「宇宙要塞ソロモン」より登場。最初はドズルが登場。この時はアプサラスIII同様MAP兵器の予告があるが、初戦の相手がホワイトベース隊+アレックスなので厳しい。その後は量産されたらしく、度々戦場に投入される。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
中ボスとして登場。名称表記は「ビグザム」。RFビグザムという上位種もラストダンジョンのヘリオス要塞に登場する。
また、戦闘シーンでのグラフィックはジ・Oα・アジールなどに比べると異様なまでに小さく描かれている
バトルロボット烈伝
オリジナルキャラであるウルロフ将軍が搭乗。ビーム無効と広範囲攻撃を持つ。撃破時、原作でドズルの見せた黒い影がビグ・ザムから立ち昇るイベントがある。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

大型メガ粒子砲
本体中央に内蔵されている武装。モビルスーツを溶解させ、戦艦ですら一撃で沈めるほどの威力を持つ。劇中でドズルは「前部ビーム(劇場版ではフロントビーム)」と呼んでいた。
メガ粒子砲
本体の周囲に28門内蔵。全方位に攻撃が可能。
105mmバルカン砲
2門内蔵している近接防御用の武装。劇中未使用。
クロー
両脚部に3基ずつ、計6基装備。下方からの敵機の接近に対応するために装備され、分離して射出する事も可能。Gファイター(劇場版ではコアブースター)のコクピットを破壊している。

特殊能力[編集]

Iフィールド
機体の周囲にバリアを展開し、ビーム攻撃を無効化する。ただし、至近距離からのビームは防ぎようがない。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L
通常のモビルスーツの3倍程の巨体ぶり(頭頂高が59.6m)だが、実はザンボット3(頭頂高が60m)より少し小さめである。

対決・名場面[編集]

ソロモン攻略戦
戦況が芳しくないと判断した司令官ドズル・ザビは、友軍を多く生かすためにソロモンの放棄を決断。自らビグ・ザムで出撃して殿軍となり、連邦艦隊を次々に撃破していく。
ガンダムGファイター
Iフィールドによって守備が堅固でビーム兵器を寄せ付けないビグ・ザムに対抗するため、スレッガーはGアーマー形態でビグ・ザムに特攻を仕掛ける。
ビグ・ザムのクローミサイルでGメカのコックピットを潰して撃破するも、ボルトアウトしたガンダムのビームサーベルを至近距離で受け、撃破される。
なお、ドズルはビグ・ザムを放棄してなおもガンダムにマシンガンで立ち向かっており、アムロは彼の悪鬼の如きプレッシャーと執念に戦慄していた。

関連人物[編集]

ドズル・ザビ
ジオン公国軍宇宙攻撃軍司令官。陥落寸前のソロモンを放棄し、殿軍としてビグ・ザムを駆り地球連邦軍艦隊に特攻する。
ギレン・ザビ
ジオン公国の総帥。ソロモンに対する増援として本機を送る。訝しがるドズルに対し、「(ビグ・ザムは)2、3個師団の戦力になる」と述べた。
シン
地球連邦軍ジムのパイロットで、階級は少尉。ソロモン内に侵入して本機と遭遇。その圧倒的な破壊力の前に「化物だ」と絶叫して戦死。
なお、放送当時に発売されたガンプラ「1/144 GM」のパッケージに描かれているパイロットは彼である。
スレッガー・ロウ
本機による被害の前にガンダムGファイター(劇場版ではコアブースター)による接近戦を試みる。TV版ではクローによってコクピットを貫かれて宇宙に放り出されて、劇場版ではコクピットを貫かれた後にコアブースターごと突っ込んで死亡する。
なお、TV版でスレッガーの声優を演じた玄田哲章氏は、劇場版ではドズルを演じており、攻守が入れ替わった形になっている。
アムロ・レイ
本機を撃墜したパイロット。ビグ・ザムの破壊力の前に「圧倒的だ」と評した。
ティアンム
地球連邦軍第2艦隊司令官。ソロモン攻略戦の指揮を取っていた。ビーム兵器が効かない本機に対してミサイルで迎撃するように命じるが、メガ粒子砲の直撃を受けて死亡。
ソロモンの攻防戦における両軍の司令官は、双方共に戦死したことになる。
ラコック
ソロモン攻略戦におけるドズルの部下であり、不在時には指揮を任されてるほどの人物。
漫画『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』では少数量産された本機が登場するが、これは登場した回の話がラコックがメインだったからで、「ドズルの『ビグ・ザム量産の暁には』というセリフを実現させた」と作者は述べている。
マイヤー
ビグ・ザムのサブパイロット。ドズルの撤退命令を一度は異議を唱えるが、想いを受け入れた。撤退する時は、ドズルとソロモンに敬礼を払った。

関連機体[編集]

量産型ビグザム
ゲーム『SDガンダムGジェネレーション』シリーズに登場するビグ・ザムの量産型。陸上での運用に特化され、塗装も森林迷彩色になっている他、コスト削減のためIフィールドジェネレーターは耐ビームコートに変更されている。
後に、漫画『機動戦士ガンダム カタナ』に登場した機体は、イットウ・ツルギ中佐らが搭乗するストライカー・カスタムによって撃墜されている。
ビグザム(連邦軍仕様)
漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』に登場。モノアイが廃され、代わりにジム系列機のものを思わせるカメラアイや頭頂部カメラ、バルカンなどが複数配置されている。また、股間部分はガンダムのものに近い形状。
ビグザム改
漫画『逆襲のギガンティス』に登場するビグ・ザムの発展形。サメの口を思わせる塗装など、全体的に有機的な意匠が強い。
作中では二機登場したものの伝説巨神には全く太刀打ちできず、一機は裏拳一発で粉砕されもう一機は片手で軽々と振り回された。相手が悪すぎたとしか言いようが無い。
グランザム
ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』にて登場する予定だったビグ・ザムの後継機。
宇宙世紀0120年代に火星独立ジオン軍(オールズ・モビル)が開発していた巨大MAで、言わば「RFビグ・ザム」と呼ぶべき機体とも言える。ビグザムの脚部をホバーユニットに変更している為かビグ・ザムよりも地上機動性が高い。
カングラザム
漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』(SRW未参戦)に登場した、カングリジョとグラブロ(SRW未登場)とビグ・ザムを合体させた異形のMA。
ジャムル・フィン
コンセプトを受け継ぐはずだった可変MA。

他作品の関連機[編集]

デストロイガンダム
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する大型モビルスーツ。MA形態の姿、武装が本機に似ている。
呪術士ビグザム
SDガンダム外伝』に登場したビグ・ザムがモチーフのキャラ。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]