ジャムル・フィン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャムル・フィン
外国語表記 Jamru Fin
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙戦用可変モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 AMA-01X
全長 17.2 m
頭頂高 15.0 m
本体重量 24.7 t
全備重量 58.5 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 4,750 kw
スラスター推力

34,400 kg×1(背部)
24,100 kg×2(肩部)

総推力
82,600 kg
アポジモーター 10
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 13,400 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
パイロット ダニー
デル
デューン
テンプレートを表示

ジャムル・フィンは『機動戦士ガンダムΖΖ』の登場メカ

概要[編集]

ネオ・ジオン軍の試作型可変モビルアーマー

機体概要[編集]

当初はビグ・ザムのコンセプトを受け継ぐ大型のモビルアーマーになる予定だったが、戦況の悪化により仮設の腕部や脚部を取り付けた急造品で、モビルスーツ形態に変形可能となっている[1]

一見、無理矢理完成させた不恰好な機体と思われるが、決して馬鹿に出来ない性能であり、モビルアーマー形態の機動性は驚異的で、火力も並のモビルアーマー以上に高い。また、追加装備のメガ・ブースターを装着する事でさらに機動性と火力が向上する。さらに惑星間航行用の大型ブースターも用意されている等、モビルアーマーとしては破格レベルの拡張性を秘めた、第1次ネオ・ジオン抗争に投入された機動兵器の中では、隠れた名機とも言える。

MS形態[編集]

手足を仮設で取り付けたため、人型とは言えない形状となっている。

本編での活躍[編集]

ジオン共和国の隠れザビ派で『ジャムルの3D』と呼ばれるダニーデルデューンの3人が乗り込み、高い機動性を活かした三位一体の連携攻撃でジュドー・アーシタ達を翻弄するが、ジュドーの高いニュータイプ能力の前に動きを見切られて敗北。しかし、3機とも撃墜まではされず、撤退する事に成功している。

その後本機は、パイロット達と共に消息不明となっている[2]が、一説では第1次ネオ・ジオン抗争を生還し、後にシャア・アズナブル率いるネオ・ジオンに合流したとされている。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
MS形態のみ登場。DCの戦力としてDC兵士が乗ってくる。ザコとしては攻撃力が高い。『第2次G』には登場せず。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力としてDC兵士が乗ってくる。今回はMS・MA両形態ともに参戦。MA形態はサイバードをも上回る移動力を持つが、ハイメガキャノンを撃てないので強くはない。
スーパーロボット大戦F完結編
没データに新規に描き起こされたグラフィックが存在している。パラメータ上では、MA形態だとあのサイバードや真ゲッター2をも超える移動力を持つ上にハイメガキャノンがMAP兵器として実装されている。正式に登場していたら、恐るべき敵ユニットとして知られた事だろう。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
原作どおり、3D隊(ダニー、デル、デューン)が乗ってくる。合体攻撃を仕掛けてくるので要注意。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

2連装ミサイルランチャー
ビーム砲
腕部に内蔵。
ハイメガキャノン
機体中央部に内蔵されている高出力ビーム砲。
第2次』、『第3次』ではΖΖガンダムのハイメガキャノンを意識しているのか、一発でENが底をついてしまう。また射程1に対応している武器はこれだけなので、使わせてしまえば接近戦が死角に。

合体攻撃[編集]

3D立体攻撃
ダニー、デル、デューンの使う合体攻撃。

特殊能力[編集]

変形
MS形態に変形する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

脚注[編集]

  1. UC』に本来の姿で登場させる予定もあったが、没になったとのこと。
  2. 45話で撃墜された機体がいるが、3D隊の機体かは不明。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]