ガ・ゾウム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガ・ゾウム
外国語表記 Ga-Zowmn
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 AMX-008
頭頂高 18.0 m
本体重量 31.6 t
全備重量 58.2 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,840 kW
スラスター推力

8,640 kg×4(前腕部)
9,620 kg×6(背部)

総推力
92,280 kg
アポジモーター 18
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,200 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット ゴットン・ゴー
テンプレートを表示

ガ・ゾウムは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発したガザシリーズの発展型可変モビルスーツ

機体概要[編集]

モビルスーツ戦を想定しており、ガザCガザDとは構造等が異なる。また、性能も今までのガザシリーズとは比べ物にならないほど高く、最強を誇る。

元々本機は「ガザE」と名付けられる予定であったが、従来機が作業用MS時代からのフレーム構造を受け継いで発展してきたのに対し、本機はそれをベースにこそしているもののほぼ完全な新規設計の機体であり、その性能の高さもあって、新たな名称として「ガ・ゾウム」と名づけられた。なお、「ガザE」の名は同時期に開発されていた別の系列機に与えられ、これは『ガンダム・センチネル』にて登場している。

MA形態[編集]

基本構造が異なるため、変形機構も従来のガザシリーズとは大幅に異なる。

本編での活躍[編集]

劇中ではゴットン・ゴーが乗り込み、ガンダム・チームと交戦している。その後も量産され、複数が登場していた。

機動戦士ガンダムUC』では、腕部に装飾をされた本機がネオ・ジオン残党軍「袖付き」の戦力として登場。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Fスーパーロボット大戦F完結編
没データが存在。今作では異常な強さであるガザCを更に超える強さであり、ザクIII改ゲーマルクと肩を並べている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
現時点で唯一の登場作。ガザの嵐隊がガザDに代わりに乗ってくる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

9連装ミサイルランチャー
両肩のウェポンユニットに搭載されている武装。
ビームサーベル
両腕にマウントされている。
ビームガン
マウント時のビームサーベルはビームガンとしても機能する。
ハイパー・ナックルバスター
本機の主兵装。従来のナックルバスターと違い、携行兵装になっている。
ハイパーと付いているため非常に強力な兵器に思えるが、実際のところ出力はガザ系列のナックルバスターから半減している。しかし、ジェネレータ直結式からEパック式になり、固定兵装から携行兵器になった事により取り回しが容易になり、連射可能、本体の燃費向上等の利点も加われば、出力の低下を補って余りある改良をなし得たと言えるだろう。

合体攻撃[編集]

ガザ・ストーム・フォーメーション
64』でのガザの嵐隊(パンパケイムビアン)の合体攻撃。なお、原作中では本機ではなく、ガザDで行ったものである。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
変形
MA形態に変形する。

移動タイプ[編集]

MA形態時は飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ガザCガザD
ガザシリーズに属する機体だが、構造が大幅に異なっている。
ガザE
同時期に開発されたガザDの発展型。こちらは従来のフレーム構造を受け継いでいる。SRW未登場。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]