ドライセン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドライセン
外国語表記 Dreissen
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 AMX-009
頭頂高 22.0 m
全高 26.4 m
本体重量 36.7 t
全備重量 66.8 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,380 kW
スラスター推力

8,600 kg×3(背部中央)
21,400 kg×2(背部下側)
9,800 kg×4(後腰部)

総出力
107,800 kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 13,100 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット ラカン・ダカラン
オウギュスト・ギダン
テンプレートを表示

ドライセンは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発した量産型モビルスーツ。旧ジオン軍が開発し、一年戦争時より活躍し続けたドムリック・ドムリック・ドムIIドワッジに連なるドム系の最終発展型である。

第1次ネオ・ジオン抗争で開発・実戦投入されたジオン側のモビルスーツの多くは、高性能・多機能化を重視した物が主流で、どちらかと言えばニュータイプのパイロットの搭乗を前提とした機体の開発に力を注いでいる傾向があったが、本機の場合はザクIIの高い汎用性を受け継いでいたザクIIIの様に、ドムシリーズの基本コンセプトである重装甲・高機動性を忠実に受け継いだ設計になっており、旧ジオン軍時代のモビルスーツを使用し続けていた古参のパイロット達でも容易に機種転換が可能であった事から、試作機がロールアウトしたばかりの時より高い信頼性と評判を得ていた。また、旧型のドム系統が地上宇宙での戦いにおいて換装作業が必要であったのに対し、本機は大掛かりな整備をしなくても地上と宇宙の双方で問題無く使用できる汎用性を備えており、基本武装に関してはやや中~近距離戦に偏っている部分があるものの、それでもクセの無い物が揃っていて扱いやすく、エースやベテランのパイロットが使用する機体の中には、ビームライフルやビームキャノン、ジャイアント・バズ等といった射撃武装を装備した物も存在する。これらからも、第1次ネオ・ジオン抗争に投入されたモビルスーツの中では、最良の量産型モビルスーツとなっている。

第1次ネオ・ジオン抗争時は、試作機がラカン・ダカランに与えられ、ジュドー・アーシタΖΖガンダムを苦戦させたが、撃破されている。後にオウギュスト・ギダンが乗り込みガンダム・チームを追い詰めるが、ジュドーの百式によって撃墜されている。地球侵攻作戦時には順次量産されており、ハマーン・カーン派とグレミー・トト派に分かれた派閥抗争の際には、グレーを基調としたカラーリングで再塗装された機体が、グレミー軍で使用されている。

袖付き』仕様 [編集]

ラプラス戦争が描かれる『機動戦士ガンダムUC』に登場。

ネオ・ジオンの残党勢力である「袖付き」で使用されている機体で、この頃には実戦投入が開始され第1次ネオ・ジオン抗争より実に8年の年月が経っているのだが、それでも第2次ネオ・ジオン抗争で運用されたギラ・ドーガを上回る高い性能を維持していた事から、「現役」として活躍。旧型のドム系統に乗り慣れた古参のパイロット達からも、変わらず高い信頼を得ている模様。武装は一部が変更され、旧型のドムが装備していた物と同型と言えるスティック状のヒートサーベルやシナンジュのロケットバズーカを元に開発されたジャイアント・バズといった物を装備しているが、廃部に装備していたトライ・ブレードは残されている。また、カラーリングは紫を基調とした原型機と異なり、旧型のドムシリーズに近い配色が行われ、胸部と腕部には袖付きの証であるエングレービングが施されている。

主に、袖付きの宇宙拠点となる資源衛星「パラオ」の防衛戦力として、数機が配備されている。

登場作品と操縦者[編集]

ニュータイプジオン兵、特に黒い三連星がドムから乗り換えている印象が強い。それ以外にもジオン軍系の男性パイロットが時代の枠を越えてよく乗っている。

自軍で使える機会は少ないが、ドーベン・ウルフギラ・ドーガと共にスパロボのジオン系勢力を支える名機と言えるだろう。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初登場作品。頑丈な面はドム譲りだが、射程が短いので対処しやすい。
第2次スーパーロボット大戦G
攻撃力はそれなり。『第2次』と同じく、射程が短い。
第3次スーパーロボット大戦
中盤戦差し掛かった辺りで登場。そこそこ頑丈な上にトライブレードの命中率が非常に高くニュータイプ系のパイロットにも難なく当ててくる。最大射程が3と短いのが弱点だが、『コンプリートボックス』ではP兵器の存在と、射程5の武器の追加によって手強くなっている。マシュマー・セロなど、ネオ・ジオン関係のネームドパイロットがよく搭乗する。今回から黒い三連星が搭乗する。
スーパーロボット大戦EX
射程距離外から攻撃すれば脆いが、射程5で移動後に使用可能なトライブレードにはやはり注意。
今回はリューネの章の中盤で1機入手できる他、隠しルートに入ると黒い三連星が本機に乗って加入し、合計4機も使うことが可能。味方で使う場合は、やはりトライブレードの命中率が高く便利。ただし弾数は少ないので注意は必要。本来の乗機を持たずに加入するプルツーなどにはお誂え向きの機体。
リメイク版では何故かやけに高い限界反応を持つが、トライブレードの射程が3に下がったのでSFC版より少し使いづらくなった。それでもリューネの章のMSの中では強い方である。
第4次スーパーロボット大戦
性能はガブスレイバウなどと同じ。移動後攻撃のトライブレードが痛いが、他作品と比べれば苦戦はしないはず。黒い三連星がドムにかわって搭乗もする。
第4次スーパーロボット大戦S
追加マップ「救出」でも、カロッゾ配下の機体が登場する。
スーパーロボット大戦F
耐久力と格闘戦能力が高く、シリーズで一番強いドライセン。スーパーロボットが相手でも苦戦するほど。黒い三連星も搭乗する。
スーパーロボット大戦F完結編
黒い三連星のほかラカンやカリウスも搭乗。彼らの機体はしばしば結構な改造が施されているので要注意。ガザCガザDに性能が抜かれているのは頂けない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ガザDよりランクは上だが、性能的には落ち着いた形。序盤ではラカン、オウギュストが駆る。ドム乗りで有名な黒い三連星も乗るが前作『64』と違って合体攻撃は無し。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
HP、攻撃力が上昇。敵ユニットでは珍しく下方修正も受けており、トライブレードの命中補正が下がり弾数も1発限りになった。
スーパーロボット大戦α外伝
未来編の一部のシナリオで登場。この時点で味方がそれほど揃っていないながらもさして苦戦はしない。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇/天獄篇
UC』版の袖付き仕様で登場する。『UC』版なのでジャイアント・バズが装備されているが代わりにトライブレードは無し。長らくネオ・ジオンの主戦力として登場するため、長い付き合いとなる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
基本的にジオン兵が乗るが、シナリオ「戦場の愛」ではティターンズ兵が乗っている。グラフィックは『第2次G』の流用。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
ネオ・ジオンの戦力として、たびたび交戦する。グラフィックが新規に描きなおされた。
スーパーロボット大戦IMPACT
第1部と第2部に登場。比較的バランスが取れており、序盤で戦う場合は注意。
スーパーロボット大戦COMPACT3
ネオ・ジオン残党の戦力。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
格闘戦能力は高いが、終盤戦登場の割には耐久力が落ちているので相手にならない。黒い三連星も搭乗してくる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
主な役所は上記と同じで、終盤戦に登場。リメイク版らしくパワーアップ。HPが万単位上がっている。射程距離外からの攻撃を勧める。
スーパーロボット大戦R
序盤から中盤までラカンが乗る。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
有名パイロットは乗らないが、ビームランサーが格闘武器にしては射程が長い。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
第3次Z同様、『UC』版で登場。
スーパーロボット大戦X
『ΖΖ』版で登場。長射程武器がビームキャノン、移動後攻撃がトライブレードとなっている。
DLCアムロ・レイの夢」では、アムロから『かつて苦戦させられた、「敵機に肉迫しての格闘戦」という、ドムの戦術を引き継いだ機体』と見られている。
スーパーロボット大戦T
ザコ敵だけでなく、久々登場のオウギュスト・ギダンがボス仕様の高HPの機体に乗るが、見た目の区別がつかないため気付いたら落としている場合も。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
黒い三連星が乗り、合体攻撃として初めてジェットストリームアタックを使用。なお、ジェットストリームアタックを使うためにヒートサーベルとジャイアントバズを装備しているという、未来を予測したかのような状態になっている。
スーパーロボット大戦GCXO
デザート・ロンメルの他、ジオン兵も搭乗する。ジオン兵が搭乗している機体は捕獲することができ、自軍で運用することもできるが射程の短さがネック。ブースター系のパーツに変換できる雑魚は本機だけのため、アポジモーターにするのが得策か。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第4章から登場し、『GCXO)』と同様にロンメル機と一般機が存在する。ビームトマホークが押出武器なので反撃の際は射程に要注意。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ザコ敵。ドライセン改という上位種も登場する。
黒い三連星もカタログを見ながら、ドムからこれに買い替えようと相談していたが、実際に搭乗する事はない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本装備[編集]

3連装ビーム・キャノン
両腕の袖部分に装備された本体ジェネレーター直結式の固定火器。高出力のビームを高速で連射する武器で、近距離では圧倒的な制圧力を誇る。
なお、以前は「3連装ハンドガン」という名称で、ビームか実弾かで揉めていたらしい。
トライブレード
背中に3基装備された手裏剣状の武装。特異な構造上、大気圏外の使用を前提としている武器で、実験的な兵装である。
折りたたんだ状態で投擲し途中で刃が展開して飛んでいくのだが、背中から直接全て発射できたりと必ずしもMSの手を使う必要は無い。
また、上記の本来の運用からは外れるがスラスターが内臓されており大気圏内での使用も可能である。(機動戦士ガンダムΖΖの地上で使っている)
袖付き所属機も装備されているが、下記のヒートサーベルを搭載するためのラックを装備したため、3基に減らされている。
SRWの場合、大抵移動後の攻撃が可能で射程もそれなりなため、これを使われると痛い。切り払いが可能なのが救い。
ビームランサー
格闘戦用の携行兵装。ビームトマホークと連結させる事が出来る。
ビームトマホーク
格闘戦用の携行兵装。ビームランサーと連結させる事が出来る。
本機の主兵装で、当てられると痛い。

合体武器[編集]

ビームトマホーク+ビームランサー
ビームトマホークとビームランサーを連結させた武器。ビーム刃の出力が倍になる。

オプション装備[編集]

ビームライフル(ビームキャノン)
バウと同型の物を携帯。原作ではグレミー・トトの部隊所属のドライセンが所持していた。
ジャイアント・バズ
袖付き所属機の標準装備。大口径の実体弾砲で、同所属機であるシナンジュのバズーカをベースに開発された。射程の短さをカバーするための装備、その威力は絶大。名前は、かつての名機の代名詞ともいえる兵器から拝借している。
ヒートサーベル
袖付き所属機の準標準装備。今となっては旧式の近接装備で、その性質上使い捨てが前提だが、シンプル故に製造コストが非常に安い。
メガ・バズーカ
旧1/144プラモデルの説明書に掲載されていた、設定のみ存在する武器。試作型バックパック(推力と燃料積載量を重視した高出力型)とセットでメガ・バズーカ・ランチャーの小型版として開発されたらしいが、バックパックをトライブレード搭載型に換装した結果バズーカ用の出力が足りなくなり、廃案となった。
旧キットやHGUCには付属しないが、BB戦士では(BB弾発射用の武器として)立体化されている。

合体攻撃[編集]

ジェットストリームアタック
SRWオリジナルの黒い三連星搭乗時の合体攻撃。この時だけ本来ドム用の武装であるジャイアント・バズとヒートサーベルを使う(『A PORTABLE』ではビームライフルとビームトマホーク)。
デザート・ストーム
SRWオリジナルの合体攻撃。『XO』の『スーパーロボット対戦』でのみ使用可能。ランバ・ラルグフのヒート・ロッド、ノリス・パッカードグフカスタムのヒート剣、そしてデザート・ロンメル搭乗ドライセンのビーム・トマホークでとどめ。渋さが光る合体攻撃。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

ホバー

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

「トライブレード」に特殊効果「バリア貫通」を付加、照準値+15。
T』で採用。

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第3次』にて。インスペクター軍と交戦した際に流れる。本作におけるガンダムシリーズのユニット共通のBGM
「サイレント・ヴォイス」
第4次』のマップ「月の裏側」にて、第三勢力(黄軍)としてゲストと戦闘した際に流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

対決・名場面[編集]

ΖΖガンダム
地球降下前の戦闘でラカン搭乗機が対峙。いきなりΖΖのダブルビームライフルを破壊してジュドー・アーシタを苦戦させるが、最後は機体を両断されて撃墜された。
ガンダム・チーム
オウギュスト搭乗のドライセンはビーチャ・オーレグΖΖガンダムを擱坐させ、エル・ビアンノガンダムMk-IIの右腕を破壊、ルー・ルカΖガンダムを戦闘不能に追い込んだ。その後、百式に乗り込んだジュドーとの一対一の勝負に負け、最後は両腕を切断されて撃墜された。

関連機体[編集]

ドムリック・ドムリック・ドムIIドワッジ
ドライセンは、これらドム系の最終発展型。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]